2020年3月30日更新業種別M&A

病院経営における赤字割合の現状と対策

病院経営の赤字は、そこで働く人のみならず患者にも悪影響をもたらしますが、現状では3割もの病院が赤字に陥っています。病院経営の赤字を克服するためには、現場医療に即した経営移行とマクロの視点で国が医療改革に舵を切ることでつぶれない病院へと変わる必要があります。

目次
  1. 病院経営の赤字
  2. 病院経営における赤字の問題点と課題
  3. 病院経営における赤字割合
  4. 病院経営における赤字割合の推移
  5. 病院経営が赤字に陥る原因・理由
  6. 病院経営における赤字対策
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
病院 医療法人のM&A・事業承継

病院経営の赤字

中小企業を中心に、経営難に陥っている会社は多くあります。特に病院経営は業界の特殊な状況も相まって、他の業界よりも厳しい状況にあります。今回は、病院経営における赤字の割合や理由、改善策を解説します。

※関連記事
病院・クリニックの事業承継とは?課題や注意点などポイントを解説!

病院経営における赤字の問題点と課題

まずは、病院経営の現状をおさらいしましょう。ご存じのとおり、現在の日本では少子高齢化に伴い医療業界に対するニーズは年々高まっています。認知症患者の増加や健康寿命の上昇に比例し、国内の医療費総額が右肩上がりに増えています。

国民医療費を1980年代と比較すると総額は約2倍程度まで膨れ上がっており、今後さらに医療費は増加すると予想されます。こうした病院をはじめとした医療に対する需要が高まる一方で、病院は数々の問題を抱えています

真っ先に挙げられる問題は、病院数・病床数の多さと稼働率低下による経営状況悪化です。諸外国と比較した場合、日本の病院・病床数は圧倒的に多く、それに伴って稼働率が低下しています。

深刻な医師不足が進行

さらに、日本の病院業界では深刻な医師不足が進行しています。団塊世代の医師が急速に退職する一方で、新しく医師になる人数は年々減少しています。国家資格取得の難易度上昇や医学部の定員数限定により、相対的に減少していることが考えられます。

こちらも諸外国と比べると、患者一人当たりに対する医師数が少なく、十分なサービスを施せていない現状です。高度な仕事なために数を限定しているのでしょうが、今後は国が一丸となって舵きりする必要があるといえ、もしもこのまま医師の数が減少すれば病院経営は成り立たなくなる可能性があります。

また、これに関連して親が経営する病院を継がない子供も増えてきており、他の業界と同様に後継者不足の問題も進行しています。

※関連記事
医療法人の事業承継
病院・クリニックの事業承継とは?課題や注意点などポイントを解説!

病院経営における赤字割合

次に、病院経営の赤字割合をお伝えします。平成29年に全日本病院協会が行った「病院経営調査報告」にて、全国の病院数に対する赤字割合が報告されています。これによると、医業収支のみでは全病院数の33%の病院経営が赤字に陥っています。

そして、東京都内の病院のみを対象とした場合は35%、指定都市を対象とした場合は34%の病院経営が赤字となっています。医業収支以外の収支を加えても、全体の30%の病院経営で赤字であり、東京都内の病院では31%が赤字としています。

一方で、指定都市の病院では総収支が赤字となる割合は27%と減少するため、指定都市では医業収支以外の貢献が比較的大きいと考えられます。病床数別に分けた場合は各病床数の規模間に相関関係が見られず、経営主体(医療法人・個人)で分類した場合は、医療法人の方が赤字経営の割合が少ないです。

いずれにせよ、全体としては3割の病院経営が赤字に陥っている結果となりました。

経常利益・医業利益では半数以上が赤字

全日本病院協会の「平成30年度病院経営定期調査-集計結果(概要)-」によると、経常利益で赤字となっている病院は53.8%、医業利益で赤字となっている病院が59.7%と、ともに半数以上が赤字という結果となっています。

これらの割合は平成29年と比較すると多少減少して増益を果たしている病院もありますが、増益となった病院の多くが従業員への給与や設備関係の費用を削減させるなどにより回復していることから、状況が上向いているとは言えないのが現状です。

