2022年6月6日更新業種別M&A

空調設備工事会社のM&A動向!売却・買収事例、買う・売る方法、費用の相場を解説

近年、空調設備工事業界では、M&Aの実施が活発化しています。中小企業が多く、競争の激化も見られる空調設備工事業界では、競争力やサービス体制の強化・事業エリアや事業規模の拡大など、さまざまな目的のためにM&Aが活用されています。

目次
  1. 空調設備工事会社とは
  2. 空調設備工事会社のM&Aの現状と動向
  3. 空調設備工事会社のM&Aの相場と費用
  4. 空調設備工事会社の買収メリット
  5. 空調設備工事会社の売却メリット
  6. 空調設備工事会社のM&Aを行う際の注意点
  7. 空調設備工事会社のM&Aまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

空調工事のM&A・事業承継

空調設備工事会社とは

はじめに、本章では空調設備工事会社を対象とするM&Aを実施する際に把握しておくべき基本情報をまとめました。

空調設備工事業界の定義

空調設備工事業界とは、「冷暖房などの空調設置工事を手掛ける企業群」を指し、空調設備工事業により工事を手掛ける建物の対象は、一般の住宅・会社・工場などが一般的です。

また、空調設備工事会社の工事は2種類あり、発注者によって「元受け工事」と「下請け工事」に分かれます。

空調設備工事会社の業務内容

空調設備工事は、給排水設備や電気設備などとも関係します。そのため、電気設備などの関連事業を行っている空調設備工事会社も比較的多いです。

また、空調設備工事業界では、冷暖房の設備工事や、建物設計・施工、電気・ガス工事、建物の保守点検などの事業を行う会社もみられます。関連事業が多いため、関連事業への進出や展開が比較的行いやすい点が特徴です。

空調設備工事業界の規模

国土交通省の調査によると、2020年における空調設備工事業界の市場規模は約1兆4,022億円と報告されています(前年度比1.4%減、民間工事のみ)。

空調設備工事業界は中小企業が比較的多く、後継者不足などの問題を抱えている企業も少なくありません。近年は国内の他業種同様、空調設備工事業界でも後継者不在の問題が深刻化している状況です。

参考:国土交通省「設備工事業に係る受注高調査結果(各工事主要20社)」

空調設備工事会社のM&Aの現状と動向

近年、さまざまな業界でM&Aの活発化が見られますが、この傾向は空調設備工事業界も例外ではありません。M&Aを行うと後継者不足問題の解決や事業規模の拡大などのメリットが期待できますが、空調設備工事業界でもこれらのメリットを目的にM&Aを行う事例が多く見られます

また、空調設備工事業界では競争が激しい傾向が強いですが、こうした動向に対応するためにもM&Aは有効策です。例えば、同業者同士のM&Aによって相互の事業基盤を生かし、競争力強化や事業エリアの拡大を図るケースが典型的です。

ここからは、空調設備工事業界のM&Aについて、業界の特徴や動向も踏まえながらポイントを紹介します。

①競争力強化のためのM&A

空調設備工事業界では、中小企業が多い特徴があります。そのため、中小企業同士の競争が激化しやすいです。こうした状況では、競争力の強化を図る必要があり、このときにM&Aが1つの効果的な方法として位置付けられます。

ここで同業者同士がM&Aを行ったケースを想定すると、お互いの企業が持つ顧客基盤や事業基盤を活用すれば、それぞれの企業のサービス体制を強化できます。

例えば、関東エリアに強みがある空調設備工事会社と、関西エリアに強みがある空調設備工事会社がM&Aによって提携すれば、お互いの事業基盤を活用することで事業エリアを拡大し、競争力の強化につなげることが可能です。

同業者同士のM&Aでは、お互いの技術力やノウハウを生かすことも可能です。より良質なサービスを提供できれば、それだけ競争力の強化につなげられます。

②事業規模の拡大

競争力の強化と関連し、M&Aにより事業規模の拡大をスムーズに進めるケースも見られます。特に競争が激しい空調設備工事業界では、事業規模の拡大によって競争力を強化できる点は大きなメリットです。

また、事業規模の拡大により、利益の向上や知名度の向上などのスケールメリットを享受することもできます。

規模が拡大すれば知名度も向上しやすく、多くの人材が集まる傾向があるので、優秀な従業員の確保につながる点がメリットです。

つまり、会社を買収することで優秀な人材が確保できるだけでなく、事業規模の拡大によるスケールメリットによって人材が自然に集まる可能性が高くなります。

もちろん空調設備工事会社では技術力が求められるため、優秀な技術者を多く抱えるに越したことはありません。

そのため、事業規模の拡大を目的としたM&Aは、近年の空調設備工事業界で比較的多く見られます

③関連事業・周辺事業の買収も積極的に行われる

空調設備工事事業には、電気設備・給排水設備などの関連事業・周辺事業が多い点も特徴です。これらの関連事業の買収により、一括したサービスを提供できるようになります。例えば、企画から保守点検まで一体的にサポートするといったサービス体制の構築を狙えるのです。

また、総合設備企業であれば、強化したい設備事業を買収することで、サービスの質向上も図れます。後ほど紹介しますが、四電工による有元温調の買収は、この典型例と考えられています。

④後継者不足問題の解決としてのM&A

空調設備工事企業には中小企業が多く、後継者不足問題が深刻化しています。経営者が高齢になり引退を考える場合は早急に後継者を見つけなくてはなりません。

M&Aは後継者不足問題を解決する効果的な手段のひとつです。信頼できる会社に自社を売却し経営を任せられれば、自分の手を離れた後でも会社を存続させられます。

後継者不在に悩んでいる場合や、事業承継やM&Aを検討している場合は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。

