2021年4月9日更新会社・事業を売る

配当所得とは?確定申告や税率、控除についてわかりやすく解説

配当所得とは、株式の配当金や投資信託の収益分配金で得られる所得をさします。配当所得を得ると所得税や住民税などが課税されるうえに、確定申告の手続きが必要です。そこで本記事では、配当所得に課される税金や確定申告の方法などを中心に解説します。

目次
  1. 配当所得
  2. 配当所得とは?配当所得の意味
  3. 配当所得における申告不要制度と課税方式
  4. 配当所得における所得税と住民税
  5. 配当所得の税率と控除
  6. 確定申告における配当所得の計算方法
  7. 配当所得における確定申告まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

配当所得

配当所得

株式への投資は、資産運用の代表的な方法のひとつです。株式の運用では、売却によるキャピタルゲイン(譲渡所得)だけでなく、保有により得られるインカムゲイン(配当所得)が存在します。このうち本記事で着目するのは、インカムゲインにより獲得した配当所得についてです。

合わせて、配当所得にかかる税金についてもわかりやすく解説します。特に株式を運用している方や配当所得の仕組みについて知りたい方などは必見の内容です。

【関連】みなし配当とは?課税と計算方法をわかりやすく解説

配当所得とは?配当所得の意味

配当所得とは?配当所得の意味

本章では、まず基礎的な知識として、配当所得の概要・具体例・配当所得と譲渡所得の課税方法の違いなどを中心に取り上げます。

配当所得とは

はじめに、配当所得の意味について取り上げます。配当所得とは、株式の配当金や投資信託の収益分配金などで得られる所得のことです。企業や投資信託によっては、投資してもらう見返りとして定期的に稼いだ利益の一部を投資家に配っています。

このときに配っている利益は配当金と呼ばれており、配当金として受け取った利益は配当所得と呼ばれます。その一方で、保有する株式の売却時に得られる利益は譲渡所得です。

配当所得の具体例7つ

配当所得の具体例としては、以下のような項目が挙げられます。

  • 法人から受ける剰余金の配当(株式会社の剰余金の配当など)
  • 法人から受ける利益の配当    (合同会社・合名会社・合資会社の利益の配当など)
  • 剰余金の分配(農業協同組合への出資に対する剰余金の配当金など)
  • 投資法人から受ける金銭の分配
  • 基金利息(相互保険会社の基金に対する利息など)
  • 公社債投資信託および公募公社債等運用投資信託以外の投資信託の収益の分配(ユニット型証券投資信託の期中分配金・オ-プン型証券投資信託の普通分配金など)
  • 特定受益証券発行信託の収益の分配

上記の中でも、多くの経営者の方にとっては株式の配当金などが最も身近にイメージできる具体例だといえます。

配当所得と譲渡所得の課税方法の違い

配当所得はインカムゲイン・譲渡所得はキャピタルゲインと比較して呼ばれる場合もありますが、配当所得と譲渡所得は課税方法が異なっているため注意しましょう。そこで本章では、配当所得と譲渡所得における課税方法の違いについて、順番に詳しく取り上げます。

なお、配当所得・譲渡所得を問わず税務上の所得には該当するため、当然ながら所得税や住民税の課税対象です。

配当所得の課税方法

まずは配当所得から取り上げます。配当所得は原則として総合課税が採用されます(法人から受ける剰余金の配当および、公募証券投資信託の収益の分配などの所得 ※申告分離課税を選択したものを除く)。

しかし、一定の内容については「確定申告せずに源泉徴収のみで課税を完了させる方法」や「申告分離課税」を選択できる場合(特定目的信託の社債的受益権の収益の分配などの所得)も存在するため、事前に配当所得の性質について確認するよう注意しましょう。

譲渡所得の課税方法

譲渡所得については、総合課税に該当するケース(ゴルフ会員権・金地金・機械などの譲渡による所得)と、申告分離課税に該当するケース(土地・建物・借地権・株式など譲渡による所得)が存在します。

