2020年2月26日更新業種別M&A

太陽光発電事業のM&Aや売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

この記事では、太陽光発電事業のM&Aの動向や相場、成功・失敗事例をご紹介します。M&Aの中でも、太陽光発電事業のM&A事例は少ないため、慎重に実施する必要があります。専門家の意見やアドバイスを聴き、理想的な買い手・売り手を探すことが重要です。

目次
  1. 太陽光発電事業のM&Aとは?
  2. 太陽光発電事業のM&Aの現状と動向
  3. 太陽光発電事業のM&Aの相場と費用
  4. 太陽光発電事業の買収とは?買う・買いたい場合
  5. 太陽光発電事業の売却とは?売る・売りたい場合
  6. 太陽光発電事業のM&Aの成功・失敗事例
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

太陽光発電事業のM&Aとは?

はじめに、太陽光発電事業のM&Aについて、意味や概要をお伝えします。そもそも「太陽光発電」とは、家屋の屋根に取り付けた太陽電池を用いて、太陽光を電気に変換することです。太陽光発電事業のM&Aとは、太陽光発電事業を経営する会社の売買を意味します。

太陽光発電により生み出した電気は主に家庭内で使用しますが、使い切れなかった電気に関しては、電力会社が買い取ってくれる仕組みになっています。災害などにより停電になった場合であっても電気を使用できる点が太陽光発電を導入するメリットです。

また、深刻化している地球温暖化対策としても、二酸化炭素を排出しない太陽光発電は注目を集めています。さらに、太陽光発電は近年の法改正などの影響でM&Aが活発化しています。他の業界とは異なり、太陽光発電事業に特有の事情(法改正など)が、M&Aの活発化を促進しているのです。

一方、M&Aのプロセスや手続きなどは他業種のM&Aとは異なる部分があります。太陽光発電事業のM&Aを実施する際は、太陽光発電独自のルールや動向をあらかじめ把握しておくことが必要です。

※関連記事
太陽光発電の売電・売買とは?太陽光発電のM&Aや導入メリットを解説

太陽光発電事業のM&Aの現状と動向

次に、太陽光発電事業M&Aの現状と動向について説明します。

①太陽光発電の現状

一時期注目された太陽光発電ですが、2012年以降は倒産する事業者が増加し続けています。太陽光発電事業は、「売電事業」「施工事業」「管理メンテナンス事業」の3種類に大きくわけられます。

売電事業者は、法制度活用で繰り延べていた税負担の顕在化により、止むを得ず倒産するケースが多いです。また、施工事業と管理メンテナンス事業については、競争激化とそれに伴う工事単価の低下により、倒産する事業者が増えています。

太陽光発電が注目されたことで新規参入が増加し、急激な競争激化が生じました。そのため、予期せぬ競争激化により、想定よりも売り上げを得られなかった企業が数多く発生し、倒産数の増加に繋がっています。

法令改正により、メンテナンスなどを行わない事業者や認可のみ取得して設備を持っていない事業者は太陽光発電事業の実施が困難となりました。太陽光発電は法や制度の改正に左右されやすく、今後の改正次第ではさらに厳しい環境となる可能性があります。

②太陽光発電事業M&Aの動向

制度の都合上、早い時期から太陽光発電事業を行なっている場合、これから事業を開始する事業者よりも安定的に高収益を得られます。そのため、安定的な高収益を得られる太陽光発電事業者を巡って、買い手によるM&Aのニーズが増えています。

一方、M&Aにより、太陽光発電事業を売却したいと考える事業者も増加傾向です。一部の業者(権利のみ持っている業者やメンテナンスをしてない業者など)にとって、今後収益を得ることは非常に困難となります。

そのため、「高額な設備投資を伴う開業」もしくは「売電権利の取り消し」のいずれかを迫られた太陽光発電事業者が、急いでM&Aを実施する事例が増加しています。買い手・売り手双方のニーズ増加により太陽光発電事業のM&Aは活発化しているのです。いずれの手法を選ぶ場合であっても、なるべく早い段階で準備を始めることをおすすめします。

たとえば、M&A総合研究所であれば、独自のネットワークを使用し、1週間以内に候補を見つけることが可能です。また、少数精鋭で集中した買い手探しをさせていただくためスピード成約を実現しています。事前相談は無料なので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※平均3ヶ月でスピード成約】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
M&Aの動向

太陽光発電事業のM&Aの相場と費用

ここでは、太陽光発電事業M&Aの相場と費用について説明していきます。

①太陽光発電事業のM&A相場

太陽光発電の用地のみを売買する場合は、坪単価5,000〜1万円程度が相場です。一方、太陽光発電を事業ごと売買する場合は、土地のみならず発電所や権利なども引き継ぎます

