2020年2月14日更新会社・事業を売る

M&A PARK(エムアンドエーパーク)とは?M&Aマッチングサイトの比較あり!

M&A PARK(エムアンドエーパーク)は世界最大級の規模を誇るM&Aマッチングサイトであり、理想的な売り手・買い手と出会える可能性があります。登録料や着手金などの料金が発生しないことから、売り手は一切費用をかけずにM&Aのマッチングを受けることができます。

目次
  1. M&A仲介の現状
  2. M&A PARK(エムアンドエーパーク)とは
  3. M&A PARK(エムアンドエーパーク)の仲介手数料
  4. M&A PARK(エムアンドエーパーク)が選ばれる理由
  5. M&A PARK(エムアンドエーパーク)の評判と比較
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&A仲介の現状

M&A仲介業は多様化しており、最近はインターネットでサイトに登録するだけで理想的な買い手・売り手を探すことができるM&Aマッチングサイトもあり、その中で有名なものがM&A PARKです。

「世界最大級のM&Aポータルサイト」と謳われているM&A PARKですが、概要や具体的なサービスはどのようなものなのでしょうか?今回は、M&A PARKの概要やサービス内容、登録手数料などを紹介し、ほかのM&Aマッチングサイトとの比較も行っていきます。

※関連記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

M&A PARK(エムアンドエーパーク)とは

M&A PARKとは、どのようなM&Aマッチングサイトでしょうか?ここでは、M&A PARKの概要やサービス内容、利用の流れを紹介していきます。

概要

M&A PARKはM&Aマッチングサイトであり、主に経営者(投資家)同士がM&Aを行う際の仲介役を担っています。M&Aマッチングサイトとは、利用者がサイトに登録して条件を検索したり、自身のページに掲載することで買い手・売り手を見つけたりできるサイトをさします。

M&A仲介といえば、M&A仲介会社に依頼して条件をヒアリングしてもらったうえで、相手を探してもらうことが主流でした。しかし、この方法は依頼したM&A仲介会社が持つネットワークに依存し、M&Aを考えている経営者が直接、相手を探すことが難しい一面があります。

かといって、仲介業者なしにM&Aの相手を探すことは決して簡単ではなく、どうしても時間と労力がかかってしまいます。

インターネットにより世界規模で経営者や投資家が集まる

最近はインターネットの普及もあり、より多くの情報を検索できるようになっているため、M&Aマッチングサイトのようなサイトが登場するようになりました。そして、M&A PARKはM&Aマッチングサイトの中でも最大規模を誇るサイトであり、世界規模でM&Aを考えている経営者や投資家が集まっています

M&A PARKの登録者には、日本国内のみならずアメリカや中国、シンガポール、ベトナムなどの世界各国の経営者・投資家がいます。日本国内のM&Aのみならず、クロスボーダーM&Aを考えている経営者にとって、M&A PARKは非常に便利なM&Aマッチングサイトだといえるでしょう。

サービス内容

M&A PARKの主なサービスは、サイトに登録した経営者や投資家にM&Aにおける売り手・買い手の情報を提供することです。登録した経営者・投資家が自分で情報を見ることができるため、自由に売り手・買い手を探すことができます。

ただ、情報が膨大であるため条件に合った経営者・投資家を探すことができなかったり、どのような方針で探すのがベストかわからなったりすることもありますが、M&A PARKでは無料で相談を請け負っているため、適切なアドバイスを受けながら探すこともできます。

また、M&A PARKはM&Aの専門家の紹介も行っており、必要があればいつでもサポートを依頼できます。

利用の流れ

M&A PARKの利用の流れを簡単にまとめると、以下のようになります

会員登録

まずはM&A PARKに会員登録します。会員登録を行うと、売り手は自社の情報を開示、買い手は売り手へのオファー機能を使えるようになります。この際、M&Aを秘密裏に進めたい経営者・投資家は、M&Aに関するすべての情報開示に懸念を抱くこともあります。

しかし、M&A PARKは匿名で限定的に情報を開示することが可能であるため、情報漏洩の心配がほとんどありません。

交渉

会員登録後、理想的な売り手・買い手を見つけられたら、今度は交渉に入ります。基本的にM&A PARKでは当事者同士が直接交渉でき、M&A PARK内のメッセージ機能を使って行います。もし双方のM&Aを行う意思が合致すれば、NDAを締結し、本格的な交渉に進んでいきます。

なお、M&Aにおいてはバリュエーション(企業価値の算定)やデューデリジェンス(対象企業の調査)などのプロセスが必要となりますが、これらのプロセスでは専門家のサポートが不可欠です。M&A PARKでは、交渉中でも専門家のサポートが必要な場合、適切な専門家も紹介してくれます。

