2019年12月20日更新資金調達

時価評価とは?メリット・デメリット、計算方法やM&Aでの活用を解説

時価評価は金融商品や不動産、M&Aなど、市場価格をベースにして変動するような資産を評価する際に使われるものです。投資の結果をしっかり把握する際に時価評価は欠かせないものなので、そのメカニズムやメリット・デメリットを理解しましょう。

目次
  1. 時価評価とは?
  2. 時価評価のメリット・デメリット
  3. 時価評価の計算・算定方法
  4. 資産の時価評価と簿価評価の違い
  5. 時価評価した減価償却資産に係る評価後の減価償却の方法
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

時価評価とは?

時価評価は資産を評価する際の基準の一つであり、財務や税務などに携わっている方にとってはよく聞く言葉の一つでしょう。

しかし、財務や税務などに携わらない立場の人から見ると時価評価はわかりづらいものです。今回は時価評価の意味だけでなく、メリット・デメリットや計算方法についてご紹介していきます。

時価評価とは資産価値を評価する手法の一つ

まずは時価評価がどういう意味なのか確認していきましょう。そもそも時価とは、その時々の市場価格のことを意味します。

時価評価とは資産の価値を評価する際の手法の一つであり、その資産を購入した際の金額で評価するのではなく、時価を用いて資産を評価することを意味します。

つまり、時価評価はその資産を過去の価値ではなく、現在の市場で取り扱われている価値ということになります。

時価評価は企業評価やM&Aの場面で使われるもの

時価評価で一番イメージしやすいのは株式です。株式は購入した段階での価値が固定されることはなく、日々市場の動向に合わせて価値が変動するものです。株式の価値を確認した、その日に市場で扱われている株式の価格が時価となります。

時価評価は企業評価やM&Aといった場面で使われるものであり、後述する簿価評価とは対照的なものとして扱われています。

ただ、時価評価と簿価評価はシチュエーションによって使い分けられるものであり、どちらかが手法として勝っている・劣っているというわけではありません。

金融商品の評価の算定のように時価評価を使わなければならないシチュエーションもあれば、簿価評価を使わなければならないシチュエーションもある、ということには留意しておきましょう。

※関連記事

企業評価

時価評価のメリット・デメリット

ここでは、時価評価のメリット・デメリットについてご紹介します。

企業評価のような場面ではあえて時価評価を行うこともあり、時価評価はそういった場面においては使用するうえでのメリットがあります。

一方で、時価評価を用いることによるデメリットもあるため、注意が必要です。時価評価のメリット・デメリットはそれぞれ以下のとおりになります。

①時価評価のメリット

時価評価のメリットはその時点での資産の評価を正しく評価できる点です。金融商品のように市場の動向を反映して価値が変動してしまうような資産は、購入した時点での価値だけでは本来の価値がわかりません。

このような資産はその都度価値を評価しなければ正しい価値は出せません。そもそも金融商品は時価評価することが鉄則であり、投資の成果を把握するうえでも時価評価を行わなければなりません。

金融商品のように日々変動する市場価格があるのなら、客観的に時価を把握することが容易であることもメリットといえるでしょう。

企業評価を行う場合は簿価評価より時価評価

時価評価は株式、不動産など価格の変動が損益に直接関わってくる資産であれば必然的に使用するものであり、冒頭でお伝えしたようにM&Aや事業承継などといった場面でも応用できるものです。

とりわけ企業評価方法の一つであるインカムアプローチのように、時価評価は会社の将来性などを予測して反映させることが可能です。

価値が変動するという時価の特性は、会社の将来性やキャッシュフローなどを加味することもできるため、企業評価をより適切な形で算定できるようになります。

そのため、シチュエーションによっては簿価評価を行うケースもありますが、基本的には企業評価を行う際は簿価評価ではなく時価評価を行うことが一般的です。

企業価値の正確な算出はM&A成功への重要要素

企業価値を正しく算出することはM&Aを成功させるうえでも非常に重要な要素になります。専門知識や経験も必要になるため、企業価値の算出にはプロの力を借りるのがよいでしょう。

