2021年4月21日更新会社・事業を売る

株式価値とは

株式価値はM&Aでの会社売買の際、買収額を決定づけるものです。株式価値の計算方法はコストアプローチ、インカムアプローチ、マーケットアプローチの3種類に分類されます。株式価値と類似する企業価値・事業価値とは少しずつ意味も違います。

目次
  1. 株式価値とは
  2. 株式価値と株価
  3. 株式価値の計算方法
  4. 株式価値―企業価値・事業価値との違い
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

株式価値とは

株式価値とは

一般的に株式価値と言えば、株式市場で公開されている株価がイメージされます。しかしながら、M&Aで買収対象会社の株式価値を考える場合、株式市場での株価と株式価値は同額とはなりません。

一般株主となるための株価と、会社の経営権を得るための買収額の基となる株式価値では、意味合いが異なることがその理由です。また、M&Aで非上場会社を買収しようとする場合、そもそも非上場企業の株式は市場取引されておらず、公の株価というものがありません。

したがって、M&Aでの買収対象会社が上場企業であれ非上場企業であれ、M&Aの場面では独特のコンセプトに基づいた計算方法を用いて、買収対象会社の株式価値を算定し買収額を導き出すことが行われています。

※関連記事
M&Aにおける買収価格
会社売却の価格の決め方は?M&A前に押さえるべきこと

株式価値と株価

株式価値と株価

株式価値と株価の相関関係について、もう少し具体的に見てみましょう。上場企業の株価は株式市場で公開されていますから、投資家の取引によって変動していくものです。それに対し、株式価値は主としてM&Aでの会社売買において、その買収額を決定づけるものです。

株式価値を導き出すにあたっては、その会社の貸借対照表上にある数値を何らかのベースとして行われる方法が確立されています。会社の規模や業種などだけで画一的に決められる数字ではなく、各企業によって千差万別の結果となるのが常です。

したがって、情報公開されている上場企業同士のM&Aを見ても、その買収額が株式市場の株価の総額とは異なるケースは多くあります。単純に株価だけで判断するのではなく、その会社を多角的に分析して見出された価値も加味する事で、初めて株式価値は計算されるのです。

しかし、株式市場での株価は、株式価値算出にあたって一定の参考値とはなります。そのため、参考値の存在しない非上場企業の株式価値を算定するにあたっては、特有の苦労があります。非公開株式は、株価が一切計算されていないため、その価値が曖昧になっているからです。

その曖昧さが、非公開株式の価値をめぐって売り手側と買い手側の思惑の違いを表面化させ買収価格をめぐってトラブルとなる可能性もあります。中小企業がM&Aを実施する際には、非公開株式に特有の曖昧さを踏まえた上で、株式価値を評価しなければなりません。

また、株式価値を算出する方法は様々あります。その会社に合った株式価値の計算方法の選択が必要です。さらに、事前協議を綿密に実施し、お互いの合意も大事になります。重要なのは、買い手のニーズと合致した条件の売り手であることは言うまでもありません。

※関連記事
M&Aに欠かせないマッチング
M&Aによる売却とは?売却先企業の選定・売却案件の探し方

株式価値の計算方法

株式価値の計算方法

M&Aの場面で用いられる株式価値の計算方法には、いくつもの種類が確立されています。それらは大きく分けると、以下の3つのコンセプトに分類することができます。

  • コストアプローチ
  • インカムアプローチ
  • マーケットアプローチ
以上の3つのコンセプトごと個別に、株式価値の計算方法について具体的に見ていきましょう。

⑴コストアプローチ

株式価値の算出方法としては、とてもベーシックな手法であるコストアプローチから説明します。ストックアプローチ、ネットアセットアプローチとも呼ばれるコストアプローチには、いくつかに分類される計算方法が存在します。

そのコンセプトは、貸借対照表にある純資産をベースとする株式価値の計算方法です。計算方法がシンプルでわかりやすいというのが特徴ですが、コストアプローチでは賃借対照表、つまり帳簿上の純資産を絶対視するため、それ以外の要素は切り捨てます。

つまり、将来的なキャッシュフローや収益力等、買収対象会社の将来性やポテンシャルへの評価が加味されません。そのため現状では、コストアプローチは、廃業する際の清算の時に用いられるケースがほとんどとなっています。