なお、M&Aを行う際にも配当所得および譲渡所得の課税を受けるケースが一般的であるため、税務に関する専門知識が必要不可欠です。M&Aスキームにより課税方法や税額が大きく異なるため、配当所得や譲渡所得への影響を踏まえたうえでスムーズにM&Aを進めたい場合は、M&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所には知識・経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、M&A手続きをフルサポートしております。また、通常M&Aでは半年〜1年程度の期間が必要ですが、M&A総合研究所ではスピーディーなクロージングを目指しており、最短3カ月での成約実績を有している点も強みです。

着手金・中間金完全無料の完全成功報酬制(※譲渡企業様のみ)の料金体系を採用している他、相談料は無料となっておりますので、M&A実施に不安がある場合にはお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】キャピタルゲインとは?意味や計算方法、課税、M&Aとの関係をわかりやすく解説

配当所得における申告不要制度と課税方式

配当所得における申告不要制度と課税方式

配当所得を確定申告する場合、原則として以下の3つの課税方法から自由に選択できます。

  1. 総合課税方式
  2. 申告分離課税方式
  3. 申告不要制度

なお、上場株式以外の配当については、申告不要制度を選択できません。採用する確定申告の方法によって課税の仕組みが大きく異なるため、それぞれの方法を順番に詳しく紹介します。

①総合課税方式

総合課税方式とは、配当所得を他の所得と合算したうえで税額を計算する方法です。この所得には配当所得以外にも給与所得・譲渡所得・事業所得などさまざまな種類が挙げられますが、総合課税方式を選択した場合は法人(あるいは個人)が年間で獲得した所得をすべて合算したうえで所得税・住民税を計算します。

例えば、「配当所得を50万円・事業所得を800万円・譲渡所得を100万円」得たケースを想定すると、「50万円+800万円+100万円=950万円」が年間の総所得であり、この950万円に対して課税されます。

②申告分離課税方式

申告分離課税方式とは、配当所得を他の所得と分離したうえで個別に税額を計算する方法です。つまり、「配当所得は配当所得・譲渡所得は譲渡所得」のもとで、それぞれ個別的に所得税・住民税を計算します。

ここで総合課税方式で取り上げたケースを用いると、配当所得の50万円を他の所得の合計900万円(事業所得800万円+譲渡所得100万円)と切り離したうえで、所得税・住民税を計算します。なお、一般口座や源泉徴収されない特定口座を利用して株式投資を行う場合は、申告分離課税方式を選択するのが原則です。

非上場株式の配当については申告分離課税方式を利用できないため、混同しないよう注意してください。その一方で、株式譲渡時の譲渡所得に対しては申告分離課税方式が適用されるため把握しておきましょう。

③申告不要制度

申告不要制度とは、自身で確定申告を行わずとも自動的に課税(源泉徴収)される制度のことです。例えば、配当所得を10万円獲得したケースを想定すると、源泉徴収されたうえで手元に入金されているため、所得に関する課税関係は完結しています。

ちなみに、特定口座(源泉徴収あり)を利用して上場株式売買を行う場合には、確定申告が不要です。この制度は、個別的に税金の計算をせずに済む点において非常にメリットの大きい制度だといえます。

【関連】分離課税とは?源泉分離課税と申告分離課税をわかりやすく解説

配当所得における所得税と住民税

配当所得における所得税と住民税

本章では、配当所得に課税される所得税と住民税について詳しく解説します。

①所得税・住民税とは

所得税とは「ある1年間で稼いだ所得に対して課税される税金」のことであり、国に納税する税金です。給与所得・事業所得・譲渡所得だけでなく、本記事で取り上げている配当所得についても課税を受けます。その一方で、住民税とは、「ある年の1月1日時点で自身が住んでいる地域に納付する税金」のことです。

上記は「市町村民税」と「道府県民税」の2種類で構成されており、いわゆる地方税に該当する税金であるため、地域発展などに対して直接的に活用されます。

②申告制度の選択と所得税・住民税

配当所得については、確定申告の方法を自由に選択できるうえに、所得税と住民税ごとに異なる確定申告の方法を選択可能です。例えば、「所得税は申告分離課税方式・住民税は申告不要制度を利用する」といった形式のもとで、自身の税負担を考慮したうえで申告方法を選択できます。

