2021年9月17日公開会社・事業を売る

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料が高いことが問題視されています。本記事では、M&A仲介会社の手数料はなぜ高いのか、手数料相場や手数料が高いか安いか判断するための手数料体系の基礎知識を解説します。

目次
  1. M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説
  2. M&Aの手数料一覧
  3. M&Aの手数料となる仲介料金の相場
  4. M&Aの手数料が高い理由
  5. M&A仲介会社の選び方
  6. M&Aの手数料を抑えたい際におすすめの仲介会社
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説

近年は中小企業がM&Aを行うことも増えていますが、M&A仲介会社に相談しようとしても、手数料が高いために断念してしまうケースもあるといわれています。

では、M&A仲介会社の手数料は、なぜ高いのでしょうか。M&A仲介会社の手数料が高い理由には、さまざまなものがあります。

手数料が高い理由を理解しておくと、納得いかない部分に関しては無料または安い仲介会社を選ぶといった、賢い選択もできるようになります。

M&Aは、仲介会社側が提示する手数料をただ受け入れるのではなく、依頼する側が高いか安いか判断できる知識を持って、費用対効果の最大化を目指すことが大切です。

M&Aの手数料一覧

M&Aの手数料一覧

M&Aの手数料はいくつかあり、実際はこれら全ての手数料がかかることは少なく、このなかから各仲介会社の定めた料金体系で決められた手数料がかかることになります。

どの手数料がかかるかはM&A仲介会社によって異なるので、M&Aを依頼する際はあらかじめその会社の手数料体系をチェックしておくことが大切です。

【M&Aの手数料一覧】

  1. 相談料
  2. 着手金
  3. 月額報酬
  4. 中間報酬
  5. DD費用
  6. 成功報酬

相談料

相談料とは、本格的なM&A仲介業務に入る前の初期相談の手数料です。M&Aに興味があるが実際どのようなものなのかとか、そもそもM&Aをすべきなのかといったことを相談します。

相談料は有料の場合は、一回につき数千円~一万円程度のことが多いです。ただし、近年は相談料を無料にしているM&A仲介会社がほとんどなので、相談料に関してはあまり気にする必要はないでしょう。

着手金

着手金とは、M&A仲介会社に正式に仲介業務を依頼する際に発生する手数料です。名目としては、相手企業の選定や資料作成などの業務で必要となる、人件費などの費用をまかなう料金となっています。

着手金は、もしM&Aが成立せずに終わっても返金されないので、着手金が発生するM&A仲介会社に依頼する際はその点を理解しておく必要があります。

純粋にコスト面だけを考えると、着手金無料のM&A仲介会社を選んだほうが得ですが、サービスの質を高めるためにあえて着手金をとっている仲介会社もあるので、コストとサービスの質の両面をみて判断する必要があります。

例えば、クオリティの低いM&A仲介会社のなかには、着手金は無料でも、成功報酬を得たいがために強引な成約をしようとするケースもあるともいわれています。

【関連】M&Aの着手金とは?相場や会計処理、損金算入できるかどうかを解説

月額報酬

月額報酬とは、M&A仲介会社と契約している期間中、毎月発生する手数料のことです。仲介業務に必要な人件費などをまかなう料金となります。名称は統一されておらず、リテイナーフィーなどと呼ばれることもあります。

M&Aは成約まで何か月かかるか不確定なので、長引くほど月額報酬の負担が大きくなるというデメリットがあります。月額報酬は成功報酬の前払いとする仲介会社もあるので、その場合は成約すれば損はしません。

しかし、月額報酬は成約せずに終わった場合は返金されないので注意が必要です。近年は月額報酬を無料にしているM&A仲介会社が圧倒的に多いので、まずは無料のところから探していくとよいでしょう。

【関連】リテイナーフィーとは?意味や相場、メリット・デメリットを解説します

中間報酬

中間報酬または中間金とは、基本合意が得られた時点で発生する手数料です。M&Aの手続きにおいて基本合意はちょうど中間時点なのもあり、中間報酬と呼ばれています。

料金設定としては成功報酬の5%から20%程度を前払いする形が多く、成約すれば成功報酬から控除されます。もし成約しなかった場合は返金されないので、無駄なコストとなるのが注意点です。