なぜなら、清算する会社であれば、将来性を考慮する必要がないからです。株式価値を算出するコストアプローチの代表的な計算方法は以下の3つがあります。

①簿価純資産法

簿価純資産法は、1株あたりの株式価値の算出を以下の計算式を用いて導き出します。

  • 貸借対照表の純資産額÷発行済み株式総数

②再調達原価法

会社が所有する個別の資産や負債を、あらためて取得し直すと仮定し、その場合に必要となる費用から株式価値を導き出す計算方法が再調達原価法です。M&Aにおける会社買収というよりは、主として不動産の鑑定に用いられるコストアプローチになります。

③清算価値法

清算価値法は、その名前のとおり、会社を清算する場面を想定し、その会社の持つ全ての資産を処分した場合に得られる金額を計算する手法です。通常、最も低い株式価値が導き出される算出手段になります。

⑵インカムアプローチ

現在、M&Aでの株式価値算定において、最も主流である方法がインカムアプローチです。インカムアプローチとは、貸借対照表だけでなく、キャッシュフローなどの将来的な収益も加味して株式価値を計算します。特に一番用いられているのがDCF法と呼ばれる手法です。

DCF法とは、Discounted Cash Flow法の略であり、将来的に企業が生み出すフリーキャッシュフローに着目して株式価値を計算します。具体的には、中期程度の事業計画を策定し、その収益予測を基としてフリーキャッシュフローを求めます。

そこから将来的に発生し得るリスクを割り引く事で、株式価値を導き出すという方法です。DCF法に限らずインカムアプローチでは、貸借対照表には表れない、その会社のポテンシャルや将来性を加味して株式価値を決めるのが最大の特徴になります。

そのようなインカムアプローチですが、残念ながらデメリットも存在します。インカムアプローチで定める株式価値の根拠となるのは事業計画書です。事業計画とは現時点から将来を予測したものであり、そこには策定者の主観が加わります。

予測は予測に過ぎず、断言はできません。そのため、インカムアプローチでは、できるだけ緻密で客観的な事業計画書が求められます。このようにインカムアプローチは、特徴自体を裏返すとデメリットになってしまう点があり、重宝でありつつも注意が必要な株式価値の算出方法です。

インカムアプローチによる株式価値の算定を行いたいとお考えであれば、経験豊富なM&Aの専門家にサポートを依頼するのがおすすめです。どのM&A専門家にするかお悩みの場合には、M&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つ専門アドバイザーがM&Aをフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)無料相談をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

⑶マーケットアプローチ

インカムアプローチに続いてM&Aで多く活用されている株式価値の計算方法が、マーケットアプローチです。実際の市場で成立している株式価値を参照します。マーケットアプローチとは、類似する実在企業や実際に成立したM&Aを参照して、株式価値を決定していくのです。

他のアプローチと比べ、現実感があり説得力のある株式価値を見い出すことができると言っていいでしょう。ただし、マーケットアプローチを実施する際に必要となる、類似する企業やM&Aの取引を見つけることが、実は困難です。

探す対象としては上場企業に限られます。しかし、こちらのM&Aが中小企業のものであれば、会社の規模が根本的に違うため、参照できる相手が見つからない場合も多々あります。その場合は、マーケットアプローチ実施は断念せざるを得ません。

そのため、非上場の中小企業同士のM&Aでは、マーケットアプローチはほとんど活用されないのが現実です。また、運良く参照できる会社が見つかったとしても、株式価値に会社の将来性が加味されてはいない点も注意しておく必要があります。

代表的なマーケットアプローチには以下の3つがあります。

①類似会社比較法

類似会社比較法とは、上場企業の中から類似する経営規模の会社を探し出し、その会社の各種経営データを参照して、M&Aの買収対象会社の株式価値を導き出す方法です。M&Aの買収対象会社が非上場の場合、同規模の上場企業があるかどうかは、甚だ低い確率と言えるでしょう。

②類似業種比較法

類似業種比較法は、国税庁が公開している、上場企業の業種ごとの平均経営数値を参照して、M&Aの買収対象会社の株式価値を算出する方法です。M&Aの買収対象会社と類似する業種のデータとはいえ、複数の企業の平均値であり、M&Aで用いるには有効ではありません。

③類似取引比較法

類似取引比較法は、公表されている類似したM&Aの事例を参考比較することにより、M&Aの買収対象会社の株式価値を計算するマーケットアプローチです。類似するM&Aを見つけ出すことができれば、非常に参考性が高く有効な株式価値算出に繋がります。

類似会社比較法と同様に、類似するM&A取引を見つけることは困難と言わざるを得ませんが、上場企業が非上場企業をM&Aすることはよく行われていることなので、類似会社比較法よりは、参考事例が見つけやすいかもしれません。

