2021年4月22日更新会社・事業を売る

第三者割当増資の株価への影響

企業にとって有効な資金調達手段である第三者割当増資ですが、結果的に発行株式数の増加は高い確率で株価変動をもたらします。第三者割当増資のメリット・デメリットや株価算定方法を見ていきながら、第三者割当増資が株価に与える影響について紐解いていきましょう。

目次
  1. 第三者割当増資とは?
  2. 第三者割当増資のメリット
  3. 第三者割当増資のデメリット
  4. 第三者割当増資で用いられる株価算定方法
  5. 第三者割当増資の株価への影響①株価上昇
  6. 第三者割当増資の株価への影響②株価下落
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

第三者割当増資とは?

第三者割当増資とは?

企業にとって財務基盤を安定させることは最重要テーマの1つです。それはすなわち、運転資金をいかに調達するかということに他なりません。資金調達と言えば、金融機関からの融資を思い浮かべる方も多いでしょう。

しかし、返済の必要がある融資以外にも、返済のいらない資金調達手段もあります。それが増資です。増資こそが、企業の財務基盤安定に直結する手段とも言われています。その増資には、第三者割当増資、株主割当増資、公募増資の3種類があります。

各企業のその時のそれぞれの状況に応じて、適する増資方法が選ばれるのですが、本記事ではその中の第三者割当増資にフォーカスし、特徴を解明していきます。

⑴第三者割当増資の概要

第三者割当増資とは、会社側が特定の第三者のみに割り当てる前提で新株を発行し、第三者側がそれに応じて株式を購入することによって成立する資金調達方法です。新株の購入ですから、その分、資本金額は上積みされることになります。

⑵第三者割当増資の対象

第三者割当増資の第三者とは、新株発行前に事前に協議が行われ決定されます。協議内容には、当然、株価の設定や総額などについても含まれています。そして、大概の場合、第三者の対象となるのは取引先であったり、取引中の金融機関、または自社の役員に集約される傾向が強いようです。

このように自社に近い存在に対する割当増資であることから、縁故増資、縁故割当と呼ばれることもあります。また、特殊なケースとして、2つの会社間で事業会社を設立し、その事業会社を通して第三者割当増資の形でお互いに増資し合う、あるいは一方に増資が実行される例も存在します。

⑶第三者割当増資の手続き・手順

第三者割当増資の手続きは、基本的には通常の新株発行手続きとほぼ同一です。その手順は以下のようになります。

  1. 第三者割当増資の実行と発行数や価格などの内容を株主総会で決定し、それを外部に公示する(定款次第で取締役会での決議も可能)。
  2. 第三者割当ての対象者に募集事項を通知する。
  3. 第三者割当の当事者は新株の引受人として申込書を提出する。
  4. 上記の申込書をもって第三者割当増資を実施する旨を株主総会にて特別決議を行う。
  5. 新株引受人が定められた期日までに出資金を払い込む。
  6. 新株が発行され、引受人に引き渡される。
  7. 増資内容や発行株式数の変動について登記変更手続きを行う。
なお、公開企業の場合、第三者割当増資を実施する旨を既存株主に通知する義務がありますが、非公開企業の場合には、その義務がありません。また、既存株主は差し止め請求が可能となっています。

⑷第三者割当増資の注意点

第三者割当増資は、結果的に株式の総数を増加させます。つまり、既存株主の立場から見れば、持ち株比率が低下することになるわけです。そのため、既存株主から第三者割当増資に対する反発が起こることも大いにあり得ます。現実に差し止め請求がなされたこともあります。

したがって、会社側は株主総会にて丁寧な説明を行い、既存株主の理解を得る努力が必要です。第三者割当増資にはこのような側面もあるため、公開企業の場合、公募増資を実施する方が通例化されています。

つまり、制度的に公募増資は不可能に等しい非公開企業において採用される増資方法が、第三者割当増資ということになるのです。また、第三者割当増資は、M&A手法の1つとして実施される場合があります。

