2021年6月20日更新会社・事業を売る

配当還元方式による評価方法とは?非上場株式の計算例、事業承継・相続時の活用も紹介

配当還元方式は、非上場企業の株式の場合に、配当のみに着目して株式価値を算定する手法です。少数株主の株式価値算定に適しているとされていますが、配当還元方式の概要とともに、具体的な計算方法や事業承継・相続時の活用方法などを解説します。

目次
  1. 配当還元方式とは
  2. 配当還元方式の計算方法
  3. 配当還元方式による評価は特例的な位置付け
  4. 配当還元方式を承継対策・相続で活用するポイント
  5. 配当還元方式をM&Aで使用するなら仲介会社に相談
  6. 配当還元方式のまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

配当還元方式とは

配当還元方式とは

M&Aの交渉における最大のテーマは売買価額です。その際、売り手・買い手双方の希望額だけでは話がまとまりませんので、客観的基準をもって売り手企業の評価を行い、話し合いの基準となる価額を算定することになります。

この企業価値評価とは、言い換えれば売り手企業の株式価値の評価となりますが、非上場中小企業のM&Aで用いられる企業価値評価手法の1つが、配当還元方式です。配当還元方式では、過去の配当額から将来の配当額を予想し、そこから該当企業の株式価値を求めます。

具体的には、過去2年間の配当金額を利率10%で還元し、元本である株式の価額を算出します。別な表現で言えば、現段階で配当を行ったら、その金額がいくらであるかを計算することによって、現在の株式価値を見いだすものです。

配当還元方式は、その性質から、特に少数株主の株式価値を算出するのに有効とされています。本来、企業価値評価は、会社の資産全てを合わせて評価すべきところですが、配当還元方式は配当のみに着目するという、やや特殊な手法である点に注意が必要です。

【関連】企業価値評価とは?評価方法を知って企業価値を高めよう

配当還元方式の計算方法

配当還元方式の計算方法

配当還元方式の計算方法について、具体的に見ていきましょう。まず、計算の前提となる過去2年間分の1株あたりの平均配当金額を算出する必要があります。その計算式は以下のとおりです。

  • 年配当金額=直前期末以前2年間の配当金額÷2÷1株当たりの資本金額を50円とした場合の発行済株式数

上記の年配当金額を当てはめ、以下の計算式によって配当還元価額が算出できます。

  • 配当還元価額=(年配当金額÷10%)×(1株あたりの資本金額÷50円)

ただし、この計算式の場合、配当がない会社は配当還元価額がゼロを割ってしまいます。そこで配当還元方式では、年配当金額が2.5円未満となる場合、2.5円という下限価額で計算することになっていることを覚えておいてください。

非上場株式の計算例

前項の計算式の具体例を以下に示します。まず、前提条件は以下のとおりです。

資本金額 1,000万円
発行済株式数 1,000株
1株あたりの資本金 1万円
前期配当金総額 100万円
前々期配当金総額 100万円

はじめに年配当金額を算出します。

  • (100万円+100万円)÷2÷(1,000万円÷50円)=5円

上記を用いて配当還元価額を算出します。
  • (5円÷10%)×(1万円÷50円)=1万円

この会社の場合、配当還元方式で算出した1株の評価額は1万円になります。

計算時の注意点

配当還元方式は、配当のみに着目した企業価値評価手法であるため、その特徴を理解して取り扱う必要があります。特に、特別配当・記念配当・中間配当といった、配当の種類ごとの取り扱いには注意しなければなりません。

具体的な配当還元方式での算定の注意点としては、以下の3点があります。

  • 特別配当や記念配当は除く
  • 中間配当の扱いに注意
  • 評価企業の事業年度の注意

特別配当・記念配当の除外

特別配当とは業績が好調だった場合、一時的に支払うボーナスのような配当であり、記念配当とは「創立〇周年」「上場〇周年」などの記念時に支払われる配当です。

これらの配当は一時的なものなので、配当還元方式で計算するときの配当額には含めません。配当還元方式では、定期的に支払われる普通配当だけを基に価値評価を行います。

中間配当の取り扱い

中間配当とは、決算期以外に支払われる配当のことです。たとえば、決算が3月の会社が9月の半期時に中間配当を支払うといったケースがあります。一時的な配当である特別配当や記念配当と違って、中間配当は定期的に支払われる配当です。

