2020年11月20日更新資金調達

商工会議所の融資の審査、相談はどうする?開業やマル経融資についても解説

地域の商工会議所や商工会では融資の相談も受け付けています。それは通称マル経融資と呼ばれますが、商工会議所の会員や経験者以外には実態はよく知られていません。商工会議所と商工会の違いや、マル経融資を含めた商工会議所の融資制度の仕組みなどを明らかにします。

目次
  1. 商工会議所の融資
  2. 商工会と商工会議所
  3. 商工会議所における融資相談
  4. 商工会議所で相談するマル経融資の詳細
  5. 商工会議所で相談するマル経融資の申し込み者条件
  6. 商工会議所で相談するマル経融資の必要書類
  7. 商工会議所で相談するマル経融資の審査内容のポイント
  8. 商工会議所で相談するマル経融資のメリット
  9. 商工会議所で相談するマル経融資のデメリット
  10. 商工会議所の融資斡旋を受けられなくなる場合
  11. 開業のための融資
  12. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

商工会議所の融資

商工会議所の融資

まず、大前提としてお伝えしなければならないのは、商工会議所が個別の会社に対して融資を行うことはありません。商工会議所は、各地域の中小企業向けに経営支援活動を行うことを事業としているものの、直接的な金融支援ができる基盤はないのが実情です。

その代わりに商工会議所が窓口となって、政府系金融機関の1つである日本政策金融公庫や一般金融機関からの融資獲得に向け、斡旋や橋渡しを行う業務は行われています。

※関連記事
商工会議所を活用するメリット
中小企業向けの融資制度

商工会と商工会議所

商工会と商工会議所

商工会議所とよく似た名称の組織が商工会です。場合によっては、商工会と商工会議所は同一組織であったり、どちらかが一方の下部組織であったりと誤解されているかもしれません。しかし、商工会と商工会議所は、れっきとした別組織です。

商工会議所の融資について掲示するにあたり、この際、商工会と商工会議所の違いについても把握しておきましょう。

⑴商工会とは

まず、商工会の概要について記します。

  • 団体の種別:特別認可法人(経済産業大臣の認可が必要)
  • 規制法律:商工会法(1960年=昭和35年制定)
  • 監督官庁:中小企業庁(経済産業省の外局)
  • 事業目的:中小企業の中でも特に小規模事業者の経営支援
  • 全国の商工会数:1,660(各地区の商工会はそれぞれ独立した存在)
  • 総加入事業者数:約81万(2017年=平成29年現在、9割以上が小規模事業者)
  • 特徴:町村区域を主たる設立・活動の地区割りとしている

次項の商工会議所の概要と見比べてみていただけるとわかることですが、名称が似ているだけあって、団体として設立された基本理念・事業目的はほとんど変わりません。市部か町村部かという区域の問題と、対象事業者の規模という面ですみ分けされていると考えればいいでしょう。

特に、設立拠点区域という面で言えば、全国どこの地域を見ても、同一地区に商工会と商工会議所が重複して設立されることはありません。

⑵商工会議所とは

商工会議所の概要は、以下のようになります。

  • 団体の種別:特別認可法人(経済産業大臣の認可が必要)
  • 規制法律:商工会議所法(1953年=昭和28年制定)
  • 監督官庁:経済産業政策局(経済産業省の内部部局
  • 事業目的:中小企業の経営支援
  • 全国の商工会議所数:515(各地区の商工会議所は独立した存在)
  • 総加入事業者数:約125万(2015年=平成27年現在)
  • 特徴:市部区域を主たる設立・活動の地区割りとしている

商工会議所の商工会との違いとしては、加入事業者に比較的規模の大きい会社も見られることです。そのこともあって、商工会議所の事業目的には国際的事業活動の支援も掲げられています。また、近年は商工会議所がM&Aを仲介するケースも見られるようになりました。

地域に密着した事業の統合を検討するなら、商工会議所にM&Aの相談するのも良いかもしれません。また、地域に限定されずに、事業拡大や新規事業進出を目的とするM&Aを検討されている場合は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つアドバイザーがM&Aをフルサポートいたします。無料相談後もM&Aが成約するまで一切費用は発生しません。成功報酬も業界最安値水準です。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味をわかりやすく解説!
M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定のメリットをご紹介

商工会議所における融資相談

商工会議所における融資相談

商工会議所では中小企業の経営支援事業の一環として、運転資金調達の相談にも乗ってくれます。商工会議所自体が直接融資してくれることはありませんが、各種融資の窓口であったり、斡旋、仲介役となってくれるのです。