M&A総合研究所には専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが多数在籍しており、培ったノウハウを生かしてM&Aをフルサポートいたします。

M&Aは交渉から成立まで半年から1年程度かかるのが一般的ですが、M&A総合研究所はスピーディな対応を実践しており、最短3カ月での成約実績を持っている点も強みです。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談をお受けしておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

空調設備工事会社のM&Aの相場と費用

空調設備工事会社は中小企業が多いですが、空調設備工事業界のM&A当事会社は中小企業だけではありません。M&Aによっては、企業規模や対象事業の規模が大きく異なる場合もあります。そのため、現段階ではM&Aの相場・費用を一概に提示することは非常に困難です。

ただし、M&Aを実行する以上、相場と費用をまったく考慮しないわけにはいきません。ある程度の目安をつけておかなければ、想定外の費用が発生することもあるためです。そのため、類似する事例は徹底的に分析し、買収金額や費用をある程度把握しておく必要があります。

具体的には、M&Aの目的・M&Aの当事者となる会社の規模・対象事業の規模・会社の業績・従業員の数・M&Aのスキームなどをチェックし、自社と似たものがあればこまめにチェックすることが重要です。

なお、相場と費用をより正確に把握するには、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリーなどの専門家に相談するのがベストです。空調設備工事会社のM&Aの成約実績が豊富な業者であれば、相場や費用に関する情報も得やすくなります。

M&Aを検討されている場合は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所には専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが多数在籍しており、クロージングまで丁寧にサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。M&Aに関して、無料相談をお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

空調設備工事会社の買収メリット

空調工事のM&A・事業承継
空調工事のM&A・事業承継

空調設備工事会社の買収事例には、同業者による買収や関連事業を行う会社による買収などがあります。これらのケースは、事業規模や事業エリアの拡大・競争力の強化といった目的のために行われます。

同業者同士のM&Aであれば、自社が対応していないエリアに強みのある空調設備工事会社を買収することで、自社の空調設備工事事業を強化するケースが考えられます。

また、ある空調設備工事会社が自社にはない技術を持っている場合や優秀な人材が多く在籍している場合なども、その会社を買収することで自社の事業強化につなげることが可能です。

さらに、今後の競争激化が予想される中で、競争力やサービス体制の強化などを目的に、関連事業も含めたM&Aが増加する可能性もあります。

このように、関連事業を展開する会社にとっても、空調設備工事会社の買収には大きなメリットがあるといえるでしょう。

空調設備工事会社の売却メリット

M&Aによる会社の売却は、後継者不足問題の解決・経営基盤の安定化・創業者利益の獲得、個人保証や担保の解消・従業員の雇用の維持などのメリットがあります。空調設備工事会社の売却でも、こうしたメリットを享受できます。

競争が激化しやすい空調設備工事業界のため、特に中小・中堅の空調設備工事会社同士のM&Aが増加する可能性もあります。こうしたM&Aを成功させるには、買い手にとって魅力的なサービスをアピールする必要があります。

競争力の強化などにつながると判断されれば、さまざまな空調設備工事会社が名乗り出る可能性があります。また、売却は自社にとってもメリットが期待できるものでなければなりません。経済効果の高いM&Aを実現するためにも、最適な対象企業を探す必要があります。

空調設備工事会社のM&Aを行う際の注意点

空調設備工事会社のM&Aを行ううえで、さまざまな注意点が挙げられますが、特に大きなポイントは「管工事の建設業許可の取り扱い」に関してです。管工事の建設業許可は、空調設備工事会社が事業を展開するうえで必要不可欠の許可です。

数あるM&Aスキームの中でも事業譲渡を採用する場合、買収側企業に対して管工事の建設業許可を承継できないケースがほとんどです。事業譲渡とは、会社(譲渡会社)が事業の全部または一部を他社(譲り受け会社)に譲渡する手法です。

株式譲渡・会社分割・合併などのM&Aスキームとは違い、契約によって譲渡の対象となる事業を選択でき、資産や負債についても契約によって比較的自由に選別可能です。

しかし、事業譲渡は個別承継であるため許認可を引き継ぐことはできません。つまり、管工事の建設業許可は承継できないため、譲受側が必要な許認可を取得していない場合は事前に取得する必要があります。

空調設備工事会社のM&Aまとめ

空調設備工事業界でも、近年M&A事例が活発化しています。中小企業が多く、競争の激化も見られる空調設備工事業界では、競争力の強化・事業エリアの拡大・事業規模の拡大・サービス体制の強化など、さまざまな目的のためにM&Aが活用されています。

また、空調設備工事業界では、関連事業の会社とのM&A事例も見られます。こうしたM&Aも、空調設備工事会社がサービス体制を強化するうえで意義のある事例です。

自社のM&Aを成功に導くためにも、各事例のM&Aの目的・スキーム・会社や事業規模を確認し、さまざまな視点から事前に分析しておくことが大切です。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

関連する記事

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所は、税理士法人の増加や経営者の高齢化などによって、M&Aが活発化してきている業界です。本記事では、税理士事務所・会計事務所のM&Aについて、動向や売却・買収...

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

さまざまな商品の流通をサポートする商社業界は、トレーディング需要の減少などにより、M&Aによる積極的な経営で打開を図る企業が増えています。本記事では、商社業界のM&A動向について...

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

日本の高齢化社会が進むにつれ、老人ホームの需要が高まると予想されています。同業種だけでなく異業種からの参入も増えており、業界内のM&Aが活性化しています。本記事では、老人ホームM&amp...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

空調工事のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)