2021年4月21日更新会社・事業を売る

経営の失敗を防ぐには

経営が失敗する要因には、資金繰り、従業員育成の失敗、経営ビジョンの不明確、経営者が潰れることなどがあります。経営で失敗しないためには、上記の失敗要因を起こさないように対処することが大事です。 

目次
  1. 経営の失敗を回避するために
  2. 経営の失敗にありがちな原因
  3. 経営に失敗する経営者の特徴
  4. 経営の失敗を防ぐポイント
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

経営の失敗を回避するために

経営の失敗を回避するために

経営者にとって、経営で失敗するのは何よりも怖いことです。志を持って起業したのに、経営で失敗して倒産するのは最悪な未来図です。

経営者であるなら、是が非でもそんな未来は避けたいことでしょう。今回は、経営が失敗する原因や回避するためのポイントを解説します。

※関連記事

経営に求められる判断

経営の失敗にありがちな原因

経営の失敗にありがちな原因

経営が失敗する原因は多種多様ですが、大きく分けるといくつかの要因に大別可能です。どれも文字だけで見ると当たり前ですが、うっかり忘れがちな要素です。以下で説明する要因は、経営者の方は極力避ける必要があります。 

①資金繰りの失敗

経営の失敗でありがちなのが、資金繰りの失敗です。具体的には、以下のような資金の使い方によって、経営が失敗する可能性が高くなります。

  • 起業・開店の準備段階における資金の使いすぎ 
  • 固定費(テナントの家賃、人材費、消耗品の代金など)のかかりすぎ

また、資金繰りを悪化させている原因を精査せず、金融機関の借入や取引先への先払いを繰り返して、自分の首を絞めてしまう失敗も少なくありません。

経営において資金は重要なリソースであり、経営を立ち行かせるために必要不可欠です。安易に資金を浪費すれば、経営の失敗を招く恐れがあります。

②集客の失敗

集客は、経営以前に商売をする上で最も大事な要素です。したがって、集客の失敗は経営の失敗に直結します。

最初は、知り合いの利用や開店してからの盛り上がりもあって一定数の顧客が来ていたものの、月日が経つごとに顧客が減るパターンが多いです。

経営を続けるには、一定以上の固定客の確保は何よりも急務です。経営を失敗しないためには、集客に対してしっかりと向き合う必要があります。

③従業員の育成失敗

意外と多いのが、従業員の育成失敗に起因する経営悪化です。特に、起業当初よりも経営が軌道に乗ってからは注意です。従業員が増えると、育成や管理などの手間がより大きくなります。

単純に人件費がかさみ始め、会社の資金を圧迫する場合はもちろんあります。ですが、何より注意すべきは「従業員の育成」です。従業員が増えると育成が急務になりますが、育成をすべき経営者や先輩が業務に追われると、従業員への教育が行き届かなくなります。

最悪の場合、製品やサービスの質の低下を招き、経営の失敗につながりかねません。また、育成の失敗によって特定の従業員ばかりが負担を背負う状況になると、従業員との信頼関係が瓦解し、人材が流出する可能性があります。

中には従業員と経営者の関係が悪化し、資金を持ち逃げした結果倒産に追い込まれた事例も珍しくありません。

もちろん日々の業務は大事ですが、従業員の育成は経営の存続には欠かせない要素です。人材育成をしっかりクリアしなければ、経営の失敗を招くでしょう。 

④経営者が潰れる

経営者が潰れてしまうのも、失敗の一因としてあげられます。経営者は立場上、誰よりも責任が重いです。その重責を背負うあまり、無理に仕事に没頭してしまい、結果的に体調を崩してしまうケースは少なくありません。

潰れなくても、経営者は経営の悩みを一人で抱え込みがちです。相談できる相手がおらず、日々の業務に追われて本来のパフォーマンスを発揮できなくなると、経営の失敗につながります。 

⑤経営者のビジョンがない

経営者のビジョンがないことは、経営の失敗につながる致命的な要因です。経営者のビジョンは、会社の今後を定める上で重要な指針となります。そのビジョンが根本的に間違っていると、会社が大打撃を受けます。

会社を経営していく以上、市場や業界、そして世相を正確に読み、ビジョンを明確に立てておく必要があります。

また、そのビジョンを従業員に適切な形で共有しておくのも重要です。経営者のビジョンが明確であり、より説得力があるほど経営は安定します。

※関連記事

資金繰りの悪化

経営に失敗する経営者の特徴

経営に失敗する経営者の特徴

先ほどは、経営の失敗にありがちな原因についてご紹介しましたが、その中には経営者自身が原因で経営に失敗する要因もありました。

このように、特に中小企業においては、経営状況は経営者の能力に依存する割合が高まるため、経営者次第で浮沈が決まるといっても良いでしょう。ここでは、経営に失敗する経営者の特徴について解説します。

①経営者になることが目的で起業した経営者

野心があり起業する経営者も多く存在しますが、経営者になりたいと考え、それを目的に起業した経営者は事業に失敗する可能性が高くなるといえます。

例えば、経営をやってみたいと思い起業した経営者の特徴は、組織作りに現れます。従業員が10人程度しかおらず、部門も2つしかないにも関わらず、課長や次長、統括本部長などの多くのポジションを設定するなどです。

本来、経営は事業の社会的意義や価値の提供を目的に行われるべきです。商品やサービスを効率よく提供するためや、付加価値を高めるための組織形態や仕組み作りが必要になりますが、こんなポジションがあったら良いなというような先に組織の形ありきになってしまっています。

