2020年5月16日更新資金調達

匿名組合とは?メリット・デメリット、匿名組合契約によるファンド設立をご紹介

匿名組合とは出資の際に交わされる「契約の一種」であり、「匿名組合契約」ともいいます。匿名組合契約は初心者向けの投資であり、出資者が事業者に対して出資を行い、事業者が出した利益を出資者に対して分配するという契約のことです。

目次
  1. 匿名組合
  2. 匿名組合とは?意味をわかりやすく解説
  3. 匿名組合のメリット・デメリット
  4. 匿名組合を活用した事例
  5. 匿名組合契約によるファンド設立
  6. 匿名組合契約書と注意点
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

匿名組合

匿名組合

匿名組合という言葉をご存知でしょうか?匿名組合は、「TK」とも呼ばれますが、近頃ではソーシャルレンディングで見かけることも多いです。

端的に言うと投資に関する言葉ですが、その方面の知識に明るくなければ匿名組合は聞き慣れない言葉の代表格といえるでしょう。

今回は匿名組合の意味やメリット・デメリット、実際に匿名組合を利用した事例などについてわかりやすくお伝えします。

匿名組合とは?意味をわかりやすく解説

匿名組合の意味

まずは匿名組合の意味についてわかりやすくお伝えします。匿名組合は「組合」という言葉が入っているので何かしらの団体のようなイメージがあるかと思いますが、実際は全く違います。

匿名組合とは出資の際に交わされる「契約の一種」であり、「匿名組合契約」ともいいます。具体的にいうと、匿名組合は出資者が事業者に対して出資を行い、事業者が出した利益を出資者に対して分配するという契約のことです

匿名組合の特徴はその名の通り出資者は匿名で出資を行います(匿名組合契約を交わして出資する者を匿名組合員といいます)。

匿名組合はいうなれば事業を経営できる者と資金を提供する者同士が協力し合うというものであり、基本的に匿名組合員は出資を行い、出資した事業者からの利益の分配を匿名のまま受け取ることになります。

匿名組合は、事業を経営できる者と資金を提供する者の、2者間の契約でのみ可能であり、3者間以上の契約は認められていません。

また匿名組合は個人でも法人でも行うことができるものです。昨今、匿名組合はソーシャルレンディングで使われることが多くなっており、気軽にできるようになっています。

さらに、匿名組合員は必ずしも商人でなければならないわけではなく、非商人であっても匿名組合員になることが可能です。

匿名組合はM&Aに影響を及ぼすようなものではありませんが、経営統合の際に扱いに苦慮することもあります。詳しくは後述しますが、匿名組合は会社や投資家の投資や経営戦略に影響することもあるため、その扱いは専門家と相談することがおすすめです。

その際にはM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つプロがM&Aをフルサポートいたします。

相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。また、費用に関しても国内最安値水準ですのでご安心ください。

M&A総合研究所は全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。

規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。

また、以下の記事ではM&A総合研究所以外の仲介会社についても紹介していますので、M&Aを検討していればこちらもぜひチェックしてみてください。

【関連】M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します

匿名組合のメリット・デメリット

匿名組合のメリットとデメリット

匿名組合は匿名で出資するというものであるため、一見するとどんなメリット・デメリットがあるかがわかりにくいものです

ここでは匿名組合のメリット・デメリットについてそれぞれお伝えします。

①匿名組合のメリット

匿名組合のメリットは以下のようなものが挙げられます。

匿名であること

やはり匿名組合の特徴である「匿名で出資を行える」という点は匿名組合を行ううえで注目すべきメリットの一つだといえます。匿名であることは個人ではなく、法人が匿名組合を使用した際に大きなメリットがあります。

通常、法人が他の事業に投資を行うとその情報が周囲に漏れてしまいます。そのため法人がどの事業に注目し、バックアップしようとしているかが発覚してしまい、競合他社が対策を立ててきたり、競合してくるような事態が発生するリスクがあります。

大企業であれば少額でも投資すればマスコミがすぐに反応してしまい、ますます情報が広がってしまいます。しかし匿名組合であれば名前を伏せたまま投資を行えるため、周囲に気づかれることなく注目している事業を応援することが可能になります

