M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月19日更新
この記事は、約2分で読めます。

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)とは?種類とメリット・デメリット

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)を活用することで、資金面や経営面でサポートを得られます。一方で経営の自由度の低下、イグジット強制といった、一定のデメリットも存在します。ベンチャーキャピタル、バイアウトファンド、事業再生ファンド、ディストレスファンドといったプライベート・エクイティ・ファンドの種類と、メリット・デメリットについて解説します。

目次
  1. プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)
  2. プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)とは
  3. プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の種類
  4. プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)を介入させるメリット
  5. プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)を介入させるデメリット
  6. まとめ

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)

様々なファンドが存在しており、「プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)」もその中の一つです。

「プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)」は、投資対象によってベンチャーキャピタルやバイアウトファンドが存在します。

各ファンドごとに株式の保有割合や経営への介入度などが異なる為、あらかじめ把握しておく必要があります。

どのようなファンドであるか知らない方も多いのではないでしょうか?

今回は、プライベート・エクイティ・ファンドについて解説します。

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)とは

まず初めに、「プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)」に関する基本的な概要をお伝えします。

プライベート・エクイティ・ファンドとは、未公開株式(プライベートエクイティ)の運用を行うファンドであり、PEファンドとも呼ばれています。

未公開企業の株式を出資という形で取得し、資金提供や経営への関与により企業価値を上昇させ、十分に株価が上昇した段階で売却し、キャピタルゲインを獲得するまでがPEファンドの活動です。

年金融機関や事業会社といった機関投資家を始めとした投資家から資金を集め、その資金を基に未公開会社に資金を投入しています。

証券会社を通じて個人的に投資する手法と対比して、プライベート・エクイティ・ファンドを通じた投資は「オルタナティブ投資」と呼ばれます。

オルタナティブ投資を行うファンドには、他にヘッジファンドがあります。

PEファンドは最終的にはキャピタルゲイン獲得を目的としているので、プライベート・エクイティ・ファンドからの出資を引き受けた企業は、IPOもしくはM&Aによるイグジットを目指します。

※関連記事

ベンチャーの資金調達

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の種類

プライベート・エクイティ・ファンドは、出資する企業のステージに応じて4種類に大別されます。

各企業ステージごとに、プライベート・エクイティ・ファンドの業務内容や特徴が異なります。

⑴ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルとは、設立したばかりのベンチャー企業に対し投資するPEファンドです。

創業したばかりである為失敗するリスクが非常に高く、投資資金を回収できない可能性が非常に高いです。

非常にハイリスクである一方で、IPOした場合のリターンは数十倍〜数百倍に及び、とてもハイリターンです。

失敗するケースが圧倒的に多い為、複数企業の株式を少しずつ保有する分散投資の形式を取ります。

IPOを達成する困難性を考慮し、近年はM&Aによる資金回収を図るベンチャーキャピタルも増えています。

IPOと比べると回収できる資金は少ないものの、イグジットに漕ぎ着けられる可能性は高いです。

実務の現場では、プライベート・エクイティ・ファンドとベンチャーキャピタルは別のものと考えられる場合が多いです。

⑵バイアウトファンド

バイアウトファンドは、ある程度事業が軌道に乗っていて、かつ十分なキャッシュフローを生み出している未公開企業を投資対象とします。

ベンチャーキャピタルと比べると、ミドルリスク・ミドルリターンである点や、経営に積極的に関与する点が、バイアウトファンドの特徴です。

このプライベート・エクイティ・ファンドは株式の過半数を保有し、キャッシュフローの改善による企業価値向上を図ります。

バイアウトファンドが株式を取得する際は、LBOやMBO、MBIといったM&A手法が活用されます。

※関連記事

バイアウトファンド

⑶事業再生ファンド

事業再生ファンドは、経営不振に陥っている未上場企業に投資するプライベート・エクイティ・ファンドです。

事業再生は容易ではないので投資には大きなリスクが伴います。

しかし、安く株式を買収し、企業価値向上による大きなキャピタルゲインを期待できます。

事業再生ファンドは、事業の方向転換による再生を目指す「ターンアラウンド」、もしくはリストラやダウンサイジングによる再生を目指す「ワークアウト」と呼ばれる手法を用います。