したがって、配当還元方式で計算する際には、中間配当も考慮する必要があります。配当還元方式における中間配当の取り扱いは、決算期に支払われる普通配当と単純に足し合わせ、合計額を年間の配当額とするのです。

評価企業の事業年度の確認

国税庁の配当還元方式では、相続や贈与が発生した期日の事業年度、その前年度期末から過去2年間に支払われた配当の年間平均額を配当金額として採用します。相続や贈与が発生した期日から過去2年間ではないので、注意が必要です。

また、設立したばかりで前の事業年度が存在しない場合は、配当還元方式を使えません。その場合は、純資産価額方式や類似業種比準方式など、ほかの手法を用いることになります。

【関連】企業価値の計算方法

配当還元方式による評価は特例的な位置付け

配当還元方式による評価は特例的な位置付け

本来、株式価値を評価する場合、その会社の全ての資産に着目して評価を算定するところです。その点、配当還元方式では株式の配当金にのみ着目している点で、特例的評価方法と位置付けられています。

一方、それに対して原則的評価方法と位置付けされているものもあり、具体的には、以下の2つです。

  1. 純資産価額方式
  2. 類似業種比準方式
それぞれの概要を説明します。

純資産価額方式とは

純資産価額方式とは、貸借対照表に記載されている純資産額に着目した評価方法です。具体的には、純資産額を発行株式数で割り、1株あたりの価値を計算します。

類似業種比準方式とは

類似業種比準方式とは、評価対象企業と類似する上場企業を探し、その上場企業の平均株価、年間利益額、1株あたりの配当金、純資産価額などを参考にして、評価対象企業の価値を算定するものです。

配当還元方式を用いるべき場面

配当還元方式は、主に同族会社または同族株主のいる会社において、同族株主ではない株主の株式価値を評価する場合に用いられます。同族会社・同族株主とは、少数の株主が大きな議決権を持っている会社やその株主のことです(細かい定義は法人税法で規定)。

また、同族株主でない株主は少数株主であることが多いですが、実際に配当還元方式を用いる際は、その株主が法人税法で規定する同族株主にあたらないかを確認する必要があります。

少数株主に配当還元方式を用いることが多いのは、相続税や贈与税を計算するときです。配当還元方式では会社が持つ資産や価値のうち配当しか考慮しないため、ほかの手法で計算したときよりも評価額が安くなり、相続税や贈与税の額を抑えられます

少数株主が配当還元方式を用いる理由

少数株主でない株主の場合、株式価値の評価には純資産価額方式や類似業種比準方式など、配当還元方式ではない方法が用いられます。では、なぜ少数株主かどうかによって、株式の評価方法を変えるのでしょうか。

株式を保有する主な意味は、議決権を得られることと配当を得られることです。しかし、同族会社は同族株主の意見がほぼ通ってしまうため、少数株主が議決権を持つメリットはほとんどありません。

つまり、少数株主が株式を保有するメリットは事実上、配当が得られることだけです。この場合、純資産価額方式や類似業種比準方式で株式価値を評価すると、配当しかメリットがない少数株主にとっては、株価は高過ぎることになります。

したがって、配当だけに着目した配当還元方式を用いることで、少数株主にとって適切な株価を算出でいるのです。

【関連】株式価値とは

配当還元方式を承継対策・相続で活用するポイント

配当還元方式を承継対策・相続で活用するポイント

少数株主向けの株式評価方法とされる配当還元方式ですが、経営者など大株主が事業承継や相続に向けて活用する方法もあります。それは、従業員持株会や役員持株会を組織・運営する方法です。

従業員持株会を組織するメリット

従業員持株会を組織することは、大株主である経営者が所有している株式の一部を持株会に譲渡することになります。つまり、経営者としては財産が減ることになり、相続者が相続税を抑えられるのです。

