2020年2月2日公開会社・事業を売る

FacebookのM&Aとは?Instagram買収事例やM&A戦略を解説

Facebookが早い段階でInstagramを買収していた事実は、やはり将来的な競合他社の排除という側面が強いと言えます。この記事では、FacebookによるInstagram買収事例やM&A戦略について解説します。

目次
  1. Facebookとは?
  2. Instagramとは?
  3. FacebookによるM&A/買収事例
  4. FacebookのInstagramの買収の背景
  5. FacebookのM&A戦略
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Facebookとは?

SNSの利用が一般的になった現在、FacebookとInstagramについて、ほとんどの方が知っているでしょう。特に、Instagramは、数多くの有名人や著名人が利用していることもあり、幅広い年齢層に支持されているSNSです。

個人が利用する場合はもちろん、企業がInstagramに公式アカウントを開設するケースも増えています。このInstagramを2012年に買収した会社がFacebookです。(サービスとしてのFacebook、Instagramそれぞれの運営会社の企業名も、「Facebook」「Instagram」)

Facebookも、多くの個人や企業に利用されているSNSですが、FacebookによるInstagramの買収は当時大きな話題となりました。また、Instagramに限らず、Facebookはこれまで多くの企業を買収したことでも知られています。

以下、このようなFacebookのM&A・買収事例、Instagramを買収した背景、FacebookのM&A戦略などをご紹介します。まずは、Facebookの特徴や歩みから整理しておきましょう。

※関連記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

①Facebookの事業の特徴

Facebookは、2004年に創設されて以来、Facebookの運営を中心に様々な実績を残しています。Facebookの主な収益源は、広告収入であり、このビジネスモデルは比較的シンプルです。

簡単に言うと、Facebookが広告枠を提供して企業が広告を掲載し、その掲載料をFacebookが得るという仕組みです。Facebookを利用するユーザーが、Facebook上で広告を見て、その回数に応じて掲載料がFacebookに支払われるという流れになります。

Facebookの収入源のほとんどが広告関連と言われるほど、Facebookはこうしたビジネスモデルに力を入れていることがわかります。また、SNSとしてのFacebookは、無料で利用できるため、ユーザーも利用しやすくなります。

さらに、Facebookはメッセンジャーなどの充実した機能を着実に増やし、ユーザーの拡大につなげてきました。そして、ユーザーが拡大すればするほど、広告収入にもつながるというモデルになっています。

②Facebookの主な歩み

次に、Facebookのこれまでの主な歩みについても整理しておきましょう。2004年、当時ハーバード大学の学生だったマーク・ザッカーバーグ氏が創設した「The Facebook」というサービスが、Facebookの始まりとなります。

サービスを開始してから2週間でハーバード大学の学生の約7割が利用したとされ、その人気は急速に広まることとなりました。また、ハーバード大学だけでなく、コロンビア大学、イェール大学、スタンフォード大学などの学生から、同じようなサービスを使いたいとの要望があり、他校にも広まることとなりました。

ただ、当初は、学生の交流を進めるためのサービスとして、大学生限定で使用されており、大学のメールアドレスで登録するという形式になっていました。その後、2006年初頭には高校生も参加できるようになり、さらに同年9月には一般にも開放され、誰でも利用できるサービスとなり、現在に至ります。

Instagramとは?

Instagramはケビン・シストロム氏とマイク・クリーガー氏によって創設され、2010年10月のリリース以来、ユーザーを順調に拡大しています。SNSとしてのInstagramは、フィルターで写真を加工して投稿するという機能に大きな特徴があります。

そのフィルターも、レトロな雰囲気のもの、ビンテージ風のもの、シャープな雰囲気のものまで多岐に渡り、様々な雰囲気を持つお洒落な写真として投稿できる点が大きな魅力です。

特に、Instagramが流行りだした頃は、写真を加工してアップするという方法があまり一般的ではなく、Instagramはかなり画期的なサービスであったと言えます。

近年は、他のSNSでも写真の加工がある程度一般的になっていますが、Instagramは24時間で投稿が消えるストーリー機能や、ライブ配信機能なども充実させており、現在も高い人気を誇っています。

最近、若者の間でFacebook離れがしばしば話題となる中、Instagramは引き続き根強い人気を維持していることも特徴です。これは、アーティストなどの有名人の多くがInstagramを積極的に活用していることや、Facebookよりも比較的気軽に投稿できるといった要因もあるでしょう。

個人が気軽に写真付きで情報を発信できるという点は、視覚的にあらゆる情報を共有しやすいため、様々な年齢層の支持を集めやすかったと言えます。一方で、こうしたInstagramを傘下としたのが、他ならぬFacebookでもあります。