例えば、売却側企業の運転資金不足が懸念されるケースなどで、買収側企業は過半数以上となる新株発行を引き受け増資措置を取ります。売却側企業の財務基盤をまず安定させ、従来からの経営陣と共同経営を行いながら、引き継ぎや内情の把握を進め、経営再建する手法です。

このように、第三者割当増資を用いて行うなどM&Aには様々な手法があります。その際は、やはりM&Aの専門家のアドバイスがおすすめです。

M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つアドバイザーがM&Aをフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)無料相談をお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

※関連記事
株主割当増資とは?メリット・デメリット、注意点を解説
エクイティーファイナンスとは?メリット・デメリットや種類やM&A戦略での活用を解説

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

第三者割当増資のメリット

第三者割当増資のメリット

ここで、第三者割当増資のメリットについて考えてみましょう。資金調達という観点と企業バリューという観点の2つの見方で第三者割当増資の利点を探ります。

⑴資金調達手段としての第三者割当増資のメリット

第三者割当増資に限らず、増資という手段での資金調達に言えることは、融資と違って返済義務がないことが、最も特徴的で会社にとって有意義なことです。この点に異論の余地はないでしょう。加えて、第三者割当増資の場合は比較的、簡易に手続きが行えることも利点です。

⑵企業バリューが向上するメリット

増資によって経営基盤は安定化しますから、それだけでも企業バリューは上がった状態です。そして、取引先や取引金融機関が新たな株主として加わったということは、さらなる企業バリュー向上に繋がる環境になったことを意味します。

それは、例えば、取引先が新株主であれば資本提携したことになり、お互いの事業にシナジーを持たせたり、新たな共同事業を行うスタート地点に立ったことになります。取引金融機関が新株主の場合なら、財務面の相談相手としてこれほど心強い存在はありません。

なお、例外的な特殊なケースとしての話になりますが、万が一、敵対的買収を仕掛けられた際の有効な対抗策として、第三者割当増資が用いられることもあります。

※関連記事
第三者割当増資のメリット
第三者割当増資の手続きとは?契約書や取締役会について解説

第三者割当増資のデメリット

第三者割当増資のデメリット

いいことずくめに思える第三者割当増資ですが、やはり、デメリットも存在します。そして、それは避けては通れないこともあるでしょう。しかし、事前に第三者割当増資のデメリットについてもきちんと把握しておけば、いざという時の対処も余裕を持って行えるはずです。

⑴持ち株比率低下の問題

増資をする以上、新株を発行する以外の方法はありません。第三者割当増資で避けては通れない問題の1つは、この新株発行による総株式数の増加です。これがどういう意味をなすかと言えば、1株当たりの利益は低下してしまうという止むを得ない事実が生じます。

これをもっと言い換えるならば、1株当たりの配当金の低下です。これに対して既存株主が反発心を持つのは人情と言えるでしょう。また、非公開企業でのケースを考えると、持ち株比率の変動内容によっては、経営判断の方法を変えざるを得なくなります。

以前までは、オーナー経営者の独断で行えてきた経営判断が、一定比率を持つ新株主の出現により、調整をしないと前に進めない事態になることも考えられます。

⑵税コスト増加の可能性

これまでの資本金額と増資する金額の内容によっては、これまで中小企業として享受してきた税法上の免除・優遇措置が受けられなくなる場合があります。そのことは、結局のところ、納税時の納税額高騰という結果に行き着きます。

このことを理由に増資をしないというのはあり得ない考え方です。しかし、増資額を多少調整することで優遇措置に留まれることはあり得ます。この点は、念のため、頭に入れておきましょう。

第三者割当増資で用いられる株価算定方法

第三者割当増資で用いられる株価算定方法

第三者割当増資を行う際、上場企業であれば、株式市場での株価をベースとしての新株の株価をすぐ算定できます。しかし、非公開企業では、その方法は取れません。そんな時に用いられることになっている、確立された算定方法がいくつも存在します。