成約、支払い

無事にM&Aが成約した後は、M&A PARKに報酬を支払うことになります。詳しい金額や料金の内訳は後述しますが、M&A PARKでは報酬を支払うのは買い手のみであり、売り手は基本的に無料で使うことができます。

ただし、M&A PARKのオプションを使用した場合や、紹介されたM&Aの専門家への報酬は別に発生しますので、売り手はどのようなサービスを受けても完全に無料となるわけではありません。

なお、M&A仲介会社に依頼をすることで、相談から交渉、成約に至るまでをサポートしてもらうことができます。

M&A総合研究所においては、費用について国内最安値水準の完全成功報酬制となっております。また、会計士や知識と経験が豊富なアドバイザーがフルサポートいたしますので、安心してM&Aを行うことができます。相談も無料なので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

M&A PARK(エムアンドエーパーク)の仲介手数料

ここでは、M&A PARKの仲介手数料について紹介していきます。

登録料

一般的に、サイトへ登録する際には一定以上の登録料が発生するイメージがありますが、M&A PARKでは登録料が一切発生しません。そのため、気軽に登録できるようになっています。また、売り手・買い手が交渉の際に用いるメッセージ機能も無料で使うことができます。

ただし、M&A PARKにはオプションがあり、そちらを利用する際には料金が発生するため注意が必要です。オプションは大きく分けて2つあり、1つ目は膨大なM&A案件の中から上位表示枠を優先的に閲覧できるようにする「ピックアップ枠の確保」があります。

2つ目は、パソコンが不得手なユーザー向けに、スタッフが登録を代行する「M&A案件の登録代行」があります。「ピックアップ枠の確保」は月額5万円、「M&A案件の登録代行」は案件一つにつき3万円がオプション料として発生します。

着手金

着手金とは、M&Aの仲介やアドバイザリーを依頼した際に発生する料金であり、いうなれば「依頼料」のようなものです。M&A PARKは基本的に登録した経営者・投資家自身がマッチングや交渉を行うため、着手金は一切発生しない設定になっています。

また、M&Aの専門家の紹介を依頼した際も、紹介料は無料になっています。そのため、専門家のサポートが欲しいときも安心して頼むことができます。ただし、専門家への依頼料や報酬は別途で発生するので注意が必要です。紹介された専門家によっては、着手金が発生することもあります。

M&A PARKへの報酬

M&A PARKの報酬は特殊であり、売り手はたとえM&Aが成約したとしても、オプションや専門家を依頼しなければ一切の費用が発生しません。代わりに、買い手が譲渡価格の3%を支払うことになっています。ただ、M&A PARKへの報酬は一般的なM&A仲介会社と比べるとリーズナブルであり、安心して利用できます。

※関連記事

M&Aにおける仲介手数料とは?相場やランキング、仲介手数料の種類を解説

M&Aの手数料を比較!種類やリテイナーフィー、レーマン方式、成果報酬について解説

M&A PARK(エムアンドエーパーク)が選ばれる理由

非常に人気が高いM&AマッチングサイトであるM&A PARKですが、選ばれる理由は何でしょうか?M&A PARKが選ばれる理由は以下のようなものがあります。

世界最大級の規模

やはり、M&A PARKは世界最大級のM&Aマッチングサイトであることが選ばれる理由の一つです。非常に多くのM&A案件が集まり、加えて世界数十か国の経営者・投資家が登録していることから、利用者数も多いです。

そもそもM&Aマッチングサイトは、インターネットを活用して気軽にM&A仲介を受けられることがメリットですが、理想的な売り手・買い手に出会えるかどうかは、そのM&Aマッチングサイトにどれだけの情報が集まっているかや、登録している利用者数に左右されます。

つまり、情報量と利用者数がM&Aマッチングサイトの価値を決定づけるといっても過言ではありません。M&A PARKは世界最大級の規模を誇っているため、理想的な売り手・買い手を見つけられる可能性が高いです。

M&Aを考えている経営者・投資家にとって、M&A PARKの規模は最大のメリットだといえるでしょう。

小規模案件への対応

M&A PARKが小規模案件にも対応していることも、選ばれる理由だといえます。M&A PARKのように世界最大級の規模を持つM&Aマッチングサイトとなると、国内や国外の大企業同士のM&Aがメインで、中小企業は出番がないと考えるかもしれません。