特定の事業への投資が競合他社に勝つうえでの重大な経営戦略になっている場合、匿名組合は有効的な手段になり得るでしょう。

投資したら何もしなくてもいい

これは個人が匿名組合を行う際に発揮されるメリットですが、「投資したら何もしなくてもいい」という点も匿名組合の良さだといえます

個人が投資するとなれば株や為替といったものもありますが、いずれも毎日レートを確認する必要があり、レートが変更する度に株を売ったり買ったりしなければなりません。

もちろん知識がある人は問題なく対応できますが、まだ投資を始めたばかりだという人が行うには株や為替はいささか手間がかかるものだといえるでしょう。

これに対して匿名組合は基本的に投資したら後は何もする必要はなく、ただ利益が分配されるのを待つだけでOKです。そのため逐一レートを確認したり、細かくお金をやりくりするような手間は一切かかりません。

またトラブルが発生したとしても投資した金額以上の損害が発生しない点もメリットだといえます。

だから匿名組合は「忙しくていちいち作業する暇がない」、「投資の知識があまりない初心者」のような人に向いている投資だといえます

また、以下の記事ではM&Aのメリットについて紹介しています。戦略策定をするメリットや、手法別のメリットなども解説しているので、M&Aに前向きであればこちらもチェックしてみてください。

【関連】M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定・手法別のメリットを紹介

②匿名組合のデメリット

匿名組合のデメリットには以下のようなものが挙げられます。

投資先に指図することができない

匿名組合は投資を行うものですが、投資先、あるいはソーシャルレンディングであるならレンディング会社に指図することはできません

一般的に、株主のような投資家は投資しているならば経営に対して何らかの形で意見を提示することができます。株主総会のような行事はまさにそのための場所だといえるでしょう。

しかし匿名組合は匿名で投資するため、出資者も事業者もお互いに誰が投資している、投資している先がどこなのかがわかりません。ソーシャルレンディングであればレンディング会社からどこへお金が出ているかがわからない状態になります(大雑把にはわかりますが特定することはできません)。

そのため投資した法人がどのようにお金を使っているが、どのように事業を運営しているかはわからないですし、そこに介入することはできなくなります

これは匿名であることが裏目に出ているようなデメリットですが、これは匿名組合の性質上仕方がないことです。

匿名組合を使うソーシャルレンディングの場合、レンディング会社を通じて行う投資は実質的には融資であり、言うなれば金を貸していることと同義です。匿名であるからこそ匿名組合として成立しているのであり、もし匿名でなければ個人で金を貸していることになります。

こうなると匿名組合を行っている出資者は無登録業者に該当してしまい、貸金業法違反に問われる恐れがあります。このため匿名組合はたとえデメリットがあったとしても匿名を維持しなければならないのです

流動性がない

匿名組合は投資する権利を第三者に譲ることができず、また一度投資したら途中で解約することはできないなど、流動性がないことも欠点です

とりわけ途中解約に関しては手数料などが発生する恐れがもあるため、あまりおすすめできません。そのため「投資したお金を返してほしい」「投資先が不安になってきた」というような理由が発生した際に対応し辛いのが匿名組合の欠点です。

元本割れが起こる可能性がある

匿名組合は元本割れが起こる可能性がある点もデメリットだといえます

基本的に匿名組合は元本が保証されないものであり、もしソーシャルレンディングのもうけが少なくなったり、投資先が倒産した場合は元本が返ってくる可能性は低いでしょう。

ただし、これは株式やFXにも共通している点だといえます。

匿名組合を活用した事例

匿名組合の事例

匿名組合は様々な形で実践されており、そのケースは多種多様です

ここでは匿名組合を活用した事例をそれぞれご紹介します。

①オペレーティング・リース

オペレーティング・リースとは航空機や船舶、海上コンテナなどといった大型リースを複数の出資者で行うというものですが、この際には匿名組合が活用されます。

匿名組合を利用して複数の出資者で出資することで航空機や船舶などを購入し、それを他の法人にリースしていきます。そしてその際に収益として獲得したリース料を匿名組合員で分配していきます。

