M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年7月12日公開
この記事は、約3分で読めます。

M&Aプラスはデロイトトーマツ社のマッチングプラットフォーム!小規模案件に強い?

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

M&Aプラスは幅広い案件を扱っており、担当のFAがついてくれるうえに売り手・買い手はFAへの報酬以外で費用は発生しないため、中堅・中小企業のM&A、とりわけ事業承継M&Aを考えている経営者の方にとって非常に使いやすいM&Aマッチングサイトだといえます。

目次
  1. M&Aプラスはデロイトトーマツ社のマッチングプラットフォーム
  2. M&Aプラスとは
  3. M&Aプラスのプラットフォームの特徴
  4. M&Aプラスの利用方法
  5. M&Aプラスの運営企業
  6. まとめ

M&Aプラスはデロイトトーマツ社のマッチングプラットフォーム

M&Aマッチングサイトは手軽に売り手・買い手とマッチングできるため、M&Aを考えている多くの経営者が活用しています。そのため、M&Aマッチングサイト同士の競合が激しくなっていますが、その中でも一際存在感を放っているのがM&Aプラスです。

M&Aプラスはデロイトトーマツ社が運営するM&Aマッチングサイトですが、他のM&Aマッチングサイトとどのような点が異なっているのでしょうか?今回はM&Aプラスの特徴についてお伝えしていきます。

M&Aプラスとは

M&AプラスとはどのようなM&Aマッチングサイトでしょうか?

M&Aプラスのプラットフォームの概要

ここではM&Aプラスのプラットフォームの概要についてお伝えしていきます。M&Aプラスとは、2018年3月にサービスを開始した比較的新しいM&Aマッチングサイトです。もともとM&Aプラスは株式会社ディスコが運営する「M&A+」として運営されていましたが、2017年にディスコからの事業譲渡でデロイトトーマツ社が運営することになりました。

元々デロイトトーマツ社はM&Aのマッチングからアドバイザリー、クロージングまでを一手に手掛けるM&A事業を主力としており、この事業譲渡によって国内M&A市場の活性化を図っています。

そもそもM&A+は、後継者不在に悩む経営者に地域外から後継者を見出せるようにするためのM&Aマッチングサイトでしたが、M&Aに関して優れたノウハウを持つデロイトトーマツ社が運営する「M&Aプラス」としてリニューアルしたことにより、より手厚いサービスを提供できるM&Aマッチングサイトとなりました。リニューアルして以降、M&Aプラスは中堅・中小企業や小規模なM&A案件に特化したM&Aマッチングサイトとして認知度を高めており、多くのM&A案件の成約に貢献しています。

M&Aプラスのプラットフォームのサービス内容

M&Aプラスのサービス内容はどのようなものがあるのでしょうか?通常、M&Aマッチングサイトというと登録している売り手・買い手同士がM&Aを進めていくものですが、M&Aプラスのサービスは少し違っています。M&Aプラスは登録したユーザーに担当FA(ファイナンシャルアドバイザー)が無料でつきます。

つまり、最初からM&Aの専門家のサポートを得ながら売り手・買い手を探すことができるわけです。さらにM&Aプラスは中堅・中小企業のM&Aに特化しており、多くの小規模案件を取り扱っています。通常、小規模なM&A案件はM&A仲介会社が取り扱っていないこともあり、専門家のサポートを得られないこともあります。しかしM&Aプラスは日本全国の小規模M&A案件を取り扱っており、同規模の有力な売り手・買い手を見つけられるようになっています。

M&Aプラスのプラットフォームの特徴

M&Aプラスのプラットフォームの特徴は以下のようになっています。

FA選択

さきほどお伝えしたように、M&Aプラスでは担当FAを選択できるようになっています。このサービスの最大のメリットは「中立性」です。M&Aプラスは完全に中立な立場でM&Aの専門家であるFAを紹介しており、ユーザーは自分で担当を選べるようになっています。
さらにFAの情報はしっかり公開されているため、安心して相性の良いFAを見つけることができます。

また、M&Aプラスでは中立の立場でFAを紹介するため、利益相反の恐れがありません。一般的にM&A仲介会社は売り手・買い手の立場や業者との関係性によっては利益相反が発生し、公正なサービスを受けられないことがあります。

