2022年10月19日更新事業承継

親族内承継とは?用語の意味、メリット・デメリット、流れ、成功させるポイントも解説

親族内承継とは、経営者の子供をはじめとする親族に会社の事業を引き継ぐことです。親族内承継には周囲から受け入れられやすく後継者の教育期間を確保できるメリットがあるものの、重大なデメリットも存在するため余裕を持って準備したうえで実施することが大切です。

目次
  1. 親族内承継とは
  2. 親族内承継のメリット
  3. 親族内承継のデメリット
  4. 親族内承継の方法
  5. 親族内承継を円滑に済ませるポイント
  6. 親族内承継のまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

親族内承継とは

親族内承継とは、経営者の子供をはじめとする親族に会社の事業を引き継ぐ行為をさします。「跡取り」と聞くとイメージしやすい方が多い親族内承継ですが、中小企業で最も多く採用されている事業承継方法です。

親族内承継の割合と現状

中小企業で最も採用されているものの、親族内承継の採用割合は年々減少傾向にあります。およそ20年以上前までは、当然のように経営者の子供が跡取りとして修行を積んで事業承継を済ませていました。かつての親族内承継の割合は9割を超えており、なかでも経営者の子供に承継していた割合は8割程度にまで及んでいました。

ところが現在では親族内承継を実施する会社は6割程度まで低下しており、その背景には職業選択の自由化や少子高齢化などが深く影響しています。現在の経営者は、子供に自由に生きて欲しいと思う一方で会社を存続させたいと思うジレンマを抱えています。

従業員や第三者への事業承継が増加傾向にある

親族内承継の採用割合は低下している一方で、従業員や第三者に事業承継するケースが増加傾向にあります。これは、後継者に相応しい親族が不在であったり、子供に好きな職業に就いてほしいと考える経営者が増加しているためです。

しかし、上記の手法のなかでも従業員への親族外承継では基本的に自社株を従業員に買い取ってもらうことになるため、資金不足が大きな問題となりやすいです。たとえ経営者が承継を望んでいても、従業員に拒まれてしまうおそれもあります。

従業員承継における問題に直面したときには、M&Aによる第三者への事業承継を検討してみるのも1つの方法です。当然ですが、M&Aの買収資金を準備するのは買い手である第三者であるため、自社における金銭的負担を軽減できます。

さらにM&Aによる事業承継では会社そのものを売却するため、経営者は売却利益を獲得する可能性もあります。

M&Aによる事業承継をご検討の際は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所には専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、培ったノウハウを生かしてM&Aによる事業承継をフルくサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談をお受けしておりますので、M&Aをご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】親族外承継| M&A・事業承継の理解を深める
【関連】事業承継とは?M&A・継承との違い、読み方やメリット、手続きの流れ、税金・補助金も紹介| M&A・事業承継の理解を深める

親族内承継のメリット

ここまで概要を紹介しましたが、親族内承継にはメリット・デメリットの双方が存在するため実施前に把握しておく必要があります。親族内承継のメリットは、以下のとおりです。

  1. 周囲から受け入れられやすい
  2. 教育期間を十分に確保しやすい
  3. 資産の承継方法を選択できる
  4. 事業承継税制を活用しやすい

それぞれのメリットを順番に解説します。

①周囲から受け入れられやすい

いかなる承継方法を採用したとしても、経営の跡継ぎが決定したときには金融機関・取引先・会社内の従業員などに挨拶や紹介をします。このときに親族内承継を実施して、現在の経営者の親族を後継者として紹介すると、周囲から心情的に受け入れられやすいです。

現在の経営者に対して周囲から厚い信頼が寄せられている場合には「◯◯さんの子供さんなら安心だ」と捉えられて、金融機関や取引先がこれまでどおり取引を継続してもらえる可能性が高まります。

②教育期間を十分に確保しやすい

親族内承継を実施すると、後継者の教育期間を長く確保できます。そもそも経営者の子供である後継者に経営を任せられるようになるには、10年程度の教育期間が必要です。経営者によっては、子供が生まれた時点で後継者としての育成を開始するケースも存在するほどです。