オペレーティング・リースは収益を目的にするよりも、節税のために行われることが多いものです。

オペレーティング・リースで購入した航空機や船舶などは減価償却ができるうえに、そこで発生する減価償却費はリース料よりも大きくなります。

つまり赤字が発生するわけであり、その赤字を利用して節税を行うというわけです。

②研究開発費のコストシェアリング

匿名組合は研究開発費のコストシェアリングに用いられることもあります

研究開発費のコストシェアリングは製品化された際に利益を共有する同業者同士が匿名組合を通じて金融機関に貸し付けを行い、その返済をもらうことで成立します。

研究開発費のコストシェアリングは研究開発に失敗した際のリスクを低減するだけでなく、利益シェアを獲得できる可能性が高まります。

③一口馬主

ちょっと意外ですが、一口馬主も匿名組合を通じて行われるものです。一口馬主は馬主登録をしていない複数の人が匿名組合を通じて小口で出資を集め、間接的に、共同で馬主になるというものです。

一口馬主は愛馬会法人の会員となった後に匿名組合を通じて出資します。そしてその出資が集まったところで愛馬会法人が競走馬を取得します。

競走馬が賞金を獲得した場合、その賞金は一度愛馬会法人に配当された後、匿名組合員に分配されることになります。

一口馬主は通常の匿名組合と同様に元本の保証はないため、元本割れを起こすリスクを孕んでいます。しかし場合によっては競走馬が死亡したり、競争ができなくなった際には出資した金額を全て返還されることもあります。

④企画物

企画物は「利益を生み出す事業のために匿名組合を活用する」というよりも自分の趣味や応援したい相手に匿名組合を活用して出資するというものです

企画物には様々なものがあり、アーティストのライブや期間限定のイベント、ミュージカルや演劇の公演といったものから、特定のアイドルやアーティストのデビューなどといったものがあります。

企画物への匿名組合は大きな利益を期待するというより、応援したいイベントや特定の個人が世間に認知されていくことを目標にしていることが多いです。

また、複数の企画物に投資することでリスクの分散にもなるので、かなり有効な事例だと言えます。

ただし、企画者に出資する際には、「商品ファンド法」を必ずチェックした上で出資するようにしましょう。

以下の記事では、実際にM&Aを行った際の成功事例について紹介しています。大手や中小企業、ベンチャー企業など様々な事例を紹介しているので、ぜひ確認してみてください。

【関連】M&A成功事例とは?大手・中小企業、スタートアップやベンチャー企業のM&A成功事例を解説

匿名組合契約によるファンド設立

匿名組合契約によるファンド設立

匿名組合はファンド設立の際に活用されることもあります。匿名組合契約を結ぶことで設立するファンドは組合型ファンドと呼ばれており、太陽光発電事業などの出資に使われています。

また、不動産ファンドに匿名組合が使われるケースもあります。ファンドが匿名組合を活用しているからといってルールや仕組みに何かしらの変化が加わることはありません。

ただファンドの設立のための匿名組合を利用したい際には弁護士など専門家に相談してみるといいでしょう。これはファンドに限らず、匿名組合を行う際はなるべくやっておくことがおすすめです。

この後記載する「匿名組合契約書と注意点」でもお伝えしますが、弁護士のように第三者の立場から出資や投資の内容をチェックしてもらえば、素人では気づきにくい契約の欠陥を見つけてくれるので、安心して匿名組合を利用することができます。

匿名組合契約書と注意点

匿名組合契約書と注意点

ここでは匿名組合契約書とその注意点についてお伝えしていきます。

匿名組合契約書はインターネット上でもひな型が出回っており、どういったものか知りたい時は検索エンジンで検索すればすぐにチェックすることができます。匿名組合を利用する場合、匿名組合契約書は入念にチェックしておくようにしましょう

「一口いくらで出資を募っているのか」、「分配はどのように行われるのか」など、自身が獲得する利益に直接関係してくる部分に関してはしっかり確認しておくことが必要です。

また、匿名組合は基本的に元本の保証はないことが多いですが、一口馬主のように何らかのきっかけで出資した額が返ってくることもあるため、そういった規則がないかも見ておくことがおすすめです。

