2019年12月27日更新会社・事業を売る

株式譲渡の方法

株式譲渡とはM&A、事業承継において最もよく使われている手法です。株式譲渡の手続方法は、株主総会・取締役会それぞれで異なります。また株式譲渡の必要書類は複数あり、適切に取り扱わないとトラブルにつながるおそれもあるため、専門家に相談しながら手続きを取ると良いです。

目次
  1. 株式譲渡とは?
  2. 株式譲渡の手続き方法
  3. 株式譲渡における必要書類
  4. 株式譲渡手続きを実施するときの注意点
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

株式譲渡とは?

株式譲渡とは、主にM&Aや事業承継において、株式を他の人物あるいは他の会社に譲渡することで、経営権を引き渡す方法です。M&Aや事業承継における他の手法と比較すると、簡単な手続きが済ませられる方法であり、役所への申請も必要ありません。

M&Aや事業承継において、株式譲渡は最も多く採用されており、メジャーな手法といえます。とはいえ中小企業では、株式が表舞台に出てくることが多くありません。株式譲渡の方法がよくわからない経営者も少なくないでしょう。

そもそも会社における経営権の所在は、株式の所有数によって決まります。基本的に会社の経営権は、全株式の3分の2以上を所有することで確定します。非上場の中小企業であれば、経営者が100%の全株式を持っているケースも珍しくありません。

そこで繰り返しになりますが、株式譲渡は会社の経営権をそのまま引き渡す行為であるため、慎重に検討したうえで、実施する必要があります。もしも株式譲渡についてお困りのことがございましたら、M&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所では、公認会計士をはじめとする経験豊富な専門家が、自社のニーズに沿ったM&A・事業承継をフルサポートいたします。煩雑な手続きについても請け負いますので、スムーズな株式譲渡を実現可能です。

完全成功報酬制を採用しているため、成約に至らない限り費用は発生いたしません。また相談料は無料となっていますので、M&Aや事業承継において株式譲渡をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

株式譲渡とは?メリット・デメリット、M&A後の社員や税務を解説

株式譲渡の手続き方法

株式譲渡の概要を把握できたところで、ここからは、株式譲渡の手続き方法について紹介します。なお上場会社の株式譲渡では、公開取引市場における売買行為の手法が取られます。つまり公開取引市場を利用して自由に譲渡可能です。そのため、これから紹介する手続き方法を取る必要はありません。

これから紹介するのは、非上場企業であって、株式譲渡制限がある非公開会社である場合の株式譲渡の手続き方法です。ここでの手続き方法は会社法により定められており、この方法に従って進めなければなりません。基本的な株式譲渡の手続き方法は、以下の流れで進行していきます。

  1. 株式譲渡についての承認請求
  2. 株主総会・取締役会の開催
  3. 承認内容の通知
  4. 株式譲渡契約の締結
  5. 株主名義書換請求・証明書交付請求
これら5つの手続き方法の流れについて、順番に詳しく見ていきます。

(1)株式譲渡についての承認請求

譲渡制限株式を第三者に譲渡することについて、会社に承認を求める手続きです。この請求を受けた会社は、株式譲渡について承認もしくは拒否の決定を下すことになります。当然ですが、自社の株式について譲渡制限がかかっていなければ、この手続きは不要です。

具体的な手続き方法としては、株式の譲渡する人物が株式譲渡承認請求書を作成します。この書類に譲渡する株式の種類・株式数と、株式を譲渡する相手の氏名・名称を記載することで、承認請求手続きを行います。

(2)株主総会・取締役会の開催

株式譲渡についての承認請求が承認されると、取締役会を設置していない会社では株主総会を、取締役会設置会社では取締役会を開催して、株式譲渡行為を承認するかどうか決議します。定款に別段の定めがあれば、取締役会設置会社であっても株主総会で承認決議の実施が可能です。

株主総会と取締役会では、承認決議の方法が若干異なるので、それぞれの違いを見ていきます。

①譲渡承認機関が株主総会の場合

譲渡承認機関が株主総会のケースでは、株式譲渡についての承認請求があってから、2週間以内に臨時株主総会を開催する必要があります。株主総会が開催される1週間前までに収集通知を送るのが一般的ですが、会社の定款によってはより短い期間で設定されていることもあり、注意が必要です。

なお株式譲渡における承認決議では、普通決議を実施します。普通決議では、以下の両条件を満たすことで承認となります。

  • 議決権株式の過半数の出席
  • 出席議決権のうち、過半数の賛成

ちなみに​​​​​株主総会で株式譲渡が承認されれば、そのまま株式譲渡を実施できるものの、不承認になってしまった場合には、会社自体が株式を買い取るか、会社が指定した買取人に株式を売却することになります。