M&A総合研究所では、知識も経験も豊富な公認会計士が多数在籍しています。ご相談は無料で、報酬も完全成功報酬なので費用はM&Aが成功するまで発生いたしません。お気軽にお問い合わせください。

【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

②時価評価のデメリット

時価評価のデメリットはさきほどお伝えしたメリットの裏返しといえます。時価評価は日々変動する不安定な価格であり、確定した価格が存在しません。

そのため時価評価の際には時価のタイミングを選択したり、時価を操作したりすることが可能になるため、時価評価は度々恣意的なものになります。

そうなれば資産への評価が主観的なものになってしまい、客観性を欠いた評価になってしまうでしょう。実際未上場の中小企業では事業継承や節税のために株式の時価、つまり株価を圧縮して価格を操作することがあります。

これ自体は別段違法ではありませんし、円滑な事業継承や節税を実現するために使われるスタンダードな手法の一つです。

しかし、この手法を濫用することで株主が損失を被ってしまったり、不適切と判断されてしまう恐れがあります。

価格が安定しない時価を用いる時価評価は使えない

時価評価は金融商品のように価格が変動する資産に向いているものであり、事業資産のような投資額が確定しているものの評価には向いていません。

事業資産のような資産は取得原価としての投資額が確定しており、この投資額をどれだけ上回ったかによって利益が算定されるため、価格が安定しない時価を用いる時価評価は使えません。

繰り返しお伝えしていることですが時価評価は万能ではなく、あくまでケースバイケースにおいて有効的であるということは留意しておいたほうがいいでしょう。

時価評価の計算・算定方法

ここでは時価評価の計算・算定方法についてお伝えします。

時価評価の計算・算定とは

時価評価の計算・算定方法は対象の資産によって異なっていますが、共通している方法としては「市場価格を参照する」というものがあります。

市場価格を参照することはもはや計算でも何でもありませんが、上場企業の株式のように市場での価格を参照できるのであれば、それに基づいて時価を評価することが一般的です。

ただ、時価評価の難しい点は市場価格を参照できないケースです。

例えば、未上場の企業の株式は市場に出回っていないため市場価格が不明であり、株価が変動していても把握することはできません。

場合によっては株価それ自体をこれまで算定したことがない、あるいは算定した経験がほとんどないというケースもあります。

市場価格が不明な場合、時価評価はそれぞれの資産に設けられた評価基準に沿って合理的な範囲内で価格をつけていきます。

不動産であれば、不動産鑑定評価基準や路線価などを含む指標といった評価基準があるため、これらを参照して時価評価を算定していきます。

時価評価の計算・算定手法

一方で株式の場合、企業価値評価の一環としてコストアプローチ、インカムアプローチ、マーケットアプローチといったようなさまざまな評価方法があり、複数使うケースが多いですが、いずれかの方法を選んで時価評価を行っていきます。

こういった市場価格が参照できない場合の時価評価の注意点としては、やはり先ほど挙げたような恣意的、主観的な評価ができてしまうという点です。

確定した取得原価がない以上、市場価格という客観的なエビデンスがないうえで行う時価評価は、いうなれば評価する人間の裁量次第になってしまう側面があります。

当然ながら時価評価は合理的な範囲内で行うべきであり、評価する人間の主観性を優先させれば正確な時価評価は行えません。

市場価格を参照せずに時価評価を行う場合は、客観性を重視しながら行うようにしましょう。

事業資産や負債のように、時価評価ができない、あるいは時価評価をするうえでの基準が設けられていない正負両方を含めた資産に関しては、それぞれに見合った別の算定方法を行うようにしましょう。

ただ、時価評価をするうえでの基準が設けられていない資産に関しては今後何らかの形で基準が設定、導入されることがあります。その際はその基準に従って行うようにしておきましょう。

※関連記事

企業価値の評価方法

資産の時価評価と簿価評価の違い

ここでは、時価評価と簿価評価の違いについてお伝えします。

簿価評価は帳簿に計上された価格

資産を評価する際、時価評価と一緒に「簿価評価」という言葉を聞きますが、この両者は基づいている価格が全く異なっています。

簿価評価は「取得原価」が一番わかりやすい例になります。つまり、簿価評価は帳簿に計上された価格であり、その資産を購入した際の投資額それ自体と同一といってもいいでしょう。