各地域によっては、地元の自治体と連動した資金調達の取り組みもあります。そのような商工会議所が相談に乗ってくれる資金調達方法の中から、代表的な3種類を紹介します。

⑴マル経融資

通称マル経融資とは、正式には小規模事業者経営改善資金といいます。国の政府系金融機関である日本政策金融公庫が、資金を融資してくれる制度のことです。この融資の申し込みに際し、商工会議所が窓口となり、必要条件を満たすことによって日本政策金融公庫に推薦してくれます。

マル経融資は、商工会議所の加入者でなくても申し込める融資であり、商工会議所の融資相談の代名詞的存在です。そこで、詳細については別途、後述いたします。なお、マル経融資については、商工会のほうでも窓口として相談に乗ってくれます。

⑵メンバーズビジネスローン

ネーミングでサッシのつくとおり、メンバーズビジネスローンは商工会議所の会員限定の融資制度です。商工会議所と提携を結んだ銀行や信用金庫などの民間金融機関から、低金利などの優遇された条件で融資を受けることができます。

融資の内容は各金融機関ごとに細かく違いがあります。自分に合った融資内容を選んで申し込める点はメリットですが、商工会議所の会員だからといって無審査というわけではありません。商工会議所との事前相談が重要となります。

⑶創業支援融資保証制度

商工会議所と信用保証協会が提携して行っている融資制度は、創業支援融資保証制度です。名前だけ見るとこれから起業する人が対象のように思えますが、実は創業から5年未満の法人、または個人事業主でも申し込むことができます。

商工会議所が融資申し込みに必要な事業計画書作成の手助けだけでなく、起業後のフォローアップまで面倒を見てくれる制度です。手続きの流れとしては、商工会議所の支援の下、各種資料をそろえて信用保証協会に申し込みを行います。

それを受けて、信用保証協会での審査に通れば、信用保証協会が各種金融機関に融資の斡旋を行うという制度になっています。融資が実行される場合は、原則無担保、最大2,500万円までの借入が可能です。

※関連記事
商工会議所とは?商工会議所をわかりやすく解説
商工会議所の補助金

商工会議所で相談するマル経融資の詳細

商工会議所で相談するマル経融資の詳細

ここからは、マル経融資の詳細を見ていきましょう。まず、融資内容は以下のように規定されています。

  • 資金使途:運転資金、または設備投資資金
  • 融資限度額:最大2,000万円 
  • 運転資金の返済期限:7年以内
  • 設備投資資金の返済期限:10年以内
  • 運転資金返済の据置期間:1年
  • 設備投資資金返済の据置期間:2年
  • 利率:年利1.21%(2019年=令和元年12月2日現在)
  • 保証人:不要
  • 担保:不要
  • 特記事項:商工会議所、または商工会の推薦が必要

マル経融資に限ったことではありませんが、返済開始後、指定の期間内での返済が難しくなってしまった場合は、必ず事前に申し出ることになっています。また、返済が予定よりも短期間で完済すれば優良事業者と見なされ、次回の融資時には審査が通りやすくなります。

※関連記事
資金繰りに関するノウハウ
資金調達方法について解説します

商工会議所で相談するマル経融資の申し込み者条件

商工会議所で相談するマル経融資の申し込み者条件

マル経融資を申し込める事業者には、要件も厳密に定められています。以下の内容を全て満たしている事業者でないと申し込みができません。

  • 事業形態:法人、個人事業主どちらでも可(非会員でも可)
  • 従業員数:20人以下(例外あり、以下参照)
  • 宿泊業と娯楽業を除く商業・サービス業の場合の従業員数:5人以下
  • 最近1年以上、同一の商工会議所地区内で事業を営んでいる
  • 商工会議所の経営・金融指導を6ヶ月以上受けている
  • 各種税金を完納している
  • 風俗業、娯楽業(パチンコ店等)、集金取立業などの日本政策金融公庫が定める非融資対象業種でないこと

上記の中で、まず、同一の商工会議所地区内という規定ですが、東京23区に限っては23区全てが同一管内扱いなので、23区内の別の区に移ったとしても問題ありません。また、経営・金融指導については、濃密指導という方法を用いれば6ヶ月未満でも申し込み資格を得ることが可能です。

濃密指導とは、通常の経営・金融指導よりも1回あたりの面談時間を長くすることによって、短期間で6ヶ月分に該当する指導を受けるものになります。

※関連記事
個人事業主の資金調達方法
中小企業が資金調達を成功させる方法とは?現状や課題を解説

商工会議所で相談するマル経融資の必要書類

商工会議所で相談するマル経融資の必要書類

マル経融資の申し込み資格を満たしているなら、次は提出が義務づけられている書類を用意しなければなりません。法人と個人事業主、特殊条件下では要件が違うので分けて明示します。