会社が株式を買い取るケースでは、株主総会で株式を買い取ることと、買い取る株式数について特別決議で承認を得なければなりません。また、指定買取人を決定して買い取らせるケースでは、株主総会の普通決議もしくは取締役会での承認を得る必要があります。

②譲渡承認機関が取締役会の場合

譲渡承認機関が取締役会のケースでは、株主総会で株式譲渡の承認を得るプロセスが取締役会に変わります。取締役会の決議は、以下の条件のもと実施されます。

  • 議決に加わることができる取締役の過半数の出席
  • 出席議決権のうち、過半数の賛成

なお、出席数や賛成数の要件については、上回る割合を定款で定めている場合、それに従います。それ以外にも、株主総会とは手続きのうえで若干異なる点があるので、注意が必要です。

たとえば取締役会では、株主総会と同じように議事録を残す必要がありますが、株主総会の議事録では署名・記名押印が不要であることに対し、取締役会の場合では署名・記名押印が必要となります。

(3)承認内容の通知

株主総会や取締役会にて株式譲渡が承認されると、譲渡等承認者(株式を取得したい人)に対して、決定内容の通知を送ります。このとき、2週間以内に通知しなければなりません。

(4)株式譲渡契約の締結

株式譲渡が承認されてからは、株式譲渡を行う人と株式を取得する人との間で株式譲渡契約が締結されます。株式譲渡契約の締結時には、株式譲渡契約書を作成します。

株式譲渡契約書に記載されるのは、以下の内容です。

  • 譲渡の合意・譲渡日
  • 譲渡価格
  • 株式譲渡の目的
  • 対価の支払い方法
  • 取引内容
  • 譲渡実行日前後の誓約事項
  • 損害賠償・補償について

この株式譲渡契約書には、両者の押印が必要ですが、印鑑の種類に関して特別な定めはなく、認印でも問題はありません。ただし、一般的には実印が望ましいです。また、株式譲渡契約を締結するときは、その正当性の確認を公的機関にしてもらう必要はありません。

公的機関の手続きがいらないため、契約がスムーズに進むというメリットにも感じられますが、一方では株式譲渡契約の正当性を公的に保証してもらえないデメリットにも捉えられます。

たとえ株式譲渡契約の内容について正当性が欠けていても罰則などが発生せず、正当性を欠いた株式譲渡契約を締結しても、両者の合意さえあれば有効となっていまいます。そのため、中小企業で株式譲渡を行うケースでは、トラブルが発生しやすいので注意が必要です。

上記のリスクを避けるためにも、株式譲渡契約を締結するときには、会社法や株式に詳しい専門家にチェックしてもらうようにして、プロのサポートを得ることが大切といえます。

(5)株主名義書換請求・証明書交付請求

株式譲渡契約を締結して株式の譲渡が終わると、株式譲渡を証明する手続きとして、会社に株主名簿書き換え請求を行います。これによって株主名簿に株式譲渡を行った人の指名が記載されると、株式譲渡が完了し、株式は効力を発揮するようになります。

株主名簿書き換え請求に関しては、法律上問題ない限り拒否することはできません。株主名簿書き換えが済むと、新しい株主は株主名簿記載事項証明書の交付を請求することができます。株主名簿記載事項証明書とは、株主となったことを証明するものです。

※関連記事

株式譲渡の手続き

株式譲渡における株主総会

株主総会の流れ・進め方とは?各プロセスにおける注意点

株主総会と取締役会の違い

株式譲渡における必要書類

株式譲渡制限がある非公開会社が株式を譲渡するときには、さまざまな書類の準備が必要となります。ここでは、譲渡承認機関が株主総会であるケースを例にとって、必要と書類を紹介します。

株式譲渡での書類は以下のとおりです。

  • 株式譲渡承認請求書
  • 株主総会招集に関する取締役の決定書
  • 臨時株主総会招集通知
  • 臨時株主総会議事録
  • 株式譲渡承認通知
  • 株式譲渡契約書
  • 株式名義書換請求書
  • 株主名簿
  • 株主名簿記載事項証明書交付請求書
  • 株主名簿記載事項証明書

株式譲渡をするときは、後々のトラブルを避けるためにも、専門知識に長けたプロフェッショナルのチェックを受けながら書類を準備することが大切です。もしも株式譲渡に関する手続き方法や書類の作成・準備について不安があれば、M&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所には、専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、培ったノウハウを活かしM&A・株式譲渡を幅広くサポートいたします。またスピーディーなサポートを実践しており、平均3ヶ月という期間で成約を実現します。