後継者が早く決まると準備期間に時間を費やせるため、同一業界の他社で経営を積ませるなど時間をかけた教育を実行できます。

③資産の承継方法を選択できる

親族内承継を実施すると、財産や会社の株式などの資産は後継者に引き継ぐのが基本的です。そこで資産を引き継ぐ方法としては、相続・贈与・売買と呼ばれる3つの選択肢が存在します(詳細は後述)。現在の経営者や後継者の資産状況など、さまざまな状況を踏まえながら、最適な承継方法を検討しましょう。

【関連】次期社長の教育と選出方法| M&A・事業承継の理解を深める

④事業承継税制を活用しやすい

中小企業の株式を承継する場合、事業承継税制を活用することで、贈与税・相続税納付の猶予・免除が認められています。親族内に後継者が存在し周囲からも認められている場合、こうした税制上の優遇措置を活用しやすくなるメリットがあります。

親族内承継のデメリット

親族内承継のデメリットは、主に以下のとおりです。

  1. 経営の質に問題が生じやすい
  2. 後継者同士の争いに発展しやすい
  3. 経営方針に制限がかかりやすい

それぞれのデメリットを順番に解説します。

①経営の質に問題が生じやすい

親族内承継では、親族という限られた選択肢から後継者を選出しなければなりません。後継者として適任の人物が親族内に必ずしも存在するとは限らず、ときには妥協が必要となるケースがあります。

後継者には勉強や経験を積むための努力が必要ですが、潜在的な能力も同じように必要不可欠です。たとえ適任となる後継者がいたとしても、その後継者が「事業を引き継ぎたくない」と考えているケースでは事業承継が困難となります。

適任となる人物に事業承継できないと、経営の質が低下するおそれがあるため注意が必要です。

②後継者同士の争いに発展しやすい

親族内に後継者として適任な人物が複数人存在するケースでは、経営権を巡って争いに発展するおそれがあります。親族内承継だけでなく、優秀な従業員などに対する親族外承継を選択するときも同様のリスクが存在します。

ここで争いに発展してしまうと、後継者を円滑に決定するのは非常に困難です。たとえ後継者を決定できたとしても、争いに敗れて後継者になれなかった人への配慮を心がける必要があります。

③経営方針に制限がかかりやすい

後継者は、これまで親族が経営していた会社をそのまま承継して経営を継続します。しかし、必ずしも今までの経営方針を継続することが適切であるとは限りません。時代の流れに伴って経営方針を柔軟に変更させていくのも、後継者の重要な仕事といえます。

とはいえ、これまで務めてきた会社の経営方針変更に対して、従業員が賛成しない可能性もあります。その結果として、後継者が新しい経営を実施したいと考えても、うまくいかない可能性があるのです。

親族内承継にリスクを感じたらM&Aによる事業承継が有効策

親族内承継で特に注意すべきなのは、適任の人物に事業承継できないおそれがある点です。仮に後継者として不適切な人物に事業承継してしまうと、承継後の業績が急激に落ち込んだり、深刻な経営不振に陥ったりする可能性があります。

とはいえ、後継者候補が存在するにもかかわらず従業員への承継を検討すると、後継者同士の争いに発展しかねません。こうした状況で有効策となり得るのは、M&Aを活用して第三者に対して事業を承継する方法です。

M&Aを活用すれば、適任の後継者を幅広い中から探すことができ、引き継ぎ後の事業発展にも期待できます。しかし、相手探しや交渉などのプロセスではM&Aに関する専門的な知識が必要になるため、M&A仲介会社などの専門家にサポートを依頼することをおすすめします。

M&Aによる事業承継を実施される際は、M&A総合研究所にお任せください。M&A総合研究所には、支援実績豊富なアドバイザーが多数在籍しております。案件ごとにアドバイザーがつき、相手探し・売却価格の算出・交渉などM&Aによる事業承継をフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談をお受けしておりますので、M&Aをご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

親族内承継の方法

親族内承継は、単純に親族に事業承継したことを宣言するだけで済むものではありません。こうした宣言は後継者の心構えを形成するうえでは有効的ですが、資産面の引き継ぎという実務的なプロセスも実施する必要があります。

