2020年3月21日更新会社・事業を売る

スモールM&A

近年の日本では、小規模企業・ベンチャー企業などを取引対象とするスモールM&Aが注目を集めています。この記事では、スモールM&Aを活用して事業承継・起業を図るメリットや、仲介会社・マッチングサイトを利用してスモールM&A案件を探す方法などについても解説します。

目次
  1. スモールM&A
  2. スモールM&Aとは
  3. スモールM&Aが増加する背景
  4. スモールM&Aの案件を探す方法
  5. スモールM&Aで買収を成功させる条件
  6. スモールM&Aで売却を成功させる条件
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

スモールM&A

2000年代以降の日本では、ベンチャー・スタートアップ・中小・大手など企業規模を問わず、市場全体でM&Aが活発に実施されています。最近では、中小企業が事業承継の手段としてM&Aを実施する事例も増加中です。

中小企業によるM&Aが盛んになった影響で、「スモールM&A」という言葉を耳にする機会も増えています。経営戦略の一つとして、今後もさまざまな企業でスモールM&Aが実施される可能性が高いです。起業家・サラリーマンの方などが、スモールM&Aを実施する動きも目立ちます。

スモールM&Aは、取引規模の観点で通常のM&Aと相違が見られるM&Aです。この記事では、スモールM&Aについて幅広く解説します。経営者だけでなく、将来的に起業を検討する方にとっても必見の内容です。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!
ベンチャーのM&A【M&A成功マニュアル】

スモールM&Aとは

ここでは、スモールM&Aの定義を解説します。前提として、スモールM&Aには正式な定義が存在しません。専門家・取引当事者の間で認識が異なる場合もありますが、スモールM&Aの一般的な定義は以下のとおりです。

  • 取引対象が小規模企業・個人事業
  • 取引金額が1億円以下
  • 取引対象の年間売上高が1,000万円〜5億円程度
  • 取引対象が抱える従業員数が数人〜30名程度

このほかに、ベンチャー企業・ECサイトなどを対象とするM&A取引をまとめてスモールM&Aと呼ぶこともあります。スモールM&Aの定義は多種多様ですが、「小規模なM&A」という点は全てに共通します。この記事では、小規模なM&Aを総称してスモールM&Aと定義します。

かつて、スモールM&Aは規模が小さいために利益を得られないと判断されることが多く、一般的なM&A仲介会社からサポートを断られるために実行が難しい傾向がありました。

一方で最近では、ニーズの高まりに合わせて、スモールM&Aに対応する仲介会社が増加しているほか、スモールM&Aに特化した仲介会社も設立されています。とはいえ、数ある仲介会社の中でも手数料面で相談しやすいのは、M&A総合研究所です。

M&A総合研究所には、専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、培ったノウハウを活かしM&Aをサポートいたします。通常のM&A取引は成立までに半年〜1年程度かかりますが、迅速なサポートを実践しており、平均3ヶ月という短期間での成約を実現可能です。

国内最安値水準の手数料体系に強みがあるほか、完全成功報酬制を採用しているため、成約に至らない限り費用は一切発生いたしません。相談料は無料となっておりますので、スモールM&A実施を検討する場合にはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
小規模M&Aとは?小規模M&A案件の探し方や流れと手法を解説

スモールM&Aが増加する背景

近年の日本では、スモールM&Aの実施件数が増加しています。株式会社レコフデータの調べによると、ベンチャー企業を対象とする年間M&A件数は、2017年では880件でしたが、2018年には1,313件まで増加しています。なお、2019年も1,375件と、わずかに増加が見られます。

ベンチャー企業を対象とする全てのM&AがスモールM&Aに該当するとは限りませんが、実施件数増加を裏付ける資料の一つです。スモールM&A実施件数が増加を続ける背景には、以下のような要因が存在します。

  1. 事業承継問題の深刻化
  2. 起業を目的とする事例の増加
  3. 投資を目的とする事例の増加
  4. 経営者の価値観の変化
  5. スモールM&Aアドバイザー養成講座の開催
それぞれの項目を順番に見ていきます。

①事業承継問題の深刻化

最も大きな要因は、事業承継問題の深刻化です。昨今の日本では経営者の高齢化が進行していますが、中小企業を中心に後継者不足などの理由で事業承継できない企業も多く存在します。後継者がいない場合、黒字企業であっても廃業の選択肢を取らざるを得ません。

近年は、事業承継問題を解決する手段として、スモールM&Aが注目されています。M&Aで企業を売却すれば、廃業せずに自社を存続させられます。従業員の雇用を維持できるうえに、売却利益を獲得可能です。

多くのメリットが得られることから、中小企業がスモールM&Aを実施する事例は増加傾向にあります。

②起業を目的とする事例の増加

スモールM&Aは、起業を実現する手段としても注目を集めています。起業ではゼロから事業を構築する必要があるうえに、事業を軌道に乗せるまでに多くの時間・労力が必要となるのが一般的です。ゼロの状態から起業すると、失敗したときのリスクが非常に高いといえます。