今では、Twitterと合わせて3大SNSとも言われるFacebookとInstagramですが、FacebookがInstagramを2012年の段階ですでに傘下としていたことは、企業のM&A戦略として非常に考えさせられる事例でもあります。

このような事例の流れや背景について、詳しくは後述します。

※関連記事

M&A戦略の目的とは?M&A戦略の事例や策定方法、注意点をご紹介

FacebookによるM&A/買収事例

①Facebookの買収の歴史

Facebookは、2012年5月に株式を公開していますが、株式公開までにInstagramを含めて20社以上を買収しています。株式公開後にも積極的な買収を進めており、現在では買収した企業は60社を超えています。

この企業数を見ると、Facebookがいかに買収を重視した戦略を取っているかがわかります。また、Facebookが行ってきた買収は、サービスとしてのFacebookの機能追加・強化につながっています。

例えば、2016年3月、動画用のフィルターアプリ「MSQRD」を手がけるMasquerade TechnologiesをFacebookが買収したことが発表されましたが、これはFacebookが動画サービスの拡大を目指していた中で行われています。

当時、動画サービスとしてはSnapchatが大きな話題となっていましたが、FacebookによるMasquerade Technologiesの買収は、Snapchatに対抗するために行われたという見方も強いです。

このように考えると、Facebookが行う買収は、他のSNSを手がける企業の動向も大きく意識したものと言えるでしょう。

近年、ますます発展するSNSにおいて、競合会社がお互いにサービス内容の強化を図ることは自然な流れですが、Facebookはその流れの中で積極的にM&Aを活用し、SNSとしてのFacebookの機能追加・強化を図っていることに特徴があります。

②Facebookの代表的な買収事例

Instagramの買収

Facebookは2012年4月、Instagramを約10億ドルで買収することを発表しました。同年9月、Facebookによる買収手続きが完了したことが発表されています。

当時は社員13人の少数精鋭であったInstagramを約10億ドルという巨額の金額で買収したこと、Facebookの買収の中でも史上最大規模の買収となったこともあり、当時大きな話題を集めた買収事例でもあります。

もちろん、Instagramは、Facebookに買収される前から、少数精鋭ながら確かな実績を残していました。こうした実績や魅力を踏まえ、Instagramの買収に乗り出したわけですが、当時のInstagramの会社としての規模と買収金額を考えると、買収事例として大きな衝撃であったことは否めないでしょう。

この買収では、InstagramがFacebookの傘下となったものの、Instagramは引き続き独立したサービスとして提供されることとなりました。

一方で、2018年9月、Instagramの共同創業者であるケビン・シストロムCEOと、共同創業者でエンジニアリングディレクターのマイク・クリーガー氏が、Instagramを退社することが発表されました。

2人の退社をめぐっては、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOによるInstagramの機能への介入を、ケビン・シストロムCEOとマイク・クリーガー氏が不服としていたという情報もあります。

FacebookがInstagramを買収した当時、Instagramの独立性が約束されていましたが、近年の共同創業者の退社などの動向を踏まえ、Instagramの独立性に疑問を持つ見方も増えています。

このように、近年はFacebookとInstagramをめぐって様々な憶測が再び飛び交っている状況となっています。ただ、FacebookがInstagramを買収したことにより、3大SNSの2つであるFacebookとInstagramの連携をはじめ、機能の追加・強化などの側面で確かな実績を残したことも否定できないでしょう。

2018年には、Instagram単体の評価額が約11兆円超となり、2012年の買収額の100倍と推定されたことが報じられるなど、特にInstagramは着実に実績と売り上げを積み重ねています。こうした動きが今後もFacebookの傘下として続くのか、その動向が注目されています。

WhatsAppの買収

Facebookは、2014年2月、メッセージングアプリ「WhatsApp」を展開するWhatsAppを買収することを発表しました。総額218億ドルを超える買収額となり、同年10月、WhatsAppの買収が完了しています。

WhatsAppは、テキストや写真、動画などを送受信できるアプリで、特に買収当時の急速な成長が目立っていました。Facebookによる買収後も、WhatsAppは独立したブランドとして維持されることとなりました。

この買収については、Facebookのメッセージサービス「Facebook Messenger」と役割が重複することがしばしば話題となっていました。

ただ、WhatsAppの月間ユーザー規模の方が大きかったこともあり、Facebookとしてはメッセージングプラットフォーム事業の強化として買収に乗り出したとも言えるでしょう。

一方で、WhatsApp共同創業者のブライアン・アクトン氏が、最終的にFacebookを去ったことも大きな話題となりました。

これは、「広告なし」がモットーの一つでもあったWhatsAppの収益化をめぐり、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOと対立したことも原因とされています。

Masquerade Technologiesの買収

先ほども少し触れましたが、Masquerade Technologiesの買収についても概要を整理しておきましょう。2016年3月、動画用のフィルターアプリ「MSQRD」を手がけるMasquerade Technologiesを、Facebookが買収したことが発表されました。