完全成功報酬制を採用しているほか相談料は無料となっていますので、株式譲渡をご検討の際はお気軽にご相談ください。

>>【※完全成功報酬制】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

株式譲渡承認請求書とは

株式譲渡の議事録

株式譲渡契約書

株式譲渡手続きを実施するときの注意点

ここまで読めば、必要書類を含めて株式譲渡の手続きに向けた心構えができているでしょう。とはいえ、株式譲渡の手続きを実施するときには注意点もあり、知っておかなければ将来的にトラブルが発生するおそれがあるので押さえておくべきです。

そこで、注意点を以下の4つにまとめました。

  1. 株券発行会社であれば、株券を交付する
  2. 株式譲渡価格の算定方法を知っておく
  3. 株式を譲渡すると税金が発生することを知っておく
  4. 専門家のサポートを受けつつ厳密に実施する
それぞれの注意点を順番に見ていきます。

(1)株券発行会社であれば、株券を交付する

最近では、株券を発行していない会社が増加しています。このような会社は株券不発行会社と呼ばれ、譲渡する側と譲渡される側の合意だけで株式譲渡の効力が発生します。しかし、歴史の長い会社である場合など、現在も株券発行会社として登記されている会社も少なからず存在します。

株券発行会社に該当するならば、株式譲渡をするときに合わせて株券を交付しなければなりません。もしも株券を交付しなければ、株式譲渡の効力が発生しません。けれども、自社で株券を発行しているのかどうかわからないケースもあります。

上記で悩んだ場合は、法人登記を閲覧すると簡単に判明します。この法人登記において、株券を発行するという記載がなされているなら、株券発行会社です。不安であれば、株式譲渡の前にあらかじめ確認しておくと良いです。

(2)株式譲渡価格の算定方法を知っておく

無償ではなく有償にて株式を譲渡するケースでは、あらかじめどのような方法で株式譲渡価格を算定するのか知っておくと良いです。

代表的な株式譲渡価格の算定方法として、以下の3つを紹介します。

  1. 純資産法
  2. DCF法(ディスカウント・キャッシュ・フロー法)
  3. 類似会社比較法(マルチプル法)
それぞれの算定方法の特徴を順番に見ていきます。

①純資産法

純資産法では、帳簿価額をベースに株価を算定します。企業価値の計算方法の中でも比較的容易に算出できる方法です。しかし、将来の収益性が加味されないデメリットがあります。つまり、株式を譲渡する会社の将来性やキャッシュフローを無視してしまいます。

②DCF法(ディスカウント・キャッシュ・フロー法)

DCF法では、キャッシュフローや将来の収益性と想定されるリスクを鑑みることで、株価を算定します。将来の収益性はあくまでも予測の域を出ません。計算する側の主観性が少なからず反映されてしまうのが特徴です。

前提条件を適切に設定すれば、株式の譲渡価格を正確に算定できます。

③類似会社比較法(マルチプル法)

類似会社比較法(マルチプル法)とは、事業内容などが類似する上場会社の株価を参考にしながら株価を算定する方法です。そのため、客観性や現実味の高い譲渡価格を算定できます。類似する企業の株価が必しも見つかるとは限らないため、注意が必要です。

(3)株式を譲渡すると税金が発生することを知っておく

株式を譲渡すると、所得税と住民税という2種類の税金が課されます。株式を譲渡したときの利益は元経営者が得るため、譲渡所得について所得税と住民税が課される仕組みです。

具体的に株式譲渡では、所得税が15%。住民税が5%課されます。なお、厳密にいえば平成25年から復興特別所得税(実質税率0.315%)の課税もあるため、合計20,315%の税金が課されることを覚えておくと良いです。

(4)専門家のサポートを受けつつ厳密に実施する

前述したとおり株式譲渡では、公的な機関が介入しないこともあり、手続きをスムーズに進めることができます。事業承継やM&Aにおいて株式譲渡が多用されるのは、スムーズさが理由のひとつです。けれども、株式譲渡では、公的機関のチェックがありません。

そのため、株式譲渡契約の正当性が欠けていたり、株主総会を正しく開催しなかったというように、何かしら不備があっても罰則が発生しないのです。株式譲渡は、会社法によって定められている行為であり、会社法に則って厳密に実施されるべきです。

たとえ罰則が発生しないとしても、法律の範囲から出ることは許されません。特に気をつけるべきなのは、中小企業での事業承継です。中小企業の中には親族で経営している会社が多く、後継者も親族であることもあります