そのため、太陽光発電事業ごとM&Aを行う際は、売電により将来的に得られるキャッシュフローを基準に相場が決定します。結果的に、将来的に得られるフリーキャッシュフロー数年分を算出し、それらの現在価値を合計した金額がM&Aの相場です。

基本的には将来的なキャッシュフローに基づきますが、現在は買い手側のニーズが高まっているため、さらに価格が上乗せされる傾向があります。近年太陽光発電事業のM&A相場は高い水準で推移しており、売り手にとって有利な状況です。

②太陽光発電事業のM&A費用

買い手や売り手と直接M&Aを実施する際は、諸手続き以外に大きな費用は発生しません。一方、M&A仲介会社を利用して太陽光発電事業を売買する場合、仲介会社への手数料が発生します。手早く太陽光発電事業を売却したい場合や、自力でM&Aの対象を探すのが困難な場合は、仲介会社に依頼するのをおすすめします。

M&A仲介会社を利用すると、着手金やリテイナーフィー、中間報酬、成功報酬などの費用がかかります。M&A仲介契約を締結した時点で発生する着手金や、契約中毎月発生するリテイナーフィーなどは、M&Aの交渉が失敗に終わっても手元に戻ってこないため注意が必要です。

また、M&A仲介会社によっては、着手金やリテイナーフィー、中間報酬を無料にしている会社もあります。M&Aの費用を抑えたい場合は、着手金やリテイナーフィーなどを無料としているM&A仲介会社を選ぶことをおすすめします。

さらに、成功報酬に関しては取引金額の数%程度となるケースが一般的です。取引金額には譲渡金額、企業価値、移動総資産のいずれかが用いられます。譲渡金額を取引金額に設定する場合が最も成功報酬が安く済むため、M&A費用を少なくした上で、太陽光発電事業を売却したい方は、成功報酬の算出方法を必ず確認しましょう。

※関連記事
M&Aの費用

太陽光発電事業の買収とは?買う・買いたい場合

ここでは、太陽光発電事業をM&Aにより買収する際のポイントをご説明します。太陽光発電事業を買収する際は、以下のポイントに留意しましょう。

  1. デューデリジェンスを徹底する
  2. 買収後のメンテナンスも怠らない

①デューデリジェンスを徹底する

太陽光発電事業を買収する際は、デューデリジェンスを重視しましょう。デューデリジェンスとは、M&A相手(売り手側)や投資の潜在的なリスクを調査する行為を意味し、M&Aの中でも特に重要なプロセスです。

デューデリジェンスを実施することで、M&Aの潜在的なリスクや相手企業の問題点を洗い出し、高値掴みなどの可能性を低減させることができます。一般的なM&Aでは、デューデリジェンスで財務やビジネス、税務、法務などの分野に関して調査します。

一方、太陽光発電事業の買収に際しては、売り手が持つ発電所の土地を重点的に調査しましょう。太陽光発電による収益は、発電所の所在する土地の良し悪しに左右されます。土地の状態が悪い場合、予想以上に造成費がかさむ可能性もあります。

M&A後に後悔しないためには、デューデリジェンスを徹底することが重要です。しかし、デューデリジェンスを実施する際には高度な知識が必要となるため、専門家に依頼することをおすすめします。

M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つプロがM&Aをフルサポートいたします。相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

②買収後のメンテナンスも怠らない

太陽光発電事業を買収する際は、買収後のメンテナンスも視野に入れなくてはなりません。なぜなら、太陽光発電事業を継続するためには、定期的なメンテナンスを要するからです。買うだけ買って放置していると、権利が剥奪される恐れもあります。

しかし、定期的にメンテナンスしておけば、将来的に太陽光発電事業を売却する際、高値でM&Aを実施できる可能性があります。太陽光発電事業を買収する時は、長期的な目線を持ってメンテナンスを欠かさないことが重要です。

※関連記事
デューデリジェンスとは?目的・方法・種類
会社を買いたい!会社を買う流れ・契約締結方法を解説

太陽光発電事業の売却とは?売る・売りたい場合

ここでは、M&Aにより太陽光発電事業を売却する場合のポイントを解説します。太陽光発電事業を売却する際、高値で売れるに越したことはありません。M&Aにより高値で売却するためには、下記2つの要件を満たすことが重要です。

  1. 設備や土地の状態が良い
  2. 売電実績がある

①設備や土地の状態が良い

土地の立地や状態が良ければ、M&Aにより高値で売却できる可能性が高まります。設備に関しても日頃からメンテナンスを徹底し、良好な状態を維持していれば高値で査定されるでしょう。

一方、修繕などを実施していても安値で売却される可能性はあるため、早急にM&Aを実施したい方は売却しても良いでしょう。高値で太陽光発電事業を売却したい方は、極力初期の状態に近づけた上でM&Aを実施しましょう。

 

②売電実績がある

買い手側は将来的に得られる収益性を基準に、M&Aの実行可否や価格を決定します。過去に豊富な売電実績があれば、収益性が高いと評価される可能性が高いです。売却実績が豊富にある場合は、高値での売却を期待できるでしょう。

