2020年11月20日公開会社・事業を売る

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

事業譲渡でM&Aを行う時や不動産の引き継ぎなどの際は、地位承継を行う必要があります。本記事では、地位承継とは何か、地位承継と地位継承ではどちらが正しい読み方なのかなど、事業譲渡の地位承継で知っておくべきことなどを解説します。

目次
  1. 地位承継とは?
  2. 地位承継のメリット・デメリット
  3. 地位承継と地位継承はどっちの読み方が正しい?
  4. 事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継の決まりとは
  5. 地位承継を行う際の注意点
  6. 事業譲渡の相談におすすめのM&A仲介会社
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

地位承継とは?

地位承継とは?

事業譲渡によってM&Aを行う場合、交渉で取り決めた不動産や営業許可などの権利義務関係を譲り渡す必要があります。

このような権利義務関係の主体を変更する手続きは地位承継と呼ばれ、事業譲渡以外にも相続で事業承継した場合などは地位承継を行うことになります。

地位承継の手続きには、書類の提出や契約している相手との合意などが必要になります。この章では、地位承継とは何か、行われる状況などの基本事項について解説します。

地位承継について

地位承継とは、不動産や債券・債務といった、さまざまな資産・負債・権利・義務を別な人に引き継ぐことです。

例えば、不動産の場合、不動産の持ち主である賃貸人の地位承継と、借りる側である賃借人の地位承継があります。

地位承継を行うとその権利義務を所有する人が変わるので、トラブルが起こらないように手続きを進めることが重要です。

特に、金融機関からの債務を地位承継する場合などは、金融機関からの同意を得て慎重に手続きを進める必要があります。

地位承継が行われる状況

地位承継が行われる状況の一例としては、M&Aの事業譲渡を行う時が挙げられます。事業譲渡は、株式譲渡と違は違って包括承継ではないため、事業に関する権利・義務・資産・負債を個別に地位承継する必要があります。

例えば、飲食店を事業譲渡する場合は、店舗や土地などの不動産を地位承継します。また、許認可や営業許可を地位承継する場合は、それらの承継もあわせて行います。

地位承継のメリット・デメリット

地位承継のメリット・デメリット

地位承継は、権利義務関係の主体が変わる重要な手続きであるため、そのメリットとデメリットを把握しておくが大切です。

メリット・デメリットを理解しておくことは、地位承継を行うべきか判断する時だけに役立つだけでなく、地位承継の手続き時のトラブル回避にも有効です。

この章では、事業譲渡と不動産の地位承継を例にとり、そのメリットとデメリットについて解説します。

地位承継のメリット

例えば、不動産における地位承継の場合、借りる側(賃借人)と貸す側(賃貸人)それぞれにメリットがあります。

賃借人の場合、地位承継して別な人を賃借人にすると、新しい賃借人が保証金を納めて地位承継するため、保証金が償却されずに戻ってくるケースがあります。

また、新しい賃借人にとっては、新規で賃貸契約を結ぶ場合に比べて、地位承継をすると安い家賃をそのまま引き継げたり、敷金や仲介手数料を節約できる場合もあります。

事業譲渡の地位承継の場合、個別に地位承継を行うことで譲受する資産を選択できるメリットがあります。

また譲渡する側としても、不要な事業を地位承継で譲渡してコア事業に集中するといった戦略が可能になります。

地位承継のデメリット

事業譲渡では、事業に関する資産・負債を全て個別に譲渡し、必要な地位承継を行う必要があります。これは非常に手間がかかる作業であり、株式を譲渡するだけの株式譲渡と比べるとデメリットといえるでしょう。

また、不動産の地位承継においては、保証金の償却や仲介手数料が得られない場合があるという点が、賃貸人や仲介会社にとってはデメリットとなります。

地位承継と地位継承はどっちの読み方が正しい?

地位承継と地位継承はどっちの読み方が正しい?

