M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
M&A案件の探し方を解説!中小企業や個人事業主向けの小額案件の探し方と注意点

M&A案件の探し方を解説!中小企業や個人事業主向けの小額案件の探し方と注意点

目次

    M&A案件

    M&Aを検討しているが、M&A案件の探し方がわからないという経営者は少なくありません。

    実際会社買収や会社売却をしたいと思っていてもM&A案件がなければ、あるいは案件化できなければM&Aは進めることができません。

    M&A案件の情報の探し方はM&Aを円滑にスタートするうえで重要なものだといえるでしょう。

    今回は中小企業、ベンチャー企業、個人事業主など様々なM&A案件の探し方についてお伝えしていきます。

    中小企業のM&A案件の探し方

    まずは中小企業のM&A案件の探し方についてお伝えします。

    日本において業界を問わず中小企業の数はかなり多く、M&Aが経営戦略として一般化した今、M&A案件の数は常に一定数あるといえます。

    実際に中小企業のM&Aを探す場合、いくつかの方法が挙げられます。

    ①知り合いや取引先を通じて探す

    地道な方法ですが、知り合いや取引先を通じて探す方法は決して馬鹿にはできません。

    身近な所で生まれたM&A案件を見落としてしまったというケースは少なくありませんし、何よりコストがほとんどかかりません。

    M&A案件を探しているからといってすぐにM&A仲介会社に依頼するのではなく、まずは身近のネットワークを生かしてM&A案件を探してみるのがおすすめです。

    ②M&A仲介サイトを使う

    M&A仲介会社が探してくるより、自分で探して見つけたいという方におすすめなのがM&A仲介サイトです。

    最近では登録が無料でできるうえに仲介料もかからないM&A仲介サイトがあり、買い手・売り手に関わらず条件に見合った会社を見つけられる可能性が高くなっています。

    もちろん理想的な条件を持つ会社がM&A案件を出しているかは運次第ですが、コストもかからないうえに条件を確認しやすいので、実際に交渉を行う際にスムーズに進められるようになるでしょう。

    その典型例がM&A総合研究所です。

    M&A総合研究所のサイトは1日1万人のユーザーが来訪する規模であり、豊富な情報が揃っています。

    さらにM&A総合研究所は買い手となる会社にとって嬉しいシステムを活用しており、マッチングでは独自のAIを活用することにより、買収ニーズを登録しておけば自動的に条件が合う案件をマッチングしてくれるようになっています。

    そのためM&A案件を探す際にはおすすめです。
    >>買収ニーズ登録はこちら

    ③M&A仲介会社などに依頼する

    M&A案件を探す際にある意味一番オーソドックスなやり方だといえるのがM&A仲介会社などにM&A案件の仲介を依頼するという探し方です。

    M&A仲介会社や経営コンサルティング会社、税理士事務所などといった会社は独自のネットワークを持っており、あまり表に上がっていないM&A案件の情報も把握している可能性が高いうえに、交渉などで経験豊富なアドバイザーのサポートを受けられるため、M&Aが成功する可能性が高くなることが魅力です。

    しかしこういったM&A仲介サービスの質はピンからキリまであるので注意しておきましょう。

    あくまで稀なケースですが、悪質な会社だと成功確率が低いM&A案件を持ち込んで来たり、M&Aが成功してもあまりシナジー効果が期待できないM&A案件を紹介するケースもあるため注意は必要です。

    また報酬に関しても会社や事務所によって手数料や着手金の有無が異なった檻、完全成功報酬かそうでないかで支払われるタイミングや金額が異なるなど様々なタイプがあります。

    これも相手の実績や自分の会社の予算を参照したうえで選ぶようにしておきましょう。

    ④金融機関や投資ファンドの紹介

    これは受動的な方法になりますが、銀行などの金融機関や投資ファンドがM&Aを提案し、M&A案件を持ってくるケースがあります。

    ある意味探す手間が省けるうえに、M&Aの意識があればまさに渡りに船だといえるでしょう。

    しかし銀行や投資ファンドがその会社の利益より自分達の都合でM&Aを行うためにM&A案件を持ってくるケースがあるので注意しておきましょう。

    有名なケースだと銀行が債務超過の会社を整理するためにM&Aを持ちかけ、その会社の都合や利益を考えずにM&Aを実行させようとするものがあります。

    もちろん基本的に金融機関や投資ファンドがそのようなことをしているわけではありませんが、M&Aを提案された際には持ち込まれたM&A案件にちゃんと利益があるのかを吟味しておくようにしましょう。

