2020年8月16日更新会社・事業を売る

LBO(レバレッジド・バイアウト)とは?仕組みやスキーム、メリット・デメリットや事例をわかりやすく解説

LBOとは「Leveraged Buyout(レバレッジド・バイアウト)」の略称であり、企業買収、M&Aの手法の一つです。LBOは資金力が少ない企業でも大きな投資リターンを得られる可能性が高い手法であり、活用すればローリスク・ハイリターンの投資を実現できます。その分リスクも少なくなく、金融機関やファンドが悪用してくるケースもあるため、実行する際には慎重に検討するようにしましょう。

目次
  1. LBO
  2. LBO(レバレッジド・バイアウト)とは?その意味を解説
  3. LBO(レバレッジド・バイアウト)の仕組みとスキーム
  4. LBO(レバレッジド・バイアウト)のメリットとデメリット
  5. LBO(レバレッジド・バイアウト)の成功事例・失敗事例
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

LBO

LBO

LBOという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

LBOとはM&Aの手法の一つであり、過去の企業買収で使用されたことが話題になってから様々な企業で使われるようになったものです。

しかしLBOは意味がよくわからないという経営者も少なくない上に、LBOは仕組みが複雑なために理解することが難しいものになっています。

LBOはM&Aの手法として有効的なものであるため、ぜひとも知っておきたいところです。

今回はLBOの意味や仕組みについてお伝えしていきます。

LBO(レバレッジド・バイアウト)とは?その意味を解説

LBO(レバレッジド・バイアウト)とは?その意味を解説

まずはLBOの意味についてお伝えしていきます。

LBOとは「Leveraged Buyout(レバレッジド・バイアウト)」の略称であり、企業買収、つまりM&Aの手法の一つです。

詳しいスキームや仕組みは後でお伝えしますが、LBOの最大の特徴は自己資産を抑えながら企業買収ができる点にあります

いうなれば投資資金を少なくしながら利益を大きくすることができるため、LBOはローリスク・ハイリターンでできるM&Aの手法だといわれています。

基本的にLBOは投資のために使用されることが多いですが、中には新しい事業の分野に進出するために使用されたケースがあります。

日本でLBOが使用されたケースとして代表的なものは2005年に起こったライブドアのニッポン放送買収や2006年のソフトバンクのボーダフォン買収といったものがあります。

前者に関しては失敗しましたが、LBOの知名度が上がったきっかけだといえるでしょう。

ちなみにLBO「Leveraged Buyout」のLeveragedとは「てこの原理」を意味しています。

また、LBOはかなり大がかりなスキームを組むものであり、そのプロセスは複雑なものです

そのため、実際に行う際には専門家の協力を得ることがおすすめです。

その際にはぜひM&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つプロがM&Aをフルサポートいたします。

相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

M&A総合研究所はM&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって短期間でマッチングを行い、人件費の削減を可能にしているため、他社よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができます。

LBO(レバレッジド・バイアウト)の仕組みとスキーム

LBO(レバレッジド・バイアウト)の仕組みとスキーム

M&A手法の中でも、自己資産を抑えながら企業の買収ができるものはそう多くありません。

この機会にぜひLBOに対する知識を深め、専門家との連携がスムーズにできるようにしましょう。

まずは、仕組みについて説明していきます。

①LBOの仕組み

LBOにおける仕組みの特徴は、「借入を行う際は、買収企業のキャッシュフローや資産を担保にする」という点です。

LBOは買収を行う企業ではなく、買収の対象となっている企業が自身の資産を担保にしたうえで金融機関から現金を借り入れ、それを元手に買収を行うことになっています。

通常、M&Aは買収する企業が銀行から借り入れを行うものですが、LBOはその逆になっているというわけです。

そのため、LBOであれば資本が少ない企業でも自分より大きな企業の買収もできるようになります。

もちろん買収対象となる企業が借入を行うため、その返済は買収対象の企業が請け負うことになります。

そんなLBOですが、一見すると非効率的な企業買収のように見えるかもしれません。

企業買収を行うなら自己資本のみで行うことがベターであるからです。

しかしLBOはあえて資金を借り入れたうえでより大きなリターンを望める企業を買収するため、借入の返済を考慮してもプラスのリターンになることが多くなっています

そのため自己資本が多くない会社からすると、LBOは有効な手段になるというわけです。

②LBOのスキーム

LBOを実行する際、そのスキームは以下のようになっています。

  1. SPCの設立
  2. 借入などの資金作り
  3. 買収の実行
  4. SPCと買収対象の企業の合併
  5. 借入の返済
一つずつ、順番に見ていきます。

SPCの設立

LBOを始める場合、買収をする企業の受け皿となるSPC(特別目的会社)を作ることから始まります。

SPCの目的は買収対象となっている企業の株式の買い取りです

買収対象となっている企業はSPCから対価として現金を受け取り、株式を売却、SPCに株主を移していくわけです。

借入などの資金作り

さらに買収のための資金作りのために借入などを行っていきます。

買収対象となっている企業のキャッシュフローや資産を調査した後、それらを担保にして銀行から資金を借り入れます。

この調査は入念に行っておくことが重要です。

そもそも金融機関は融資を行う際に、企業の返済能力を何よりも注目しています。

この段階で将来的なキャッシュフローや資産に不安があるような企業はLBOができなくなる可能性が高いため、なるべくキャッシュフローや資産に高い価値が見出せる企業を買収対象にした方がいいでしょう