しかしM&AプラスはM&A仲介会社のような業者を挟まず、売り手・買い手それぞれにFAを担当させ、お互いに交渉させることで利益相反が発生しないようにしています。この点も安心して使えるポイントだといえるでしょう。

全国どこでも

M&AマッチングサイトであるM&Aプラスは、日本全国のM&A案件に対応していることも魅力です。M&Aプラスは売り手・買い手の情報はもちろん、FAが登録したM&A案件を見られるようになっています。そのため、地域外の会社とのM&Aを行いたいと考えているユーザーにとって非常にメリットがあるといえます。

高い信頼性(案件の可視化)

M&Aプラスは案件の可視化による高い信頼性も魅力です。M&Aマッチングサイトを使うユーザーの悩みの種としては、顔が見えない中マッチングを行うため、相手の実情がわからず不安になりやすい点が挙げられます。また、インターネットは匿名性が高いため、相手の内情がよくわからないままだと、M&Aを進めることは難しいでしょう。

しかし、M&AプラスはそれぞれのM&A案件を可視化することによって信頼できるもののみを集めています。詳しくは後述しますが、M&Aプラスは登録するユーザーの適性審査をしっかり行っており、その審査を通過しなければ会員になれないようになっています。

もちろんこれは会員登録するFAも同様であり、クライアントをきちんと適切にサポートする信頼できるFAのみが登録できるようになっています。そのため悪質な業者があらかじめ除かれており、信頼できる業者が担当につけるようになっています。さらにユーザーの適正を踏まえたうえでM&A案件を選別するため、ちゃんとニーズに適ったマッチングができるようになっています。

電話で無料相談WEBから無料相談

M&Aプラスの利用方法

M&Aプラスの利用方法は以下のようになっています。

会員申請

M&Aプラスを利用するうえで、まず行うのは会員申請です。M&Aプラスでは「会員申請用紙の記入」か「お問い合わせフォームの入力」のどちらかで会員申請を行います。会員申請用紙の場合、M&Aプラスのホームページから用紙をダウンロードし、記入してから事務局に直接送ります。そして会員適正審査を通過すれば、ログインアカウントが発行されます。

お問い合わせフォームの場合はホームページからフォームに入って入力し、そのまま会員適正審査を受け、通過すれば完了します。また、M&Aプラスは電話でも会員申請が可能になっています。

対象者

M&Aプラスに登録できる対象者はM&Aを考えている売り手、買い手、そしてFAが挙げられます。ただ、売り手・買い手とFAでは会員申請に必要な書類が異なるので気を付けてください。また、詳しくは後述しますが、FAは会員申請の際の会員種別の選び方によって料金が変わるので注意してください。

登録料金・利用料金

M&Aプラスの登録料金・利用料金はどうなっているのでしょうか?

売り手・買い手の場合

M&Aプラスは売り手・買い手に関しては登録料金・利用料金は一切かからないようになっています。通常のM&Aマッチングサイトでは買い手のみ料金が発生するようなケースが多かったですが、M&Aプラスは全くかかりません。ただ、売り手・買い手は自分の担当FAに対して報酬を支払う必要があります。

M&Aプラスに登録しているFAは多種多様であるため、支払う報酬は担当FAによって異なります。基本的にM&Aプラスは報酬体系に関してはそれぞれのFAに依拠しているため、担当するFA事務所によっては着手金の有無や成功報酬の設定が異なるものになっています。そのため、売り手・買い手は自分の予算にあったFAを選択しておくようにしましょう。

FAの場合

M&Aプラスに登録しているFAの場合、一括で支払う登録料金とアカウント利用料金、FA契約締結時と最終契約締結時に料金が発生するようになっています。ただ、売り手のFAか買い手のFAかによって契約締結時の料金が異なっており、売り手のFAであるなら、FA契約締結時の際に発生する料金が無料になります。

そしてFAには会員種別によって3パターンの料金体系があります。FAの会員種別は「スタンダード会員」、「プロフェッショナル会員」、「デロイトトーマツDTFAアカデミー会員」があります。登録料金に関してはスタンダード会員とプロフェッショナル会員が50万円、デロイトトーマツDTFAアカデミー会員が25万円となっています。アカウント利用料に関してはプロフェッショナル会員とデロイトトーマツDTFAアカデミー会員は月額1万円になっていますが、スタンダード会員は2つ目のアカウントまでが無料になっています。

