2022年6月6日更新会社・事業を売る

愛知県・名古屋市のM&A・会社売却・事業承継!譲渡案件も紹介

愛知県は大都市名古屋があるため、さまざまなビジネスチャンスがある地域です。そのため、必然的にM&Aが活発化しやすい環境になっています。また、愛知県に拠点を置くM&A仲介会社も多いので、それらにM&Aのサポート依頼をするのがおすすめです。

目次
  1. 愛知県・名古屋市のM&A・会社売却・事業承継の動向
  2. 愛知県・名古屋市でM&A仲介会社を選ぶ基準
  3. 愛知県・名古屋市のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関
  4. 愛知県・名古屋市近郊のM&A譲渡案件例
  5. 愛知県・名古屋市のM&A事例
  6. 愛知県・名古屋市のM&A積極買収企業
  7. 愛知県・名古屋市のM&A・会社売却・事業承継まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

愛知県・名古屋市のM&A・会社売却・事業承継の動向

愛知県・名古屋市のM&A・会社売却・事業承継の動向

愛知県には、世界有数の大企業であるトヨタ自動車があることから、製造業が盛んな地域です。

総務省の工業統計調査によると、2020(令和2)年における愛知県の製造業の事業所数は全国2位(僅差の1位は大阪府)、同じく労働者数は全国1位、そして、製造品出荷額は全国の14.9%を占めて第1位となっています。

一方、M&Aに目を向けてみると、2021(令和3)年上半期(1~6月)に上場企業が行ったM&Aの集計では、東京都346件、大阪府68件に次いで、愛知県が42件で3位でした。内訳としては、愛知県の企業が買い手となったのが25件、売り手となったのが17件です。

このことから、愛知県は名古屋市という大都市を有するだけあって、M&Aも非常に盛んであることがわかります。

愛知県・名古屋市でM&Aが増加する理由

愛知県の前年同時期(2020年上半期)のM&A実施数は20件でした。つまり、2021年の同時期は、M&A実施数が倍増以上となっているのです。このように愛知県でM&Aが増加している主な理由を、買い手・売り手それぞれの立場で考えてみましょう。

まず、買い手がM&Aを行う理由です。現在の日本は、少子化による人口減で、各市場が徐々に縮小していく流れにあります。そこで、シェアを高めるために同一業種の会社を買収したり、新たに国外の市場を目指し現地の会社を買収したりするなどの動きが盛んです。

次に、売り手がM&Aを行う理由です。これは愛知県に限定したことではなく、日本全体の中小企業にいえることですが、後継者不足による事業承継問題に悩んでいる中小企業が数多くあります。親族や社内に適する後継者がいない場合、廃業の危機にさらされているのです。

そこで、近年、広がりを見せているのが、M&Aによる第三者への事業承継です。会社を売却することで、その買い手が新たな経営者(後継者)となり事業承継が実現します。M&Aが、会社存続の手段として用いられるようになったのです。

【関連】愛知県の事業承継とは?おすすめのM&A仲介会社もご紹介

愛知県・名古屋市でM&A仲介会社を選ぶ基準

愛知県・名古屋市でM&A仲介会社を選ぶ基準

昨今、M&Aの活発化に伴ってM&A仲介会社の数も急増しました。その中から、どのような仲介会社を選べばよいのか、そのポイントを掲示します。

  1. 対象業界の専門知識・実績がある
  2. 自社と同じ案件規模・地域のM&A実績がある
  3. M&Aに関する幅広い知識・経験がある
  4. わかりやすい料金体系を採用している

①対象業界の専門知識・実績がある

M&Aを進めるにあたっては、業界ごとの商慣習の違いや、業界特有のビジネスモデルなどを踏まえることが必要です。したがって、M&A仲介会社においては、担当する会社の業種の専門知識や同業種の会社のM&A担当実績の有無で雲泥の差が生じます。

最近は、特定の業種に特化したM&A仲介会社も出てきており、自社の業種に特化している仲介会社を探すのもいいでしょう。あるいは、非特化型の仲介会社の場合、過去の実績で自社と同業種の担当経験があるかどうか確認するのが得策です。

②自社と同じ案件規模・地域のM&A実績がある

M&A仲介会社に問われるのは、業種の専門性だけではありません。案件の規模の大きさと、担当した地域の実績も確認する必要があります。たとえば、スモール案件の実績が多いM&A仲介会社が、大型案件も得意かというと、それは疑問であり、その逆もまた同様です。