それらを大きく種別すると、コストアプローチ、インカムアプローチ、マーケットアプローチの3種類です。そして、各アプローチ種別ごとにさらに具体的な算定方法が分かれています。

⑴コストアプローチ

第三者割当増資で用いられる株価算定方法の中の3種類のうち、コストアプローチには2つの方式があります。コストアプローチは貸借対照表にある純資産と負債に着目した算定方法ですが、純資産の解釈の違いにより2つの手法に分かれています。

①簿価純資産法

コストアプローチのうちの1つは、簿価純資産法と呼ばれるものです。貸借対照表にある純資産総額から負債総額を差し引いて株価を算定します。計算が簡潔であり、スピーディーに算出できる点が利点です。

ただし、あくまでも現時点での簿価基準となるため、市場性や会社の将来性に対する要素は含まれていません。

②時価純資産法

コストアプローチのもう1つの手法である時価純資産法は、簿価純資産法とよく似ています。ただし、純資産額については時価に換算し、そこから負債額を差し引いて株価を算定する点が違いです。簿価純資産法と比べると、市場性については加味されたことになります。

ただし、やはり、会社の将来性に対する要素は加味されていません。

⑵インカムアプローチ

インカムアプローチは収益方式とも呼ばれる手法ですが、株価の算定に用いられるのは、その中のDCF(Discounted Cash Flow)法です。会社の将来的な収益の変化やキャッシュフローなどの予測を立て、そこに特定の割引率を施して株価を算定します。

インカムアプローチでは、会社の将来性に対する期待値が株価に込められるという見方ができます。そのため、将来の収益予測の場面では、予測者の主観に左右されがちであるというデメリットも指摘されています。

⑶マーケットアプローチ

マーケットアプローチは、既存の外部の企業を選択し、その企業の情報を参照して株価を算定する手法です。そして、マーケットアプローチの場合も、類似業種比較法と類似企業比較法の2つの方法があります。

①類似業種比較法

マーケットアプローチのうちの類似業種比較法とは、自社と同じ業種である上場企業の数値を参考に株価を算定するやり方です。算定には業種ごとの情報が閲覧できる国税庁発行資料を用います。同業種とは言え、中小企業と上場企業では企業規模が違うため、算定は難しい一面があります。

②類似企業比較法

もう一方のマーケットアプローチ手法である類似企業比較法は、同業種で事業規模も類似する上場企業の情報を基にして株価を算定する方法です。客観性を担保しやすい点がメリットである手法ですが、類似の企業を見つけることが難しいという根本的な問題があります。

いずれにしても、これら株価の算定方法はM&Aの現場においても用いられている手法です。第三者割当増資による経営再建を検討するおりには、合わせてM&Aについても考察し比較することをおすすめします。

M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つアドバイザーがM&Aをフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)無料相談をお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味をわかりやすく解説!
M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定のメリットをご紹介

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

第三者割当増資の株価への影響①株価上昇

第三者割当増資の株価への影響①株価上昇

過去のデータを見てみると、上場企業が第三者割当増資を行った場合、必ずと言っていいほど株価は何らかの変動を示してきました。それらの分析結果から、第三者割当増資が株価に影響をもたらしたであろう一般的な理由がいくつか示されています。

まずは、第三者割当増資で株価が上昇したケースについて見てみましょう。

⑴前向きな目的で実施するケース

第三者割当増資の前向きな目的とは、売上高の頭打ち状況を打破し収益を拡大すための資金として第三者割当増資を行う場合のことです。具体的に何を行うかは、その企業の判断ですが、新規事業着手、新技術の開発、事業領域の拡大等がキーワードとなるでしょう。

また、この時、資本提携相手となる第三者割当増資の引受先との間で、何らかのシナジーも想定できるようなら、その相乗効果も評価されます。こうして、株式市場で好感や期待感が持たれれば、投資家から買い注文が集まり、株価が押し上げられる結果になり得るのです。