社会は価格に基づいた付加価値を継続して提供する企業を受け入れるため、経営者自身の想いや欲求を満たすための企業は市場から撤退することになるでしょう。

②情報に疎い経営者

昔から情報と経済には密接な関係性があり、情報を制する=経済を制するといわれています。情報の価値は、経営の成功を大きく左右します。主体的かつ積極的に情報収集をしている経営者は、会社経営に成功していることが多いです。

例えば、情報収集の方法として以下が挙げられます。

  • 自らの手足を動かして主体的に現場や部下から生の情報を入手する
  • 自身の能力不足を自覚し受け入れ、必要な情報を収集して補う
  • 価値があると判断した情報に対して、躊躇することなく身銭を切って情報を入手する

上記のように、積極的に情報を集めていると、価値がある情報が手元に多く集まるようになり、その結果、適切な経営判断ができる可能性が高まります。一方で、経営に失敗する経営者は、以下のような行動しか選択しないため、情報に疎くなります。

  • 受け身の姿勢で現場や部下から情報が上がってくるのを待つ
  • 自身の能力不足を自覚していない
  • 価値がある情報であると判断しても、お金がかけてまで入手しない

当然ながら、このような経営者には、価値がある情報が手元に集まらないため、適切な経営判断が難しくなり、経営に失敗する可能性が高まります。

③周りに感謝しない経営者

大切な人たちに感謝しない経営者も、経営に失敗する経営者の特徴の1つです。創業者、先代の社長、社員やその家族、顧客、取引先など、周りの多くの支えがあって経営が成り立っています。

よって、全ての出会いや縁を大切にしない経営者は、特に中小企業の場合、会社経営が軌道に乗らないケースが多くなってしまいます。

会社のトップである経営者が感謝の念を忘れたまま経営を続けると、綻びが出て会社経営は失敗に向かって進んでいきます。それが伝播して周りに感謝しない社員が増えると、失敗は時間の問題になるでしょう。

経営の失敗を防ぐポイント

経営の失敗を防ぐポイント

次に、経営の失敗を防ぐポイントを紹介します。もちろん会社ごとに経営を安定させる手段は多種多様です。今回は、あくまで失敗を防ぐ上で、最低限抑えたいポイントをご紹介します。 

①資金の使い方は慎重に

資金繰りの悪化を防ぐためにも、資金は慎重に使いましょう。これは、起業前から意識しておくべきポイントです。設備投資や製造コスト、固定費は徹底的に見直し、さらにコストを抑えられるかを常に意識しましょう。もちろん以下の目的で資金を使うのは重要です。

  • 提供する商品やサービス向上のためにお金をかける
  • 店舗をより魅力的に演出する
  • 集客のために宣伝に力を入れる

しかし、その効果が想定内のものなのか、本来お金をかける部分として適切なのかを入念にチェックしておく必要はあります。そうしなければ、想定外の結果になってしまった際の対処が間に合わなくなります。

また、一定以上確保しておくべき運転資金が不足してしまいます。資金繰り悪化による経営の失敗を防ぐためにも、資金の使い方には一層慎重になりましょう

②従業員とは綿密なコミュニケーション・育成を

会社が軌道に乗り、従業員が増えてきた段階では、一層従業員との綿密な育成・コミュニケーションが重要になります。従業員同士の結束はそのまま業務のクオリティにつながります。また、人手不足の予防にもなります。実際人手不足は一部の離職から連鎖的に発生、悪化します。

従業員の連帯感が弱いと、より顕著になります。業務を優先するのは大事ですが、従業員の育成は会社が抱える難題の一つであり、クリアすべきものです。経営を失敗しないためにも、従業員の育成には手間をかけましょう。

③より良いビジョンを持つ

経営する上で不可欠なビジョンをより良い形で持つのが、失敗を回避する一番のポイントです。市場や業界の動向を把握して、いかにアプローチしていくかはもちろん重要です。それに加えて、会社内の管理システムや広告の手法などにも、新しい発想を取り入れたビジョンを持っておくのがベストです。

最近はSNSを利用して集客したり、クラウドファンディングで資金を集めたりするなど、より新しい手法でビジネスを展開する事例が増加しています。さまざまな経営者の手法や実例を参考にしてビジョンを構築するのもおすすめです。

※関連記事

経営改善について

まとめ

まとめ

経営の失敗は経営者が避けたい事態です。もちろん経営者自身の素質が問われる側面もあります。しかし、経営戦略を冷静に見直すだけでも、経営の失敗を避ける点では効果的です。経営で失敗しないためにも、失敗要因や対処法を知って世の中に貢献する会社経営をしていきましょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

M&Aによる会社売却はタイミングが重要で、同じ会社でもタイミングの違いによって売却価格が大きく変わる可能性もあります。本記事では、会社売却の適切なタイミング、会社売却のメリットや利益を最...

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

出版業界は、電子書籍の普及と紙媒体の衰退といった大きな変化の渦中にあり、業界再編などを目的としたM&Aが活発です。本記事では、出版業界の最新M&A事例9選を紹介するとともに、出版...

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きを見せています。本記事では、2021年の宅配・フードデリバリー業界のM&...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料が高いことが問題視されています。本記事では、M&A仲介会社の手数料はなぜ高いのか、手数料相場や手数料が高いか安いか判断するた...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

M&Aで締結する契約の1つにTSAというものがありますが、知らない方やよく分からない方も多いのではないでしょうか。本記事では、TSAの意味や活用される場面、TSAと関連の深い契約である最...

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aで会社を買収する際は、買い手にどのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しておくことが大切です。本記事では、M&Aの買い手のメリット・デメリットを詳しく解説するとともに...

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

近年は事業承継を目的とするM&Aが盛んになっていますが、売り手側のメリットはそれ以外にもさまざまなものがあります。本記事では、M&Aにおける売り手側のメリットとデメリット、M&a...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)