2020年4月2日更新会社・事業を売る

水平型M&Aとは?目的や注意点、オススメの仲介会社もご紹介!

水平型M&Aは同じ業種・業態の企業同士が行うM&Aのことをいい、現在の事業の強化や事業エリアの拡大などを目的として行われます。また、既存事業を強化するという戦略に特徴があります。M&A専門家と相談しつつ、M&Aの成功につなげることが大切です。

目次
  1. 水平型M&Aとは
  2. 水平型M&Aを活用した戦略
  3. M&Aの種類
  4. M&Aの目的と注意点
  5. 水平型M&Aの国内事例
  6. M&Aのオススメ仲介会社5選
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

水平型M&Aとは

水平型M&Aとは、同じ業種・業態の企業同士が行うM&Aのことをいい、銀行の統合などが代表例として挙げられます。近年はさまざまな業界でM&Aが活性化していますが、この水平型M&Aの事例も多く見られます。

以下、こうした水平型M&Aの特徴や戦略をご紹介します。また、M&Aそのものの仕組みや目的、注意点なども後述しますので、水平型M&Aの理解につなげてみてください。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

水平型M&Aを活用した戦略

水平型M&Aの戦略について、その目的も踏まえて整理しておきましょう。

水平型M&Aを行う目的

水平型M&Aは、現在手がけている事業の強化・拡大などを目的として行われ、競争力の強化につなげることができます。M&Aには他社を買収して新規事業へ参入するというケースもありますが、水平型M&Aは今の事業に焦点を置いて行われるものです。

同じ業種・業態の企業とM&Aを行うというのは、それぞれの企業が持つノウハウや事業エリアなどを活かすことで、それぞれの企業が本業を強化できることを意味します。新しく事業を開始するわけではないので、ノウハウの共有なども比較的スムーズに進みます。

また、水平型M&Aは、これまで市場で競合していた同業他社とのM&Aです。競合によってお互いを高め合っていた企業が、M&Aによって相互の強みを活かす形となり、競争力を強化してさらなる成長につなげられます。

垂直型M&Aとの違い

M&Aには「垂直型M&A」と呼ばれるものもあり、水平型M&Aとの違いをおさえておくことも戦略を考えるうえで重要です。まず垂直型M&Aというのは、製造から販売といったサービスの流れの中で、企業を垂直的に統合することをいいます。

例えば製造拠点を持つ企業と、流通・販売を手がける企業がM&Aを行い、製造から販売までのサービス体制を構築するといったケースが垂直型M&Aです。一貫したサービス体制を作り出すため、それぞれ業態が異なる企業の間でM&Aを行うことを意味します。

一方で、水平型M&Aの場合は、あくまで同じ業種・業態の企業同士で行うM&Aです。同じ事業を展開する企業とM&Aをすることで、本業の事業拡大・強化や事業エリアの拡大を図るという戦略が、水平型M&Aの大きな特徴です。

※関連記事
垂直型M&Aとは?特徴や戦略、オススメ仲介会社もご紹介!

M&Aの種類

次に、M&Aの具体的な種類について整理しておきましょう。M&Aは「買収、合併、会社分割、資本業務提携」などがあり、買収は株式取得と事業譲渡に、合併は吸収合併と新設合併に、会社分割は吸収分割と新設分割に分類できます。

ここまで紹介した水平型M&Aの理解を深めるためにも、M&Aの種類・手法について知っておきましょう。それでは、以下でそれぞれの手法の特徴をご紹介します。

①株式取得

株式取得とは、経営権の取得を主な目的として株式を取得することをいいます。株式は原則として株主総会の議決権があるので、株式の取得は株主総会における議決権の保有を意味します。

そして株主総会では経営に関係する決議が行われるので、株式の取得は経営権の取得にもつながるわけです。株式を全て取得できれば経営権を全て取得することになるため、株式の取得割合は非常に重要な問題となります。