また、従業員持株会がある企業は、客観的に見て福利厚生上の評価も高まります。一方、従業員にとっても、持株会があれば、そこに加盟することで財産形成が可能となりメリットです。

さらに、従業員としては、株式を所有することで、それまでとは意識が変わり、会社の業績向上に意欲的になることもあり得る点が、二次的なメリットといえます。

従業員持株会を組織するデメリット

従業員が株式を所有したまま退職した場合、自社株式の外部流出です。したがって、それだけは避けるために、退職時は必ず売り渡す規定を設けておきましょう。退職者が一時期に集中したりすると、買い戻し費用が多額になる点も留意してください。

また、持株会を組織する以前から自社株式を所有している従業員がいた場合に、その従業員が持株会に加盟しないとなった場合、全体的な株の管理がしづらい点もデメリットです。

さらに、持株会に譲渡する株式数も考慮しておきましょう。持株会の所有する株式数によって、経営者の実権がおびやかされてはいけません。

役員持株会を組織する選択肢

事業承継を親族ではない役員を後継者に行おうとする場合、役員持株会を組織して後継者に株式を譲渡する方法が有効です。役員持株会経由での譲渡であれば配当還元方式で株式の算定ができるため、税負担を抑えた株式の譲り渡しができます。

【関連】株価算定方法を解説します

配当還元方式をM&Aで使用するなら仲介会社に相談

配当還元方式をM&Aで使用するなら仲介会社に相談

M&Aでは配当還元方式をはじめとするさまざまな企業価値評価を行うことになるため、M&A仲介会社などの専門家のサポートを得るのがおすすめです。

全国の中小企業の数多くのM&Aに携わっているM&A総合研究所では、豊富なM&Aの実績と知識があるアドバイザーが案件ごとに専任となり、相談時からクロージングまでM&Aを徹底サポートいたします。

また、通常は10カ月~1年以上かかるとされるM&Aを、最短3カ月でスピード成約する機動力もM&A総合研究所の強みです。料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」となっています(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。

随時、無料相談をお受けしておりますので、M&A・事業承継をご検討の際は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

配当還元方式のまとめ

配当還元法のまとめ

配当還元方式は、非上場企業の株式の場合に、配当のみに着目して株式価値を算定する手法です。特に、少数株主の相続・贈与など限定された場面で使われます。配当還元方式は事業承継の際にも活用できるので、その特性を知っておくと便利です。

また、実際に配当還元方式を用いた対策を実施したい場合には、M&A仲介会社など専門家に相談することをおすすめします。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」(譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!(譲渡企業様のみ)
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きを見せています。本記事では、2021年の宅配・フードデリバリー業界のM&...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料が高いことが問題視されています。本記事では、M&A仲介会社の手数料はなぜ高いのか、手数料相場や手数料が高いか安いか判断するた...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

M&Aで締結する契約の1つにTSAというものがありますが、知らない方やよく分からない方も多いのではないでしょうか。本記事では、TSAの意味や活用される場面、TSAと関連の深い契約である最...

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aで会社を買収する際は、買い手にどのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しておくことが大切です。本記事では、M&Aの買い手のメリット・デメリットを詳しく解説するとともに...

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

近年は事業承継を目的とするM&Aが盛んになっていますが、売り手側のメリットはそれ以外にもさまざまなものがあります。本記事では、M&Aにおける売り手側のメリットとデメリット、M&a...

ビズリーチサクシードとは?M&Aや事業承継における強みや手数料を解説!

ビズリーチサクシードとは?M&Aや事業承継における強みや手数料を解説!

ビズリーチが提供しているM&A・事業承継プラットフォーム「ビズリーチサクシード」は、他のM&Aマッチングサイトと比べてどのような強みや特徴があるのでしょうか。本記事では、ビズリー...

【2021】リサイクル業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

【2021】リサイクル業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

リサイクル業界は、2020年のM&A件数が前年や一昨年に比べて増えており、今後もM&Aが活発になっていくと考えられます。本記事では、リサイクル業界の特徴やM&A動向などの...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)