2022年10月21日更新資金調達

資本コスト(WACC)とは?種類、計算方法をわかりやすく解説

資本コスト(WACC)とは、会社が資金調達するときに必要となる費用です。資本コストには、負債コストと株主資本コストの2つがあります。本記事では、資本コスト(WACC)の種類、計算方法、資本コストを下げる方法などをわかりやすく解説します。

目次
  1. 資本コスト(WACC)とは
  2. 資本コストの種類
  3. 資本コストの計算方法
  4. 資本コストを下げる方法
  5. 資本コスト(WACC)のまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

資本コスト(WACC)とは

資本コスト(WACC)とは

資本コストとは、会社が資金調達の際に必要となる費用のことです。資金を集めたいときに、会社は銀行からの融資に頼ったり、新株を発行して株主からの投資を依頼したりします。こうした銀行融資の利息や、株主への配当などに必要となる費用が、資本コストです。

一方、投資家の観点から見ると、資本コストの意味は少し変わります。会社にとっては費用でも、投資家にとっては、投資に対する利益(配当)です。会社を経営する際は、常にこの資本コストを意識しなくてはなりません。

資本コストに対して、キャッシュフロー(利益)が上回っている会社は優良な会社ですので、投資家からの資金が集めやすくなり、安定してキャッシュフローを生み出している会社として、銀行融資の審査もとおりやすいです。

利益よりも資本コストが大きい会社は、投資に対する配当を出せない、融資の返済能力がない会社であると判断されるため、会社は資本コストを支払っても、利益が生み出せるよう注意しなければなりません。

日本のビジネス界では、資本コストの考え方がしっかり認識されている状況ではありません。資本コストは、事業の価値計算において必須です。また、グローバルに事業を広げるうえでも欠かせない概念といえます。

資本コストと資金調達の関係性

上述したとおり、会社が円滑に資金調達するには、資本コスト(WACC)を意識し会社を経営しなければなりません。その指標の一つが、キャッシュフローがWACCを上回っているかどうかになります。

WACCを上回るキャッシュフローを得られると、銀行、投資家、株主などに魅力的と思われるでしょう。その結果、資金調達を行いやすくなります。キャッシュフローがWACCを下回る場合は、リスクに見合ったリターンが得られない投資先と思われるので、資金調達は困難となるでしょう。

M&Aによる資金調達を検討するなら、専門家に相談を

M&Aを目的とする資金調達をご検討の際は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では、M&Aの知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーが、案件をフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談をお受けしておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】中小企業が資金調達を成功させる方法とは?現状や課題を解説| M&A・事業承継の理解を深める

資本コストの種類

資本コストの種類

会社が資金を調達する際、その方法は大きく分けて以下の2種類があります。

  1. 株主資本コスト
  2. 負債コスト
株主からの投資と、銀行や金融機関などからの借り入れです。株主からのお金は「投資」と考えられ、銀行融資などの借り入れは「負債」と考えられます。

①株主資本コスト

株式を保有している株主に還元する、いわゆる配当が株主資本コストです。株主が会社に投資する動機はさまざまですが、最終的には会社の利益からもらえる配当を期待しています。

投資してもらったからには会社は株主に対し、より多額の配当金を渡すため、利益を獲得する必要があります。つまり、株主資本コストは、投資家と会社の両方の観点から見た配当金です。

②負債コスト

銀行や債権者などからの借り入れには利息が付きますが、その利息が負債コストです。銀行や債権者は、会社にお金を貸してくれますが、無料では貸しません。銀行や債権者などから資金を借り入れする際は、利息を支払う必要があります。

銀行などの融資をしてくれる機関は、返済能力がある会社にしか資金を貸しません。負債コストは、融資を実施する機関で利率が変動するため、どこの機関から融資を受けるかをしっかりと検討する必要があります。

資本コストとは、会社に求める期待値です。株主や銀行にとっては、どれほどのリターンが得られるのか、が鍵です。

【関連】銀行融資と金利の基礎知識!算出方法、低金利で融資を受ける方法をご紹介| M&A・事業承継の理解を深める

資本コストの計算方法

資本コストの計算方法

資本コストは、株主資本コストと負債コストの加重平均となります。資本コストを算出する際は、WACC(ワック)を利用します。WACCの計算式は以下です。

  • 資本コスト=D/(D+E)×rD(1−T)+E/(D+E)×rE

このときに1から実効税率を引いた数字を掛け算すると、利息が税務上では損金扱いとなるので、会社にとっては税金対策になります。

資本コストを計算式にすると複雑に見えますが、株主資本コストと負債コストを足して平均値を求めた式が、資本コストです。WACCの計算式に必要な基礎知識は、以下になります。

  1. D:有利子の負債額
  2. E:株主資本の時価
  3. rD:負債資本コスト
  4. T:実効税率
  5. rE:株主資本コスト

①D:有利子の負債額

利子が付いている負債額のことです。基本的には時価で計算をする必要がありますが、負債は時価で計算するのが難しいので、簿価で計算する場合もあります。

②E:株主資本の時価

株式保有にかかる時価総額のことです。株主資本の時価を求める際は、株価と発行している株式の数を乗算します。

③rD:負債資本コスト

前項で解説した負債コストのことです。銀行融資や債権者からの借り入れに対し、支払う利息のことをさします。この利息は会社によって異なるため、当然利率の低い融資を選択すれば、資本コスト自体も高額になりません。