【個人事業主】

  • 前年と前々年の決算書(収支内訳書でも可)
  • 前年と前々年の確定申告書
  • 所得税・事業税・住民税の領収書(納税証明書でも可)
  • 見積書・カタログ等(設備投資資金申し込みの場合)
【法人】
  • 前期と前々期の決算書
  • 前期と前々期の確定申告書
  • 決算後6ヶ月以上経過している場合は、最近の残高試算表
  • 法人税・事業税・法人住民税の領収書(納税証明書でも可)
  • 商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
  • 見積書・カタログ等(設備投資資金申し込みの場合)
【新規融資申し込み者で不動産所有者】
  • 不動産謄本(全部事項証明書)
【融資額1,500万円超を申し込みの場合】
  • 事業計画書
【濃密指導対象者】
  • 預金通帳のコピー
※関連記事
事業資金を借りる方法は?融資の種類や借りる際の注意点について解説
資金調達の方法

商工会議所で相談するマル経融資の審査内容のポイント

商工会議所で相談するマル経融資の審査内容のポイント

マル経融資申し込みに際し、商工会議所のお墨付きを得られたからと言っても油断はできません。民間の金融機関よりは融資が通りやすいとは言われていますが、日本政策金融公庫における審査に通らなかったケースも実例としてあります。

日本政策金融公庫のマル経融資審査に通れるように、商工会議所から強く推薦してもらえるようにするポイントについて、以下の2点を提示します。

⑴黒字であること

決算書が赤字である場合、やはり審査での印象はよくありません。前々期ならまだしも直近の前期決算は黒字であることが望ましいでしょう。黒字が難しくとも少額の赤字であれば、次項で説明する事業計画書で説得できる余地があります。

融資を申し込む可能性が高い場合は、確定申告の際、税理士や公認会計士によくよく相談して、赤字削減となるよう努めてください。ただし、粉飾決算は絶対にいけません。プロが見ればすぐ見抜かれてしまいます。そうなったら二度と融資申し込みなどできなくなってしまうでしょう。

⑵確度の高い事業計画書を作る

マル経融資を受け運転資金や設備投資資金を得ることによって、達成が見込める事業収益をしっかりと計画書に落とし込みましょう。事業計画書は丁寧に作成すれば、その分、信頼度も上がりやすい内容のものができるはずです。頭の中の数値をしっかりと計画書に表してください。

※関連記事
事業資金の借り入れを成功させるポイント
融資の相談

商工会議所で相談するマル経融資のメリット

商工会議所で相談するマル経融資のメリット

マル経融資の第一のメリットは、一般の金融機関に比べ低金利であることです。また、据置期間の設定もありがたい規定と感じる方も多いでしょう。また、申し込みに際し、商工会議所や商工会が全面的にサポートしてくれるのも心強いシステムです。

小規模事業者にとっては、書類作り自体にも右往左往しがちですから、商工会議所は頼れる存在と言えます。また、地域によっては、自治体が利子を負担してくれる補助金制度などもあります。商工会議所によく話を聞いてみると良いでしょう。

※関連記事
事業資金とは?調達方法や金利相場、ノンバンク融資についてご紹介
銀行融資の金利

商工会議所で相談するマル経融資のデメリット

商工会議所で相談するマル経融資のデメリット

これは融資の宿命ですが、審査を通過しなければ利用することはできません。商工会議所の経営・金融指導を受け各種資料まで準備しても、融資審査に落ちてしまうリスクがある点はデメリットととも言える点です。

また、マル経融資は小規模事業者をターゲットとしているので、一定以上の規模に達してしまうと申し込み資格を失ってしまうのも残念な点と言えるでしょう。

※関連記事
中小企業向けの助成金と補助金
即日で資金調達する方法

商工会議所の融資斡旋を受けられなくなる場合

商工会議所の融資斡旋を受けられなくなる場合

商工会議所から融資の推薦や斡旋を受けるにあたり、その線上から除外されてしまうケースがあります。多くは事業主個人に関わることですが、会社の経営状態も関係してきます。以下に列挙、および説明しますので、くれぐれもそのようにならないように注意してください。

⑴消費者金融を利用した経歴

消費者金融の利用歴は商工会議所の印象を悪くします。止むを得ない事情という場合もあるでしょうが、経営者の資金調達方法として評価を受けられないでしょう。仮に消費者金融ではなかったとしても、ほぼ無審査で借入できるような金利10%以上の相手からの借入も同様です。

⑵自己破産経歴

人によって事情もさまざまですが、自己破産歴があると、商工会議所での相談は難しいと言わざるを得ません。言葉の上では再チャンスなどという話もありますが、過去の1つの事実として、経営者としては自己破産歴は痛手になってしまいます。

⑶債務超過

会社、または事業が債務超過であると、商工会議所から融資の斡旋を得るのは厳しいのが実情です。客観的に見て、どう言葉で取り繕うと、事業資金のための融資を求めているのではなく、負債の支払いのための資金調達と受け止められてしまうからです。