なお、平成29年度までは全日本病院協会が単体で行っていた病院経営調査ですが、平成30年度からは日本病院会と日本医療法人協会の3団体が合同で調査しています。

※関連記事
赤字でも消費税がかかる?赤字企業における法人、個人事業主の納税義務

病院経営における赤字割合の推移

病院 医療法人のM&A・事業承継
病院 医療法人のM&A・事業承継

先ほどと同様に全日本病院協会の「平成29年度病院経営調査報告」を見たときに、医業収支の赤字割合は平成28年が全体の35%が赤字でしたが、平成29年には33%と病院経営の赤字割合は2%減少(改善)しています。東京に限定すると44%から35%に減少していますので、1年間で9%も改善されています。

次に、総収支(医業収支以外を加えた収支)の赤字割合では、全体では平成28年が34%、平成29年は30%と4%改善しています。個別に見ると東京では11%、指定都市では6%病院経営の赤字が減少しています。

経常利益・医業利益では微減

こちらも同様に全日本病院協会の「平成30年度病院経営定期調査-集計結果(概要)-」を見ると、平成29年は経常利益で54.1%、医業利益では59.9%が赤字となっています。これが平成30年には経常利益で53.8%、医業利益で59.7%とわずかではありますが改善しています。

ただし、これは消費税増税前の数値であることから、消費税の増税が病院経営を苦しめる大きな要因となる可能性があります。

※関連記事
赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

病院経営が赤字に陥る原因・理由

改善されているとはいえ、現状3割もの病院が赤字に陥っている事態は深刻です。この項では、病院経営が赤字に陥る以下の3つの原因をお伝えします。

  1. 国の医療政策
  2. 患者に対する過剰治療
  3. 非効率な病院経営

①国の医療政策

医療に対するニーズや医師・看護師の需要は多くあるのですが、それでも病院経営が赤字に陥る背景には国の医療政策に根本的な問題があります。医療費の設定や医療制度、病院経営の現実に則さない施策が多い点が非常に大きな問題を生んでいます。

後期高齢者医療制度などの病院経営の現場から批判を浴びる制度は、現実に即した改善が必要であると考えられます。

②患者に対する過剰治療

国の医療政策のみならず、病院経営を行う病院自体にも赤字の要因があり、本来不必要な治療や過剰な治療を行う病院は多く、国全体の医療費増加につながっています。国全体の医療費が増大すれば、国はさらに低医療費政策を推進して病院経営はさらに苦境に立たされてしまいます。

短期的には良いものの、長期的には自分たちの首を絞める行為となるため、必要最低限の治療を心がけることが大切です。

③非効率な病院経営

非効率な病院経営は、病院経営が赤字に陥る最大の要因でつぶれる病院の特徴といえます。地方の病院では開業医が経営者も兼任しているケースが多いですが、医師には経営の知識や経験が少なく、経営者としての資質がないために非効率な病院経営となり、赤字経営に陥るケースは少なくありません。

地方の民間病院のみならず、公立病院でも非効率な病院経営の問題が生じやすくなっています。公立病院には地方公営企業法が適用されるほかに、公務員の決まりや考え方に基づいて病院経営が進められ、病院経営をまったく知らない人物が管理する結果、とても非効率な経営が行われて赤字経営に陥ってしまいます。

赤字の病院経営から抜け出すためには、経営と病院の知識をバランスよく運用する必要があります。

病院経営における赤字対策

最後に、病院経営の赤字を改善する方法(施策)を、マクロの視点から以下の3つをお伝えします。

  1. 病院同士の統合
  2. かかりつけ医制度の浸透
  3. 現場主導の医療への変換

①病院同士の統合

海外諸国と比べて日本の病院数・病床数は非常に多く、それが病院の稼働率を低くしています。稼働率の低さは病院経営の赤字の一因であり、病院経営の赤字を抜本的に改善するためには、病院同士の統合は必須と言えます。

病院数が減少すれば稼働率が向上し、医療費抑制や赤字体質の改善につながります。短期的には患者側が病院を利用しにくくなるデメリットはあるものの、長期的には大きなメリットがもたらされます。ただし、全国各地の病院を統合するわけではなく、過剰に病院が存在する首都圏を中心に数を減らすことが大事です。

地方では病院が不足している地域もあり、そこを統合してしまえば患者への影響は測りしれません。しかし、病院の経営統合はいうなればM&Aといえますが、実際に行うことは決して簡単ではありません。M&Aには専門的な知識が必要であり、相手の病院との交渉などプロセスは多いです。

そのため、実際に行う場合はM&A仲介会社などの専門家を起用することが望ましいです。その際は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所には豊富な知識と経験を持つアドバイザー在籍しており、M&Aをフルサポートいたします。

ご相談は無料であり、費用に関しても国内最安値水準の完全成功報酬制となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