親族内承継では税務や法務に関するプロセスを済ませなければなりませんが、とりわけ自社に最適な株式移転方法の検討が大切です。そこで株式を移転させる方法は、大きく以下の3つに分けられます。

  1. 相続
  2. 贈与
  3. 売買

それぞれの方法を順番に解説します。

①相続

相続とは、現在の経営者が亡くなった後に後継者に株式を引き継ぐ方法のことです。しかし、遺言など亡くなった経営者の意思を表明するものを準備しておかないと承継が成立しないため、注意が必要です。

経営者が相続による事業承継を選択する際は、遺言状の作成に加えて会社や資産などの引き継ぎ方法をあらかじめ取り決めておかなければなりません。相続による事業承継では思わぬトラブルに発展するおそれがあるため、専門家に相談しながら十分な対策を講じると良いです。

②贈与

贈与とは、主として経営者の生存中に後継者に株式を贈与する方法のことです。株式を後継者に贈与する際、後継者側では贈与税を支払う必要がありますが、この贈与税が大きな負担になるケースが多いため注意が必要です。

親族内承継によって株式を贈与されると個人の資産として捉えられるため、年間110万円の基礎控除を超えた分は贈与税を支払う必要があります。生前贈与を利用する場合は、後継者以外の遺産の相続人から最低限の資産(遺留分)を要求されるおそれもあるのです。

場合によっては莫大な費用が必要となるため、あらかじめ専門家に相談すると良いです。

③売買

売買とは、後継者が現在の経営者が保持している株式を買い取る方法のことです。贈与とは対照的に、対価の支払いによって経営権を引き継ぎます。遺産として受け継ぐ手法ではないため、遺留分を請求される心配がありません。

しかし、対価として現金を支払う必要があるため、必ずしも贈与よりも少額で済ませられるとは限らず、かえって高額な費用が必要となる可能性も十分にあります。後継者が銀行からの借り入れなどを利用したうえで株式を購入するケースが多いです。

親族内承継を売買で実施するメリットに、贈与税や相続税が不要となる点が挙げられます。売買では遺留分がないため、親族内でトラブルに発展しにくい点もメリットです。とはいえ、対価となる資金準備に手間がかかるのも事実であり、親族内承継で売買が利用されるケースは比較的少ないです。

【関連】生前贈与のメリットとデメリット| M&A・事業承継の理解を深める

親族内承継を円滑に済ませるポイント

親族内承継を漠然と実施していると、深刻なトラブルに直面するおそれがあります。親族内承継でトラブルが発生すれば、解決のために時間がかかったり、場合によっては事業承継に失敗してしまったりすることもあるため注意が必要です。

親族内承継を円滑に済ませるポイントは、主に以下のとおりです。

  1. 周囲から承認を得ておく
  2. 後継者教育を早期に開始する
  3. 遺言書を作成しておく

それぞれのポイントを順番に解説します。

①周囲から承認を得ておく

親族内承継を実施するときは、周囲から承認を得ておくと将来的に経営を円滑化しやすいです。近い親族だけでなく親戚にも承認を得ておかないと、むしろ思わぬトラブルに発展しかねません。

なぜなら、中小企業のなかには親族の大半が会社の株主となっているケースが多く、承認を得ておかないと将来的に経営を乱されるおそれがあるためです。後継者が引き継いだ後も経営しやすい環境を作ってあげることが大切です。

②後継者教育を早期に開始する

親族内承継で最も手間がかかるのが、後継者に対する教育です。後継者の教育には、10年程度の期間を要します。仮に大学卒業後から育成を開始したとすると、相応しい後継者となる頃には30歳を超えていることになる計算です。

問題となるのは、親族内承継を済ませるまでに現在の経営者が経営を継続できるかという観点です。経営者が体調不良などで引退して後継者が不在となってしまう事態を念頭に置いて、後継者の教育を早期に開始しましょう。