FA契約締結時の料金に関しては会員種別に違いはありませんが、最終契約締結時の料金はスタンダード会員は売り手FAが150万円、買い手FAが200万円、他の会員は売り手FAが100万円、買い手FAが150万円となっています。

M&Aプラスの運営企業

ここではM&Aプラスの運営企業についてお伝えしていきます。

デロイトトーマツ社の企業情報

まずはM&Aプラスの運営母体であるデロイトトーマツ社についてお伝えします。デロイトトーマツ社の正式名称はデロイトトーマツ合同会社であり、監査法人やファイナンシャルアドバイザリー事務所、弁護士事務所、税理士法人などがあるデロイトトーマツグループの中核を担っています。

デロイトトーマツ社はデロイトトーマツグループ全体の経営執行やガバナンスを行っており、実際のサービスはグループに属する法人が行う形になっています。さきほどお伝えした内容をみればお分かりかとおもいますが、デロイトトーマツグループは多種多様な法人が属しており、また様々な事業の企業がクライアントであるため、様々な業界に精通していることが特徴です。

また、グループを形成しているだけあって規模も大きく、従業員はグループ全体で12,500名に達します。もちろん税理士法人や弁護士事務所、ファイナンシャルアドバイザリー事務所があるため、税理士、弁護士、ファイナンシャルアドバイザリーなどといった専門的な知識に長けたプロフェッショナルが多く在籍していることも特徴です。また、グループに属している法人の中には海外でビジネスを行っている法人もあり、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど世界各国で活躍しています。

デロイトトーマツ社の売上

デロイトトーマツ社の売上はどれだけあるのでしょうか?グループ全体の経営執行やガバナンスを担っているデロイトトーマツ社それ自体の売上は公開されていません。しかし幅広い事業と多様なグループ法人があるデロイトトーマツグループ全体の売上は206億円を超えています。

DTFAアカデミー

さきほどFAの会員種別で出てきた「DTFAアカデミー」という単語ですが、これはデロイトトーマツグループの一員であり、主にM&Aや経営に関するセミナーを行っています。DTFAアカデミーのセミナーは「M&Aシリーズ」と「GRCシリーズ」の二つに分かれており、それぞれセミナーの内容が異なっています。

M&Aシリーズはその名の通りM&Aに関する様々な知識を学ぶことができるコースであり、M&Aの基本的な知識や実務の概要はもちろん、株価評価のポイントや日本のみならず世界のM&Aに関する最新情報、PMI(アフターM&A)に関する詳しいノウハウを教わることができます。

昨今は中小企業も積極的にM&Aを学ぶべき経営環境になっていることを踏まえると、このM&Aシリーズのセミナーは受講する価値があるといえるでしょう。また、M&Aの知識が必要なFAにとってもM&Aシリーズは傾聴に値するセミナーであり、基礎的な知識から専門的な知識まで、多くの知識を得ることができます。

これに対してGRCシリーズでは経営やガバナンスに関する様々な事柄を学ぶことができるコースです。GRCシリーズではリスクに対して適切に対処できるようにするクライシスマネジメントに関するセミナーやグローバル化する社会の中でいかにグローバルな企業・人材を育てるかを教わることができるセミナーがあり、今後の経営戦略に悩んでいる経営者には非常に有益なものになっています。

ちなみにM&Aシリーズ、GRCシリーズはそれぞれのシリーズの中で設定されたコースを一通り受ける形になっています。受講料金はそれぞれのシリーズで同じであり、1コースにつき198,000円の受講料がかかります。しかし、2コース以上受けると、受講するコースの数によって割引が発生します。

DTFAアカデミーではM&AシリーズとGRCシリーズと合わせて7コースのセミナーがありますが、もし全てのセミナーを受けるなら約70万円ほど受講料が割引されます。もしスケジュールに余裕がある場合は、一気に様々な知識を学びたいという人には複数のコースを受講した方が料金的にもお得になるでしょう。

まとめ

M&Aプラスは幅広い案件を扱っており、担当のFAがついてくれるうえに売り手・買い手はFAへの報酬以外で費用は発生しないため、中堅・中小企業のM&A、とりわけ事業承継M&Aを考えている経営者の方にとって非常に使いやすいM&Aマッチングサイトだといえます。自分一人だけでM&Aを進めることが不安な経営者の方はぜひ活用してみてください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)