M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
新規事業立ち上げにおける融資の活用

新規事業立ち上げにおける融資の活用

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

目次

    新規事業立ち上げにおける融資の活用

    新規事業立ち上げの際の経営者の悩みの種が資金繰りです。

    新規事業が軌道に乗るまで金融機関からの融資は受けにくいものであり、資金調達の方法も限られているため、なかなか資金の確保はできないものです。

    しかし今では創業のための融資制度を持つ自治体や金融機関もあり、それらを活用すれば資金調達の目途を立てることができます。

    今回は新規事業立ち上げの際に役立つ融資についてお伝えしていきます。

    新規事業立ち上げの際に使える融資

    新規事業立ち上げの際に使える融資には大きく分けて2種類あります。

    日本政策金融公庫の創業融資と、自治体が信用保証協会や金融機関と連携して提供する制度融資です。

    通常、新規事業は実績がないため社会的な信用が得られず、金融機関の融資をなかなか受けられないことが多いかと思います。

    しかし創業融資や制度融資はそれぞれ新規事業を立ち上げる創業者向けに融資を行っており、新規事業の経営者は安い金利や長い返済期間を設けてもらったうえで融資を受けることができます。

    創業融資や制度融資の特徴はそれぞれ以下の通りです。

    ①日本政策金融公庫の創業融資の特徴

    日本政策金融公庫とは日本が100%出資している公的な金融機関であり、中小企業や新規事業向けの融資を行ってくれます。

    日本政策金融公庫は民間の金融機関で融資を断られたという企業でも融資を受けやすい金融機関であり、また固定の低金利で融資を受けられることが大きなメリットです。

    融資の種類によっては1%を切る金利を受けられることもあり、また3000万円を限度に貸し出してくれます。

    おまけにただでさえ金利が低めに設定されているにも関わらず、連帯保証人を用意するなど様々な条件を満たすことで金利をさらに下げることも可能です。

    当然日本政策金融公庫の創業融資はちゃんとした融資であるため、融資を受けることさえ出来たら融資を受けたという実績が残るため、民間の金融機関から融資を受けやすくなります。

    加えて日本政策金融公庫は経営に関するアドバイスも行っており、新規事業を立ち上げたばかりの経営者にとって非常に役に立ちます。

    日本政策金融公庫のメリットは返済面でもあります。

    日本政策金融公庫の創業融資は無保証・無担保であり、担保を必要としません。

    おまけに経営者個人に責任が及ばないため、万が一経営している企業が潰れてしまった際に返済の必要がなくなります。

    その意味では万が一企業が潰れてしまった際のリスクが下がります。

    さらに企業が潰れるほどでなくても、返済が難しい事態に陥った際でも日本政策金融公庫の創業融資は減額申請が可能であり、返済する金額を圧縮し、返済期間を延ばすことが可能です。

    だから創業融資は借り入れ、返済の両方の点を鑑みて運用しやすい融資だといえるでしょう。

    ②自治体の制度融資

    新規事業を立ち上げた経営者にとって自治体の制度融資も役に立つ融資の一つです。

    自治体の制度融資は日本政策金融公庫の創業融資同様、金利が低く、審査が通りやすいため融資を受けやすいというメリットがあります。

    加えて自治体の制度融資は措置期間(元本を返済せずに金利だけを支払う機関)が長めに設定されており、大体1年ほどの期間で設定されているため、返済の負担も軽めです。

    自治体の制度融資の詳細は自治体によって異なっていますが、自治体の中には保証料や利子を負担してくれるように設定されているものもあり、より経営者の負担が少なくなっている点も魅力的です。

    ただ自治体の制度融資は日本政策金融公庫の創業融資と比べ、地方自治体の承認や信用保証協会の承認を受ける必要があるため、融資が実行されるタイミングが2ヶ月ばかり遅くなります。