スモールM&Aですでに事業が軌道に乗っている企業を買収すれば、時間・労力を大幅に削減できるほか、低リスクで起業できます。挑戦したい事業分野で成功する企業を買収すれば、事業運営に必要な設備・販路も引き継げて、有利な状況で事業をスタート可能です。

M&A費用は発生しますが、低リスクで事業を開始できる点はメリットであることから、スモールM&Aを利用して起業する事例も増加中です。

③投資を目的とする事例の増加

スモールM&Aは、投資の対象としても注目を集めています。投資目的を持つ買い手は、売り手の企業を買収したうえで、そのまま事業を継続させます。次に、自社や個人が持つノウハウを活かしながら、買収企業の価値上昇を目指すのです。

最後に、企業価値が上昇した段階で売却すれば、利益獲得が期待できます。企業価値を上昇させて投資額を回収するには長期的視点が求められるケースもありますが、経営・事業を軌道に乗せるまでのノウハウを持っている場合には、効果的な投資先の一つとして判断されます。

④経営者の価値観の変化

スモールM&Aの増加要因には、経営者の価値観の変化も少なからず影響しています。かつての経営者は創業してから末永く経営を続けることが一般的でしたが、近年では比較的若い時期にリタイアを希望する経営者が増加しています。

スモールM&Aによる売却は、アーリーリタイアの手段として非常に有効です。また、ベンチャー起業家の価値観の変化も見られます。かつては起業後にIPOを目指すことが一般的でしたが、IPOを実現するには多大な労力・時間が必要です。

IPOと比較すると、M&Aは短期間で成功できる可能性が高いです。IPOの実現可能性は決して高くないため、はじめからM&A実施を目指す経営者が増加しています。

⑤スモールM&Aアドバイザー養成講座の開催

スモールM&Aアドバイザー養成講座とは、スモールM&Aに精通した民間企業が開催する講座であり、受講すればM&A業務を手掛けるためのノウハウを学べます。

養成講座の開催によりスモールM&Aを扱えるアドバイザーが増加したことで、経営者・個人事業主・サラリーマンなどがスモールM&Aに乗り出しやすくなっています。

※関連記事
事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説
M&Aを活用した起業

スモールM&Aの案件を探す方法

ここでは、実際にスモールM&Aの案件を探す方法を紹介します。

  1. スモールM&Aに強い仲介会社に依頼する
  2. M&Aマッチングサイトを利用する
  3. 公的機関を利用する
  4. 知人・取引先から紹介してもらう
それぞれの方法を順番に見ていきます。

①スモールM&Aに強い仲介会社に依頼する

近年の需要の高まりに応じて、スモールM&Aを専門に手掛ける仲介会社が増加しています。こうした仲介会社に依頼すれば、希望どおりのスモールM&Aの案件が見つかりやすいです。

通常のM&A仲介会社と比較しても仲介手数料が良心的であるケースも多いため、積極的な利用をおすすめします。例えば、「ビズ・ミディエーション」や「ビザイン」などの仲介会社がスモールM&A案件に強いです。

②M&Aマッチングサイトを利用する

近年では、仲介会社のほかに、Web上でM&Aを完結できるマッチングサイト(プラットホーム)も登場しています。M&Aマッチングサイトでは比較的小規模なM&A案件が多く掲載されているため、スモールM&Aの案件を探すうえで非常に役立ちます。

例えば、「M&Aクラウド」や「トランビ」などが有名です。

③公的機関を利用する

公的機関でも、スモールM&Aの案件を斡旋しています。例えば、各都道府県に設置されている商工会議所では、スモールM&A案件の紹介だけでなく、M&A相談会の開催や、事業引継ぎに関するアドバイス・情報提供なども実施しています。

また、事業引継ぎ支援センターが運営する後継者人材バンクでも、スモールM&Aのマッチング事業が実施されています。公的機関であるため、信頼度の高いサービスを受けられる点がメリットです。

④知人・取引先から紹介してもらう

知り合い・取引先からの紹介でも、スモールM&Aの案件を探せます。ただし、上記3つの方法と比較すると、それほど効率的な方法ではありません。たとえ紹介を依頼しても、自身に相応しいスモールM&Aが見つかるとは限らないのです。

効率的に案件を探すなら、他に紹介した方法も合わせて検討することがおすすめです。そして知人・取引先からの紹介で案件が見つかった場合には、仲介会社のサポートを受けつつM&Aプロセスを進行させると良いです。仲介会社に依頼すれば、円滑なプロセス完遂を目指せます。

※関連記事
M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します
オススメのM&Aマッチングサイト・売買サービス

スモールM&Aで買収を成功させる条件

スモールM&Aで買収を成功させる条件は、以下のとおりです。

  1. M&A後を見越して買収する
  2. 手数料を吟味しつつ慎重に仲介会社を選ぶ
  3. デューデリジェンスを念入りに実施する
それぞれの項目を順番に見ていきます。

①M&A後を見越して買収する

スモールM&Aで買収する場合には、M&A後を見越しておく必要があります。具体的には、相手先の売上・経費などを把握しつつ、M&A後の施策で数値をどの程度まで向上できるのか検討します。

