2020年9月21日更新会社・事業を売る

M&Aの相談先の選び方とは?買い手・売り手の相談内容や注意点を解説

M&Aでは、専門的な知識が必要となります。そのため、専門家に相談しつつサポートを受けながら実施するのが一般的です。M&Aの相談先を選ぶときには、M&A経験が豊富である、相性が良い、対応が早い、親身になって対応してもらえるといった条件を基準にすると良いです。

目次
  1. M&Aに関する相談先
  2. M&Aに関する相談先の選び方
  3. M&Aについて相談する目的・メリット
  4. M&Aに関するよくある相談内容
  5. M&Aについて相談するときの注意点
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&Aに関する相談先

M&Aに関する相談先

M&Aを実行すると、ほとんどのケースで自社の経験や知識では解決できない問題が発生します。とくに法務や税務に関する問題が発生すると、経営者のみで対処するのは極めて困難であるため、専門的知識のもと心強いアドバイスを与えてくれる相談相手が必要となります。

M&Aに関する具体的な相談先は、以下のとおりです。
 

  1. 公認会計士・税理士
  2. 弁護士
  3. 金融機関
  4. ファイナンシャルプランナー
  5. 商工会議所・自治体
  6. M&A仲介会社

それぞれの相談先の特徴を順番に紹介します。

(1)公認会計士・税理士

公認会計士は財務状態について、税理士は税務に関する相談について、それぞれ対応可能です。この2つの相談先はともに国家資格でもあり、相談とあわせて依頼すれば、会社の決算に関する業務なども実施してもらえます。

またスペシャリストとして会社の経理を熟知しているため、自社のみで実施するよりも時間を短縮できるだけでなく、正確性も保証されています。会計や税務は会社の重要事項にあたるため信頼関係が重要ですが、基本的に会計士や税理士は定期的に会社を訪問してくれます。

上記の理由から、これらの相談先とは信頼関係を築きやすいですが、公認会計士や税理士が持っているネットワークや対応エリアは限定的です。したがって地域によっては依頼できる相談先が限られてしまうため、注意が必要となります。

(2)弁護士

弁護士の中には、M&A支援や仲介を積極的に行っている専門家も存在します。M&Aは複数の法律が絡む行為であり、法律の専門家である弁護士からサポートを得られると心強いです。具体的には、M&A相手とのトラブルを未然に防いでもらえたり、トラブルが起きたときに対応してもらえます。

かつての弁護士業界におけるM&Aでは、大企業の顧客が主流でした。ところが最近では、中小企業のM&A件数増加を受けて、弁護士の取り扱い案件数も徐々に増えています。しかし中小規模のM&A案件のネットワークは多くないため、M&Aの仲介を依頼するときは注意が必要です。

(3)金融機関

M&Aするときは、普段から取引している銀行や証券会社など金融機関への相談も有効です。財務面の資金繰りや資金調達方法など、M&Aではお金に関する相談ごとが尽きないものですが、資金面についての悩みは、お金のスペシャリストである金融機関への相談が最適です。

主要な金融機関は、広範囲に大きなネットワークを持っています。また会計士や税理士と同様、金融機関の担当者も、定期的に会社を訪問してくれるケースが多いため、信頼関係の面でも心配ありません。

大規模な金融機関であれば、M&Aの相談を専門に請け負う部署を構えていることもあり、M&Aの知識が豊富なスタッフに相談できます。一方で、金融機関への相談は高額な手数料と時間がかかってしまうのが難点です。

なぜなら銀行や証券会社は非常に大きな組織であり、組織を動かすには多額の手数料や時間がかかるためです。もしも小規模なM&Aをするときには、必要以上に手数料がかかってしまうおそれがあるため注意が必要です。

(4)ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、M&Aの目的が事業承継であり、引退後の収入源を確保したいと考えている場合に有効な相談先です。ファイナンシャルプランナーに相談すれば、M&A後の資産運用についてアドバイスがもらえます。

ところがM&Aの専門家ではないため、注意が必要です。あくまでもM&Aに関する予備の専門家として活用すると良いです。

(5)商工会議所・自治体

商工会議所・自治体もM&Aの相談相手として活用できます。これらの相談先は、地元企業とのネットワークを有しており、地方部でのM&Aを検討しているなら有効的な相談先です。中小企業を支援する助成金や補助金を提供する機関もあり、M&Aの資金に悩んでいるなら相談してみると良いです。

ところが商工会議所・自治体ともに、M&Aに関する専門的な機関ではありません。M&Aの相手探しや資金面でのサポートは望めるものの、手続き上のサポートは受けられない可能性が高いので注意が必要です。