③遺言書を作成しておく

相続によって親族内承継を実施する際は、遺言書を準備する必要があります。遺言書を準備しておかないと、経営者の資産が相続人に平等に分配されてしまうためです。

その結果として、後継者が少ない資金で経営する事態になってしまうばかりか、経営権が後継者に集中しないトラブルを引き起こしかねません。後継者が資金不足に陥ればもちろん会社が不安定になり、後継者に経営権が分散してしまうことで事業承継に失敗してしまうリスクも生じます。

【関連】事業承継税制による相続税の負担軽減方法を徹底解説| M&A・事業承継の理解を深める
【関連】事業承継対策の必要性|考え方・ポイント、事前準備、注意点も徹底解説【事例付】| M&A・事業承継の理解を深める

④個人保証への対応を検討する

事業承継を実施する際、経営者の個人補償を後継者に引継ぐケースが想定されますが、金融機関との交渉が難航するおそれがあります。なぜなら、金融機関は現経営者の経営手腕を信頼して、融資を行っていることがほとんどであるためです。

事業承継をスムーズに進めるためには、後継者を周知し、金融機関との信頼関係を構築しておくことが大切です。

親族内承継のまとめ

親族内承継では後継者の確保が大切ですが、親族内に最適な後継者が存在するとは限りません。状況に応じて親族内承継以外の方法も検討しておくと良いです。もしも最適な後継者が存在する場合には、親族内承継対策としてなるべく早い時期から後継者教育を含めた準備を開始する必要があります。

後継者が親族内承継で会社を引き継いだ後は、自身も事業承継を実施する日がいずれ訪れます。このときには、自分自身の経験も生かしながら親族内承継を円滑に実施できるように心がけることが大切です。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短1.5ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

廃業の手続きやデメリットは?倒産・経営破綻・休業・閉店との違いも解説!

廃業の手続きやデメリットは?倒産・経営破綻・休業・閉店との違いも解説!

廃業の手続きは、会社と個人事業主では異なるものです。本記事では、廃業の手続きを会社と個人事業主とに分けて解説するとともに、倒産や経営破綻などの関連用語との意味の違いや、廃業のメリット・デメリット...

経営者保証に関するガイドラインの特則とは?適用条件、事業承継での活用メリットを解説

経営者保証に関するガイドラインの特則とは?適用条件、事業承継での活用メリットを解説

中小企業が経営者保証なしで融資を受けるための経営者保証ガイドラインには、事業承継の関する特則があります。本記事では、経営者保証ガイドラインとその特則がどのようなものか、事業承継に活用するメリット...

事業再編とは?メリット・目的・手法や組織再編との違いを解説!

事業再編とは?メリット・目的・手法や組織再編との違いを解説!

事業再編または組織再編では合併や分割といった複雑なM&A手法を使うので、その仕組みやメリットを理解することが大切です。本記事では、事業再編のメリットや目的・手法の解説、事業再編と組織再編...

企業再生と事業再生の違いは?メリットや手続きの流れについて解説!

企業再生と事業再生の違いは?メリットや手続きの流れについて解説!

企業再生とは、企業が財務状況の悪化などで倒産危機にある時、その原因を排除しながら再生を目指すことです。新型コロナによる不況の影響もあり、企業再生に注目が集まっています。今回は、企業再生と事業再生...

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継では代表権の引継ぎが重要なポイントになります。税制上の優遇措置を受ける際の要件に、法的な代表権の移転が定められていることが多いためです。本記事では、事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法...

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業の事業承継における資産の減価償却方法には2つのパターンがあります。起こりえるパターンを把握して適切な会計処理を行うことで、経費を漏らすことなく計上して経営状況の健全化を図れます。本記事で...

事業承継税制の特例措置とは?制度の内容、メリット、適用要件、注意点も解説【2022年最新】

事業承継税制の特例措置とは?制度の内容、メリット、適用要件、注意点も解説【2022年最新】

事業承継税制は特例措置と一般措置が設けられています。特例措置は特に高い節税効果を期待できますが、いくつかのデメリットもあるため違いを把握することが大切です。本記事では、事業承継税制における特例措...

事業承継対策で活用する従業員持株会とは?設立のメリット、手順も解説

事業承継対策で活用する従業員持株会とは?設立のメリット、手順も解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?それぞれの注意点、メリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?それぞれの注意点、メリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)