2021年4月21日更新資金調達

普通株とは?意味や基本的権利、保有率別の権利を解説

普通株とは、他の種類株の基準となる株式です。普通株を所持していると、配当金の受け取り、残余財産の分配、議決権の獲得などの基本的な権利を行使できます。また、普通株の所持割合が高いほど経営の内部に関与が可能です。今回の記事では、普通株について詳しく説明します。

目次
  1. 普通株とは
  2. 普通株保有者の基本的権利
  3. 普通株の保有率別の権利
  4. 普通株と比較した種類株
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

普通株とは

普通株とは

普通株とは、他の種類株の基準となる株式のことをさします。通常、会社に対して投資をする際には、株式の種類を選択することができます。株式の種類には、さまざまな権利が付いている種類株と、その基準となる普通株があり、株式と呼ばれる株式の多くは「普通株」をさします。

どちらを選択するかは、基本的に株主の意向が尊重されますが、種類株式と普通株式の間では転換できない可能性があるため、注意が必要です。

また、本来株式会社では、複数種類の株式を発行できます。その中で最もポピュラーな株式が普通株です。普通株は、市場に出回っている株式の大部分を占めます。

そのため、株主は株主平等原則によって、等しい待遇を受ける必要がありますが、会社法では、定款によって権利が異なる株式を発行することを認めています。その際、普通株は、待遇の違う種類株式の基準値となる役目を果たしています。

※関連記事
種類株式とは?意味や一覧、活用事例をわかりやすく解説

普通株保有者の基本的権利

普通株保有者の基本的権利

ここでは、普通株保有者の基本的な権利について説明していきます。普通株を保有していると、以下の権利を行使することができます。

  1. 配当金の受け取り
  2. 残余財産の分配
  3. 議決権の獲得

①配当金の受け取り

投資している会社が通常よりも大幅な利益を生み出した場合、株主は「配当」という形でその利益の一部を取得することができます

元来投資家は、メリットを得られない会社には投資しません。利益を生み出す可能性がある会社の株式を購入して、より多くの配当を受けます。

②残余財産の分配

会社の解散などが原因で経営をやめる場合、株主は残った財産を受け取ることができます。会社側から見れば株主は債権者であるため、当然ながら会社の財産を受け取る権利があります。

しかし、債権者にも優先順位があります。普通株保有者の優先順位は、それほど高くありません。従って、債務超過などで会社が解散する場合は、残余財産の分配を受けられない可能性もあります。

③議決権の獲得

議決権を獲得すると、会社経営に関わることができます。会社が経営方針を固める際、多くの場合株主総会を開いて決定します。株主総会には、会社の意思決定機関に加えて、議決権を持っている株主も同席できるのです。

議決権は1株1議決権の原則に基づき、普通株を保有しているすべての株主に与えられています。しかし、誰でも決定権を持っているわけではなく、保有率によって行使する内容が変わります。

このように、普通株を所持しているとさまざまな権利を行使できます。しかし、定款によって権力の度合いを調整している会社もあります。また、普通株の保有数によっても、行使できる権利が変化します。権利を行使する際は、事前に確認したうえで実施しましょう。

※関連記事
特別決議とは?拒否権や普通決議との違いを解説

普通株の保有率別の権利

普通株の保有率別の権利

株式会社の株式は、会社経営そのものです。そのため、出資してくれる株主に対して、経営に携わる権利が与えられることは当然と言えるでしょう。

普通株の保有率が高ければ、より会社の内部まで携われる仕組みになっています。ここでは、普通株の保有率別の権利について説明していきます。

①保有率100%

普通株を100%保有している場合、会社の経営は株主の思いのままに動かせます。つまり、株主が絶対的な存在となり、経営者よりも有利な立場になります

しかし、個人が株式会社に対して100%出資することは非常に困難です。会社経営を賄う金額であるため、大変高額になります。そのため、会社の普通株を100%保有するケースでは、その多くが買収や合併などを実施するケースをさします。

②保有率66%(3分の2以上)

