2020年3月18日公開会社・事業を売る

M&AではFAを利用すべき?仲介との違いや業者選びのポイントを解説!

事業や株式の譲渡・買収を支援するのがFA業者です。当記事では、M&Aを支援するFAに関して、M&Aに対するFAの役割をはじめ、M&A仲介会社との違いや、FA業者を選ぶポイント、FAかM&A仲介会社を決めるための助言など取り上げています。

目次
  1. M&AとFA
  2. FAとM&A仲介会社との違い
  3. M&AではFAを利用すべきか?
  4. M&Aを行う上でのFA業者選びのポイント
  5. M&Aの際にFAと仲介会社のどちらを選ぶべきか
  6. FAと比較したいおすすめのM&A仲介会社
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&AとFA

M&AとFA

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E7%9B%A3%E6%9F%BB-%E8%B2%A1%E5%8B%99%E3%82%A2%E3%83%89%E3%8...

M&Aをスムーズに進めるためには専門家のサポートは不可欠ともいえますが、FAはそのサポート役を担う専門家のひとつです。

この記事では、M&AにおけるFAの役割や仲介会社との違い、サポート会社を選ぶポイントなどを解説しますが、まずはM&Aの概要やFAの基本的な役割をみていきましょう。

M&Aとは

M&Aとは、事業や株式を第三者に譲渡したり、2つ以上の法人を1つするなど、買収や合併を表す言葉です。

かつて、M&Aは大手が行うものというイメージも強かったですが、現在では中小企業でも多く活用されています。

例えば、経営者の親族や従業員・役員に後継者がいない状況では、M&Aによって第三者に自社を譲渡することで事業の継続を図ることができます。

また、自社の廃業・清算を検討しているケースでも、M&Aによって売却できれば従業員の雇用を確保したり、廃業にかかるコストを削減したりすることができます。

最近では、国が中小企業の事業承継を後押しする政策を打ち出しいていることや、中小規模のM&A案件を取り扱う仲介会社などの選も可が増えていることもあり、M&Aの実施件数は増加傾向にあります。

M&Aに関するFAの役割

FAとはファイナンシャル・アドバイザーを指し、買い手企業または売り手企業のどちらかについて、M&Aの助言・交渉先の引き合わせ・各種手続きの代行などを行います。

M&Aを行う際、売り手はより高く売却したいと考え、買い手はより安く買いたいと考えるものですが、FAは依頼者の利益が最大限になるようにサポートをします。

FAによる仲介は大手企業が取り組むM&Aが多く、中小規模のM&Aでは仲介会社にサポートを依頼するケースが多く、料金は仲介会社に依頼した場合よりも割高になる傾向にあります。

【関連】M&Aの業務

FAとM&A仲介会社との違い

FAとM&A仲介会社との違い

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E4%BA%BA-%E7%89%B9%E5%88%A5%E3%81%A7%E3%81%99-%E7%95%B0%E3%...

FAとM&A仲介会社はどちらもM&Aのサポートを行いますが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。この章では、M&Aとの関わり方や業務内容の違い、料金体系の違いについてみていきましょう。

M&A仲介会社とは

M&A仲介会社は、相談・成約に至るまでの交渉や書類作成代行・成立後のPMIサポートなどを行います。

売り手・買い手どちらかの立場からサポートをするのではなく、中立的な立場から友好的なM&A成立を目指します。


M&A仲介会社は小規模な会社でも利用しやすいのが特徴であり、M&Aクロージングまでの一括支援を供給しているところが多いです。

また、社内に弁護士・会計士や税理士などの専門家が在籍していることが多いため、M&Aの各段階で必要になる専門的なサポートもスムーズに行うことが可能です。

M&Aとの関わり方・業務内容の違い

FAとM&A仲介会社では、M&Aとの関わり方・業務内容に以下のような違いがみられます。

  1. サポートの方法・立ち位置
  2. 依頼するタイミング
  3. 株主に及ぶリスクへの対応

①サポートの方法・立ち位置

M&Aの仲介業務を担うという点では、FAとM&A仲介会社のどちらも同じですが、サポートの方法・立ち位置に大きな違いがみられます。

FAはM&Aに関わる売り手側・買い手側どちらか一方のみをサポートするのに対し、M&A仲介会社は中立的な立場からサポートをしてM&Aの成立を目指します

FAは依頼者の利益を最大限にするためにサポートを行うため、事業規模の大きな会社からの依頼が多い特徴があります。

その理由には、利益相反によるリスクの回避が挙げられます。サポートを中立の立場で行うM&A仲介会社に依頼すれば、双方の意見を汲み取るためになかなか落としどころみつけられないケースもあります。