こちらの事例は、やはりSnapchatへの対抗という意味合いも強いと言えるでしょう。実はFacebookは過去にSnapchatの買収を試みたことがありましたが、最終的にSnapchat側から拒否されたという経緯があります。

Snapchatは、時間が経てば写真が消えるという機能が特徴的で、こうした機能も踏まえてFacebook側が魅力を感じたと思われます。 ただ、最終的にSnapchatは競合するSNSとなり、FacebookはMasquerade Technologiesの買収などで動画サービスの拡大を図ったとも考えられます。

FacebookのInstagramの買収の背景

Facebookが、2012年の段階ですでにInstagramを買収していたという点は、現在のInstagramの隆盛を踏まえると、非常に興味深いものがあるでしょう。

特に、当時のInstagramは社員13人の少数精鋭であったため、なぜFacebookが巨額を投じてまでInstagramの買収に踏み切ったのか、その背景に対しては様々な憶測があります。

Facebookの立場として考えると、基本的には自社のサービスの強化を図ったものと考えることができます。

同じ分野の事業を展開する会社同士のM&Aにより、それぞれのノウハウを活かして事業の強化・拡大につなげることは、もちろんFacebookに限った話ではありません。

一方で、Instagramが将来的にFacebookの大きな競合相手となる可能性も、当然Facebook側は考えていたと思われます。そのため、早い段階でInstagramを傘下にしておくことで、競合他社となる可能性を排除しておきたかったという思惑もあったと考えられます。

事実、現在のInstagramの普及を見ると、InstagramのSNSとしての魅力は非常に大きなものであることがわかります。 若者の間では、FacebookではなくInstagramを積極的に利用しているという傾向も見られるくらいです。

こうした状況を踏まえると、Facebookが2012年の段階ですでにInstagramを買収していたことは、将来的な競合他社の排除という意味で非常に大きな意義があったと言えます。

FacebookのM&A戦略

先ほども少し触れましたが、Facebookが行う買収は、サービスとしてのFacebookの機能追加・強化につなげるものが多いと言えます。一方で、Instagramの買収のように、サービスの強化以外を目的にM&Aを行ったと思われる事例もあります。

将来的に競合する可能性のある企業を、早い段階で傘下にしておくという戦略も、M&A戦略として確かに効果があったわけです。また、Instagramを買収する以前は、Facebookは人材確保を主な目的としてM&Aを進める傾向も見られました。

人材の確保に焦点を置いていたため、買収した企業のサービスをそのまま維持することに積極的とは言えなかったのです。一方で、Instagramの買収は、Instagramのサービスを引き続き独立したものとして提供したことに大きな特徴があります。

それ以前の人材確保を目的としたM&Aとは明らかに異なっていたことも、Instagramの買収が大きく注目された理由の一つと言えるでしょう。このように、FacebookのM&Aは、事例によってはM&A戦略が大きく異なることも特徴的です。

人材の確保、サービスの強化、そして競合他社の動向を踏まえたM&Aなど、その都度柔軟な判断のもとでM&Aを進めているという点に、FacebookのM&A戦略の特徴が見られます。

このように、M&A戦略は事例によって様々で、柔軟な判断が必要になることも多いため、M&Aをご検討の際には、全国にパートナーがおり案件数も豊富なM&A総合研究所に、ぜひ一度ご相談ください。

M&A仲介会社であるM&A総合研究所には、豊富な知識と経験をもつアドバイザーが在籍しており、M&Aをフルサポートいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

さらに、M&A総合研究所はスピーディーなサポートを実践しており、平均3ヶ月という期間で成約を実現します。

>>【※平均3ヶ月でスピード成約】M&A仲介サービスはこちら

まとめ

FacebookとInstagramは、いずれも世界を代表するSNSであり、今では知らない方はほとんどいないと言えるでしょう。

特に、Instagramは様々な年齢層に支持されており、近年はフィルター加工以外にも充実した機能が追加されています。このように幅広い層に支持されているInstagramを2012年の段階で傘下としていたのが、Facebookとなります。

Facebookも、引き続き様々な年齢層に支持されているSNSです。確かに、近年は若者のFacebook離れが話題になることもありますが、現在でも多くの個人や企業が利用しているSNSであることに変わりはありません。

ただ、Instagramの急激な普及を見ると、Facebookが早い段階でInstagramを買収していたということは、やはり将来的な競合他社の排除という側面が強いと言えます。

こうした戦略も、M&A戦略としては効果があります。今後ますますSNSは発展していくものと思われますが、その中でFacebookとInstagramがどのように歩んでいくのか、両社の関係は今後も発展していくのか、その動向が注目されています。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)