    そのため制度融資はスピーディーな資金調達に向いていない融資です。

    おまけに創業融資と違って企業が潰れた際に経営者個人に責任が発生するため、借入の返済義務は残ります。

    そのため企業が潰れても負担は変わらず残ってしまうため、注意しておく必要があります。

    日本政策金融公庫の新規事業融資

    日本政策金融公庫には創業融資のほかにもう一つ、新規事業向けの融資があります。

    それは新規開業資金です。

    新規開業資金は「雇用の創出を伴う事業を始める人」、「現在勤めている企業と同じ業種の事業を始める人」、「産業競争力強化法に定める認定特定創業支援等事業を受けて事業を始める人」、「民間金融機関と公庫による協調融資を受けて事業を始める人」という条件を持っていれば受けられる融資です。

    新規開業資金は最大で7200万円まで融資することが可能であり、新規事業の立ち上げを行う経営者にとって心強い資金源になります。

    新規開業資金も創業融資同様、様々な条件で利率が変わります。

    中には保証人や担保をどう設定するかによって利率が変わることもあるので、その点も考慮しておく必要があります。

    それでも利率は約0.7%~2.3%以内になりますので、新規事業の経営者にとっては有利な融資だといえます。

    返済期間も設備資金なら20年以内、運転資金であれば7年以内であり、据置期間が2年以内とある程度ゆとりをもって返済できるようになっています。

    新規事業立ち上げの際に使える融資のメリット・デメリット

    新規事業立ち上げの際に使える融資は一見メリットが多いだけに見えますが、デメリットも存在しています。

    メリットばかりでなくデメリットも把握しておかなければ、いくら新規事業に有利な融資だからといっても失敗につながってしまう恐れがあります。

    さきほどから触れている部分と一部重複しますが、ここで改めてメリットとデメリットをお伝えしていきます。

    ここでも創業融資と制度融資それぞれに分けてお伝えします。

    ①創業融資のメリットとデメリット

    創業融資はさきほどもお伝えしたように低金利であり、審査が通りやすいうえに無担保・無保証で返済の際の負担も少ないと言う点がメリットです。

    金利に関しては条件を満たせばさらに下げることができますし、返済が危うくなった際にも交渉して負担を減らすことができます(経営状態の変化に合わせて返済交渉を行うことが多いようです)。

    最悪会社が潰れてしまっても返済の必要がなくなるため、経営者にかかるリスクが少ないことが多いでしょう。

    また、創業融資は審査に1か月~2ヶ月程度の期間しかかからないため、他の融資と比べて比較的スピーディーに融資を得られる点も大きなメリットだといえるでしょう。

    しかし審査に時間がとられる以上、一刻も早く資金調達をしたいという経営者にはあまり向いていないといえます。

    融資の中では早くても、資金調達の様々な方法と比べると創業融資はどうしても時間を要してしまいます。

    また金利に関しては融資の内容によっては制度融資より金利が高くなる可能性があるので気を付けた方がいいでしょう。

    これらの点は創業融資のデメリットだといえます。

    ②制度融資のメリットとデメリット

    制度融資も創業融資同様審査に通りやすく、金利も低めに設定されていることがメリットだといえます。

    さらに自治体によっては自治体が保証料を一部、あるいは全額を負担してくれたり、さらに利子(借入金の利息)を負担してくれる利子補給制度もあるため、より負担を減らしてくれるのも魅力的です。

    ただ制度融資の内容は自治体によって異なるため、自治体によってはそこまで条件が有利でないケースも考えられます。

    また制度融資は自己資金要件が厳しい傾向があり、自治体の多くでは自己資金要件が2分の1になっています。

    そのため自己資金を確保できない経営者だと制度融資が使えないリスクがあります。

    加えて保証人が必要ない創業融資と異なり、制度融資では連帯保証人のサインが必要となり、会社が潰れた後も経営者個人への責任は残るため、創業融資と比べるとややリスクが高くなっています。

    これらのデメリットはしっかり把握しておいた方がいいでしょう。

    加えてさきほどもお伝えしたように制度融資は自治体や信用保証協会の承認が必要なため、融資が開始されるまでの期間が創業融資より長くなっています。

    だからスピーディーな資金調達には向いていません。

    この点も注意しておいた方がいいでしょう。

    新規事業立ち上げの際の融資の審査

    さきほどから創業融資や制度融資は審査が通りやすいとお伝えしてきましたが、これらのような新規事業立ち上げの際の融資の審査は実際的にはどれだけ難しいのでしょうか?