前者は財務状況は健全であるものの事業が不振であるケース、後者は事業が好調であるものの財務状況が悪いケースで用いられます。

必要に応じて再生対象企業の債権買取を伴う、債権の株式化(デットエクイティスワップ)が実施される場合もあります。

※関連記事

事業再生ファンド

⑷ディストレスファンド

ディストレスファンドとは、経営破綻した企業の株式や債権を投資対象とするプライベート・エクイティ・ファンドです。

破綻した企業の債権や株式を転売したり、企業価値を高めてから高値で売却する手法を採ります。

非常に高リスクの投資である上に、ディストレスファンドの運営には専門的な知識が必要となります。

日本ではバブル崩壊後、ディストレスファンドの活動が活発になりました。

経営者にとっては忌み嫌う存在であった為、ハゲタカファンドと呼ばれていました。

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)を介入させるメリット

この項では、経営者の視点からプライベート・エクイティ・ファンドの力を借りるメリットを3つご紹介します。

⑴豊富な資金提供

プライベート・エクイティ・ファンドを利用する最も大きなメリットは、豊富に資金調達できる点です。

PEファンドに対して一定割合の株式を渡す代わりに、企業価値に見合う金額を調達できます。

どの程度の割合を渡すかは、PEファンドの種類や企業の状況によって異なります。

プライベート・エクイティ・ファンドから調達した資金は返済不要ですので、返済や利子等を気にせずに経営に取り組めます。

⑵手厚いハンズオン支援

プライベート・エクイティ・ファンドは、企業価値の向上による利益獲得を目的としています。

企業価値向上の為に、専門家派遣や経営戦略の構築等、手厚いハンズオン支援を実施してくれます。

それまで培ってきた投資経験に基づいて、質の高いサポートを施してくれます。

プライベート・エクイティ・ファンドの助力を得れば、着実かつスピーディーに経営目標を達成することができます。

⑶M&Aのサポート

近年多くの企業がM&Aを活用していますが、中小企業がM&Aを実現することは困難です。

相手探しからデューデリジェンス、バリュエーションなど、M&Aでやるべき業務は山ほどあります。

中小企業がM&Aを独力で実施することは困難ですが、プライベート・エクイティ・ファンドの協力を得れば円滑に行えます。

プライベート・エクイティ・ファンドの豊富なネットワークやノウハウを活用できる点は、魅力的なメリットです。

※関連記事

M&A投資と投資ファンドの役割

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)を介入させるデメリット

最後に、プライベート・エクイティ・ファンドの力を借りることで生じるデメリットを3つお伝えします。

⑴いずれイグジットしなくてはいけない

プライベート・エクイティ・ファンドは、IPOかM&Aによる資金回収を目的として出資を実施します。

つまりPEファンドから出資を受けた場合、基本的にはイグジット(IPOもしくはM&A)を目指す必要があります。

長期に渡って自身で経営したい場合には、プライベート・エクイティ・ファンドからの出資引き受けは不向きです。

⑵経営の自由度が制限される

経営面で様々なサポートを受けられるとは言え、都合よく利用できる訳ではありません。

ファンド側は利益獲得を最優先する為、利益に直結する行動を優先してきます。

株式の過半数を保有されている場合には、ファンド側の意思決定に従わなくてはいけません。

⑶借り入れを行なった場合には、返済義務が負担となる

プライベート・エクイティ・ファンドの介入を受ける際、事業再生の為に借り入れを行う場合があります。

借り入れを実施した場合には、当然に返済義務が発生します。

創業間もないベンチャー企業や事業が停滞している企業にとって、毎月の資金返済は重荷となるリスクがあります。

※関連記事

イグジットとは?イグジットの種類とメリット・デメリット

まとめ

今回は、プライベート・エクイティ・ファンドに関して簡単に解説しました。

プライベート・エクイティ・ファンドの助力を得れば、資金面や経営面でサポートを得られる事はもちろん、M&Aのサポートもしてもらえます。

一方で経営の自由度低下やイグジットが強制されるといった、一定のデメリットも存在します。

PEファンドの利用にはメリット・デメリット双方あるので、天秤にかけた上での活用を検討することが重要です。

実際にプライベート・エクイティ・ファンドを活用したい場合は、一度相談してみる事をオススメします。

要点をまとめると下記になります。

  • プライベート・エクイティ・ファンドとは

→未公開株式(プライベートエクイティ)の運用を行うファンド

  • プライベート・エクイティ・ファンドの種類

→ベンチャーキャピタル、バイアウトファンド、事業再生ファンド、ディストレスファンド

  • プライベート・エクイティ・ファンドを介入させるメリット

→豊富な資金提供、手厚いハンズオン支援、M&Aのサポート

  • プライベート・エクイティ・ファンドを介入させるデメリット

→いずれイグジットしなくてはいけない、経営の自由度が制限される、借り入れによる返済負担

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)