しかし、M&A PARKは中小企業経営者や個人事業主も利用しており、「スモールM&A」と呼ばれる少額なM&A案件も多いです。

事業承継M&Aの利用にも効果的

最近では、後継者不在に陥っている中小企業が増えており、そのために事業承継ができず廃業に追いやられてしまうケースが多くなっています。そんな中、廃業を回避して事業と雇用を存続させるために事業承継をM&Aで行う手法が注目されています。

事業承継M&Aを考えている中小企業にとって、M&A PARKは効果的なM&Aマッチングサイトです。事業承継M&Aにおいて最も重要なのは、きちんと経営を引き継いでくれることはもちろん、事業や雇用を守って存続させてくれる買い手と出会えるかどうかです。

M&A PARKは多くの案件から、理想的な買い手とのマッチングが実現できる可能性が高いものです。また、小規模なM&Aになるからといってサポートを断ることもありませんので、中小企業は安心して利用できます。

海外案件

クロスボーダーM&Aを考えている経営者・投資家にとって、海外案件も集まるM&A PARKは非常に役に立つM&Aマッチングサイトだといえるでしょう。M&A PARKはアメリカや中国、シンガポール、台湾、ベトナム、韓国など世界中の国々の案件や利用者が集まっています。

幅広い国々を網羅しているため、進出したい国や地域の足掛かりになってくれる企業を見つけられます。最近は縮小する国内市場から海外へ目を向ける企業が増えており、海外進出をクロスボーダーM&Aを利用して行うケースが多くなっています。

ただ、海外案件を見つけるのは簡単ではなく、語学力も求められます。しかし、M&A PARKであれば海外案件を見つけられるだけでなく、相手の案件の内容を翻訳して掲載してくれるため、スムーズにクロスボーダーM&Aを進められます。

チャットで相談できる

M&A PARKの機能であるチャットも利用者から評価されています。通常、M&Aに関する相談といえば電話や対面で行うものですが、M&A PARKは無料のチャットを利用して行います。電話や対面だと時間的、物理的な制約があり、経営者・投資家の日々の業務が滞ってしまうこともあります。

しかし、チャットであれば気軽でスムーズに相談できます。また、メールと違って返信のラグも発生しにくいため、より円滑にサポートを受けられるようになるでしょう。

※関連記事

スモールM&A

M&A PARK(エムアンドエーパーク)の評判と比較

最後に、M&A PARKの評判を紹介し、ほかのマッチングサイトと比較していきます。

M&A PARKの評判

M&A PARKは2017年に設立して以降、順調に利用者を増やしており、M&A PARKが関わったM&Aの成約件数も増加しています。世界規模で幅広い案件があり、無料チャットなどのサービスがとくに評価されています。

一般的には、M&Aの仲介やアドバイザリーを受けるならM&A仲介会社へ依頼するのですが、M&A PARKのようなM&Aマッチングサイトを活用するというやり方が浸透してきている証だといえます。

M&A PARK(エムアンドエーパーク)と他マッチングサイトとの比較

M&Aマッチングサイトとして有名なサイトとしては、TRANBI(トランビ)とバトンズが挙げられます。いずれも国内最大級のマッチングサイトとして人気の高いサイトであり、M&A PARKと同様に基本的には売り手・買い手が直接交渉を行います。

では、M&A PARK、TRANBI、バトンズの3つを、案件の対象地域や手数料の観点で比較してみましょう。

サイト名 M&A PARK TRANBI バトンズ
案件対象地域 国内・海外 国内・海外 国内・海外
会員登録 必要 必要 必要
売り手の手数料 無料 無料 無料
買い手の手数料 成約価格の3% 成約価格の3% 承継対価の5%
(最低25万円)
有料オプション あり あり あり


比較してみると、いずれのマッチングサイトも案件の対象は国内のみならず海外まで対応しており、売り手は基本的に無料で利用することができ、買い手はM&Aが成約となった際に手数料を支払うシステムとなっています。

しかし、バトンズだけは最低手数料が設定されており、成約価格に乗じる割合も高めに設定されています。なお、いずれも有料のオプションがありますので、より良いサービスを受けるためには売り手・買い手にかかわらず別途料金が発生します。

※関連記事

TRANBI(トランビ)はM&A・事業承継プラットフォーム!実績や競合との比較あり

M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します

まとめ

M&A PARKは世界最大級の規模を誇るM&Aマッチングサイトであり、理想的な売り手・買い手と出会える可能性が高いサイトだといえます。また、登録料や着手金などの料金が発生せず、売り手であれば基本的に一切の費用をかけずにM&Aのマッチングを受けることができます。

サービス面も充実していますので、安心して利用できるM&Aマッチングサイトだといえます。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)