2021年4月30日更新会社・事業を売る

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)とは?種類とメリット・デメリット

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)を活用すれば資金・経営面で支援が得られる一方で、経営の自由度低下・イグジットの強制といったデメリットが問題となるケースも少なくありません。そこで今回は、PEファンドの種類やメリット・デメリットなどを解説します。

目次
  1. プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)とは
  2. プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の意味や仕組みとは?
  3. プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)のM&Aへの活用
  4. プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の種類別特徴
  5. プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の支援を受けるメリット
  6. プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の支援を受けるデメリット
  7. 国内で活躍するプライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の主要企業
  8. プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)のまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)とは

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)とは

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)とは、世の中に存在するさまざまなファンドのうち、未公開株式(プライベートエクイティ)の運用を手掛けるファンドをさします。ビジネスシーンにおいては、省略形である「PEファンド」と呼ばれるケースが多いです。

PEファンドの仕事内容は、未公開企業の株式を出資の形で取得したうえで、資金提供・経営関与により企業価値を上昇させながら、十分に株価が上昇した段階で売却してキャピタルゲインを獲得することです。

PEファンドでは、年金融機関・事業会社・個人投資家などの機関投資家達から資金を集めて、未公開会社に資金を投入します。この手法は、証券会社を通じて個人的に投資する手法と対比して、オルタナティブ投資と呼ばれるケースも多いため把握しておきましょう。

【関連】キャピタルゲインとは?意味や計算方法、課税、M&Aとの関係をわかりやすく解説

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の意味や仕組みとは?

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の意味や仕組みとは?

続いて、PEファンドの意味や仕組みをより深く把握するために、以下の項目に分けて取り上げます。

  • PEファンドとヘッジファンドとの違い
  • PEファンドのイグジット戦略

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

PEファンドとヘッジファンドとの違い

PEファンドのようにオルタナティブ投資を行うファンドとしては、そのほかにヘッジファンドも挙げられます。ヘッジファンドとは、いかなる市況環境においても収益獲得を目指すファンドのことです。つまり、PEファンドもヘッジファンドに該当します。

そのため、ヘッジファンドとPEファンドの間には、違いはありません。なお、PEファンドではキャピタルゲインの獲得が最終的な目的に掲げられるため、PEファンドから出資を引き受けた企業はM&AまたはIPOによるイグジットを目指します。

さらに、PEファンドは、投資対象によりベンチャーキャピタルやバイアウトファンドなどとも呼ばれます。これらのファンドごとに株式保有割合や経営への介入度などは異なるため、PEファンドを把握する際は体系的に理解しておかなければなりません。

PEファンドのイグジット戦略

PEファンドはイグジットを前提に介入の意思決定を行っているため、介入時にすでにM&AやIPOによるイグジット戦略を具体的に想定しているケースも多いです。

もしすでにPEファンドの介入を受けていて、M&Aによるイグジットを検討しているならば、M&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所には知識・経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、培ってきたノウハウを活かしてM&Aをフルサポートしております。

料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)相談料は無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】M&AとIPOのメリット・デメリットとは?EXIT戦略における違いを比較します

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)のM&Aへの活用

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)のM&Aへの活用

PEファンドは、M&Aシーンにおいても高く注目されています。特にM&Aによる事業承継を希望している経営者からすると、PEファンドに企業を売却できれば、経営の引退を実現することが可能です。

一方のPEファンドにとっても、企業価値を高めたうえで売却できれば、売却利益を獲得できるメリットがあります。

たとえ経営者がM&Aによる事業承継を決断したとしても、必ずしも経営引退までの短期間で自社にふさわしい買い手企業を見つけられるとは限りません。

しかし、PEファンドとM&Aを行えば、PEファンドに自社の売却先としてふさわしい企業を探してもらえる可能性があります。

【関連】M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定・手法別のメリットを紹介

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の種類別特徴

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の種類別特徴

PEファンドは、出資する企業のステージに応じて以下の4つに大まかに分類されます。

  1. ベンチャーキャピタル
  2. バイアウトファンド
  3. 事業再生ファンド
  4. ディストレスファンド

上記4つの間ではPEファンドの業務内容や特徴などが異なっているため、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

①ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタル(VC)とは、設立から間もないベンチャー企業に対して投資するPEファンドのことです。投資対象は創業したばかりのベンチャー企業であるため失敗するリスクが非常に高く、投資資金を回収できない可能性は非常に高いとされています。

ただし、非常にハイリスクである一方で、IPOを行った場合のリターンは数十倍〜数百倍にも及ぶためハイリターンなPEファンドでもあります。とはいえ、失敗するケースが圧倒的に多いため、複数企業の株式を少しずつ保有する分散投資の形式が採用されるのが一般的です。