以下で紹介する株式取得の方法のいずれも、経営権に深く関係する手法となります。

株式譲渡

株主が持つ株式を第三者に譲渡することを、株式譲渡といいます。特に中小企業のM&Aでしばしば活用され、株式を全て譲渡して経営権を全て移転させるなどの事例も多いです。

100%の株式譲渡によって経営を全面的に任せられるので、経営面で事業継続が難しい企業がこうした株式譲渡を行うケースが多く見られます。

新株引受

第三者に新株の割り当てを受ける権利を与えることを、新株引受(第三者割当増資)といいます。例えばA社が新しく株式を発行し、B社が引き受けるという形で、B社はA社が新しく発行した株式のみを取得します。

つまり、B社はA社の株式の全てを取得するのではありません。そのため、株式を全て譲渡して経営権を移すという手法とは異なります。

株式交換

株式交換は、ある会社の発行する株式の全てを他の会社(株式会社または合同会社)に取得させるというものです。株式を全て取得した会社は完全親会社となるので、完全親会社と完全子会社の関係を作り出す手法として活用されます。

また、株式交換はすでに存在している会社の間で行われるもので、この点は株式移転との違いになります。

株式移転

株式移転は、1つまたは2つ以上の株式会社が、発行する株式の全てを新しく設立する株式会社に取得させるという方法です。株式交換と同じく、こちらも完全親会社と完全子会社の関係を構築する手法ですが、新たな会社が設立されるという点に大きな特徴があります。

株式交換のように既存の会社だけが当事者となるわけではなく、新たに設立された会社が完全親会社となります。

②事業譲渡

ある会社の事業の全部または一部を譲渡することを指し、事業の全てを譲渡することを「全部譲渡」、事業の一部を譲渡することを「一部譲渡」といいます。事業の一部を譲渡できるため、採算事業だけを残して他の事業を譲渡するといった方法も可能です。

採算事業に経営資源を集中させたい場合や、どの程度の経営権を譲渡・譲り受けするか決められる点がメリットといえる手法です。

③合併

合併というのは、2つ以上の会社が1つになることで、「吸収合併」と「新設合併」の2種類があります。吸収合併は、合併により消滅する会社の権利義務の全てを「合併後に存続する会社に承継させる」という手法で、既存の会社間で行われます。

一方で、新設合併は、2つ以上の会社が合併し、「新しく設立する会社に全ての権利義務を承継させる」という方法です。吸収合併と違って新たな会社が設立されることに、新設合併の特徴があります。

④会社分割

会社分割にも、「吸収分割」と「新設分割」の2種類があります。吸収分割というのは、会社(株式会社または合同会社)がある事業に関して有する権利義務の全部または一部を、分割後の他の会社に承継させることです。

こちらも、既存の会社が行う手法となります。一方で、新設分割の場合、1つまたは2つ以上の会社(株式会社または合同会社)がある事業に関して有する権利義務の全部または一部を、新しく設立する会社に承継させるという仕組みになります。

※関連記事
新設分割と吸収分割の違い

M&Aの目的と注意点

次に、M&Aの目的と注意点について整理していきましょう。

M&Aの目的

M&Aは、既存事業の強化・拡大、新規事業への参入などのほか、後継者不足問題の解決、経営基盤の安定化など、さまざまな目的のために行われます。以下、M&Aの目的として代表的なものを整理しておきます。

既存事業の強化・拡大

同業者同士でM&Aを行うケースであれば、それぞれの企業が持つノウハウやサービス体制などを活かすことで、既存事業の強化・拡大、サービス体制の強化、事業エリアの拡大などを図ることができます。

こうしたケースは、先ほど例に挙げた水平型M&Aにも当てはまり、事業規模の強化や事業エリアの拡大を目的に行われるM&Aとなります。このようなM&Aは、新規事業へ参入するというものではなく、今ある事業の強化をM&Aによって図るという点に特徴があります。