※関連記事
会社を売りたい

太陽光発電事業のM&Aの成功・失敗事例

最後に太陽光発電事業のM&Aに関して、成功事例と失敗事例をご紹介します。

①太陽光発電事業のM&A成功事例

成功事例として、住友商事とオーストラリアのInfinite EnergyとのM&Aが挙げられます。

2019年1月、住友商事は、分散型太陽光発電システム開発・販売事業、蓄電池の施工・販売事業、電力小売事業を展開するオーストラリアのInfinite Energyの株式を100%取得したことを発表しました。

Infinite Energyは、太陽光発電システムの販売や据え付けだけでなく、太陽光発電システムや、卸売電力市場より調達した電力を既存の送電網を利用して需要家向けに販売する電力小売事業を展開しています。

そのため、住友商事は、住友商事グループが持つ豊富なビジネスラインのノウハウやネットワークを活用した上で、オーストラリアにおける分散型太陽光発電・蓄電池供給事業を活用した電力小売事業のプラットフォーム構築に取り組み、電力と他ビジネスを掛け合わせた新ビジネス領域の創造を目指しています

②太陽光発電事業のM&A失敗事例

一方、太陽光発電事業のM&A関して、市場に失敗事例が出回ることはほぼありません。しかし、市場に出回ることは少ないものの、太陽光発電事業のM&A失敗事例は少なくありません

M&A後に十分な収益を得られない、もしくは想定よりも低い価格で売却したことで十分な利益が残らなかったなど、売り手・買い手共にM&Aが失敗する可能性はあります。

太陽光発電事業のM&Aで失敗しないためには、買い手側は徹底的なデューデリジェンスを実施する必要があります。また、売り手側も、修繕などにより事業価値を高めることが大切です。

※関連記事
M&A成功事例とは?大手・中小企業、スタートアップやベンチャー企業のM&A成功事例を解説

まとめ

今回は、太陽光発電事業のM&Aの動向や相場、成功・失敗事例をご紹介しました。太陽光発電事業のM&Aは、M&Aの中でもニッチな部門であり、事例が少ないため慎重に実施しましょう。専門家の意見やアドバイスを聴き、理想的な買い手・売り手を探す必要があります。

要点をまとめると下記のとおりです。

・太陽光発電の現状
 →競争激化の影響で想定よりも売り上げを得られなかった企業が数多く発生し、倒産数が増加している

・太陽光発電事業M&Aの動向
 →買い手・売り手双方のニーズ増加により、太陽光発電事業のM&Aは活発化している

・太陽光発電事業のM&A相場
 →土地のみの売買では、坪単価5,000〜1万円程度が相場であり、事業ごとの売買では発電所や権利なども引き継ぐ

・太陽光発電事業のM&A費用
 →M&A仲介会社を利用した場合、着手金、リテイナーフィー、中間報酬、成功報酬などの費用がかかる

・太陽光発電事業の買収におけるポイント
 →デューデリジェンスを徹底する、買収後のメンテナンスも怠らない

・太陽光発電事業の売却におけるポイント
 →設備や土地の状態が良い、売電実績がある

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界は土地さえあれば参入しやすい事業です。しかし、人口減少や車離れの影響で、簡単に収益が得られなくなると予測されています。その時に取れる手段の1つがM&A・譲渡です。この記事では駐車場業界...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

本記事では、住宅建設業界のM&Aについて、2020年の業界の最新動向や買収相場の考え方、M&Aのメリット・デメリットなどを解説していきます。実際に行われた住宅建設会社のM&A事例も、2020年の...

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

お金や資産を貸し出して利益を得ているのが金融・リース・レンタル事業です。当記事では、金融・リース・レンタル事業の概要をはじめ、各業種が抱えている問題や、事業承継の可能性、事業承継の手順・事例・注...

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

今後の成長が期待されているITソフトウェア業界では、ソフトウェア開発の重要性の高まりから、他業界やスタートアップ企業の参入が多く、M&Aが積極的に実施されています。本記事では、ITソフトウェア業...

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

利用者にまつ毛エクステを施すのがマツエクサロンの事業です。当記事では、マツエクサロンが置かれている現状をはじめ、M&Aの動きや、M&Aを用いた際のメリット、M&Aで注意を払う点、M&Aの手続き、...

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界は国内の市場規模は減少しているものの海外展開など顧客のニーズが変化してきており、今まで以上にM&Aが行われるようになると予測されます。今回は今度積極的に行われていくジュエリー業界の...

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

資金・商品を貸して利益を得るのが金融・リース・レンタル業です。当記事では、金融・リース・レンタル業の内容をはじめ、各業界に見られる事業譲渡(事業売却)の動きや、事業譲渡(事業売却)の手順、メリッ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)