さらに匿名組合契約書にリスクに関する事柄が記載されている場合はそちらもよく見ておくようにしておきましょう。

一方、匿名組合契約書は金融商品取引法に基づいて記載すべき事柄が決められていますが、素人の目から見たらその契約書が正しいものかどうかを見極めるのは決して簡単ではありません。

そのため匿名組合契約書の正当性を判断できない場合はさきほどもお伝えしたように弁護士のような専門家にチェックしてもらうことが一番です

とりわけあまり投資の経験がない人は知識に乏しいために契約の重要な事項を見逃してしまうことも少なくありません。

弁護士は法律や契約のプロフェッショナルであるため、確認を任せればしっかり匿名組合契約書に問題がないかをチェックしてくれます。また、万が一トラブルに発展した際にも弁護士がいれば対処してくれるでしょう。

まとめ

匿名組合契約は初心者向けの投資であり、法人からすると、周囲に知られないように興味のある分野を成長させられるものだといえます。しかし匿名組合契約であるがゆえのデメリットもあるため注意が必要です。

また元本の保証がないため元本割れが起こる可能性があるなど、リスクが全くないわけではないため、実際に行う際には注意するようにしましょう。

不安がある場合には弁護士のサポートを依頼するのも一つの手だといえます。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連記事

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

総数引受契約書は、募集株式の発行の際に発行者と割当者の間で取り交わされる契約書です。第三者割当増資の手続きを簡略化する目的で活用することが多くなっています。本記事では、総数引受契約書の作成方法と...

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBとは、買い手が株式の数や価格、期間などを定め、株式取引市場外で株式の公募を行う取引手法のことです。本記事では、TOBが不成立やディスカウントになる意味と、TOBが不成立になった事例やディス...

M&A
第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資は、資本金増額や敵対的買収への対抗策として用いられます。本記事は、第三者割当増資に関する総数引受契約書の作成方法や、契約の流れ・注意点のくわしい解説を載せるほか、総数引受契約書の雛...

M&A
バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトとは、企業の経営が悪化した時に自社内の経営者や従業員が企業の買収を行うことです。近年、日本でもバイアウトが経営戦略の1つの選択肢として知名度が上がってきました。今回はバイアウトの3つの...

中小企業M&A
中古マンション投資とは?仕組みやメリット・デメリット、注意点について解説

中古マンション投資とは?仕組みやメリット・デメリット、注意点について解説

中古マンション投資は、家賃収入や売却益を目的として、中古マンションに投資することを意味します。安定した収入を積み重ねていくために、不動産投資の仕組みも踏まえて中古マンション投資の特徴を知り、様々...

M&A
ザイリンクスの買収とは?事例や今後の動向などをご紹介

ザイリンクスの買収とは?事例や今後の動向などをご紹介

近年は日本でも活発化している企業間の買収ですが、海外では日本以上に積極的に買収が行われており、その事例から学べることは多くあります。ここではアメリカの半導体関連企業であるザイリンクスの事業動向を...

M&A株式譲渡株式交換事業譲渡
事業資金を借りる方法は?融資の種類や借りる際の注意点について解説

事業資金を借りる方法は?融資の種類や借りる際の注意点について解説

事業資金を借りる場合、融資を受ける方法が一般的です。融資の種類は多く、それぞれで特徴や強みは異なるので、きちんと比較検討が必要です。返済計画も含めて長期的な視点を持ち、タイミングを見極め、効率的...

中小企業
ソニーの事業売却(M&A)とは?事例や動向をご紹介

ソニーの事業売却(M&A)とは?事例や動向をご紹介

近年活発化しているM&Aの手法の一つが、事業売却です。M&Aも含めた今後の事業戦略や業界に与える影響など、ソニーの事業展開や動向は大きく注目されています。またソニーの幅広い事業展開は、それぞれの...

M&A事業譲渡
跡取りがいない会社のM&Aを成功させるには?M&A相談先の選び方や後継者不足問題を解説

跡取りがいない会社のM&Aを成功させるには?M&A相談先の選び方や後継者不足問題を解説

近年、中小企業の後継者不足が深刻です。跡取りがいない会社にとっては、後継者を見つけるか、廃業するか、重要な選択を迫られることになります。昨今では、M&Aによる事業承継を行うケースも増加傾向にあり...

中小企業M&A株式譲渡
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)