したがって、最も望ましいのは、自社と同規模のM&Aサポート、自社と同地域のM&A支援を担当した実績を持っているM&A仲介会社になります。

③M&Aに関する幅広い知識・経験がある

急増しているM&A仲介会社の中には、実績・経験が十分とはいえないアドバイザーがいる可能性もあります。これを回避するためには、M&A仲介会社の過去実績を確認するとともに、在籍しているM&Aアドバイザーの実績や資格も確認しましょう。

また、会社を気に入っても担当アドバイザーに不満がある場合は、遠慮せず担当者の交代を申し入れるべきです。

④わかりやすい料金体系を採用している

M&A仲介会社の料金体系は、各社によってまちまちです。内容が細かい会社の場合、相談料・着手金・月額報酬・中間報酬・成功報酬・資料作成などの各種実費といったように、複雑で金額もわかりづらいケースもあります。

近年は、完全成功報酬制、つまり、M&Aが成約するまで一切、費用発生がない会社も増えてきており、予算管理の面からも、そのようなわかりやすい料金体系の仲介会社がおすすめです。

M&A仲介会社選びにお困りの場合は、M&A総合研究所にご連絡ください。M&A総合研究所は、中小規模のM&A案件を数多く取り扱っています。対応地域は全国ですが名古屋市にもオフィスを構えており、愛知県のM&A案件には、よりきめ細やかな対応が可能です。

M&A総合研究所には、M&A・事業承継の知識・支援実績が豊富なアドバイザーが多数在籍しており、相談時からクロージングまで丁寧にサポートいたします。また、通常は10カ月~1年以上かかるとされるM&Aを、最短3カ月でスピード成約する機動力もM&A総合研究所の強みです。

料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」となっています(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。随時、無料相談をお受けしておりますので、愛知県でM&A・事業承継をご検討の際は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

愛知県・名古屋市のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関

愛知県・名古屋市のM&A・会社売却・事業承継に役立つ公的機関

愛知県・名古屋市でM&A・会社売却・事業承継で困った際には、公的機関に相談するのも1つの手段です。愛知県・名古屋市の主な公的機関には、以下のようなものがあります。

  1. 愛知県事業承継・引継ぎ支援センター
  2. 愛知県よろず支援拠点
  3. 名古屋商工会議所
  4. 愛知県信用保証協会

①愛知県事業承継・引継ぎ支援センター

愛知県事業承継・引継ぎ支援センターとは、中小企業の事業承継やM&Aをサポートする公的機関です。公的機関ですから、費用は無料で安心して相談ができます。中小企業経営者向けのセミナーなども無料で利用可能です。

なお、中小企業庁からの委託事業として各都道府県に設置された事業引継ぎ支援センターと、各都道府県が独自に組織した事業承継ネットワークが2021年4月に統合され、愛知県事業承継・引継ぎ支援センターとなりました。

事業承継・引継ぎ支援センターの活用を政府も後押し

2021年4月以前までは、事業承継ネットワークが親族内承継や社内承継の支援を行い、事業引継ぎ支援センターはM&Aなど第三者への事業承継支援を行ってきました。この2つが統合されたことによって、連携も高まり支援の質の向上も見込めます。

中小企業の事業承継推進には政府も力を入れているので、何かあれば大いに活用しましょう。

②愛知県よろず支援拠点

愛知県よろず支援拠点は、中小企業や小規模事業者向けのお悩み相談窓口です。相談料は無料で、M&Aにまつわる相談も受け付けています。さまざまな業界出身のコーディネーターや、中小企業診断士などが在籍しており、専門的なアドバイスを受けることが可能です。

愛知県よろず支援拠点は豊橋市にサテライトを開設しているため、身近な公的機関として利用できるでしょう。

③名古屋商工会議所

名古屋商工会議所など、愛知県内には22の商工会議所があります。また、商工会も57あり、いずれも公的機関として活用可能です。商工会議所、商工会ともに、愛知県の中小企業の発展をサポートしています。ただし、相談などを行うには、会員にならなければなりません。

④愛知県信用保証協会

愛知県信用保証協会は、金銭面で中小企業のサポートを行う公的機関です。さまざまな中小企業者向けの保証があり、それらをスムーズに活用するための支援を行っています。経営支援の一環で各種相談も受け付けているので、M&Aや事業承継の相談も可能です。