地位承継(ちいしょうけい)と似た言葉に地位継承(ちいけいしょう)というものもあり、これらの違いが分かりにくく混乱することが多いと考えられます。

承継と継承にが意味の違いがあり、どちらの読み方が正しいのでしょうか。この章では、地位承継と地位継承の違いや、地位を継ぐことを意味する場合の正しい読み方を解説します。

承継と継承の違い

承継と継承の意味に明確な違いはありませんが、大辞林によると「承継は地位・事業・精神などを受け継ぐこと継承は身分・権利・義務・財産などを受け継ぐこと」となっており、別な意味として定義されています。

一般的に、「承継」は事業承継や資産承継といった、主に法律が絡む資産や権利の引き継ぎに対して使われます。対して「継承」は、王位継承や伝統芸能の継承といった、法律の絡まない地位や伝統の引き継ぎに使われます。

【承継と継承の違い】

  承継(しょうけい) 継承(けいしょう)
意味 地位・事業・精神などを受け継ぐこと 身分・権利・義務・財産などを受け継ぐこと
使用例 事業承継・資産承継など 王位継承・伝統芸能の継承など

地位を継ぐ上で正しい読み方は?

辞書によると承継と継承は違う意味になってはいますが、その違いは非常に微妙であり、地位を引き継ぐうえでの正しい読み方がどちらなのか分かりづらい部分もあります。

例えば、事業譲渡では、辞書の定義では承継にあたる地位・事業の引き継ぎだけでなく、継承にあたる権利・義務・財産の引き継ぎも行います。

しかし、事業譲渡の資産・負債の引き継ぎや不動産の引き継ぎなどでは、「地位承継」のほうが正しい読み方となっています。

実際、地位を引き継ぐ際に市町村に提出する書類の名前は「地位承継届」となっており、継承ではなく承継が使われています。

一般に、法律関係の手続きが絡む引き継ぎに関しては「承継」を使うと覚えておけばよいでしょう。

事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継の決まりとは

事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継の決まりとは

M&Aにおいて地位承継が重要になるのは、事業譲渡を行う場合です。事業譲渡は株式譲渡と違って経営権の譲渡はせず、事業資産を地位承継によって譲渡します。

よって、事業譲渡を行う際は、地位承継における契約上の注意点などを押さえておくことが大切です。

この章では、まず事業譲渡とは何かを簡単に述べた後、事業譲渡における地位承継の注意点や地位承継の例を解説します。

事業譲渡とは

事業譲渡とは、会社や個人事業などを売買するM&Aの一種であり、事業資産を譲り渡す代わりに対価として現金を受け取ります

事業資産とは、事業を営むのに必要な不動産や設備、権利関係や負債などのことです。M&Aは株式を売買して経営権を譲渡する手法が多いですが、事業譲渡では株式の売買は行わないのが特徴となっています。

事業譲渡は事業資産を個別に譲渡するので、それぞれの資産や権利・義務について地位承継を行うことになります。

【関連】事業譲渡とは?意味や方法、M&Aにおける活用​を解説

事業譲渡を行う上で契約上の地位の承継には同意が必要

事業譲渡で譲渡する事業資産は業種などによってさまざまですが、例えば不動産や営業許可、債券・債務などがあります。

これらの資産を譲渡するために地位承継するためには、その資産について契約している相手との同意を得る必要があります。

例えば、店舗やオフィスを借りていてそれらを地位承継する場合、その不動産所有主の同意が必要です。同様に債権・債務を地位承継する場合は、その取引先や金融機関の同意を得なければなりません。

事業譲渡の際の地位の承継例

例えば、飲食店を事業譲渡する場合、店舗に使っている不動産の賃貸契約の地位承継を行います。ただし営業許可など必要な許認可は譲受側が新たに取得する必要があります。

なお、相続で飲食店を受け継ぐ場合は、営業許可も地位承継で引き継ぐことが可能です。

建設業の事業譲渡の場合は、まずオフィスとして借りている不動産の地位承継を行います。建設機械をリースしている場合は、リース契約の地位承継もあわせて行います。

ただし、建設業も飲食店の場合と同様、事業譲渡では建設業許可を地位承継することはできません。事業を譲受する側は、営業を始める前の段階で建設業許可を新規取得しておく必要があります。