他にも借入を行うだけでなく、社債を発行したり、自己資金を投入するなどして資金を作ることもあります。

この資金作りは買収対象の企業のキャッシュフローや、資産の価値が高ければ高いほど順調に進みます。

この際、なるべく借入する金額を増やし、自己資金を減らしておくことがおすすめです

自己資金が高いLBOの場合、数年後のキャッシュフローの金額自体は借入を増やした時より大きくなりますが、利益率で考えると利息分を差し引いても借入の金額を増やした方がより高い利益を得られるようになります。

買収の実行

資金が集まり次第買収を実行していきます。

LBOにおいては集めた資金を使って株式を取得していくことになりますが、この際株式の100%まで取得する必要があります。

LBOで最大のリターンを得るには、経営権を完全に掌握できるように株式の保有率を100%にしておくことが重要だからです

SPCと買収対象の企業の合併

買収対象の企業の買収を完了次第、SPCと株式対象の企業の合併を行います。

この目的は、買収対象の企業を非上場企業に変えることです

買収対象の企業を非上場企業に変える目的は他の会社がM&Aで参入してくることを防ぐためにあります。

合併が完了すれば、その後は買収した企業が自由に経営改善などを行い、リターンを獲得していきます。

また、以下の記事では経営改善の手法についても解説しているので、気になる人はぜひ目を通してみてください。

【関連】経営改善の手法とは?損益分岐点分析やKPI管理の活用

借入の返済

LBOは買収対象となった企業が借入を行うため、買収が終了次第、返済を行っていきます。

返済は、買収した後や資産を売却して得た現金を使って進めます。買収後に経営状態を改善できれば、返済は滞りなく進めることができるでしょう。

LBO(レバレッジド・バイアウト)のメリットとデメリット

LBO(レバレッジド・バイアウト)のメリットとデメリット

ここではLBOのメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

①LBOのメリット

LBOのメリットは複数あり、以下の2つが挙げられます。

  1. 投資額を抑えて大きなリターンを得られる可能性がある
  2. 節税効果が期待できる
一つずつ順番に説明していきます。

投資額を抑えて大きなリターンを得られる可能性がある

LBOの最大のメリットは投資額を抑えつつ、大きなリターンを得られる可能性があるという点です。

LBOは買収対象となる企業に借入を行ってもらうため、返済は買収対象となる企業が負うことになります。

M&Aを行う際にかかる負担を軽減できるうえ、資本が小さい企業でも大規模なM&Aが行えるようになります

加えて買収後に事業を展開する場合、経営改善などが順調に進みキャッシュフローが高まり、リターンが大きくなります。

たとえ融資の利息分の返済を考慮したうえでも借り入れをしてLBOを行った方が高いリターンが得られるケースもあります。

ローリスク・ハイリターンを求めるならLBOはうってつけだといえるでしょう。

また、M&Aの概要は以下の記事で詳細を解説しています。成功させるコツなども紹介しているので、併せてご確認ください。

【関連】M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

節税効果が期待できる

LBOは一定の節税効果が期待できる点もメリットの一つです

LBOは多くの借り入れを行ったうえで買収をする手法であるため、買収後は利息の返済を行うことになります。

この際、利息の返済は損金として算入することができるため、所得から差し引くことで節税効果が得られるようになります。

この節税効果が発生するのは借入を債務として背負うことになる買収対象となる企業です。

②LBOのデメリット

LBOのデメリットも複数あり、以下のようなものが挙げられます。

  1. 経営改善が失敗すればリターンを得られない
  2. 借入の金利が高くなる
  3. 制約・条件が発生する
順番に説明していきます。

経営改善が失敗すればリターンを得られない

投資ではなく事業を継続するためにLBOを行った場合、経営改善が失敗すればリターンを得られない点がLBOのデメリットだといえます

LBOは買収を行った後にキャッシュフローが高まり、収益性がアップすることを前提にしているM&Aの手法です。

そのため万が一経営改善が失敗するようになれば、想定していたリターンを得ることはできなくなります。

もちろんそういった事態にならないようにLBOのスキームには買収対象の企業の資産やキャッシュフローなどを調査するプロセスはありますが、経営改善は必ずしも思ったように上手くいかなくなる可能性は十分にあります。

この点を踏まえ、売り手の会社選びには注意しておく必要があります

もし条件が合う売り手を確実に見つけたいなら、M&A総合研究所のM&Aプラットフォームを活用しましょう。

M&A総合研究所のM&Aプラットフォームは独自のAIを駆使して案件を選定るため、買収ニーズを登録するだけで理想的な売り手をマッチングします。

>>買収ニーズ登録はこちら

借入の金利が高くなる

LBOのために借入を行う場合、LBOローンを使うことになりますが、このLBOローンは総じて金利が高くなっている傾向があります。

LBOローンには買収資金のためのタームローンと運転資金のためのコミットメントローンの2種類がありますが、それぞれ一般的なローンよりも金利は高めに設定されています。