(6)M&A仲介会社

M&A仲介会社では、M&Aに関する漠然とした相談だけでなく、実行からアフターフォローまで幅広い相談に応じています。専門的な知識だけでなく、業界の意向やM&Aにかかる資金の相場なども理解しているため、M&Aに特化した相談相手として最適です。

また、担当者が始めから終わりまで通してサポートしてくれるだけでなく、仲介会社が有する幅広いネットワークも利用可能である点が魅力的です。とはいえ仲介手数料がかかってしまう点には注意が必要です。M&A仲介会社では、相談・実行・成功などのタイミングで報酬を求めます。

とくに成功報酬は、M&Aによる売却金額の5%〜10%程度が目安としてかかります。たとえ規模が小さいM&Aでも、最低でも300万円程度はかかってしまうため注意が必要です。以上、M&Aに関する相談先を紹介しました。

最近では相談料が無料のM&A仲介会社が少なくありませんが、数あるM&A仲介会社の中でも最適なのは、M&A総合研究所への相談です。M&A仲介会社であるM&A総合研究所には、専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが多数在籍しております。

そしてM&Aの際には、経験豊富なアドバイザーによるフルサポートが受けられます。さらにM&A総合研究所ではスピーディーなサポートを実践しており、平均3ヶ月という短い期間での成約を実現可能です。

費用を抑えた上でM&Aを成功させたい場合には、ぜひM&A総合研究所にお任せください。相談料は無料である上に、発生する費用は国内最安値水準となっていますので、M&Aについてお困りの際はまずお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

M&Aにおける公認会計士の役割

M&Aにおける税理士の役割

M&Aにおける弁護士の役割

M&Aにおける銀行の役割

商工会議所を活用するメリット

M&Aに関する相談先の選び方

M&Aに関する相談先の選び方

M&Aの相談を受けてくれる機関や人は沢山います。相談先を決める客観的な基準は、明確にはされていませんが、以下の点を基準にして相談相手を決めると、M&Aの手続きを円滑に進行できる可能性が高いです。
 

  1. M&A経験が豊富であるか
  2. 自社との相性が良いか
  3. 迅速に対応してもらえるか
  4. 親身になって対応してもらえるか
  5. 報酬体系が明確であるか

それぞれの選び方のポイントを順番に紹介します。

(1)M&A経験が豊富であるか

相談を持ちかけるとき、相談者が期待するのはM&Aについての的確なアドバイスです。しかし相談先にM&Aについての経験が豊富に備わっていなければ、的確なアドバイスがもらえる可能性は低いです。

M&Aについての経験とは、具体的にいうと、実際にM&Aの経験がある点や、M&Aをサポートした実績がある点などです。これらの経験の有無によって、アドバイスの質が大きく異なるのです。なぜなら書籍やネットで得た知識の引用は、専門家でなくともできるためです。

したがってM&Aについて相談するときは、実体験に基づいた貴重なアドバイスをしてくれる相談先を選ぶことで、的確なアドバイスを貰える可能性が高いといえます。

(2)自社との相性が良いか

たとえM&A実績のある相談先であったり、信頼できる相談先であったとしても、自社の意向と相性が悪ければ、最適な相談先ではありません。なぜなら見当違いなアドバイスを受けてしまい、結果としてM&Aの手続きが難航してしまうおそれがあるためです。

したがってM&Aについて相談するときは、担当者と話しやすいか、会社に意向を理解してくれているかといった項目を基準にして、相性の良い相談先を見つけることが大切です。

(3)迅速に対応してもらえるか

基本的にM&Aの手続きは、短期間で実施する必要があります。決算時期などを考慮しつつ、M&Aの実行時期を逆算して計画が進められるため、M&AではM&Aの相手側企業の予定も考慮しなければなりません。

上記の理由から、相談相手には迅速な対応力が求められます。たとえ規模の小さいM&Aであっても、最低でも3ヶ月程度の時間はかかってしまいます。手続きに遅れが発生しないよう、迅速に対応してくれるM&Aの相談相手を選ぶことが大切です。

(4)親身になって対応してもらえるか

M&Aについて相談するとき、会社は不安を抱えているケースがほとんどです。そのためM&Aについて一方的なアドバイスを与えるような相手ではなく、自社に親身な対応をしてくれる相手に相談すべきです。

とりわけどんな会社とM&Aを実施すべきかなどの質問は、その会社に親身になって理解を示してくれる相談先でなければ、的確にアドバイスできません。したがって相談先を選ぶときは、自社にどれだけ親身な対応をしてくれるかをを見極める必要があります。