【関連】事業承継ネットワークとは?事業概要、中小企業が利用するメリット【事例あり】
【関連】事業引継ぎ支援センターとは?成約事例や案件・手数料について徹底解説

愛知県・名古屋市近郊のM&A譲渡案件例

愛知県・名古屋市近郊のM&A譲渡案件例

ここでは、現実に譲渡希望案件として公開されている、愛知県・名古屋市近郊のM&A案件情報を5件ピックアップしました。

  1. 海外FXサイト、教材販売事業のM&A案件
  2. エステ・整体サロンのM&A案件
  3. 和食店のM&A案件
  4. 温泉旅館のM&A案件
  5. デイサービスのM&A案件

①海外FXサイト、教材販売事業のM&A案件

愛知県在住の個人が運営している海外FXに関するアフィリエイトサイト、およびFXの教材販売事業の譲渡案件になります。完成したサイトとして運営し収入を上げられているので、今後も大きな手間なく継続できる事業というアピールです。

売上高 1,700万円
売却希望額 5,000万円
譲渡希望理由 新規事業のための資金調達

②エステ・整体サロンのM&A案件

愛知県の整体・小顔マッサージも行うエステサロンの譲渡案件です。スキンケア商品の販売権も所有しています。従業員は5人以下の規模ですが、業界歴の長いベテランスタッフも在籍しており、客層は女性客8割以上です。

売上高 〜1.000万円
売却希望額 〜1.000万円
譲渡希望理由 戦略の見直し

③和食店のM&A案件

かに料理やうなぎ料理をメインにした和食店の譲渡案件です。約30年、経営を行ってきましたが、後継者不在を理由に譲渡を希望しています。水質検査済の井戸水が利用できるため、水道代のコスト削減も可能です。店舗については、買収または賃貸契約が選択できます。

売上高 非公開
売却希望額 300万円
譲渡希望理由 後継者不在

④温泉旅館のM&A案件

50年以上の歴史があり、天然温泉が自慢の温泉旅館の譲渡案件です。取引先や従業員は、引き継ぎ可能となっています。名古屋市内から車で1時間程度と交通の便がよく、宴会場やコンベンションホールも完備です。

売上高 約2億7,000万円
売却希望額 5,000万円
譲渡希望理由 選択と集中

⑤デイサービスのM&A案件

地域密着型デイサービス施設の譲渡案件です。近年、増加し続けている介護需要にあわせて、介護関連施設のM&A案件は増えつつあります。こちらのデイサービス施設はショートステイも可能で、60%前後の稼働率です。また、従業員の雇用継続も希望しています。

売上高 約9,100万円
売却希望額 6,000万円
譲渡希望理由 経営者が高齢、別事業に専念したい

【関連】関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社紹介

愛知県・名古屋市のM&A事例

愛知県・名古屋市のM&A事例

愛知県内の企業が買い手、または売り手となった過去のM&A事例を3件ピックアップしました。どのようなM&Aだったか、内容を確認してみましょう。

  1. 自動車関連業界のM&A(オートバックスセブン×コクサイショパーズエイト)
  2. ドラッグストア業界のM&A(ツルハホールディングス×ビー・アンド・ディーホールディングス)
  3. 運送業界のM&A(日本梱包運輸倉庫×イトー急行)

①自動車関連業界のM&A(オートバックスセブン×コクサイショパーズエイト)

2019(平成31)年2月、オートバックスセブンは、コクサイショパーズエイトの全株式を取得し完全子会社化することを発表しました。コクサイショパーズエイトはフランチャイズチェン加盟法人で、岐阜・長野・愛知県でオートバックス7店舗を経営しています。

本件のM&Aにより、オートバックスセブンはエリア内の競争力を強化し、経営の効率化を図る考えです。

②ドラッグストア業界のM&A(ツルハホールディングス×ビー・アンド・ディーホールディングス)

2018(平成30)年4月、ツルハホールディングスが、ビー・アンド・ディーホールディングスの全株式を取得し、ビー・アンド・ディーホールディングスとその完全子会社であるビー・アンド・ディーを連結子会社化しました。

ビー・アンド・ディーは、愛知県春日井市・長野市で65軒の調剤薬局・ドラッグストアを運営している会社です(当時)。ツルハホールディングスとしては、このM&Aにより、グループとして中部地域の事業強化を図ります。

また、お互いのノウハウや経営資源を共有し、グループ全体の企業価値向上も目指す方針です。

③運送業界のM&A(日本梱包運輸倉庫×イトー急行)

2013(平成25)年12月、日本梱包運輸倉庫が、イトー急行の株式59.9%を取得し子会社化しました。イトー急行は、中部地方を中心に運送業を展開しています。

日本梱包運輸倉庫とイトー急行は、両者が持つノウハウやサービス網を生かし、さらに広範囲な物流サービスを展開させていく展望です。

【関連】名古屋の調剤薬局のM&A成功事例やオススメ仲介会社を解説!