    先にお伝えしてしまうと、創業融資と制度融資の審査のどちらの方が受かりやすいという断言はできません。

    「地方の方が新規事業の立ち上げの数が少ないため審査が受かりやすい」、「個人事業主と比べて法人の方が資産を明確に経理しているため審査が受かりやすい」といった傾向などはありますが、それでも絶対的にどちらかが受かりやすいということはないようです。

    ただ、創業融資と制度融資はそれぞれ審査を通過しやすいポイントがあります。

    創業融資にせよ制度融資にせよ、共通している点としてはこれから新規事業を立ち上げる起業家に向けて設定された融資であるため、審査において過去の実績はさほど注目されないという点が挙げられます。

    また既存事業と同じ種類の新規事業でもそこまでネックにはなりません。

    だから新規事業立ち上げの際の融資は民間の金融機関の審査とは違う基準で行われていることを踏まえておく必要があります。

    新規事業立ち上げの際の融資の審査において重要視されるのは事業計画です。

    どれだけ緻密で、実現可能性が高い事業計画を立てているかによって審査の結果は大きく変わってきます。

    事業計画を作成する際にはキャッシュフローなどできるだけ細かい数字を算定して記入しておけば信頼度がより高まります。

    また新規事業立ち上げの際の融資の審査に通りやすくなるためにはさらに複数のポイントを押さえておく必要があります。

    まずは自己資金を一定以上確保しておくことです。

    制度融資は自己資金が一定以上必要であるのに対し、創業融資は無担保・無保証であるため自己資金が必要ないと考えがちですが、実際は自己資金を持っていた方が審査が有利になる傾向があります。

    審査では自己資金が多ければ多いほど新規事業の実現度が高いと考えられるからです。

    また面談を受ける際には担当者にどれだけ熱意を伝えられたかも審査が通過するかどうかの重要な分水嶺だといえます。

    面談の担当者は面談を通じて経営者がどういった考えで融資を望んでいるかを確かめてきます。

    加えて新規事業に対してどれだけ情熱をもって取り組んでいるか、そのためにどれだけ現実的な認識で融資を望んでいるかも確かめてきます。

    そのため担当者にしっかり自身の熱意や誠意が伝わるように経営者は面談に臨む必要があります。

    どれだけ自己資金が用意できたり、事業計画を作成できたとしても面談で担当者に見透かされたら審査の通過は難しくなると思った方がいいでしょう。

    まとめ

    今回の記事をまとめると以下のようになります。

    • 新規事業の立ち上げの際の融資には日本政策金融公庫の創業融資や自治体の制度融資が使える。
    • 創業融資以外にも日本政策金融公庫には新規開業資金という融資もある。
    • 創業融資は審査が通りやすいうえに低金利、返済も調整できるため経営者の負担が軽減されやすい点がメリットだが、一般的な資金調達の方法と比べると時間がかかりがちであり、内容によっては他の融資より金利が高くなる恐れがある。
    • 制度融資も審査が通りやすく、金利や保証料を負担してくれるタイプもあるが、創業融資以上に融資に時間がかかるうえに連帯保証人のサインや自己資金が必要になる点がデメリットだといえる。
    • 創業融資と制度融資にそれぞれ審査の受かりやすさに違いはないが、事業計画や自己資金など様々な面で審査に通過できるかどうかを左右する。

    新規事業を立ち上げる際に使える融資はいずれも経営者にとって有利な内容になっており、資金調達の際にぜひ活用するべきものだといえます。

    しかしいくら条件がいい融資とはいえ、デメリットは踏まえておかなければなりませんし、何より審査がある以上通過するために経営者は尽力しなければなりません。

    そもそも創業融資と制度融資はそれぞれ違いもあるため、どちらを利用するかをちゃんと検討しておく必要があります。

    この点も留意しておくようにしましょう。

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    ご相談はこちら