相談先によっては無料で相談に乗ってくれるところも少なくないので、それを利用して相談先の対応力を確認することが大切です。

(5)報酬体系が明確であるか

M&Aについて相談するときは、あらかじめ報酬体系についても知っておくべきです。相談先によっては、相談料を請求されるケースもあるためです。また相談後に実際にM&Aの仲介やサポートを依頼するとなると、着手金や成功報酬などが請求されます。

したがってM&Aについて相談する前には、あらかじめ相談先の提示する報酬体系を調べておくことが大切です。以上がM&Aの際に相談相手を選ぶ基準でした。もしも相談先を外部から選ぶときには、紹介した選び方のポイントを確認しておくことが大切です。

なお費用をかけずにM&Aについて相談したい場合は、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所には、公認会計士をはじめとする専門家が在籍しており、M&Aや財務の知識が豊富なアドバイザーによるサポートをお約束します。

そして相談料は無料であるほか完全成功報酬制なので、成約に至らないかぎり費用は発生いたしません。M&Aについてお困りの際は、お気軽にご相談ください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

M&A実績の豊富な仲介会社

M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します

M&Aの手数料を比較!種類やリテイナーフィー、レーマン方式、成果報酬について解説

M&Aについて相談する目的・メリット

M&Aについて相談する目的・メリット

M&Aについて相談する目的は、不安や疑問点を払拭するために他なりません。M&Aによほど慣れていないかぎり、M&Aを実行するときには不安や疑問点が付きものです。しかしM&Aの専門家に相談することで、疑問や不安感を解消することができます。

また疑問点や不安の払拭にくわえて、当初からM&Aのサポートを依頼する目的で相談する経営者も存在します。M&Aのサポートを依頼するに相応しいのか確認する意味合いでも、事前の相談は有効な手段です。

これによりサービスの質や担当者との相性などで後々のトラブルを回避でき、スムーズなM&A進行が目指せます。またM&Aについて相談するメリットは、相談先によって異なります。たとえば公認会計士や税理士に相談すれば、会計や税務の面から効果的なアドバイスが得られます。

つまりM&Aの実効可能性や推定価格など、M&Aの肝となる部分について把握可能です。その一方でM&A仲介会社に相談すれば、ノウハウや経験に基づいた質の高いアドバイスが得られます。相談後に一貫したサービスを受けられる点も、M&A仲介会社に相談するメリットといえます。

※関連記事

M&A大手仲介会社と中小仲介会社との違いとは?M&A大手仲介会社へ依頼する際のメリット・デメリットも解説

M&Aに関するよくある相談内容

M&Aに関するよくある相談内容

実際に知識が全くない状態からM&Aを開始すると沢山の疑問が生じますが、具体的にどんなことを相談すれば良いのか悩んでしまう経営者の方は少なくありません。そこでM&Aの実行前、実行中、実行後の3つのタイミングから、よくある相談を紹介します。

(1)M&A実行前によくある相談内容

M&A実行前によくある相談内容は、以下のとおりです。
 

  • M&A成功手順についての相談
  • M&A費用についての相談
  • M&A戦略策定についての相談
  • M&A実行可否についての相談
  • 企業価値の求め方についての相談
  • 高値でM&A取引を行う方法についての相談

それぞれの相談内容を具体的に見ていきます。

M&A成功手順についての相談

基本的にM&Aは、成功率の低い取引です。それでいて高額な費用と沢山の時間が必要となる、ハイリスクハイリターンの取引であり、少しでも成功確率を上げたいと考えるのが普通です。以上の理由から、「どのようにすればM&Aが成功するのか」という相談を持ちかける経営者が増えています。

M&A費用についての相談

買い手側からみたM&Aは、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリーへの手数料や買収費用など、多額の費用を要します。費用について知らなければ、予算の範囲内でM&Aを実行できない可能性が高いため、「どの程度の費用を要するか」を相談する経営者の方も多いです。

手数料については、あらかじめM&A仲介会社やアドバイザリーに相談することで、必要な費用を大まかに把握できます。

M&A戦略策定についての相談

買い手側企業の中には、事業規模拡大や新規事業への展開などを目的にM&Aを実施する企業は多いです。とはいえ漠然とした方向性は定まっていても、具体的な戦略を構築できていないことは少なくありません。そのためM&A前後の戦略策定を依頼する目的で、相談を持ちかけるケースも多いです。

経験豊富なM&Aアドバイザリーに相談すれば、M&Aの相手探しから、買収後の事業拡大まで幅広くサポートしてくれます。

M&A実行可否についての相談

M&Aを活用して事業承継したいものの、自社に売却する価値があるのか不安に感じる経営者の方は多く存在します。つまり「M&Aをすべきなのかどうか」という相談を持ちかけるケースが多いです。