このようにIPOの達成は困難であるため、近年ではM&Aによる資金回収を図るベンチャーキャピタルが増加中です。IPOと比べて回収資金は少ないものの、高確率でイグジットを達成できます。なお、実務の現場では、PEファンドとVCは別物と捉えられるケースも多いため注意が必要です。

【関連】ベンチャー企業の資金調達

②バイアウトファンド

バイアウトファンドでは、ある程度の段階まで事業の軌道が乗って十分なキャッシュフローを生み出している未公開企業を投資対象とします。ベンチャーキャピタルと比較するとミドルリスク・ミドルリターンであり、積極的に経営へ関与する点が特徴的です。

また、バイアウトファンドでは、株式の過半数を保有してキャッシュフロー改善による企業価値向上を図ります。

なお、バイアウトファンドが株式を取得する際は、LBO・MBO・MBIなどのM&A手法が活用されるケースが多いです。

【関連】バイアウトファンド

③事業再生ファンド

事業再生ファンドとは、経営不振に陥っている未上場企業に投資するPEファンドのことです。事業再生は容易ではなく投資には大きなリスクが伴いますが、安く株式を買収するため企業価値向上により大きなキャピタルゲインの獲得が期待できます。

事業再生ファンドでは、事業の方向転換による再生を目指す「ターンアラウンド」や、リストラ・ダウンサイジングによる再生を目指す「ワークアウト」などの手法が採用されます。

ターンアラウンドは財務状況が健全であるものの事業不振な場合に活用される手法であり、ワークアウトは事業が好調であるものの財務状況が悪い場合に活用される手法です。

また、必要に応じて、再生対象企業の債権買取を伴う「債権の株式化(デットエクイティスワップ)」も実施されます。

【関連】事業再生ファンド

④ディストレスファンド

ディストレスファンドとは、経営破綻した企業の株式や債権を投資対象とするPEファンドのことです。具体的には、破綻した企業の債権や株式を転売したり、企業価値を高めたりしてから高値で売却する手法を採用しています。そのため、非常に高リスクの投資であるうえに、運営には専門知識が必要です。

日本では、バブル崩壊後にディストレスファンドの活動が活発化しました。以前は多くの経営者からすると忌み嫌う存在であったため、ハゲタカファンドと呼ばれていた時代もあります。

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の支援を受けるメリット

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の支援を受けるメリット

本章では、経営者の視点からPEファンドの力を借りるメリットとして以下の4つを取り上げます。

  1. 豊富な資金提供
  2. 手厚いハンズオン支援
  3. M&Aのサポート
  4. 人材紹介

これら4つのメリットを押さえておけば、自社においてPEファンドの力を借りる利点が把握できます。それでは、それぞれのメリットを順番に把握しておきましょう。

①豊富な資金提供

PEファンドを利用する最も大きなメリットは、豊富に資金調達できる点です。つまり、PEファンドに対して一定割合の株式を渡す代わりに、企業価値に見合った金額を調達できます。

なお、どれほどの割合の株式を渡すのかは、PEファンドの種類や企業の状況により異なります。ちなみにPEファンドから調達した資金は返済不要であるため、返済や利子などを気にせず経営に取り組める点もメリットです。

②手厚いハンズオン支援

PEファンドの目的は、企業価値の向上による利益獲得にあります。企業価値向上のために、専門家の派遣や経営戦略の構築などの手厚いハンズオン支援を実施してもらうことが可能です。ハンズオン支援とは、企業の経営に深く関与する支援をさします。

つまり、これまで培ってきた投資経験にもとづいた質の高いサポートを提供してもらえます。PEファンドからの支援を受ければ、着実かつスピーディーに経営目標を達成することが可能です。

【関連】M&A投資と投資ファンドの役割

③M&Aのサポート

最近では多くの企業がM&Aを活用していますが、中小企業がM&Aを実施する際には困難が伴います。なぜなら、相手探し・デューデリジェンス・バリュエーションなど、M&Aでは膨大なプロセスの遂行が求められるためです。しかし、PEファンドを利用すれば、中小企業のM&Aをサポートしてもらえます。

中小企業の経営者様がM&A検討される場合は、PEファンド以外にM&A仲介会社に依頼する方法もあります。

M&A総合研究所は主に中小・中堅規模のM&Aを取り扱っており、支援実績豊富なアドバイザーによる専任フルサポートを行っています。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)無料相談をお受けしておりますので、M&Aをご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

④人材紹介

PEファンドは、人材紹介機能も担う存在です。そもそもPEファンドは複数の企業に投資しており、さまざまな業界・企業と深い関係性を築いています。そのため、自社の企業価値を向上させるうえで必要な人材を紹介してくれるケースも珍しくありません。