なお、「総合課税方式」と「申告分離課税方式・申告不要制度」の2つを比較すると、後者の方が住民税率が低く設定されています。そのため、住民税については、「申告分離課税」もしくは「申告不要制度」のいずれかを選択すると良いでしょう。配当所得に関する税率は、次の項で詳しく解説します。

【関連】株式譲渡と住民税

配当所得の税率と控除

配当所得の税率と控除

本章では、配当所得の税率と控除について取り上げます。配当所得の税率と控除について理解しておくと、確定申告の際により有利な申告手続きの検討が可能です。

①配当所得の税率

配当所得の税率は、採用する確定申告方法ごとに異なります。「総合課税方式」「申告分離課税方式」「申告不要制度」について、それぞれの税率を以下のとおりまとめました。

総合課税方式

配当所得において総合課税方式を選択した場合、所得税率と住民税率は以下のとおりです。

  • 所得税率→累進課税(5.105~45.945%)
  • 住民税率→10%

住民税率は、所得金額に関係なく一律で10%です。その一方で、所得税率には所得金額が多くなるほど税率が高くなる「累進課税」が適用されます。配当所得や給与所得など、あらゆる所得の合計金額が4,000万円を超えた場合は、45.945%もの税率が課される仕組みです。

そのため、「配当金額が多額にある方」あるいは「配当所得以外で多額の所得がある方」などは、所得税申告において総合課税の選択を控えると良いでしょう。

申告分離課税方式

配当所得において申告分離課税方式を選択した場合、所得税率と住民税率は以下のとおりです。

  • 所得税率→15.315%
  • 住民税率→5%

申告分離課税方式では、配当所得の金額に関係なく一律で上記の税率が適用されます。住民税率は総合所得よりも低いため、申告分離課税方式を選択すると良いです。その一方で、所得税については、他の所得も考慮したうえで納税額を抑えられる方法を選択しましょう。

申告不要制度

配当所得において申告不要制度を選択した場合、所得税率と住民税率は以下のとおりです。

  • 所得税率→15.315%
  • 住民税率→5%

申告不要制度では、申告分離課税方式と同様の税率が適用されます。

参考:株式の税金(みずほ証券)

②配当所得の控除とは

配当所得の控除とは、所得税や住民税から配当金の一部を税額控除できる制度をさします。国内株式(非上場含む)や国内投資信託(REITを除く)などによって得た配当所得であれば、一定金額を控除可能です。ただし、配当所得の控除を受けるには、総合課税方式を選んで確定申告する必要があります。

総合課税方式では累進課税が採用されているため不利になるケースも存在しますが、一般的には合算した所得額が約695万円以下の場合は総合課税を選択すると有利です。そのため、配当所得の控除を活用する際は、事前に所得金額を計算しておきましょう。

【関連】株式譲渡所得とは?税金や確定申告・節税対策・M&Aの手法を解説
【関連】株式譲渡所得の税率は?注意点や計算方法も解説!

確定申告における配当所得の計算方法

最後に、確定申告における配当所得の計算方法について、以下の順番で取り上げます。

  1. 配当所得に該当する利益を列挙する
  2. 列挙した配当所得を分類する
  3. 配当所得の確定申告方法を選択する
  4. 負債の利子を控除する

それぞれの項目について順番に詳しく紹介します。

①配当所得に該当する利益を列挙する

はじめに、配当所得に該当する利益を列挙しましょう。ここでは、株式の配当金だけでなく投資信託の利益分配金なども配当所得に含まれる点に注意してください。

②列挙した配当所得を分類する

配当所得を列挙したら、次にこれを「上場株式の配当」と「上場株式以外の配当」に分類しましょう。このうち上場株式以外の配当には、非上場株式の配当や投資信託の利益分配金・保険会社からの利益分配が該当します。分類する理由は、配当の種類によって選択可能な確定申告の方法が異なるためです。

具体的にいうと、上場株式の配当ではすべての申告方法を選択できる一方で、上場株式以外の配当では「総合課税方式」もしくは「申告不要制度」の2つから選択します。

③配当所得の確定申告方法を選択する

配当所得を分類した後は、配当所得ごとに確定申告の方法を選択します。ここでは、さまざまなシミュレーションを行い、最も税負担の軽い申告方法を選択することが重要です。シミュレーションを行う際は、所得税と住民税で別々の申告方法を選択できる点も意識しておきましょう。