簿価評価は帳簿に計上された簿価をベースにしているため、基本的に帳簿上の価格は変動しません。そのため一度購入した資産が何年経過し、時価が変動していようが簿価はそのままの価格になっています。

時価評価は「変動する価格」で、簿価評価は「変動しない価格」

時価評価が「変動する価格」であることに対し、簿価評価は「変動しない価格」と表現することができます。

ただ、減損会計のように投資額の損失が発生した際に価格の下落を帳簿に反映させ、簿価を時価まで切り下げることになると簿価評価が変動することがあります。

簿価評価は全く変動しないというわけでなく、事業資産の評価などに使用されます。事業資産などを取得し、それを売却した際にその損益が確定します。

逆に、時価評価が適用されるような金融商品のような資産には簿価評価は用いられません。金融商品は市場価格に応じて変動する資産であるため、固定された価格である簿価評価では投資の結果を把握することが難しくなるからです。

企業価値評価の方法の一つであるコストアプローチのように、簿価評価を用いて対象の企業を評価するという方法もあり、必ずしも簿価評価が使われないというわけではありません。

清算・解散する企業に向けて使われるコストアプローチ

コストアプローチは清算・解散する企業に向けて使われることが多く、今後も事業を継続する企業の評価には不向きであるなど、使われるシチュエーションが限られています。

そもそもコストアプローチのような簿価評価を行う方法は、対象となる企業の将来的な経営の結果を加味しておらず、むしろ清算・解散のように将来的な経営を行わないようなシチュエーションのほうが向いているからです。

少なくともM&Aのような経営戦略の場面では、ほとんど使われることはないでしょう。しかし、清算・解散の過程で時価評価したほうがいい資産に関しては、時価評価が行われることがあります。

M&Aで簿価評価か時価評価のどちらを行うかを決める場面では、M&A総合研究所が力をお貸しします。M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つプロがM&Aをフルサポートいたします。

相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。また、費用に関しても国内最安値水準ですのでご安心ください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

時価評価した減価償却資産に係る評価後の減価償却の方法

ここでは、時価評価した減価償却資産に係る評価後の減価償却の方法についてお伝えしていきます。

①減価償却とは

減価償却とは企業会計における購入費用の認識と計算の方法です。

長い期間にわたって使用される有形資産・無形資産の両方を含む固定資産を取得する際に必要とした支出を、その資産が使用できる期間にわたって費用配分していくという手続きです。

ただ、資産の中には機械類や自動車、建物のように使用している間の物理的・機能的な原価を把握するのは難しいため、定められた方法で計算していくことになります。

減価償却の対象となる資産は機械類や自動車、建物などといったものからソフトウェア、特許権、商標権などといった権利関係のものも含まれています。

それに対して、株式や土地の権利書、美術品、古文書などといったものは減価償却の対象とはならないため、減価償却を行うことはできません。

②時価評価後の減価償却の方法

評価後の減価償却は連結納税を開始する、あるいは加入をするうえで時価評価された資産である減価償却資産の評価益や評価損を計上する場合、その事業年度のそれぞれの連結事業年度における減価償却の計算に関連する取得原価や損金経理額などについて、必要な調整を行うことになります。

この際、評価益を計上するか、評価損を計上するかでプロセスが微妙に異なるため注意してください。評価後の減価償却に関しては、国税庁のホームページに詳細な手順が書かれているため、そちらを参照することがおすすめです。

しかし、会計や簿記に関する専門用語が多いため、独学でやることは決して簡単ではありません。減価償却の方法やそれに関する規制は、経営環境の変化などに起因して改定されることもあります。

※関連記事

減価償却とは

まとめ

時価評価は金融商品や不動産など、市場価格をベースにして変動するような資産を評価する際には必ず使われるものです。

投資の結果をしっかり把握するうえで時価評価は欠かせないものなので、そのメカニズムやメソッドはよく知っておいたほうがいいでしょう。

また、簿価評価も頻繁に使われるものであるため、こちらも身につけておくことをおすすめします。時価評価・簿価評価両方をおさえておけば、資産の評価が適切にできるようになるでしょう。