※関連記事
法人・個人の銀行借り入れの審査や条件を解説します
ブリッジローン(Bridging loan)とは

開業のための融資

開業のための融資

マル経融資は魅力的で有効性の高い融資ですが、1年以上の経営実績がなければ申し込み資格を得られません。つまり、これから起業するにあたって資金が足りないという人は申し込めないのです。そのようなケースの際に申し込める融資を紹介しておきます。

マル経融資を行っている日本政策金融公庫では、創業や起業準備をしている人に対して「新創業融資制度」と「新規開業資金(新企業育成貸付)」という融資を行っています。新創業融資制度の融資限度額は3,000万円、新規開業資金の場合は7,200万円です。

融資限度額が大きい分、それだけ審査も厳しく、提出書類も多岐に渡りますが、それこそ商工会議所に相談するなどしてみましょう。また、上記以外にも中小企業庁や自治体が行っている、起業家向けの融資制度や補助金・助成金制度も数多くあります。

いずれも審査が必要なものですが、公的な融資であれば低金利なものが多く、補助金・助成金であれば返済の必要もありません。うまく活用できるよう、内容や要件を問い合わせて詳細を調べてみましょう。

※関連記事
ベンチャー企業の資金調達
新規事業立ち上げにおける融資の活用

まとめ

まとめ

融資の申し込みは、慣れていないと準備に戸惑うことがたくさんあります。そのようなときに、地域の身近な存在として商工会議所や商工会に相談し、アドバイスを受けられることは、とても良いシステムです。

マル経融資は商工会議所や商工会の非会員でも申し込めますが、いざというときのために商工会議所か商工会に加盟することを検討してみてもいいかもしれません。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

 事業再生スキーム一覧!再成長への資金繰りの方法は?成功事例など過去事例も紹介

事業再生スキーム一覧!再成長への資金繰りの方法は?成功事例など過去事例も紹介

債務超過に陥った企業が事業再生を行うためには、適切な事業再生スキームの選択が重要です。金融機関や日本公庫が、中小企業の資金繰りや事業再生をサポートしています。本記事では、事業再生スキームの種類や...

経営資源引継ぎ補助金とは?支給対象/給付額/審査/流れを徹底解説

経営資源引継ぎ補助金とは?支給対象/給付額/審査/流れを徹底解説

事業承継が必要でありながら資金の用意が難しく、なかなか踏み出せない事業者もいます。そのような場合に活用したいのが経営資源引継ぎ補助金という制度です。この記事では、経営資源引継ぎ補助金について補助...

LBOファイナンスとは?LBOとの違いや特徴/リスクを解説【図解】

LBOファイナンスとは?LBOとの違いや特徴/リスクを解説【図解】

LBOファイナンスとは、対象の信用力や資産を担保にして金融機関から買収資金を調達する買収方法です。名称の由来は、比較的少額の自己資金を梃子(レバレッジ)にすることからきています。本記事では、LB...

中間報酬が無料のM&A総合研究所の料金体系を解説

中間報酬が無料のM&A総合研究所の料金体系を解説

M&A総合研究所は、売り手の中間報酬が無料のM&A仲介会社です。中間報酬以外にも相談料・着手金・月額報酬を無料としており、業界最安値水準の料金体系が強みです。本記事ではM&A総合研究所の料金体系...

第三者割当増資のメリット・デメリットや注意点・手続きをわかりやすく解説

第三者割当増資のメリット・デメリットや注意点・手続きをわかりやすく解説

第三者割当増資とは、特定の第三者に新株引受権を付与して増資する方法です。必要な手続きは比較的簡便なため、企業の資金調達の手段として重宝されています。本記事では、第三者割当増資のメリットやデメリッ...

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

総数引受契約書は、募集株式の発行の際に発行者と割当者の間で取り交わされる契約書です。第三者割当増資の手続きを簡略化する目的で活用することが多くなっています。本記事では、総数引受契約書の作成方法と...

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBとは、買い手が株式の数や価格、期間などを定め、株式取引市場外で株式の公募を行う取引手法のことです。本記事では、TOBが不成立やディスカウントになる意味と、TOBが不成立になった事例やディス...

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資は、資本金増額や敵対的買収への対抗策として用いられます。本記事は、第三者割当増資に関する総数引受契約書の作成方法や、契約の流れ・注意点のくわしい解説を載せるほか、総数引受契約書の雛...

バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトとは、企業の経営が悪化した時に自社内の経営者や従業員が企業の買収を行うことです。近年、日本でもバイアウトが経営戦略の1つの選択肢として知名度が上がってきました。今回はバイアウトの3つの...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)