なかには、利益を得たいがために無理に取引価格を上下させるようなM&A仲介会社も存在するため、大企業ではFAに仲介を依頼する傾向が強くみられます。

しかし、一方の立場のみを尊重するFAは、依頼を受けた側の利益を追求するあまり、条件の譲歩に対して柔軟に対応できず、せっかくの機会を逃してしまうというデメリットもあります。

②依頼するタイミング

FAとM&A仲介会社には、仲介を依頼するタイミングにも違いがみられます。FAは交渉先が見つかった時点での依頼となりますが、M&A仲介会社へは交渉先を探す前に依頼するのが一般的です。

FAでも交渉先を探すサポートを担ってはいますが、多くのFAはあらかじめ交渉先が決まっている企業に対して交渉以降のサポートを行います。

一方のM&A仲介会社は、双方の立場を尊重するサポート体制をとっており、豊富な顧客データを保有している会社が多いため、交渉先を探す段階から支援するのが一般的です。

③株主に及ぶリスクへの対応

FAとM&A仲介会社では、株主に及ぶリスクへの対応にも違いがみられます。先述したように、FAへの依頼は上場企業が多くなっています。

大きな企業では大株主と経営者が異なっていることも多いため、経営者は会社・株主・社員の利益となるような交渉先を探す必要があります。

M&A仲介会社の場合は依頼者が中小企業であることが多く、経営者自身が大株主である体制が一般的であるため、大企業と比べると株主への配慮が必要となるケースはあまりありません。

FAとM&A仲介会社では、M&Aを進めるうえでの株主への配慮にも違いがあるのも、特徴のひとつといえるでしょう。

料金体系の違い

料金体系については、FAとM&A仲介会社の設定に大きな違いはなく、成約に至るまでの費用(着手金・中間金)や、アドバイザリー契約後から支払う月額費用、成約後に支払う成功報酬などが必要になります。

FAが採用している料金システムでは、成功に至るまでの費用、月額費用を徴収し、成功報酬で料率を掛ける対象を移動純資産しているケースが多くみられます。

M&A仲介会社では、着手・中間金や月額費用を徴収せず、成功報酬に料率を掛ける対象は譲渡価格としているケースも多いので、M&Aを依頼する会社によって支払う費用が上下します。

【関連】M&Aアドバイザーとは?料金体系やメリット・デメリット、M&Aアドバイザーランキングを解説

M&AではFAを利用すべきか?

M&AではFAを利用すべきか

出典:https://pixabay.com/ja/vectors/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88-%E...

受けられるサポートの観点からみれば、株主に対する配慮を必要とする(上場会社)であり交渉先がすでに決まっているのならFAへの依頼が適しているといえますが、所有と経営が一体(中小企業)であり交渉先が決まっていないならM&A仲介会社へ相談するのがよいでしょう。

また、支払う費用の観点からいえば、成功報酬の支払いが安く済むであろうM&A仲介会社のほうが、負担が少なくて済むでしょう。

しかし、これらはあくまでも全体傾向から捉えた結果であり、FA・M&A仲介会社ごとに受けられるサポート内容や料金システムは異なります。

実際に、FA業務を行っていても交渉先を紹介していたり、成約前の費用・月々に支払う費用を取っていなかったり、場合によっては成功報酬で料率を掛ける対象を譲渡価格にする会社もあります。

FAとM&A仲介会社のどちらにサポートを依頼するのかは、自社の規模やM&Aの目的によっても異なるため、相談先を決める前にサービス内容・料金システムをよく確認し自社にあったところを選ぶことが大切です。

M&Aを行う上でのFA業者選びのポイント

M&Aを行う上でのFA業者選びのポイント

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E6%8C%87-%E4%BA%BA%E5%B7%AE%E3%81%97%E6%8C%87-%E3%82%B8%E3%82%A7%E...