手数料でメインとなるのは成功報酬ですが、それ以外の手数料のなかで中間報酬は比較的採用している仲介会社が多い料金です。

相談料や月額報酬をとる仲介会社は非常に少ないですが、中間報酬は大手でも比較的採用しているところがあります。

【関連】M&Aでの中間金とは?相場、税務上の取り扱いを紹介

DD費用

DD(デューデリジェンス)費用とは、デューデリジェンスの際ににかかる手数料のことです。

デューデリジェンスとは買い手が売り手企業の調査をすることで、簿外債務や訴訟などのリスクがないかなどを調べ、本当にこの売り手とM&Aを行ってよいかを判断します。

デューデリジェンスは買い手が行うものなので、費用も買い手のみが負担します。DD費用を節約したいがためにデューデリジェンスをおろそかにすると、成約後に売り手の問題が発覚し、かえって大きな損失を被ることがあります。

よって、DD費用が多少高くつくとしても、しっかりと費用をかけて調査することが大切です。

【関連】デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

成功報酬

成功報酬は、M&Aが成約した時点で発生する手数料です。M&A仲介の手数料の最も大きな部分を占めるもので、全てのM&A仲介会社で請求される手数料となります。

成功報酬の額は、レーマン方式というやや特殊な方法で決められることがほとんどです。レーマン方式の詳細については次節で解説します。

成功報酬には、最低手数料が設定されていることが多いので注意が必要です。特に中小企業M&Aの場合は、最低手数料が高い仲介会社を選んでしまうと、手数料負担が重くなりすぎることがあります。

【関連】M&Aの完全成功報酬とは?メリット・デメリットを徹底解説

成功報酬を算定する事が多いレーマン方式とは

M&A仲介会社の成功報酬で採用されているレーマン方式は、始めてみる人には非常に分かりにくく、M&A仲介会社に依頼するハードルを上げる要因ともなっています。

しかし、レーマン方式は一度理解してしまえば特に難しいものではないので、M&A仲介会社に依頼する前にしっかり勉強しておくことをおすすめします。

レーマン方式とは、譲渡価格によって手数料率を変えるシステムのことです。額が大きくなるほど手数料率が低くなり、手数料が高額になりすぎるのを防ぎます。

具体的な手数料率は仲介会社によって違うこともありますが、下の表に示した手数料率を採用しているところが多いです。

【レーマン方式の代表的な手数料率】

取引金額 手数料率
5億円以下の部分 5%
5億円超から10億円以下の部分 4%
10億円超から50億円以下の部分 3%
50億円超から100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%

【関連】レーマン方式とは?成果報酬の設定や計算方法、契約書について解説

M&Aの手数料となる仲介料金の相場

M&Aの手数料となる仲介料金の相場

M&Aの手数料は仲介会社によって高いところも安いところもあり、さらに、仲介手数料は結局のところ譲渡価格など個々の事情によっても変わるので、相場が分かりにくい部分もあります。

といっても、実際にM&Aを検討しているのであれば費用は一番気にかかるのも当然です。この章では、M&A仲介業務で発生する各手数料の、大まかな相場について解説します。

相談料の相場

近年は相談料は無料としているM&A仲介会社が多く、有料である場合もそこまで高いものではありません。

相談料を公開しているM&A仲介会社はそこまで多くないので実態が掴みづらい部分もありますが、一般には数千円、高い場合でも一万円程度が相場だといわれています。

具体的な例としては、M&A総合研究所・日本M&Aセンター・M&Aキャピタルパートナーズといった主要なM&A仲介会社では、どこも相談料は無料となっています。

着手金の相場

着手金も仲介会社ごとに金額が違い、しかも非公開のところも多いので相場を図るのが難しいですが、一般には50万円~300万円くらいのケースが多いといわれています。

代表的なM&A仲介会社の例を見ると、M&A総合研究所・M&Aキャピタルパートナーズ・インテグループは無料となっており、無料の仲介会社が増えている傾向にあります。

着手金が有料の大手M&A仲介会社の例としては、日本M&Aセンターが挙げられます。日本M&Aセンターは、サービスの質を高めるためにあえて着手金を設定しています。

また、着手金を有料にするのは、M&Aを行う気がない買い手・売り手を排除するメリットもあります。

月額報酬の相場

月額報酬は、安いところで月20万円~30万円程度、高いところでは月100万円~200万円かかるところもあるといわれています。

月額報酬は最終的に成功報酬から控除されたり、交渉が一定以上長引くと月額報酬をとらなくなるシステムもあります。

月額報酬が有料のM&A仲介会社に相談する場合は、こういった細かいシステムも確認しておくことが大切です。

M&A総合研究所・M&Aキャピタルパートナーズ・日本M&Aセンター・インテグループといった主なM&A仲介会社では、いずれも月額報酬は無料となっています。

中間報酬の相場

中間報酬の相場は、成功報酬の前払いの場合は成功報酬の5%から20%程度、金額固定の場合は30万円~200万円程度とされています。

主なM&A仲介会社の具体例を挙げると、日本M&Aセンター・インテグループは無料、M&A総合研究所は売り手のみ無料、M&Aキャピタルパートナーズは有料で成功報酬の10%となっています。