企業を経営するうえで新規事業を始める際、人材不足に悩まされるケースも多いです。しかし、PEファンドを利用すれば、企業価値の向上につながる人材を確保できる可能性があります。

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の支援を受けるデメリット

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の支援を受けるデメリット

次に、PEファンドの力を借りることで生じるデメリットとして以下の3つを取り上げます。

  1. いずれイグジットしなくてはいけない
  2. 経営の自由度が制限される
  3. 借り入れを行った場合に返済義務を負担する

これら3つのデメリットを押さえておけば、自社においてPEファンドの活用を慎重に検討できるため後々のトラブルを回避できます。それでは、それぞれのデメリットを順番に把握しておきましょう。

①いずれイグジットしなくてはいけない

PEファンドは、IPOあるいはM&Aによる資金回収を目的に出資を実施します。つまり、PEファンドから出資を受けたら、イグジットを目指さなければなりません。

そのため、長期にわたり自身で経営することを前提にPEファンドを活用する戦略は、最適ではない可能性もあります

【関連】イグジットとは?イグジットの種類とメリット・デメリット

②経営の自由度が制限される

経営面でさまざまなサポートが受けられるとはいえ、すべてを都合良く利用できるわけではありません。

PEファンド側は利益の獲得が目的であるため、利益に直結する行動を優先します。そのため、株式の過半数を保有されるとファンド側の意思決定に従わなくてはいけない点には注意しましょう。

③借り入れを行った場合に返済義務を負担する

PEファンドの介入を受ける際、事業再生のために借り入れるケースがあります。借り入れを行った場合は、もちろん返済義務が発生するため注意が必要です。

例えば、創業から間もないベンチャー企業や事業が停滞している企業などでは、資金返済が重荷となるリスクがあります。

国内で活躍するプライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の主要企業

国内で活躍するプライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)の主要企業

最後に、国内企業で広く活用されている主要PEファンドとして、以下の5社を取り上げます。

  1. コールバーグ・クラビス・ロバーツ
  2. カーライル・グループ
  3. ベインキャピタル
  4. エンデバー・ユナイテッド(親会社はフェニックス・キャピタル)
  5. アドバンテッジパートナーズ

これら5社の特徴を押さえておけば、自社が活用する際に最適なPEファンドを把握できます。それでは、それぞれのPEファンドを順番に把握しておきましょう。

①コールバーグ・クラビス・ロバーツ

主要PEファンドの1社目は、コールバーグ・クラビス・ロバーツです。ニューヨークを拠点とする大手PEファンドであり、トップクラスの案件規模を有しています。外資系ファンドで、在籍するスタッフの平均年収も高い傾向です。

数ある手法の中でも、バイアウトファンドに含まれるLBO(レバレッジド・バイアウト)が得意です。

アメリカのほか、ロンドン・パリ・香港・北京・ムンバイ・ソウル・マドリード・東京など世界中にオフィスを設けています。国内における代表的な案件は、日立工機・パナソニックヘルスケアなどです。

②カーライル・グループ

主要PEファンドの2社目は、カーライル・グループです。コールバーグ・クラビス・ロバーツに次ぐ大手PEファンドであり、外資系でありながら日本オフィスのスタッフをすべて日本人とする方針を採用している点でも高い知名度を持っています。なお、本拠地は、ワシントンDCです。

バイアウトの中でも比較的規模の大きいMBOに注力しているほか、日本向け投資専用ファンドを2本持っており、合計で約2,000億円を運用しています。過去の実績としては、東芝セラミックスやウィルコムなどの案件を担当してきました。

③ベインキャピタル

主要PEファンドの3社目は、ベインキャピタルです。ボストンを本拠地とする世界的なPEファンドであり、2006年に日本オフィスが開設されました。

代表的な案件を見ると、最近の超大型案件である東芝メモリやアサツーディ・ケイを筆頭に、すかいらーく・ドミノピザジャパン・ディーアンドエムホールディングス・大江戸温泉物語・雪国まいたけなど日本国内に幅広い投資先を持っています。

④エンデバー・ユナイテッド(親会社はフェニックス・キャピタル)

主要PEファンドの4社目は、エンデバー・ユナイテッド(親会社はフェニックス・キャピタル)です。日本発の独立系PEファンドであり、国内の機関投資家から資金を集めて国内企業に投資することで運用しています。

2002年にフェニックス・キャピタルとして設立され事業承継・カーブアウト・事業再生などの投資案件を手掛けましたが、2016年にエンデバー・ユナイテッドに投資業務が移管されて以降はハンズオン支援重視の再生ファンド大手として活動しています。なお、代表的な案件は三菱自動車・日本ピザハットなどです。