※関連記事
インカムアプローチ
マーケットアプローチ

株式価値―企業価値・事業価値との違い

株式価値―企業価値・事業価値との違い

株式価値と類似する用語として、企業価値と事業価値というワードを耳にしたことがある方もいるでしょう。どれも密接な関りがあるものですが、それぞれの意味は少しずつ違います。混同して会話をしてしまうと、とんだ誤解を生むかもしれませんので、ここで整理しておきましょう。

まず、最も大きな価値を示すのが企業価値です。文字どおり会社の全ての総合的な価値になります。しかし、このままでは少し抽象的なので、具体的に言い換えてみましょう。企業価値とは貸借対照表に記されている資産の総額全てを足し込んだものが該当すると考えてください。

同一の表現で株式価値を言い表すなら、企業価値から有利子負債分を差し引いたものが株式価値と言えます。一方、企業価値の大半の部分を占めているのが事業価値です。この場合、企業価値に含まれている、事業とは関係性のない休眠資産などを差し引くと事業価値になります。

少しややこしいかもしれませんが、頭の中で整理して、株式価値と企業価値と事業価値の区別をつけておきましょう。

※関連記事
企業価値とは?企業価値向上施策、計算方法をわかりやすく解説
事業価値

まとめ

まとめ

株式価値は、その企業の価値を多角的に分析した上で算出するのが理想的です。しかし、各計算方法の説明で述べたとおり、それぞれメリットもあればデメリットも存在します。そこで、現在のM&Aで株式価値を算定する場合、複数の計算方法が用いられるようになってきています。

1つの計算方法に限定することなく、複合的・総合的に買収対象会社の株式価値を算出しようという試みです。したがって、各アプローチの計算そのものは専門家に任せてよい部分ですが、各アプローチ・計算方法のコンセプトについては頭に入れておくようにしたいものです。

本記事の要点は以下のようになります。
【株式価値とは】

  • M&Aの際に買収対象会社について多角的に分析して見い出す価値

【コストアプローチ】

  • 貸借対照表から株式価値を算出するが、清算する会社向けと言われ通常のM&Aではほとんど用いられない

【インカムアプローチ】

  • M&Aで株式価値を計算する際に最も用いられる方法であり、将来の予想収益を価値に組み込むのが特徴

【マーケットアプローチ】

  • 既存の上場企業の株式価値や取引を参照する方法だが、中小企業同士のM&Aではあまり利用されない

【株式価値―企業価値・事業価値との違い】

  • ​​企業価値=有利子負債+株式価値
  • 事業価値+事業外資産(休眠資産)=企業価値

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

webメディアの売却・買収は、売買専門サイトの増加などの背景もあり年々活発化してきています。本記事では、webメディア売却の最新事例を25選紹介するとともに、売却・買収動向やメリット・デメリット...

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

M&Aの主な手法は株式譲渡と事業譲渡ですが、両者は手続き・税金・メリット・デメリットなどあらゆる点で違います。本記事では、株式譲渡と事業譲渡の違いについて図解も交えながら解説しています。...

会社売却をすると税金はいくらかかる?計算方法を解説!

会社売却をすると税金はいくらかかる?計算方法を解説!

会社売却にかかる税金は、株式譲渡・事業譲渡といったスキームによっても違い、株式譲渡の場合は株主が個人か法人かによっても違ってきます。本記事では、会社売却にかかる税金について計算方法を解説するとと...

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

M&Aによる会社売却はタイミングが重要で、同じ会社でもタイミングの違いによって売却価格が大きく変わる可能性もあります。本記事では、会社売却の適切なタイミング、会社売却のメリットや利益を最...

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

出版業界は、電子書籍の普及と紙媒体の衰退といった大きな変化の渦中にあり、業界再編などを目的としたM&Aが活発です。本記事では、出版業界の最新M&A事例9選を紹介するとともに、出版...

宅配・フードデリバリー・ケータリング業界のM&A動向!事例、相場も徹底解説【2022年最新】

宅配・フードデリバリー・ケータリング業界のM&A動向!事例、相場も徹底解説【2022年最新】

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー・ケータリング業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きでした。本記事では、宅配・フードデリバリー・ケータリング業...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?支払う費用の相場、計算方法、仲介会社の報酬体系を解説

M&Aの手数料はなぜ高いのか?支払う費用の相場、計算方法、仲介会社の報酬体系を解説

昨今、M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料の高さがクローズアップされるようになりました。本記事では、M&A仲介会社の手数料が高い理由、手数料相場、手数料が高いか...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)