    ベンチャー・スタートアップ企業のM&A案件の探し方

    ここではベンチャー・スタートアップ企業のM&A案件の探し方についてお伝えします。

    ベンチャー企業やスタートアップ企業は中小企業と異なり、将来の成長性が期待できる分、経営が不安定なこともあって単体で経営を続けていくことは難しいものです。

    近年はベンチャー企業やスタートアップ企業が早い段階で財務基盤を強化するためにM&Aを実行するケースが増えています。

    ベンチャー企業やスタートアップ企業は将来的な成長が期待できるためのれんが高くなる傾向があり、大企業でもM&Aを躊躇することは少なくありません。

    そのためベンチャー企業やスタートアップ企業は自身の将来性やポテンシャルを活かしてくれるうえに、豊富な資金力でバックアップしてくれる理想的な買い手を探す必要があります。

    ベンチャー企業やスタートアップ企業がM&A案件を探す際には中小企業と同じような探し方を使っても問題ありませんが、起業したてだとネットワークがまだ狭く、資金力の低いため時間をかけて手広く探すことは難しいでしょう。

    しかしベンチャー企業やスタートアップ企業であればベンチャーキャピタルやベンチャー専門の経営コンサルティング会社などといった規模の小さい会社に特化した専門家の協力を得ることができます。

    ベンチャーキャピタルのような会社なら資金をバックアップしてくれますし、広範なネットワークを持っているためM&A案件も見つけやすくなります。

    加えてM&Aを含め様々な場面でのサポートもしてくれるため、非常に頼りになるでしょう。

    また最近ではベンチャー企業同士のM&Aも少なくありません。

    大企業とのM&Aと違って財務基盤の強化という効果はやや弱まりますが、すぐれた技術や新しいアイディア同士をかけ合わせることで新たな事業開発が実現できることがあります。

    より事業の発展を目指すうえでベンチャー企業やスタートアップ企業同士のM&Aも一つの選択肢となるでしょう。

    個人事業主・サラリーマン向きの小規模・スモールM&A案件の探し方

    ここでは個人事業縫い・サラリーマン向きの小規模・スモールM&案件の探し方についてお伝えします。

    スモールM&Aとは小規模な会社や個人事業主の間で行われるM&Aであり、アフィリエイトサイト売買なども該当することがあります。

    スモールM&Aは事業承継や投資などを目的として行われることが多く、M&A案件も増えています。

    しかしスモールM&Aを行うためのM&A案件探しは決して楽ではありません。

    スモールM&Aはそもそも資金力や人材が限られている小規模な会社や個人事業主などが当事者であるため、M&Aを円滑に、確実に行うこと自体が難しく、中にはM&A案件になることすらできないケースもあります。

    さらにスモールM&Aは規模が小さいM&A案件であるために報酬が下がることから、M&A仲介会社や経営コンサルティング会社の中には案件として扱ってくれない、そもそもM&Aのサポートもやってくれないというケースもありません。

    こういった事情もあることからスモールM&AのM&A案件は知り合いや取引先を通じて探すという探し方が一般的でした。

    しかし最近はスモールM&Aの案件が増えてきていることや事業承継のニーズが高まっていることからスモールM&AのM&A案件を取り扱っているM&A仲介会社や経営コンサルティング会社などが増えています。

    またスモールM&A向けのマッチングサイトもあり、かつてより理想的M&A案件を見つけられる可能性は大幅に上がっているといえるでしょう。

    他にも事業承継を目的としたM&Aを行いたいのであれば、事業引継ぎ支援センターのような公的な機関を使うという探し方もあります。

    この機関は中小企業や個人事業主などの事業承継を支援するために設立されたものであり、ローコストでM&A案件を探してくれたり、案件化を行ってくれたりします。

    事業承継が目的であるため用途は限られますが、事業や従業員を守りたいのであれば非常に頼りになる機関だといえるでしょう。

    M&A案件の探し方の注意点

    ここではM&A案件の探し方の注意点についてお伝えします。

    M&A案件探しは決して簡単ではなく、M&Aを行う会社の規模が小さいほど難易度は上がるといってもいいでしょう。

    とりわけ売り手となる会社は買い手となる会社のM&A案件を探すのは難しくなっています。

    都合よく売り手となる会社の事業を求めている買い手がいる可能性は低いですし、ただ買い手になるだけでなく、売却の意図を汲んでくれるかどうかとなると交渉の結果に左右されます。

    売り手となる会社はまずM&Aを行う目的を明確化し、自分の会社の「ウリ」をちゃんと伝えていけるようにプレゼンを固めておき、買い手となる会社のイメージを徹底しておくようにしておきましょう。

    もしこの作業が難しいのであれば、M&A仲介会社の力を借りるようにしましょう。

    例えばM&A総合研究所では公認会計士がM&Aのサポートを行っており、財務やM&Aの知識や様々な会社を見てきた経験を活かしてクライアントをバックアップしてくれます。
    またM&A総合研究所は中小企業や中堅企業を専門的に扱っているため、中小企業の経営者が考えているM&Aをしっかり把握したうえで支援してくれます。
    おまけに業界最安値の水準の報酬であるため、負担が少ないのも魅力だといえるでしょう。
    電話で無料相談 WEBから無料相談

    M&Aで売却・売りやすい案件とは?