⑤アドバンテッジパートナーズ

主要PEファンドの5社目は、アドバンテッジパートナーズです。1997年に日系のバイアウト専用ファンドとしてサービスの提供を始めたPEファンドであり、国内PE投資の黎明期から市場を立ち上げてきたパイオニア的存在の会社です。

幅広い経験を持つ外部専門家と構築したネットワークを最大限活用しつつ案件に対応できる強みを持っており、投資実績としてはユナイテッドシネマ・メガネスーパー・東京スター銀行・ポッカコーポレーションなどの有名企業が挙げられます。

【関連】M&A仲介会社を比較!おすすめのM&A仲介会社、仲介手数料を解説します

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)のまとめ

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)のまとめ

本記事では、PEファンドについて幅広く解説しました。PEファンドのサポートを得れば、資金面・経営面が強化されるほか、M&Aプロセスを進行させることも可能です。その一方で、経営の自由度低下・イグジットが強制されるなどのデメリットも存在するため注意しましょう。

したがって、PEファンドを利用する際は、メリットとデメリットを天秤にかけたうえで活用を検討する必要があります。もしもPEファンドを活用したいならば、まずは相談してみると良いでしょう。本記事の要点は、以下のとおりです。

・プライベート・エクイティ・ファンドとは
→未公開株式(プライベートエクイティ)の運用を手掛けるファンド

・PEファンドの種類
→ベンチャーキャピタル、バイアウトファンド、事業再生ファンド、ディストレスファンド

・PEファンドの支援を受けるメリット
→豊富な資金提供、手厚いハンズオン支援、M&Aのサポート、人材紹介

・PEファンドの支援を受けるデメリット
→いずれイグジットしなくてはいけない、経営の自由度が制限される、借り入れを行った場合に返済義務を負担する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解あり】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解あり】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

中国企業の買収・M&A動向と事例25選を紹介!

中国企業の買収・M&A動向と事例25選を紹介!

近年、中国企業が日本の大手企業や中小企業を買収する事例が増えており、日本における中国企業の買収・M&A動向を押さえておくことが重要になっています。本記事では、中国企業の買収・M&...

譲渡制限付株式とは?仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく解説!

譲渡制限付株式とは?仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく解説!

2016年に税制が改正されてから、役員への報酬としてストックオプションに代わり、譲渡制限付株式を採用する上場企業が増えています。本記事では、譲渡制限付株式について、その仕組みやメリット・デメリッ...

優先交渉権とは?独占交渉権との違いや法的拘束力について解説!

優先交渉権とは?独占交渉権との違いや法的拘束力について解説!

M&Aは複数の買い手候補と交渉できますが、基本合意締結後は優先交渉権や独占交渉権を付して、買い手を絞っていくことになります。本記事ではM&Aの優先交渉権について、その特性や適切な...

【2021】M&Aにおける補助金まとめ!設備投資の補助金や税制措置についても解説

【2021】M&Aにおける補助金まとめ!設備投資の補助金や税制措置についても解説

2021年度はM&Aの各種補助金に制度変更や、新しい補助金が創設されているので、制度を正しく理解して活用することが大切です。本記事では、2021年度のM&Aの補助金について、事業...

M&Aで未払い残業代はどうなる?法改正が与える影響は?

M&Aで未払い残業代はどうなる?法改正が与える影響は?

従業員への残業代が未払いになっている中小企業は多いといわれていますが、これはM&Aの際に買い手のリスクとなります。本記事では、M&Aで未払い残業代がどうなるか解説するとともに、2...

【2021】中食業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

【2021】中食業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

近年、中食業界のM&Aが活性化しています。市場は拡大傾向にあり、消費税増税に伴う軽減税率の導入やコロナ禍の外出自粛などで需要をさらに高めています。本記事では、中食業界のM&A動向...

子会社とは?設立するメリットデメリットや関連会社との違いを解説!

子会社とは?設立するメリットデメリットや関連会社との違いを解説!

子会社とは、事業方針を決定する機関が他の会社の支配下に置かれている会社のことです。決定機関は主に株主総会を指しており、決算承認や配当金額などの決議が行われます。本記事では、子会社を設立するメリッ...

M&Aを成功させるノウハウまとめ!基礎知識をつけて攻略する

M&Aを成功させるノウハウまとめ!基礎知識をつけて攻略する

M&Aは専門家任せにするのではなく、経営者自身も基礎知識やノウハウを知っておくことが大切です。本記事では、M&Aを成功させるために知っておきたいノウハウや、戦略策定の手順などを解...

会社を売りたい人が絶対に読むべき会社売却マニュアル!

会社を売りたい人が絶対に読むべき会社売却マニュアル!

近年、会社を売りたい経営者が増えつつあります。経営者の悩みは、後継者問題や個人保証・担保などのさまざまなものがあり、会社売却で解決できるのが多いためです。今回は、会社を売りたい人が絶対に読むべき...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)