愛知県・名古屋市のM&A積極買収企業

愛知県・名古屋市のM&A積極買収企業

愛知県を拠点としている企業には、現在、M&Aでの買収に積極姿勢である会社は数多くあります。ここでは、その中から2社をピックアップしました。

  1. 駒田印刷
  2. イントリニティー

①駒田印刷

1948(昭和23)年設立の駒田印刷は、書籍・新聞・カタログ・ポスターなどの印刷業のほか、文書・画像処理システムの開発や情報加工処理、インターネットソリューション提供などを行っています。本社は名古屋市で資本金1,500万円、売上高は非公開です。

駒田印刷では、買収予算1億~10億円で以下のような売り手を探しています。
 

  • 印刷会社
  • Web制作会社
  • デザイン会社
  • システム開発会社
  • 広告代理店

②イントリニティー

1982(昭和57)年設立のイントリニティーは、システムコンサルタント・システム開発の受託・スマートフォンアプリ開発・音楽プラットフォーム『YAPLE』運営などを行っています。本社所在地は名古屋市、資本金が1,000万円、直近の売上高は1億5千万円です。

イントリニティーでは、買収予算1億~10億円で以下のような売り手を探しています。愛知県内に限らず、中部・東海エリアなど広範に募集中です。
 

  • ソフトウェア開発会社
  • Webサービス開発会社
  • アプリ開発会社

【関連】近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

愛知県・名古屋市のM&A・会社売却・事業承継まとめ

愛知県・名古屋市のM&A・会社売却・事業承継まとめ

M&Aを実施する際には、専門的な知識や経験が必要になります。したがって、M&A仲介会社などの専門家のサポートを受けることは不可欠です。愛知県や名古屋市で効果的なM&Aを実現するためにも、自社に適したM&A仲介会社を選びましょう。

M&A仲介会社を選ぶ際に基準となるポイントは、以下のとおりです。
→対象業界の専門知識・実績がある
→自社と同じ案件規模・地域のM&A実績がある
→M&Aに関する幅広い知識・経験がある
→わかりやすい料金体系を採用している

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短1.5ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

webメディアの売却・買収は、売買専門サイトの増加などの背景もあり年々活発化してきています。本記事では、webメディア売却の最新事例を25選紹介するとともに、売却・買収動向やメリット・デメリット...

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

M&Aの主な手法は株式譲渡と事業譲渡ですが、両者は手続き・税金・メリット・デメリットなどあらゆる点で違います。本記事では、株式譲渡と事業譲渡の違いについて図解も交えながら解説しています。...

会社売却でかかる税金はいくら?計算方法、税金対策をわかりやすく解説

会社売却でかかる税金はいくら?計算方法、税金対策をわかりやすく解説

会社売却にかかる税金は、株式譲渡・事業譲渡といったスキームによっても違い、株式譲渡の場合は株主が個人か法人かによっても違います。この記事では、会社売却にかかる税金に関して計算方法を解説するととも...

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

M&Aによる会社売却はタイミングが重要で、同じ会社でもタイミングの違いによって売却価格が大きく変わる可能性があります。この記事では、会社売却の適切なタイミング、会社売却のメリットや利益を...

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

出版業界は、電子書籍の普及と紙媒体の衰退といった大きな変化の渦中にあり、業界再編などを目的としたM&Aが活発です。本記事では、出版業界の最新M&A事例9選を紹介するとともに、出版...

宅配・フードデリバリー・ケータリング業界のM&A動向!事例、相場も徹底解説【2022年最新】

宅配・フードデリバリー・ケータリング業界のM&A動向!事例、相場も徹底解説【2022年最新】

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー・ケータリング業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きでした。本記事では、宅配・フードデリバリー・ケータリング業...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?支払う費用の相場、計算方法、仲介会社の報酬体系を解説

M&Aの手数料はなぜ高いのか?支払う費用の相場、計算方法、仲介会社の報酬体系を解説

昨今、M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料の高さがクローズアップされるようになりました。本記事では、M&A仲介会社の手数料が高い理由、手数料相場、手数料が高いか...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)