株主総会には特別決議があります。特別決議では株主総会の中でも、特に重要な事項について決定します。普通株の保有率が66%を超えると、その特別決議に参加できます。また、それだけではなく、特別会議の承認を単独で実施することもできます

普通株を66%以上保有すると、経営に直接関わる以下のような議題を決定することができます。

  • 合併や分割などの組織再編行為
  • 事業譲渡に関する承認
  • 会社の定款変更
  • 新株の有利発行

③保有率50%以上(2分の1以上)

普通株の保有率50%以上でも、株主総会特別決議の議決権が得られます。しかし、3分の2以上の普通株保有者とは異なり、特別決議を単独では成立できません。また、単独承認はできませんが、株主総会普通決議を阻止する権利が与えられています

株主総会の普通決議では、以下の事項について決定します。

  • 会社の取締役と会計監査人の選任や解任
  • 配当などの利益の分配方法

つまり、普通株を過半数所持していると、会社の決定機関や財務状況などを掌握することができます。また、会社の株式を50%ずつ保有している株主が2人いる場合、権力は同じになります。

④保有率33%以上(3分の1以上)

普通株保有率66%では、株主総会の特別決議での議決権がありました。一方、保有率33%以上では、単独阻止できる権利を得られます

会社経営に関する変更の提案はできないため、特別効力がないようにも思えますが、普通株を33%以上保有している株主の反対があった際には、議決権を行使できなくなります。

⑤保有率25%以上(4分の1以上)

普通株を25%以上保有していると、経営そのものを掌握することはできません。しかし、相互保有株式の際に与えられる議決権に対しては停止を実施する権利があります

この権利は、主に取引実績がある会社同士で使用される権利です。一般的に普通株の保有率が25%を超えると、取得された会社は自動的に支配下に置かれます。

⑥保有率10%以上(10分の1以上)

自身が所持する普通株の発行会社に対して、解散を請求することができます。基本的には使用されない権利ですが、何らかの事情があった際に権利を行使される場合があります。

しかし、これはあくまで解散を要求できる権利であり、実際に解散にまでは至らないケースがほとんどです。

⑦保有率3%以上(100分の3以上)

普通株の保有率が3%を超えると、会社に対してさまざまな請求を実施することができます。

例えば、株主の招集や、役員が不適任であると判断すれば解任を求めることができます。また、会社が保有している帳簿の閲覧要求の申し立てを行うことも可能です。

一方、普通株保有率3%以上では、会社に対して異議の申し立てはできますが、直接的な決定権はありません

⑧保有率1%以上(100分の1以上)

普通株の保有率が1%であると、投資金額としては少額に感じるかもしれません。しかし、大手企業となれば1%は高額な金額です。

そのため、普通株保有率が1%以上の場合は、株主総会で議案の提示ができます。この権限は普通株保有率1%以上の株主のほかに、保有数300を超える株主にも与えられています。

※関連記事
支配権とは?意味やM&Aにおける支配権プレミアムを解説

普通株と比較した種類株

普通株と比較した種類株

普通株とは、他の種類株式の基準値となる株式です。普通株と種類株式を比較すると、以下のような特徴があります。

①優先株と普通株

優先株とは、普通株所有者と比べて、配当や残余財産を優先的に分配してもらえる株式です。また、市場で出回る優先株の値段は、普通株よりも低いケースが一般的です。そのため、優先株を買ったほうがお得であると感じるかもしれません。

しかし優先株には、議決権が与えられないというデメリットがあります。議決権がない代わりに手頃な価格で手に入るというのが優先株の仕組みです。従って、会社の経営権を掌握したい場合には、優先株ではなく、普通株を選択しましょう。

②劣後株と普通株

劣後株は、配当や残余財産に関して優先順位が低い株式です。普通株と比べると、配当や残余財産の分配に関して後回しとなります。従って、会社が解散した際は、資金が返済されないケースがほとんどです。