M&Aを行う際、サポートを依頼するFA業者を選ぶときはどのようなポイントを押さえておけばよいのでしょうか。この章では、FA業者を選ぶ5つのポイントについて解説します。

【FA業者を選ぶ5つのポイント】

  1. M&Aに関する専門的な知識を持っている
  2. 希望を聞き取り最適な相手探しを行える
  3. 自社の業種に対しての知識がある
  4. 自社と同規模のM&Aに実績を持っている
  5. 担当者との相性が良い

1.M&Aに関する専門的な知識を持っている

M&AをサポートするFA業者のなかには、銀行・証券会社などで業務を経験した人が独立していることも多いです。

仲介に必須とされる知識は持ち合わせているものの、契約内容を確かめられる法務や、会社の税・財務、個人税務、登記手続きなどの専門的な知識が十分ではないケースもあります。

M&Aのサポートを依頼するのであれば、M&Aに関する専門的知識を有しているかどうかを必ず確認するようにしましょう。士業の資格を有したスタッフが在籍しているのであれば、安心して依頼することができます

2.希望を聞き取り最適な相手探しを行える

成約前に諸費用を徴収するFAのなかには、相談者の条件をしっかり聞き取らず最適な交渉先を探さないような業者も残念ながら存在します。

依頼者にとっては、成約を果たせなくても手数料分は必要になるため、時間とお金を無駄にしてしまうといったことにもなりかねません。

M&Aを成功させるためには、希望条件や事情を丁寧に聞き取ってくれたうえで交渉先を探してくれるFAが理想といえるでしょう。

3.自社の業種に対しての知識がある

FAにも得意・専門業種があるため、自社の業種に対して詳しくないようなところを選んでしまうと、交渉相手を探すだけで多くの時間がかかる可能性もあります。

相談先に選ぶのは、同業との交渉を求めるなら自社事業の仲介に特化したFA、関連・異業種との交渉を含めるなら全業種の仲介に対応したFAがよいでしょう。

自社が営む事業に明く、過去に自社と同じ事業を営む会社との仲介を手掛けているFAなら、企業の正当な価値を見極めて適正な取引価格を提示や最適なサポートに期待できます。

4.自社と同規模のM&Aに実績を持っている

得意・専門業種があるだけではなく、FAでは事業規模にも範囲を設けています。中小・中堅規模を中心としていたり、大手・上場企業といった規模の大きな会社ばかりを取り扱っていたりと、FAごとで取り扱う事業の規模にバラつきがみられます。

取り扱う案件規模が異なるFAに依頼をしても、期待しているようなサポートが受けられなかったり、希望する結果が得られなかったりする可能性もあります。

FAの選ぶときは、自社と同じ規模の案件を扱っておりかつ仲介実績があるかどうかを事前に確認することがポイントです

5.担当者との相性が良い

FAの有する知識や実績も選定の目安になりますが、どのような担当者がつくかということもM&Aの成否を左右させます。

M&Aの成功は担当者に掛っているともいえるため、担当者がわずかな経験しか積んでいない・情報を得られるネットワークを有していないと、スムーズに交渉を進めていくのは難しくなります。

また、自社の希望や内情をしっかり伝えられるような関係が築けなければ、満足のいくM&Aを行うのは難しいため、担当者との相性もしっかりチェックしておきましょう。

担当者との相性がよくないと感じたら変更を申し出たり、最悪の場合はサポート先を変更することも視野にいれておくようにしましょう。どのようなスタッフがいるのかを見極めるために、無料相談を利用するのもおすすめです。

M&Aの際にFAと仲介会社のどちらを選ぶべきか

M&Aの際にFAと仲介会社のどちらを選ぶべきか

出典:https://pixabay.com/ja/illustrations/%E9%81%93%E6%A8%99-%E9%81%93%E8%B7%AF%E6%A8%99%E8%AD%98-%E8%...