④負債の利子を控除する

株式購入のために負債を借り入れた場合は、負債の利子について配当金の収益からの控除が認められます。そこで、配当の収益から負債利子を控除すれば、配当所得の計算が完了です。

以上、配当所得の計算方法を紹介しましたが、慣れていない方にとっては非常に困難なプロセスです。正確に計算する自信のない方は、税理士に税額計算を依頼するのも良いでしょう。

【関連】株式取得による税金

配当所得における確定申告まとめ

配当所得における確定申告まとめ

本記事では、配当所得に関するポイントを中心に幅広く解説しました。証券取引により配当所得を得た場合、所得税や住民税が課税されます。株式や投資信託により配当所得を得たら、必ず納税を行いましょう。

とはいえ、配当所得の申告には選択肢の多さや手続き面などで大きな手間・労力がかかります。慣れていない方は、税理士・税務署などへの依頼を検討すると良いでしょう。本記事の要点は、以下のとおりです。

・配当所得とは
→株式の配当金や投資信託の収益分配金などで得られる所得

・配当所得の総合課税方式とは
→配当所得を他の所得と合算したうえで税額を計算する方法

・配当所得の申告分離課税方式とは
→配当所得を他の所得と分離したうえで個別に税額を計算する方法

・配当所得の申告不要制度とは
→自身で確定申告を行わずとも自動的に課税される制度

・配当所得における所得税と住民税
→所得税と住民税においてそれぞれ別の申告方法を選択可能

・配当所得の税率
→総合課税「所得税率は累進課税(5.105~45.945%)・住民税率は10%」、申告分離課税「所得税率は15.315%・住民税率は5%」、申告不要制度「所得税率は15.315%・住民税率は5%」

・配当所得の控除とは
→所得税や住民税から配当金の一部を控除できる制度

・確定申告における配当所得の計算方法
→配当所得に該当する利益を列挙する、列挙した配当所得を分類する、配当所得の確定申告方法を選択する、負債の利子を控除する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aは契約書の内容に違反した場合、違約金が生じることがあります。成約までに締結する契約は数多く、細かい発生条件は契約の種類や法的拘束力の有無によって違います。今回は、M&Aで違約金や発生する条...

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズは中堅・中小企業を対象にM&A仲介を手掛ける会社です。豊富な実績を持つ会社ですが、最低手数料はどうなっているのでしょうか。本記事では、M&Aキャピタルパートナーズの最...

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aを行う理由や目的はさまざまですが、近年のM&Aブームや中小企業庁によるM&A支援の影響を受けて、M&A増加が顕著となっています。本記事では、M&A増加理由や買い手のリスク、買い手と売り手の...

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aとは、業績が悪化して自力での再生が難しい状態の企業を一部清算することも視野に入れながら、M&Aを活用して事業再生を図る手法です。本記事では、再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュール...

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

近年、社会を取り巻く環境の変化の影響でM&Aブームが到来しつつあります。その特徴から、一過性のものではなく持続性があるものという見方もされています。本記事では、今回のM&Aブームの特徴や過去のブ...

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業の業績悪化が続く場合、事業再生により健全化を図ることがあります。M&Aを活用する手法もあるので、最善手を見極めるためには各手法の特徴を押さえておく必要があります。本記事では、事業再生の手法や...

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

不況による市場の縮小や経営者の高齢化、さらには新型コロナウイルスの影響などにより、M&A(国内)の現状は不透明さが増しています。本記事では、M&A(国内)の市場規模や課題といった現状を解説し、そ...

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

M&Aでは500万円以下の少額案件も多く、500万円で買える会社なら資金の少ない個人でも買収できます。本記事では、500万円で買える会社のM&A案件についてメリット・デメリットを解説するとともに...

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合とは、地域密着型の会員制金融機関です。また、信金キャピタルは、中小企業向けにM&A・事業承継支援や投資育成を行っています。本記事では、信用組合や信用金庫、信金キャピタルにM&A・事業承継...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)