要点をまとめると以下になります。

  • 時価評価とは
→その資産を過去の価値ではなく、現在の市場で取り扱われている価値ということになります。
  • 時価評価のメリット
→その時点での資産の評価を正しく評価できる、客観的に時価を把握することが容易である。
  • 時価評価のデメリット
→客観性を欠いて恣意的なものになりやすく、株主が損失を被る可能性がある。
  • 時価評価の計算・算定とは
→市場価格を参照する。市場価格が不明な場合は、それぞれの資産に設けられた評価基準に沿って合理的な範囲内で価格をつけていく。
  • 時価評価の計算・算定方法
→市場価格を参照せずに時価評価を行う場合は客観性を重視する。
  • 資産の時価評価と簿価評価の違い
→時価評価が「変動する価格」であることに対し、簿価評価は「変動しない価格」である。
  • 減価償却とは
→長期にわたり使用される固定資産を取得する際に必要とした支出を、その資産が使用できる期間にわたって費用配分していくという手続き。
  • 時価評価後の減価償却の方法
→評価益を計上するか、評価損を計上するかでプロセスが微妙に異なる。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連記事

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

総数引受契約書は、募集株式の発行の際に発行者と割当者の間で取り交わされる契約書です。第三者割当増資の手続きを簡略化する目的で活用することが多くなっています。本記事では、総数引受契約書の作成方法と...

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBとは、買い手が株式の数や価格、期間などを定め、株式取引市場外で株式の公募を行う取引手法のことです。本記事では、TOBが不成立やディスカウントになる意味と、TOBが不成立になった事例やディス...

M&A
第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資は、資本金増額や敵対的買収への対抗策として用いられます。本記事は、第三者割当増資に関する総数引受契約書の作成方法や、契約の流れ・注意点のくわしい解説を載せるほか、総数引受契約書の雛...

M&A
バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトとは、企業の経営が悪化した時に自社内の経営者や従業員が企業の買収を行うことです。近年、日本でもバイアウトが経営戦略の1つの選択肢として知名度が上がってきました。今回はバイアウトの3つの...

中小企業M&A
中古マンション投資とは?仕組みやメリット・デメリット、注意点について解説

中古マンション投資とは?仕組みやメリット・デメリット、注意点について解説

中古マンション投資は、家賃収入や売却益を目的として、中古マンションに投資することを意味します。安定した収入を積み重ねていくために、不動産投資の仕組みも踏まえて中古マンション投資の特徴を知り、様々...

M&A
ザイリンクスの買収とは?事例や今後の動向などをご紹介

ザイリンクスの買収とは?事例や今後の動向などをご紹介

近年は日本でも活発化している企業間の買収ですが、海外では日本以上に積極的に買収が行われており、その事例から学べることは多くあります。ここではアメリカの半導体関連企業であるザイリンクスの事業動向を...

M&A株式譲渡株式交換事業譲渡
事業資金を借りる方法は?融資の種類や借りる際の注意点について解説

事業資金を借りる方法は?融資の種類や借りる際の注意点について解説

事業資金を借りる場合、融資を受ける方法が一般的です。融資の種類は多く、それぞれで特徴や強みは異なるので、きちんと比較検討が必要です。返済計画も含めて長期的な視点を持ち、タイミングを見極め、効率的...

中小企業
ソニーの事業売却(M&A)とは?事例や動向をご紹介

ソニーの事業売却(M&A)とは?事例や動向をご紹介

近年活発化しているM&Aの手法の一つが、事業売却です。M&Aも含めた今後の事業戦略や業界に与える影響など、ソニーの事業展開や動向は大きく注目されています。またソニーの幅広い事業展開は、それぞれの...

M&A事業譲渡
跡取りがいない会社のM&Aを成功させるには?M&A相談先の選び方や後継者不足問題を解説

跡取りがいない会社のM&Aを成功させるには?M&A相談先の選び方や後継者不足問題を解説

近年、中小企業の後継者不足が深刻です。跡取りがいない会社にとっては、後継者を見つけるか、廃業するか、重要な選択を迫られることになります。昨今では、M&Aによる事業承継を行うケースも増加傾向にあり...

中小企業M&A株式譲渡
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)