ここまでFAとM&A仲介会社のサポート内容や特徴を紹介しましたが、実際に依頼する際はどちらがよいのでしょうか。ここでは、M&Aの際にFAと仲介会社のどちらを選ぶべきか、その判断基準を紹介します。

【M&Aの際にFAと仲介会社のどちらを選ぶべきかの判断基準】

  1. 利益を最大限に得たい場合はFAがおすすめ
  2. 総合的なサポートがほしい場合は仲介会社がおすすめ

1.利益を最大限に得たい場合はFAがおすすめ

M&A仲介会社は、どちらの意見も汲み取って中立的な立場でM&Aの成約を目指すため、一方を優遇してしまうと利益相反とみなされます。

交渉をスムーズに進めるうえでは、条件の譲歩や変更も必要になるため、必ずしも自社の希望だけが通るとは限りません。

どちらかにだけ付くFAなら一方の立場を尊重することで、利益相反による不利益を避けられるため、利益の最大化を狙うならFAが適しているといえるでしょう。

2.総合的なサポートがほしい場合は仲介会社がおすすめ

FAと比べてM&A仲介会社の方が、交渉先の引き合わせから成約の完了までのトータルなM&A支援を提供しています。

FAは交渉先が決定しM&Aの交渉を進める企業に対してサービスを提供することが多いので、まだ交渉先を探す段階にある企業やクロージングまでの総合的なサポートを受けたい場合は、M&A仲介会社に依頼するのがよいでしょう。

FAと比較したいおすすめのM&A仲介会社

FAと比較したいおすすめのM&A仲介会社

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3-%E...

FAと比べて提供するサービスに遜色がないM&A仲介会社をお探しの方は、中小・中堅規模の企業を取り扱うM&A総合研究所へご相談ください。

案件ごとに弁護士・会計士にM&Aアドバイザーを加えた3名体制で就き、相談から企業の価値を交渉先に伝えられるよう事業計画書の作成・面談における助言など、成約までのフルサポートを行っています。

30~数百社の買い手候補データを保有しており、希望条件にあった交渉先を迅速に紹介することができます。

料金システムは、着手・中間金、月額費用を徴収しない完全成功報酬型を採用しており、成功報酬の計算ベースは譲渡価格となっているので一般的なFAへ依頼するよりも手数料を抑えることができます。

売上高1億~数十億までの幅広い事業規模・業種を取り扱っており、クロージングまでは平均して3カ月、M&Aの成約率は70%を達成しています。

M&Aをご検討の際は、ぜひM&A総合研究所の無料相談をご利用ください。電話・Webでのご相談は、24時間年中無休で受け付けております。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

出典:https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3-%E...

事業や株式の売却・買収を行うM&Aに欠かせない依頼先のFAについて、M&Aとの関係性や、業務内容が類似するM&A仲介会社との違いなどを解説しました。

FAは上場企業などの大きな会社による利用が、M&A仲介会社は中小規模の会社による利用が中心となっています。

FA業者・M&A仲介会社のどちらにサポートを依頼するとしても、自社の事業規模や分野、M&Aを行う目的にあったところを選ぶことが大切です。


【FAとM&A仲介会社との違い】

  • M&A仲介会社とは
  • M&Aとの関わり方・業務内容の違い
  • 料金体系の違い

【M&Aを行う上でのFA業者選びのポイント】
  1. M&Aに関する専門的な知識を持っている
  2. 希望を聞き取り最適な相手探しを行える
  3. 自社の業種に対しての知識がある
  4. 自社と同規模のM&Aに実績を持っている
  5. 担当者との相性が良い

【M&Aの際にFAと仲介会社のどちらを選ぶべきか】
  1. 利益を最大限に得たい場合はFAがおすすめ
  2. 総合的なサポートがほしい場合は仲介会社がおすすめ

M&A・売却・買収・事業承継をご検討の際は、ぜひ中小・中堅規模の多様な業種を取り扱うM&A総合研究所へご相談ください。

M&A総合研究所では、案件ごとにアドバイザー・会計士・弁護士が就き、ご相談からクロージングまでを丁寧にサポートいたします。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)