    ここではM&Aで売却・売りやすい案件についてお伝えします。

    M&Aで会社売却を行う際、何よりもまず売り手となる会社は売却する意図や目的を固めておきましょう。

    迷いがある状態だと買い手となる会社も交渉しづらくなりますし、M&Aはある程度期間を要する作業であるため、それを遂行するマインドが必要です。

    またM&A案件を探す前に自分の会社の実情を把握しておくようにしておきましょう。

    M&Aの過程でデューデリジェンスというプロセスがありますが、これはいうなれば潜在的なリスクを洗い出す作業であり、何かしらのリスクが見つかれば交渉に大きく影響します。

    当然買い手となる会社がそのリスクを忌避すればM&Aは成立しないので、事前に対応できるリスクはあらかじめ対処しておいた方がいいでしょう。

    自社の「ウリ」、つまり強みや弱みをちゃんとプレゼンできるようにしておくこともおすすめです。

    M&A案件を探すためのおすすめサイト

    ここではM&A案件を探すためのおすすめサイトをベスト3にしてご紹介します。

    ①M&A総合研究所株式会社

    M&A総合研究所株式会社は日本最大級のM&A仲介サイトであり、何よりも計刺されているM&A案件の豊富さがウリです。

    M&A案件は数にばらつきがあり、業界によっては全く見つからないことがありますが、M&A総合研究所株式会社であれば理想的なM&A案件を見つけられる可能性が高いでしょう。

    またM&A総合研究所株式会社はM&Aそれ自体のサポートも行っていますが、その際にクライアントを支えてくれるのはM&Aの経験に加え専門的な知識が豊富な会計士や税理士です。

    M&Aはデューデリジェンスを始め、専門家の知識が必要なプロセスがあり、また専門家だからこそ有効的なアドバイスができる場面も多いため、プロフェッショナルが味方になってくれるM&A総合研究所株式会社は非常に心強いといえるでしょう。

    M&A総合研究所株式会社は完全成功報酬制度を取っており、クライアントのM&A案件が成功しない限り料金が発生しません。

    万が一M&Aに失敗しても無駄な出費をしなくても済む点は魅力的だといえます。

    ②M&A市場SMART

    M&A市場SMARTは東証一部上場のM&A仲介会社であるストライクが運営しているM&A仲介サイトであり、1999年に開設された日本最初のM&A仲介サイトでもあります。

    M&A市場SMARTも様々なM&A案件を豊富に抱えており、理想的なM&A案件が見つかる可能性が高くなっています。

    またメールマガジンなどで最新のM&A情報を教えてくれるのも嬉しいポイントです。

    もちろん母体の株式会社ストライクもM&A仲介会社として優れており、M&Aが成功できるようにクライアントを徹底的にバックアップしてくれます。

    ③Batonz

    Batonzは東証一部上場のM&A仲介会社である日本M&Aセンターが運営しているM&A仲介サイトです。

    こちらは事業承継を目的としたM&A案件を専門的に扱っており、後継者不在のため次世代に会社・事業の経営を託したいと考えている方におすすめです。

    会社買収を考えている方のための情報も豊富に取り揃えています。

    さらに今後はAIを活用した契約書の自動作成サービスや売却を考えている会社向けに売却価格を算定できるサービスなどを実装していく予定であり、より使いやすいM&A仲介サイトになってくれるでしょう。

    もちろん日本M&Aセンターでは事業承継以外の目的のM&A案件を扱っており、そのサポートも行っています。

    まとめ

    理想的なM&A案件を探すことは決して簡単なことではありませんが、M&Aが一般化した昨今では様々な方法でM&A案件を探すことができるようになっています。

    この点を踏まえると、以前よりM&Aは気軽に行える経営戦略になりつつあるといえるでしょう。

    M&Aを行うに際して行っておかなければならないことがあり、これを怠るとM&Aが成功する可能性は低下してしまいます。

    M&A案件を探す前に、売却や買収に向けた準備はしっかり行っておくようにしましょう。

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    ご相談はこちら