また上記に関連して、「新規事業のためにM&Aを実施したいが、どのようにM&Aを利用すればよいか」といった相談もあります。

企業価値の求め方についての相談

売り手会社の経営者にとって、企業価値の求め方は非常に気になる部分です。なぜなら企業価値が高いほど、最終的な売却価格も高くなるからです。M&Aの価格は、売り手と買い手の交渉によって最終決定されます。

とはいえ基準がなければ判断できないため、売り手の企業価値があらかじめ算出されます。この企業価値をもとに、最終的なM&Aの価格が話し合われることとなります。このとき公認会計士や税理士などの専門家が、専門的なアプローチを用いて企業価値を算出します。

インカムアプローチやマーケットアプローチなど企業価値を算出する方法は様々ありますが、中小企業のM&Aでは、3〜5年分の営業利益に純資産を足し合わせた金額を企業価値とするケースが多いです。

高値でM&A取引を行う方法についての相談

高値でM&A取引を行う方法も、売り手からの相談内容として多いです。高値でM&A取引を実行するには、会社の収益性を高め、企業価値に磨きをかけることが必須となります。技術力やブランド力などに磨きをかけ、将来的な収益力を高めることで、買い手から評価されやすくなるのです。

M&Aでは過去の収益性だけではなく、今後の収益性もチェックされるため、将来的な事業ビジョンを明確化しておくと良いです。将来的に十分な利益が見込まれる事業内容であれば、高値でM&Aが成立する可能性が高いです。

(2)M&A実行中によくある相談内容

M&A実行中によくある相談内容は、以下のとおりです。
 

  • 各契約書についての相談
  • デューデリジェンスについての相談

それぞれの相談内容を具体的に見ていきます。

各契約書についての相談

M&Aに限らず、取引にはいくつもの契約書が必要になります。しかしM&Aについて知識が無いと、どのような書類が必要になるのか悩んでしまうケースがほとんどです。会社やM&Aの種類によっても、提出する書類は異なります。

「どの書類をどこに提出して、その提出期限はいつなのか」については、専門家でないとわからない部分であり、M&A実行中に相談する経営者の方は多いです。

デューデリジェンスについての相談

デューデリジェンスとは、M&Aの相手側企業に対して実施する事前調査です。事前に入手している情報と実際の会社の状況に相違がないかをチェックします。とりわけ書類には載っていない簿外債務などが発見される可能性もあるため、念入りに実施しなければなりません。

上記の理由から、M&Aを実施するときのデューデリジェンスは非常に重要です。とはいえ会社の調査を実施するのは、簡単ではありません。しかしM&Aの専門家に相談すれば、デューデリジェンスを効率的に実施できます。

(3)M&A実行後によくある相談内容

M&A実行後によくある相談内容は、以下のとおりです。
 

  • M&A後の従業員についての相談
  • 運営方針についての相談

それぞれの相談内容を具体的に見ていきます。

M&A後の従業員についての相談

M&Aが失敗に終わる原因のひとつに、従業員どうしの関係構築ができていないことが挙げられます。もともと別の会社で働いていた者どうしが、密な関係を構築するのは簡単ではないため、従業員同士のチームワーク作りに失敗する経営者は多いです。

上記の理由から、M&A後の従業員問題について相談する経営者が多いです。従業員のフォローも、M&Aのプロセスでは重要といえます。

運営方針についての相談

M&Aを実施した後、どのように会社を経営していくのかは難しい課題です。M&Aの実行はゴールではなくスタートであり、経営者にとって、「M&Aの後にどのように会社を運営するか」は、重要課題です。専門家に相談しながら経営戦略を立てつつ、着実に実行していくことが大切です。

※関連記事

経営者が抱える悩みの解決方法

M&Aアドバイザリーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

企業価値の評価方法

デューデリジェンスとは?目的・方法・種類

M&Aの課題とは?中小企業における人材流出・システム統合における課題

M&Aについて相談するときの注意点

M&Aについて相談するときの注意点

最後に、M&Aに関して相談する際の注意点として、以下の3つを紹介します。
 

  1. 相談相手をしっかりと見極める
  2. 相談相手は限定する
  3. 情報漏洩に注意する

それぞれの注意点を順番に詳しく紹介します。

(1)相談相手をしっかりと見極める

M&Aを相談するときは、相談相手によって得意分野が異なる点に注意が必要です。たとえば公認会計士であればバリュエーション、仲介会社であればM&Aの相手探し、金融機関であれば資金調達が得意です。相談内容を定めておき、その分野を得意とする相談先を利用することが大切です。