④T:実効税率

税金の負担額のことです。損金として算入される税金を考慮し、基本的には40%で計算します。

⑤rE:株主資本コスト

前項で解説した株主資本コストのことですが、金額そのものを計算式に当てはめられません。WACCでは、株主に対する期待収益率として考えます。

株主資本コスト単体の利率を求めるためには、リスクフリーレート、自社株式のβ値、株式市場全体の期待収益率の計3つの要素を用います。

【関連】事業価値| M&A・事業承継の理解を深める

資本コストを下げる方法

資本コストを下げる方法

経営者であれば、資本コストをできるだけ少なくしたいと考えるのが自然です。資本コストを下げるための方法として、その会社のリスクを開示する方法があります。基本的に投資家や銀行は、会社に対して利益を求めてお金を出すので、会社の情報開示は投資の判断材料として有力です。

リスクを開示すれば、リスクに見合ったリターンを要求してもらえます。「私の会社は◯億円の赤字が出ました」などと投資に対するリスクを公表すると、投資家が会社に持つ期待値も低くなるでしょう。その結果、投資家が求めるリターンも低くなり、それに伴い資本コストも低くなります。

銀行や債権者からの借り入れに対する資本コストを下げるには、各金融機関で、できるだけ低金利で借りるのが有効です。一般的には、信頼があり返済能力があるとみなされた会社であれば、低金利でお金を借りられる可能性が高まります。

借り入れ期間が短い、他の借り入れ機関からの乗り換えなどでも、低金利で融資を受けられる場合があるでしょう。融資の金利には変動制と固定制があるため、どちらの金利を選択するかを社内で検討する必要があります。

資本コストで悩んだら、専門家に相談を

資本コストを考えるときは、正しい知識を持つ専門家に相談するのがおすすめです。

M&A総合研究所では、経験や知識の豊富なM&Aアドバイザーが、案件をフルサポートいたします。資本コストでお悩みの際は、ぜひご相談ください。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談をお受けしておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】銀行融資と金利の基礎知識!算出方法、低金利で融資を受ける方法をご紹介| M&A・事業承継の理解を深める

資本コスト(WACC)のまとめ

資本コスト(WACC)のまとめ

資本コストは、資金調達に必要なコストのことで、その会社に対する期待値が明確に現れます。会社はその期待に応える必要があります。

一方で、資本コストのために経営が思うように回らないケースもあるでしょう。そうしたリスクを避けるため、できるだけ資本コストは低いほうが好ましいです。会社は、常に資本コストを意識して経営する必要があります。

資本コストは、未来に対して発生するコストでもあるため予測するのは難しいですが、資本コスト以上の利益を獲得することは、会社にとって必要不可欠です。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短1.5ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

 事業再生スキーム一覧!再成長への資金繰りの方法、成功事例は?合併特例債も紹介

事業再生スキーム一覧!再成長への資金繰りの方法、成功事例は?合併特例債も紹介

債務超過に陥った企業が事業再生を行うには、適切な事業再生スキームの選択が重要です。金融機関・日本公庫が中小企業の資金繰りや事業再生をサポートしています。本記事では、事業再生スキームの種類や再成長...

経営資源引継ぎ補助金は事業承継・引継ぎ補助金に改変!支給対象、給付額、審査、流れを徹底解説

経営資源引継ぎ補助金は事業承継・引継ぎ補助金に改変!支給対象、給付額、審査、流れを徹底解説

事業承継が必要でありながら資金の用意が難しく、なかなか踏み出せない事業者もいます。こうした場合に活用したいのが経営資源引継ぎ補助金(事業承継・引継ぎ補助金)の制度です。本記事では、補助金の特徴や...

LBOファイナンスとは?LBOとの違いや特徴/リスクを解説【図解】

LBOファイナンスとは?LBOとの違いや特徴/リスクを解説【図解】

LBOファイナンスとは、対象の信用力や資産を担保にして金融機関から買収資金を調達する買収方法のことです。名称の由来は、比較的少額の自己資金を梃子(レバレッジ)にすることからきています。本記事では...

中間報酬が無料のM&A総合研究所の料金体系を解説

中間報酬が無料のM&A総合研究所の料金体系を解説

M&A総合研究所は、売り手の中間報酬が無料のM&A仲介会社です。中間報酬以外にも相談料・着手金・月額報酬を無料としており、料金体系が強みです。本記事ではM&A総合研究所の...

第三者割当増資とは?メリット・デメリット、注意点、手続き、株価の算定方法をわかりやすく解説

第三者割当増資とは?メリット・デメリット、注意点、手続き、株価の算定方法をわかりやすく解説

第三者割当増資とは、特定の第三者に新株引受権を付与して増資する方法のことです。必要な手続きは比較的簡便なため、企業の資金調達の手段として重宝されています。本記事では、第三者割当増資のメリットやデ...

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

総数引受契約書は、募集株式の発行の際に発行者と割当者の間で取り交わされる契約書です。第三者割当増資の手続きを簡略化する目的で活用することが多くなっています。本記事では、総数引受契約書の作成方法と...

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBとは、買い手が株式の数や価格、期間などを定め、株式取引市場外で株式の公募を行う取引手法のことです。本記事では、TOBが不成立やディスカウントになる意味と、TOBが不成立になった事例やディス...

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資は、資本金増額や敵対的買収への対抗策として用いられます。本記事は、第三者割当増資に関する総数引受契約書の作成方法や、契約の流れ・注意点のくわしい解説を載せるほか、総数引受契約書の雛...

バイアウトの意味とは?4つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトの意味とは?4つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトとは、会社の経営が悪化した時に、経営者や従業員が自社を買収することをいいます。今回の記事では、バイアウトの4つの種類や主な目的、M&Aとの違いなど、経営に役立つバイアウトの基礎...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)