【関連】事業譲渡の手続きとは?全体のスケジュールや手続きの注意点を解説

地位承継を行う際の注意点

地位承継を行う際の注意点

事業譲渡にしろ不動産の引き継ぎにしろ、地位承継を行う際は相手との合意を得ることが重要になります。

例えば、不動産の地位承継の場合、不動産の所有者から同意を得なければ地位承継を行うことはできません。貸す側からすれば、借りる側が家賃をきちんと支払う能力があるかが重要なので、同意を得るのは当然といえます。

債務や営業許可などの地位承継に関しても、ほとんどの場合相手の同意が必要になります。ただし、不動産を貸す側(賃貸人)の地位承継では賃借人の同意を得る必要はないなど、一部例外もあります。

事業譲渡の相談におすすめのM&A仲介会社

事業譲渡の相談におすすめのM&A仲介会社

事業譲渡は一般的なM&A手法である株式譲渡より手続きが複雑であり、地位承継など株式譲渡にはない手続きも必要になります。

M&A総合研究所では、事業譲渡など多くのM&A支援実績があるアドバイザーが、地位承継のサポートを始め、クロージングまでトータルにサポートさせていただきます。

また当社には弁護士も在籍しているので、地位承継に関する法律面においても安全・確実なM&Aが可能です。

成約時に成功報酬のみをいただく完全成功報酬制を採用しておりますので、着手金や中間金といった手続き途中で発生する料金は一切ありません。成約しなければ料金は一切かからないので、安心してご相談いただけます。

無料相談は随時受け付けておりますので、事業譲渡をお考えの経営者様は、お電話かメールでお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

地位承継は事業譲渡でM&Aを行う時などに必要な手続きで、契約の主体を別な人に引き継ぎます。承継と似た言葉に継承がありますが、地位の引き継ぎの時は地位承継のほうを使います。

【承継と継承の違い】

  • 承継:地位・事業・精神などを受け継ぐこと(事業承継・資産承継など)
  • 継承:身分・権利・義務・財産などを受け継ぐこと(王位継承・伝統芸能継承など)
【事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継の決まり】
  • 事業譲渡を行う際、契約上の地位承継には契約している相手の同意が必要
  • 事業譲渡では許認可は引き継げないため譲受側が新たに取得する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

事業譲渡でM&Aを行う時や不動産の引き継ぎなどの際は、地位承継を行う必要があります。本記事では、地位承継とは何か、地位承継と地位継承ではどちらが正しい読み方なのかなど、事業譲渡の地位承継で知って...

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株価評価時に株式保有特定会社の判定を受けると、評価方法が限定されて税制面で不利になる場合があります。その際、選択肢を増やす手段として株特外しという方法を利用することも可能です。本記事では、株式保...

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法は、株式価値や企業価値評価手法の一つです。インカムアプローチの一種であり、非上場企業の少数株主の株式価値を算定するのに適しています。本記事では配当還元法について、実績配当還元法や標準配...

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは、譲渡対象の企業名を伏せたまま概要を要約したものです。ノンネームは、売却を検討している企業を特定させないため、業種や企業規模、譲渡理由などのポイントに絞って記載します。本記事では、...

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法(年倍法)は、時価純資産と営業利益を用いた簡便な企業価値評価手法であり、主に中小企業のM&Aで用いられます。本記事では、年買法(年倍法)とはどのような手法なのか、また計算方法の妥当性や問題...

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA(イーブイ/イービッダー)倍率とは、売り手企業への投資額を何年で回収できるかを示す指標です。本記事では、EV/EBITDA倍率の意味やEV/EBITDA倍率を用いた企業価値算定...

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

M&A後、旧経営陣が売却した企業に拘束されるロックアップ(キーマン条項)は、買い手と売り手で求める条件が食い違い、争点となりやすい部分もあります。本記事では、ロックアップ(キーマン条項)とは何か...

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

事業承継や経営基盤の強化、人材確保などを目的に、中小企業間のMアンドAが積極的に実施されており、MアンドA件数は増加傾向にあります。本記事では、MアンドAとはどのようなものか、MアンドA手法やメ...

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割は、組織再編によく使われるM&A手法ですが、手続きが複雑なため仕訳・会計処理・税務が分かりにくいこともあります。本記事では、会社分割における仕訳・会計処理・税務について、吸収分割・新設分...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)