LBOローンは金融機関も一部のリスクを背負うことになるため、その分金利を高く設定してくるものです。

さらにLBOローンを申請する際には弁護士の協力が必要であり、その際の報酬やローン契約書の作成の費用、融資の手数料も全て負担することになります

それもその負担は買収する企業が背負うことになる点に注意です。

さらにコミットメントローンであれば返済の過程で利息だけでなくコミットメントフィーを支払わなければなりません。

コミットメントフィーは未使用枠に対して一定の料率で発生するものであり、一定金額の融資を行うことへの約束に対して発生する費用です。

これも利息と一緒に支払っていかなければならないため、返済の負担はますます増えていきます。

LBOは良くも悪くもコストが高くなるものであり、節税効果が期待できたとしても、負担それ自体は大きいものであることを念頭に置いておく必要があります。

制約・条件が発生する

LBOを行うと金融機関から成約・条件が発生することもデメリットとして挙げられます。

さきほどお伝えしたように、LBOは金融機関も一部のリスクを背負うことになるため、有意を行う金融機関は貸し付けた企業に対して経営上必要な事項の報告を求めたり、監査が完了している決算書などの重要書類を提出させることがあります。

また金融機関によってはEBITDA目標値を設定してくることもあるため、経営の自由度が下がってしまう可能性があります

経営の自由度が下がると思ったような経営改善ができなくなり、リターンの回収に支障をきたす恐れがあります。

また経営環境の変化や競合他社との競争へのフレキシブルな対応ができなくなり、業績や収益力の低下にもつながってしまう恐れがあるので注意しておきましょう。

LBO(レバレッジド・バイアウト)の成功事例・失敗事例

LBO(レバレッジド・バイアウト)の成功事例と失敗事例

ここまではLBOの仕組みや特徴について話してきました。

これだけでもLBOの大枠はご理解いただけたかと思うのですが、情報だけではなく具体的な例があるとさらに分かりやすいです。

そこで今回は、LBOの成功事例と失敗事例を一つずつ紹介します

どちらも実際にあったLBOの事例なので、ぜひ参考にしてください。

①LBOの成功事例

LBOの成功事例としてやはり代表的なのは2006年のソフトバンクがLBOを用いて行ったボーダフォン日本法人の買収です。

ソフトバンクは1兆7,000億円という高い金額でボーダフォンの日本法人の買収を行いましたが、そのうちの1兆円はLBOで調達した資金でした。

1兆円という大金を調達した以上、ソフトバンクが背負った有利子負債は莫大な金額になっていますが、ソフトバンクは買収したボーダフォン日本法人を足掛かりに携帯電話市場へ進出

ボーダフォン日本法人が持っていた設備を活用しつつ、iPhoneの発売や斬新な料金プランの設定などで市場を席巻し、ソフトバンクの更なる成長を実現しました。

ソフトバンクのLBOはスケールこそ大きいですが、LBOの有用性を示す事例として参考になるものだといえます。

以下の記事では、M&Aの成功事例について紹介しています。成功の要因を知っておけば、自社のM&Aにも活かせますので、ぜひ目を通してみてください。

【関連】M&A成功事例とは?大手・中小企業、スタートアップやベンチャー企業のM&A成功事例を解説

②LBOの失敗事例

LBOの失敗事例として挙げられるのがダイセンホールディングスと大手ゼネコンのさとうベネックのLBOです。

ダイセンホールディングスはネクスト・キャピタル・パートナーズという会社を仲介にし、投資会社のSBIキャピタルから資金を得てLBOを実践しましたが、結果的に失敗し、さとうベネックは黒字倒産をしてしまいました。

さとうベネックにLBOで得た融資を返済できるだけの資金を持っておらず、他の金融機関からの貸し渋りが原因です。

この事例はLBOのリスクを象徴しているといっても過言ではありません。

LBOは一定以上のキャッシュフローや資産を持つ企業が買収対象でなければ成立しない手法です。しかし、金融機関が融資目的で、ファンドが転売目的で実体を正確に伝えないままLBOを勧めるケースは少なくありません。

確かにLBOは資金力が少なくても企業買収ができる手法ですが、さきほどもお伝えしたように経営改善に失敗すればリターンを得られないものでもあります。

買収対象の企業の内情はしっかり把握しておくようにしておきましょう。

まとめ

LBOは資金力が少ない企業でも大きな投資リターンを得られる可能性が高い手法であり、活用すればローリスク・ハイリターンの投資を実現できます。

しかしその分リスクも少なくなく、金融機関やファンドが悪用してくるケースもあるため、実行する際には慎重に検討するようにしましょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

内部統制・内部監査とは、会社が組織的に機能するために必要なルールや仕組みのことです。日常的な経営はもちろんのこと、M&Aの実行の際も組織としての地盤がとても重要になります。本記事では、M&A・事...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)