⑵日の目を見てこなかった会社が第三者割当増資に乗りだすケース

株価が低迷し低位株となってしまっているような企業の、起死回生の一手として第三者割当増資が実行される場合もあります。他社と比べ実績は見劣りしているものの、第三者割当増資を行うというやる気や自信に対して評価が集まる場合があるのです。

低位株であれば、それ以上株価が落ち込む心配もない気楽さもあって思わぬ買い注文の集中で株価が急上昇した例もあります。

※関連記事
株価算定方法を解説します
M&Aによる株価の影響とは?M&Aによる株価の上昇・下落事例を解説

第三者割当増資の株価への影響②株価下落

第三者割当増資の株価への影響②株価下落

第三者割当増資を実施した場合の株価への影響については、実際のところ、上昇するよりも下落するケースの方が多いというデータが出ています。その理由を分析してみると、だいたい2つの理由に集約されることがわかってきました。

⑴第三者割当増資による株式の希薄化

新株を発行するのが増資です。第三者割当増資でなくても株主割当増資であれ公募増資であれ、どの場合でも、その結果として発行済み株式総数は増加します。株式総数が増加すれば、どうしても1株当たりの価値が減少することは避けられません。これが株式の希薄化です。

株式の希薄化は、1株当たりの配当金減少も意味します。当然ながら、既存株主は反発し、具体行動として所有している株式を売却してしまうため、株価減少を招くのです。

⑵第三者割当増資を有利発行してしまったケース

有利発行とは、増資引受先である第三者に対し、1株当たりの株価を低価格にするなどの有利な条件で新株を発行することを意味します。株式の希薄化を最たるものとする行為です。この場合、既存株主は、より以上に反発するでしょう。

要らぬトラブルを防ぐためにも、有利発行だけはしないようにしないといけません。

⑶ネガティブな理由で実施するケース

収益の拡大などをめざす前向きな目的とは真逆に相当する、ネガティブな理由で第三者割当増資を行うと既存株主からの評価はガタ落ちし、株は売りさばかれてしまうでしょう。ネガティブに該当することとしては、運転資金難の解消負債の拡大を抑える等が該当します。

※関連記事
有利発行とは?意味や非上場会社/M&Aでの活用、税務を解説
第三者割当増資における希薄化

まとめ

まとめ 編集上に下に

企業にとって有効な資金調達手段である第三者割当増資にも、色々と注意しなければならない点もあることが、おわかりいただけたでしょう。また、第三者割当増資を実行する以上、避けては通れない課題もあります。絶えず情報の更新を心掛け、自社に取ってのベストを見極めて下さい。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

M&Aによる会社売却はタイミングが重要で、同じ会社でもタイミングの違いによって売却価格が大きく変わる可能性もあります。本記事では、会社売却の適切なタイミング、会社売却のメリットや利益を最...

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

出版業界は、電子書籍の普及と紙媒体の衰退といった大きな変化の渦中にあり、業界再編などを目的としたM&Aが活発です。本記事では、出版業界の最新M&A事例9選を紹介するとともに、出版...

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きを見せています。本記事では、2021年の宅配・フードデリバリー業界のM&...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料が高いことが問題視されています。本記事では、M&A仲介会社の手数料はなぜ高いのか、手数料相場や手数料が高いか安いか判断するた...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

M&Aで締結する契約の1つにTSAというものがありますが、知らない方やよく分からない方も多いのではないでしょうか。本記事では、TSAの意味や活用される場面、TSAと関連の深い契約である最...

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aで会社を買収する際は、買い手にどのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しておくことが大切です。本記事では、M&Aの買い手のメリット・デメリットを詳しく解説するとともに...

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

近年は事業承継を目的とするM&Aが盛んになっていますが、売り手側のメリットはそれ以外にもさまざまなものがあります。本記事では、M&Aにおける売り手側のメリットとデメリット、M&a...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)