一方、株式の発行値段が格安であるというメリットがあります。少ない費用で会社の議決権を得たい場合には、普通株よりも劣後株を選択したほうがお得です。

このように、保有する株式の種類は目的に合わせて選択することができます。種類株の基準を決める意味でも、普通株は重要な役目を果たしています。

※関連記事
優先株

まとめ

まとめ

普通株はリスクとリターンが同等の株式であるため、経営権や配当に対してそこまで執着がないのであれば、普通株の購入をおすすめします。

また、高いリターンを得たい場合は、高いリスクが伴います。優先株や劣後株にもメリットがありますが、購入する際には自身の目的を明確にしてから決断するようにしましょう。

要点をまとめると、下記になります。

・普通株とは?
→種類株式の基準となる株式のこと

・普通株の所有者が行使できる権利
→配当金の受け取り、残余財産の分配、議決権の獲得

・普通株の保有率別の権利
→保有率が高いほど、経営の根幹に関与することができる

・優先株とは?
→普通株と比べて、配当や残余財産を優先的に受け取れる上に安価だが、議決権がない

・劣後株とは?
→普通株と比べて、配当や残余財産に関する優先順位が低いが、格安で手に入る

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

 事業再生スキーム一覧!再成長への資金繰りの方法は?成功事例など過去事例も紹介

事業再生スキーム一覧!再成長への資金繰りの方法は?成功事例など過去事例も紹介

債務超過に陥った企業が事業再生を行うためには、適切な事業再生スキームの選択が重要です。金融機関や日本公庫が、中小企業の資金繰りや事業再生をサポートしています。本記事では、事業再生スキームの種類や...

経営資源引継ぎ補助金とは?支給対象/給付額/審査/流れを徹底解説

経営資源引継ぎ補助金とは?支給対象/給付額/審査/流れを徹底解説

事業承継が必要でありながら資金の用意が難しく、なかなか踏み出せない事業者もいます。そのような場合に活用したいのが経営資源引継ぎ補助金という制度です。この記事では、経営資源引継ぎ補助金について補助...

LBOファイナンスとは?LBOとの違いや特徴/リスクを解説【図解】

LBOファイナンスとは?LBOとの違いや特徴/リスクを解説【図解】

LBOファイナンスとは、対象の信用力や資産を担保にして金融機関から買収資金を調達する買収方法です。名称の由来は、比較的少額の自己資金を梃子(レバレッジ)にすることからきています。本記事では、LB...

中間報酬が無料のM&A総合研究所の料金体系を解説

中間報酬が無料のM&A総合研究所の料金体系を解説

M&A総合研究所は、売り手の中間報酬が無料のM&A仲介会社です。中間報酬以外にも相談料・着手金・月額報酬を無料としており、料金体系が強みです。本記事ではM&A総合研究所の料金体系、主要仲介会社の...

第三者割当増資のメリット・デメリットや注意点・手続きをわかりやすく解説

第三者割当増資のメリット・デメリットや注意点・手続きをわかりやすく解説

第三者割当増資とは、特定の第三者に新株引受権を付与して増資する方法です。必要な手続きは比較的簡便なため、企業の資金調達の手段として重宝されています。本記事では、第三者割当増資のメリットやデメリッ...

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

総数引受契約書は、募集株式の発行の際に発行者と割当者の間で取り交わされる契約書です。第三者割当増資の手続きを簡略化する目的で活用することが多くなっています。本記事では、総数引受契約書の作成方法と...

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBとは、買い手が株式の数や価格、期間などを定め、株式取引市場外で株式の公募を行う取引手法のことです。本記事では、TOBが不成立やディスカウントになる意味と、TOBが不成立になった事例やディス...

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資は、資本金増額や敵対的買収への対抗策として用いられます。本記事は、第三者割当増資に関する総数引受契約書の作成方法や、契約の流れ・注意点のくわしい解説を載せるほか、総数引受契約書の雛...

バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトとは、企業の経営が悪化した時に自社内の経営者や従業員が企業の買収を行うことです。今回はバイアウトの3つの種類や目的、M&Aとの違いを知ってバイアウトの基礎知識をわかりやすく解説します。...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)