②かかりつけ医制度の浸透

かかりつけ医制度の浸透も、病院経営の赤字改善には必要な施策です。かかりつけ医制度とは、いつでも気軽に相談できる医師を一人ひとりが見つける制度です。かかりつけ医は身近な地域で日常的な診療を実施し、患者の症状に応じて最適な専門病院を紹介する役割を担います。

昨今は自身の症状がわからずに最初から専門病院に出向き、不必要な検査を実施するケースが多く、それが赤字経営を悪化させる要因となり得ます。かかりつけ医制度が世間に浸透すれば不必要な医療行為は抑制され、結果的に病院経営の赤字が改善されます。

欧米ではひと昔前からかかりつけ医制度が浸透している一方で、日本では提唱されて以降もなかなか制度が浸透していません。理想論かもしれませんが、日本でもかかりつけ医制度の浸透は早急の課題と考えられます。

③現場主導の医療への変換

通常の株式会社と比べて病院経営には国や地方自治体の関与割合が多く、国や地方自治体が過剰に関与している結果、現場医療とはかけ離れた制度や経営が実施されている現状です。病院経営の赤字改善のためには、現場主導の医療へと変換しなければなりません。

病院ごとに強みに対して経営資源を投入し、経営の効率化を図る必要があります。各病院の強みを理解しているのは国や地方自治体ではなく、現場で医療に従事している医師や看護師です。効率的な経営により赤字を解消するには、国や自治体には資金面の援助、現場医療に即した支援を施すことが求められます。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!
医療業界のM&A

まとめ

今回は、病院経営の赤字に関して解説しました。病院数の多さや過剰な医療費など病院経営の抱える課題は多く、3割もの病院が赤字に陥っています。病院経営の赤字を克服するためには、現場医療に即した経営への移行と、マクロの視点で国が医療改革に舵を切ることが大切です。

今後、高齢化がますます進行して医療に対するニーズは高まります。現状の病院経営の慣習・制度を続けていては、赤字体質を改善できないどころかさらに赤字の病院経営が多くなる可能性もあり、そこで働く人のみならず患者にも悪影響をもたらします。

患者のためにも、病院経営の赤字は早急に改善しなくてはいけません。最後に、この記事の要点をまとめると下記になります。

・病院経営の現状
→諸外国と比べると病院数や病床数が多い一方で、患者一人当たりに対する医師数が少ない

・病院経営の赤字割合
→平成29年時点で全体の33%で病院経営が赤字であり、経常利益や医業利益では半数以上が赤字

・病院経営の赤字割合の推移
→平成28年と比べると全国で2%、東京では9%が減少している

・病院経営が赤字に陥る原因
→国の医療政策、患者に対する過剰治療、非効率な病院経営

・病院経営の赤字を改善する方法
→病院同士の統合、かかりつけ医制度の浸透、現場主導の医療への変換

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界は土地さえあれば参入しやすい事業です。しかし、人口減少や車離れの影響で、簡単に収益が得られなくなると予測されています。その時に取れる手段の1つがM&A・譲渡です。この記事では駐車場業界...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

本記事では、住宅建設業界のM&Aについて、2020年の業界の最新動向や買収相場の考え方、M&Aのメリット・デメリットなどを解説していきます。実際に行われた住宅建設会社のM&A事例も、2020年の...

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

お金や資産を貸し出して利益を得ているのが金融・リース・レンタル事業です。当記事では、金融・リース・レンタル事業の概要をはじめ、各業種が抱えている問題や、事業承継の可能性、事業承継の手順・事例・注...

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

今後の成長が期待されているITソフトウェア業界では、ソフトウェア開発の重要性の高まりから、他業界やスタートアップ企業の参入が多く、M&Aが積極的に実施されています。本記事では、ITソフトウェア業...

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

利用者にまつ毛エクステを施すのがマツエクサロンの事業です。当記事では、マツエクサロンが置かれている現状をはじめ、M&Aの動きや、M&Aを用いた際のメリット、M&Aで注意を払う点、M&Aの手続き、...

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界は国内の市場規模は減少しているものの海外展開など顧客のニーズが変化してきており、今まで以上にM&Aが行われるようになると予測されます。今回は今度積極的に行われていくジュエリー業界の...

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

資金・商品を貸して利益を得るのが金融・リース・レンタル業です。当記事では、金融・リース・レンタル業の内容をはじめ、各業界に見られる事業譲渡(事業売却)の動きや、事業譲渡(事業売却)の手順、メリッ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
病院 医療法人のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)