例えば、ある会社が新しく事業エリアを拡大したいと考える場合、特定のエリアへの進出を図っているとします。そこで、そのエリアに強みを持つ同業他社を買収することができれば、比較的短期間で事業エリアの拡大が可能となるわけです。

新規事業への参入

ある企業が新規事業を開始したいと考える場合、その企業だけで事業をスタートするという選択肢もあります。ただし、新規事業を自社だけで一から開始することは、一般的に時間と手間がかかります。

また、特に参入しづらい業界であれば時間と手間がかかり、リスクも高くなるでしょう。そこで、新規事業を開始するためにM&Aを活用した場合、短期間で新規事業を開始しやすくなるメリットがあります。

例えば、ある事業を新しく開始したい場合に、その事業においてすでに力を持っている企業を買収できれば、その企業が持つ事業基盤やノウハウなどをそのまま活用し、新規参入を実現できるのです。

経営上の問題の解決

M&Aは、特に経営が厳しい中小企業などが、企業が抱える経営上の問題を解決するために行われることもあります。例えば、後継者不足問題の解決や、経営基盤の安定化などが問題として挙げられます。

ある中小企業の経営が厳しくなったとします。そこで、資金力のある企業へ売却することができれば、その企業の傘下として、安定した財務基盤のもとで事業を継続することができるのです。

また、近年はしばしば後継者不足が問題となっています。M&Aによって売却を行い、適切な企業に経営を引き継いでもらうことで後継者不足の状態も解決します。

M&Aの注意点

さまざまなメリットを享受できるM&Aですが、ただやみくもにM&Aをすれば良いというものではありません。確かに、近年はさまざまな業界でM&Aが活発化してはいますが、だからといって安易にM&Aの実行を決めることは避けるべきです。

M&Aによるメリットを実現するのなら、まずM&Aの目的を明確にして、その目的に沿ったM&A戦略を策定したうえで適切なスキームのもとでM&Aを進める必要があるのです。「目的の明確化」というと当たり前の話のように聞こえますが、M&Aにおいては最も重要な問題です。

そもそもM&Aによって何がしたいのかがはっきりしていなければ、自社の状況に合った形でM&Aが進むとは考えられず、自社に不利な状態でM&Aが行われる事態にもなりかねません。そうなると、せっかくM&Aを行ってもかえって損失が発生することもあるのです。

M&A仲介業者や専門家への相談

もともとM&Aは、そう簡単に実行できるものではありません。各スキームのもとで、法務、税務、財務などのさまざまな分野で専門的な手続きが必要で、もちろんそれ相応の費用もかかります。

こうした手間と費用をかけて失敗してしまったら、大きな損失につながってしまいます。このような事態を防ぐためにも、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリーなどの専門家にもしっかりと相談しつつ、目的をはっきりさせ、それに合う戦略のもとでM&Aを進めなくてはなりません。

これらを踏まえて、M&Aを検討している際には一度M&A総合研究所までご相談ください。専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが在籍しているM&A総合研究所は、培ったノウハウを活かしM&Aをフルサポートいたします。

初回相談料無料で、完全成功報酬制となっているため成約しない限り手数料は発生いたしません。M&Aについてお悩みの際には、ぜひお気軽にM&A総合研究所までお問い合わせください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

水平型M&Aの国内事例

この項では、水平型M&Aの国内事例を紹介します。水平型M&Aを行う目的などを思い返しながら過去事例を確認してみましょう。

①三栄建築設計とマックホームのM&A

2018年に「分譲住宅供給5,000棟」という長期計画で掲げている三栄建築設計は、2020年にマックホームを連結子会社化することを発表しました。グループ全体の事業拡大・成長を目的に、副都心線・東武東上線沿線で高いシェアをもつマックホームの買収に至りました。