中間報酬は成功報酬の一部を支払うことが多いので、譲渡価格によって高いことも安いこともあります。

DD費用の相場

DD費用の相場は、どこまで厳密にデューデリジェンスを行うか、またはどの分野のデューデリジェンスを行うかなどによって違ってきます。しかし、大まかな相場観としては、大体数十万円~200万円程度をイメージしておくとよいでしょう。

デューデリジェンスは税理士や公認会計士などに頼むことになるので、一日当たり、時間当たりいくらといった形で料金が発生することが多くなります。

よって、デューデリジェンスにかかる時間によって、手数料が高いか安いか変わってくる面もあります。

また、法務DDや財務DDといった定番のデューデリジェンスに比べると、ITデューデリジェンスなどのややマイナーなDDは相場が掴みにくい傾向があります。

成功報酬の相場

成功報酬はほとんどのM&A仲介会社がレーマン方式を採用しており、手数料率の相場は取引金額の1%から5%です。もちろん取引金額が大きいほうが手数料が高いですが、料率としては低くなります。

成功報酬が高いか安いか判断する時に注意したいのが、ベースとなる金額と最低手数料です。レーマン方式は取引金額に料率を掛けて計算しますが、ベースとなる取引金額には譲渡価格と移動総資産があります。

移動総資産は譲渡価格と負債の合計なので、譲渡価格だけをベースにする場合より手数料が高いです。

また、最低手数料もチェックしておきたい重要な点です。小規模なM&Aではレーマン方式だと手数料が安くなりすぎるので、仲介会社によっては利益を確保するために最低手数料を設定していることがあります。

最低手数料は仲介会社によっては思いのほか高いこともあるので、依頼する前にチェックしておくことが大切です。

具体例としては、インテグループは最低手数料が500万円となっています。日本M&AセンターとM&Aキャピタルパートナーズの最低手数料は非公開ですが、2000万円から2500万円程度という情報もあります。

このように最低手数料の相場はまちまちですが、一般には大手仲介会社や金融機関は高いことが多く、中小企業向けのM&A仲介会社は安い傾向があります。

相場からM&A仲介会社を見るポイント

手数料相場からM&A仲介会社を見る時は、ただ手数料が安いか高いかだけではなく、サービス内容も重視してバランスの良いところを選ぶのがポイントになります。

M&A仲介は不動産業などと違って資格や許認可がないこともあり、中には質の低い仲介会社が混ざっていることもあります。ですから、手数料が高いか安いかだけを見ていると、質の低い仲介会社を選んでしまう危険性もあります。

よって、まずは一旦手数料のことを置いてサービス内容を見比べて、サービスの良さそうな仲介会社をピックアップしてから、その中で手数料で比較すると失敗しにくくなります。

【関連】M&Aの手数料の相場は?算出方法、金額を抑えるコツ、報酬体系をM&A仲介会社ごとに解説

M&Aの手数料が高い理由

M&Aの手数料が高い理由

M&A仲介会社の手数料が高い理由としては、一つには人件費の高さが挙げられます。

M&A仲介業務は、法律・会計・税務など各分野の専門知識が必要で、適宜弁護士や公認会計士、税理士のサポートを得る必要があります。そのためどうしても人件費が高くなり、手数料を抑えるのが難しくなる面があります。

そのほか、M&A仲介業自体がまだ未成熟で、適切な手数料の相場がはっきりしていないというのもあります。

各社が自由に手数料を設定して、利用する側も相場が分からないのでそれで納得してしまい、結果として手数料が割高になるという面があります。

M&A仲介会社の手数料が高いことは国も認識しており、経済産業省が指針をまとめるなど適正化の動きがでています。

このように、M&A仲介会社の手数料が高い理由には、きちんと理由がある面と業界の慣習でそうなっている面があります。

仲介会社にM&Aを依頼する際は、こういった手数料の事情を踏まえて、適正な料金体系のところを探すことが重要です。

【関連】M&A仲介会社へのマージンは高い?紹介手数料/相場/報酬体系を解説

M&A仲介会社の選び方

M&A仲介会社の選び方

M&A仲介会社を選ぶときは、手数料が高いか安いだけでなく、サービス内容もチェックする必要があります。しかし、サービス内容といっても、具体的なところは実際依頼してみないと分からないのも事実です。