M&Aによって新規事業を開拓する場合には、許認可が求められるケースもあります。こうしたケースでは、許認可引継ぎの可否についても確認しておくと良いです。

②手数料を吟味しつつ慎重に仲介会社を選ぶ

スモールM&A業務を扱う仲介会社は増加していますが、中には信用できない悪徳業者も存在します。このような業者に依頼してしまうと、将来的に深刻なトラブルが発生するおそれがあります。最悪のケースでは、M&A終了後に法外な手数料を請求されかねません。

仲介会社ごとに手数料の種類や金額が異なっているため、後悔しないよう注意深く見極める必要があります。スモールM&Aを検討するときは、手数料体系を確認しつつ慎重に仲介会社を選ぶと良いです。

③デューデリジェンスを念入りに実施する

スモールM&Aでは通常のM&Aよりもプロセスがシンプルであるため、簡易的にプロセスを済ませるケースもあります。漫然とM&Aプロセスを進めると、将来的に深刻な損失を被るおそれがあります。特に注意すべきなのは、偶発債務・簿外債務の存在です。

偶発債務・簿外債務は財務諸表で確認できないばかりか、M&A後に大きな損失をもたらすおそれがあります。デューデリジェンスでリスクの把握は可能ですが、スモールM&Aではデューデリジェンスを簡易的に済ませる傾向があります。

リスクを洗い出すには、スモールM&Aであってもデューデリジェンスを念入りに実施すると良いです。

※関連記事
M&Aの手数料を比較!種類やリテイナーフィー、レーマン方式、成果報酬について解説
買収監査(デューデリジェンス)とは?意味やM&Aでの活用、必要書類を解説

スモールM&Aで売却を成功させる条件

最後に、スモールM&Aで売却を成功させる条件を紹介します。

  1. 黒字である
  2. 将来性がある
  3. 価値の高い無形資産を有している
それぞれの項目を順番に見ていきます。

①黒字である

取引対象の企業・事業が黒字であれば、スモールM&Aで希望どおりの金額で売却できる可能性が高いです。黒字とは、支出よりも収入の方が多い状態をさします。起業・新規事業の拡大などを目指す相手からすれば、黒字企業の買収には大きな魅力があります。

②将来性がある

取引対象の企業・事業に将来性があれば、たとえ黒字でなくとも最適な買い手が見つかる可能性があります。実際に赤字のベンチャー企業が大企業に買収された事例は、少なからず報告されています。例えば、AI・IoTなどの分野では、さまざまな企業・起業家から将来性を期待されやすいです。

③価値の高い無形資産を有している

無形資産とは目に見えない資産のことであり、具体的にはブランド・独自の技術・特許・優秀な人材などが該当します。スモールM&Aでは、無形資産の価値も、のれん代として企業評価に加味されます。

無形資産の価値が高ければ、スモールM&Aの売却案件として価値が高まります。優秀な従業員・独自の技術などを有する中小企業は全国に数多く存在しますが、こうした企業はスモールM&Aで高く評価される可能性が高いです。

※関連記事
会社を売りたい
M&Aにおけるのれん

まとめ

今回は、スモールM&Aについて解説しました。事業承継・起業などを図る手段として、スモールM&Aは盛んに実施されています。スモールM&Aの案件は、仲介会社・マッチングサイトなどを利用して探せます。

通常のM&Aよりもプロセスがシンプルになる傾向にありますが、通常のM&A案件と同じように慎重に実施しなければなりません。スモールM&Aで売却する場合には、将来性・無形資産の価値などの要素が成否に大きく影響します。

市場環境が目まぐるしく変化する現在において、スモールM&Aは有効な選択肢の一つとなっています。買い手・売り手問わず、スモールM&Aに強い専門家からサポートを受けつつ、成功を目指すと良いです。要点をまとめると、以下のとおりです。

・スモールM&Aとは
→小規模なM&A(取引対象が小規模企業・個人事業、取引金額が1億円以下、取引対象の年間売上高が1,000万円〜5億円程度、取引対象が抱える従業員数が数人〜30名程度)

・スモールM&Aが増加する背景
→事業承継問題の深刻化、起業を目的とする事例の増加、投資を目的とする事例の増加、経営者の価値観の変化、スモールM&Aアドバイザー養成講座の開催

・スモールM&Aの案件を探す方法
→スモールM&Aに強い仲介会社に依頼する、M&Aマッチングサイトを利用する、公的機関を利用する、知人・取引先から紹介してもらう

・スモールM&Aで買収を成功させる条件
→M&A後を見越して買収する、手数料を吟味しつつ慎重に仲介会社を選ぶ、デューデリジェンスを念入りに実施する

・スモールM&Aで売却を成功させる条件
→黒字である、将来性がある、価値の高い無形資産を有している

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)