②ファミリーマートとサークルKサンクスのM&A

全国展開のコンビニエンスストアチェーンであるファミリーマートは、2016年に関東圏で出店数が多いサークルKサンクスを買収しました。ブランド価値の向上や、地方都市を含めた店舗拡大、さらに大量生産・大量発注によりコストの削減も成功した水平型M&A事例です。

③文化シヤッターと西山鉄網製作所のM&A

2015年、シャッターなどを扱う業界大手の総合建材メーカーである文化シヤッターは、同じく建材メーカーである西山鉄網製作所の全株式を取得して子会社化しました。両社における協業を通じて、建材分野における領域の拡大や、顧客基盤の強化が期待されるM&Aとなりました。

※関連記事
M&Aの目的とは?売り手(売却)、買い手側(買収)におけるM&Aの目的を解説

M&Aのオススメ仲介会社5選

前述したように、M&AにあたってはM&A仲介会社などの専門家を活用することが重要です。以下、こうしたM&A仲介会社で代表的な会社をご紹介していきます。

M&A総合研究所

M&Aに精通した会計士による、幅広いサービスに強みがあります。M&Aや会計の専門家が手厚いサポートを行い、デューデリジェンスや交渉など、M&Aの一連の流れにおける迅速なサポートを実現しています。

そのため、一般的なM&A仲介会社よりもスピード性があり、平均3~6ヶ月でのクロージングを可能としています。また、着手金や月額報酬はかからず成果報酬のみの報酬体系となり、成果報酬は業界最安値です。

日本M&Aセンター

中堅・中小企業に向けたM&A支援サービスを行い、中小企業を中心としたM&A支援28年目、成約実績累計5,000件超、年間成約支援数770件といった実績を持ちます。

1案件ごとに法務担当者(弁護士・司法書士)と会計・税務担当者(公認会計士・税理士)の案件担当者がサポートするなど、特徴的なサポート体制で専門性の高いサービスを提供しています。

M&Aキャピタルパートナーズ

中堅・中小企業に特化したサービスを提供し、中小企業が抱える経営課題の解決に強みを持っています。日本のM&A助言会社の老舗となるレコフと連携し、各ネットワークを活かした提案力に強みがあるほか、専任担当制のもとで安心感のあるサービスを実現しています。

ストライク

公認会計士や金融機関出身者などの多くの専門家が在籍し、専門性の高いサービスを可能としています。また、インターネットM&Aサービス「SMART」や、M&Aに関する情報発信サイト「M&A Online」の運営など、コンテンツの積極的な発信にも強みがあります。

インターリンク

「提案型M&A仲介の専業会社」としてM&Aをトータルにサポートし、M&Aの当事者の相互理解からM&Aの企画開発、クロージングまで、一体的なサポートを提供しています。確かな経験・実績をもとに、当事者にマッチした独自性のある提案を可能としています。

※関連記事
M&A実績の豊富な仲介会社

まとめ

水平型M&Aは同じ業種・業態の企業同士が行うM&Aのことをいい、現在の事業の強化や事業エリアの拡大などを目的として行われます。実際にM&Aを成功させるには、目的を明確にしたうえでM&A戦略を事前にきちんと検討する必要があります。

M&A仲介会社・M&Aアドバイザリーといった専門家と相談しつつ、M&Aの具体的な手法をおさえておき、M&Aの成功につなげることが大切です。それでは最後に、今回の記事をまとめると以下のようになります。

・水平型M&Aとは
→同じ業種・業態の企業同士が行うM&A

・水平型M&Aを行う目的
→事業の強化・拡大

・M&Aの種類
→買収、合併、会社分割、資本業務提携

・M&Aの注意点
→目的を明確にして、その目的に沿ったM&A戦略を策定

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

内部統制・内部監査とは、会社が組織的に機能するために必要なルールや仕組みのことです。日常的な経営はもちろんのこと、M&Aの実行の際も組織としての地盤がとても重要になります。本記事では、M&A・事...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)