(2)相談相手は限定する

M&Aの相談において、様々な相手に相談しないことも注意点となります。同じ項目を相談するにしても、相談相手によって回答が異なる可能性があるためです。そのため様々な立場の相談先を利用すると、M&Aの実行可否の決断が困難になってしまいます。

相談先を見極めた後は、相談先を限定して混乱を避けることが大切です。

(3)情報漏洩に注意する

M&Aを相談するとき、自社の機密情報をうっかり話さないよう注意が必要です。うっかり機密情報を話しすと、自社の経営に悪影響がおよぶ可能性があります。なお実際にM&A業務を依頼するときは、「秘密保持契約」を締結した上で、重要な情報をM&Aアドバイザリーに開示します。

情報漏洩の防止も、M&Aに関して相談する上で重要な注意点といえるのです。

※関連記事

M&Aの注意点 (売り手編)

M&Aのデメリットとは?売り手・買い手、海外M&Aにおけるデメリットを解説

まとめ

まとめ

経営者にとって悩みは付きものです。会社には、機密情報や個人情報などが沢山あり、特定の第三者に全てを詳らか(つまびらか)にすることは慎重にならざるを得ません。

しかしながら、M&A実行にはそのようなプロセスが必要になることもあります。会社内の人間だけでM&Aを成功させるのは困難ですし、M&Aを実行する上では、各分野に信頼できる相談先があると安心です。

M&Aの成功を目指すなら、様々な視点から信頼のおける専門家に相談することが有効策といえます。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

合併比率とは?非上場、新設合併、債務超過の算定方法【事例あり】

合併比率とは?非上場、新設合併、債務超過の算定方法【事例あり】

合併比率とは、消滅会社の株主に対して、持ち株数に応じて交付される株式の比率のことです。消滅する株式の価値に応じた株式が交付されなければ不公平になるため、適切な比率を設ける必要があります。本記事で...

M&Aの着手金とは?相場や会計処理、損金算入できるかどうかを解説

M&Aの着手金とは?相場や会計処理、損金算入できるかどうかを解説

M&Aサポートを外部の専門家に委託する場合、着手金を始めとした各種手数料が発生します。成約に至らなかった場合も費用負担が大きくなるので、委託前に確認しておく必要があります。本記事では、M&Aの着...

割引現在価値とは?簿記に必要な計算方法や割引率をわかりやすく解説

割引現在価値とは?簿記に必要な計算方法や割引率をわかりやすく解説

M&Aを検討するにあたって割引現在価値は非常に重要です。ここでは割引現在価値の理解を深めるとともに、例題を含めた計算式にて解説します。また企業価値を求める方法として割引現在価値を換算しない方法も...

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡は幅広く活用されているM&A手法の一つですが、いくつかの留意点もあります。トラブルに巻き込まれることもあるため、留意点を抑えて事前に対策を立てておくことが大切です。本記事では、株式譲渡で...

M&Aでの中間金とは?相場、税務上の取り扱いを紹介

M&Aでの中間金とは?相場、税務上の取り扱いを紹介

M&A仲介会社を利用するとさまざまな手数料が発生しますが、中でも中間金は発生のタイミングや料金体系が分かりづらく、仲介会社に相談する際のネックとなることがあります。そこで本記事では、M&Aの中間...

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは、投資対象の価値やリスクを調査する活動のことを指します。M&Aにおいては、最終契約書の締結前に対象企業を調査することで不確定要素を減らすことができます。本記事では、デューデ...

M&Aで子会社化する方法とは?メリット・デメリット、子会社とグループ会社の違いを解説

M&Aで子会社化する方法とは?メリット・デメリット、子会社とグループ会社の違いを解説

M&Aが活発に行われている中で、他社を子会社化したり、逆に規模の大きな会社の子会社になることは、会社経営の選択肢のひとつになっています。本記事では、M&Aで子会社化するメリット・デメリットなどを...

商法と会社法の違い、問題点と会社法改正をわかりやすく解説

商法と会社法の違い、問題点と会社法改正をわかりやすく解説

商法・会社法とは、営利を目的とする個人・企業の活動や手続に関してルールを定めた法律です。商法・会社法はビジネスシーンでかかわる機会が多いので、事業活動を行う上で欠かすことができません。今回は、商...

MBIとは?意味やMBOとの違いを解説

MBIとは?意味やMBOとの違いを解説

株式を買い上げて経営者を送りこみ経営の立て直しによって資産価値を高めるのがMBIです。当記事はMBIの大まかな解説をはじめ、MBIの意味や、比較されるMBO・TOB・LBOとの違い、MBIに見ら...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)