ここで株式譲渡を実施すると、正当な手続きを省略してしまったり、手続きを中途半端に終わらせてしまいがちです。会社法の定めを疎かにして中途半端に株式譲渡を実施してしまえば、後々のトラブルにつながる可能性があります。

場合によっては後継者に会社を引き継がせるタイミングでトラブルが発生し、会社の経営権を引き継ぐ後継者としての正当性が失われてしまう事態に陥りかねません。確かに親族同士であればコンセンサスが取りやすく、経営者の意向を踏まえたうえで株式譲渡を実施しやすいです。

株式譲渡を厳密に実施すれば、トラブルを未然に防げます。そのため親族間の事業承継であっても、専門家のサポートを受けながら株式譲渡を進めることが大切です。これにより正式な手続きを踏んだ株式譲渡が実現でき、トラブルが発生した際も適切に対処してもらえます。

※関連記事

無償の株式譲渡とは?無償株式譲渡の手続きと税金

会社売却の相場

会社譲渡時にかかる税金とは?仕組みや計算方法について解説!

まとめ

今回の記事をまとめると、株式譲渡の特徴は以下のようになります。

  • 株式を譲渡することにより、会社の経営権を移譲する方法
  • 事業承継やM&Aでよく使われる
  • 会社法に則って行う必要があるが、公的機関のチェックを受けることがない
  • 譲渡承認機関が株主総会か取締役会かによって、プロセスが若干異なる
  • 正しいプロセスで行われなかったり、正当性の欠いた株式譲渡契約が締結される可能性がある
  • 中小企業の事業承継で株式譲渡を行うと、トラブルが発生するリスクが高くなる
  • 株式譲渡を行うならば、専門家のサポートを得ることが大切

株式譲渡は事業承継やM&Aにおいて最もよく使われる方法であり、経営者であれば何らかの機会で活躍する可能性があります。公的機関のチェックがない分、スムーズに手続きが進むことが株式譲渡の利点ですが、厳密に実施しないとトラブルが起きやすいです。

株式譲渡を行うときは、そのプロセスをしっかりチェックしておくと同時に、株主総会や取締役会といったプロセスを軽視しないことが大切です。専門的な知識を持つプロフェッショナルの助力を得ることで、トラブルを未然に防ぐようにすると良いです。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡は幅広く活用されているM&A手法の一つですが、いくつかの留意点もあります。トラブルに巻き込まれることもあるため、留意点を抑えて事前に対策を立てておくことが大切です。本記事では、株式譲渡で...

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは、投資対象の価値やリスクを調査する活動のことを指します。M&Aにおいては、最終契約書の締結前に対象企業を調査することで不確定要素を減らすことができます。本記事では、デューデ...

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生は倒産しそうな会社を立て直す手段で、もし失敗すれば破産・清算となるため、実行の際はよく内容を理解しておく必要があります。本記事では、事業再生の手法にはどのような種類があるか、どういう流れ...

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

会社の資産と負債を比較した際に負債の方が多い状態を債務超過とよびます。当記事は債務超過の大まかな解説をはじめ、債務超過にある会社の価値をはじき出す方法や、売却の可能性、M&Aで売るためのコツ、目...

選択と集中とは?意味と使い方を解説

選択と集中とは?意味と使い方を解説

不要な事業を売り払って事業の絞り込みを行うのが選択と集中です。当記事は、選択と集中の大まかな解説をはじめ、選択と集中の意味や、多角化との違い、選択と集中を使うシーン、取り掛かった際のメリットとデ...

会社売却の税金内訳や節税対策を解説!株式譲渡と事業譲渡どちらが得?

会社売却の税金内訳や節税対策を解説!株式譲渡と事業譲渡どちらが得?

株式・事業を譲り渡して売却益をえるのが会社売却です。当記事は会社売却の簡単な解説をはじめ、会社売却にかかる税金の内訳や、税金を払う時機、節税策、節税につなげられるスキームの特徴のほか、お薦めする...

営業権とは?定義や税務、のれんとの違いを徹底解説

営業権とは?定義や税務、のれんとの違いを徹底解説

M&Aにおける営業権とは、M&A価格と対象企業の純資産の差額のことです。一般的にはのれんと同じ意味で使用されていますが、実際には考え方に違いがあります。本記事では、営業権の定義やのれんとの違い、...

TMK(特定目的会社)とは?SPCとの違い、設立の手順を徹底解説

TMK(特定目的会社)とは?SPCとの違い、設立の手順を徹底解説

「TMK(特定目的会社)」や「SPC(特別目的会社)」という言葉を聞くことがありますが、これらは分かりにくい部分がある用語です。この記事では、TMK(特定目的会社)とは何か、SPC(特別目的会社...

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)