依頼前の時点でサービス内容をある程度見極める方法としては、アドバイザーが自社の専門知識を持っているか、担当者と自分との相性が良いかといった点が挙げられます。また、複数の仲介会社に相談して比較検討することも大切です。

【M&A仲介会社の選び方】

  1. 自社の業界について専門的な知識を有している
  2. 複数の仲介会社に相談する
  3. 担当者との相性も考慮する

1.自社の業界について専門的な知識を有している

M&Aは法律や財務といった専門分野の知識だけでなく、M&Aを行う買い手・売り手企業の業界動向などの知識も重要です。

M&A仲介会社のアドバイザーはそれぞれ得意業界を持っていることが多いので、自社の業界に詳しいアドバイザーをみつけることが成功のポイントになります。

たとえ多少手数料が高い場合でも、自社業界に詳しいアドバイザーがいるなら依頼するのも有力な選択肢となるでしょう。

2.複数の仲介会社に相談する

M&Aを依頼する時、一社の仲介会社にしか相談せず決めてしまう人が多いといわれています。手数料が高いか安いか、サービス内容は良いかなどを見極めるには、複数のM&A仲介会社に初期相談を持ちかけて比較することが重要です。

複数の仲介会社に相談するのは手間がかかりますし、ある仲介会社に親切にされると他の仲介会社を選びにくいこともあります。

しかし、M&Aというのは非常に高い手数料を払って会社を売買する重要な取引なので、しっかり時間をかけて複数の仲介会社から最適なところを選ばなければなりません。

3.担当者との相性も考慮する

M&A仲介では、担当者との相性も非常に重要になります。M&Aはあくまで人間同士が交渉するものなので、実務的なことだけでなく、相手が人間的に信頼できるかといったことも成功を左右する要因となります。

担当者との相性はあくまで人間的な部分なので、人によって正解は違ってきます。情熱があって親身に接してくれる担当者がよい人もいれば、淡々と確実に業務をこなしてくれる担当者がよいという人もいるでしょう。

もし担当者と相性が合わないと感じたら、遠慮せず担当者に変えてもらえるか相談することも大切です。

M&Aの手数料を抑えたい際におすすめの仲介会社

M&Aの手数料を抑えたい際におすすめの仲介会社

M&A仲介会社の手数料は高いといわれているので、できるだけ手数料を抑えて良いサービスが受けられるところを探すのが大切です。

M&A総合研究所は、主に中小・中堅規模のM&Aを扱う仲介会社です。料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)

着手金や月額報酬などは売り手企業様・買い手企業様とも無料となっています。成功報酬の計算方法は譲渡価格ベースを採用しており、移動総資産ベースより手数料を抑えられるのが強みです。

会社売却・事業譲渡に関して無料相談をお受けしておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

M&Aの手数料が高い理由には、人件費が高いことや、業界自体が若く基準が整っていないことなどがあります。成功報酬・中間報酬といった独特の手数料体系を理解して、高いか安いかを自分で判断できるようにしておくことが大切です。

【M&Aの手数料一覧】

  1. 相談料
  2. 着手金
  3. 月額報酬
  4. 中間報酬
  5. DD費用
  6. 成功報酬
【M&A仲介会社の選び方】
  1. 自社の業界について専門的な知識を有している
  2. 複数の仲介会社に相談する
  3. 担当者との相性も考慮する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」(譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!(譲渡企業様のみ)
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きを見せています。本記事では、2021年の宅配・フードデリバリー業界のM&...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料が高いことが問題視されています。本記事では、M&A仲介会社の手数料はなぜ高いのか、手数料相場や手数料が高いか安いか判断するた...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

M&Aで締結する契約の1つにTSAというものがありますが、知らない方やよく分からない方も多いのではないでしょうか。本記事では、TSAの意味や活用される場面、TSAと関連の深い契約である最...

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aで会社を買収する際は、買い手にどのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しておくことが大切です。本記事では、M&Aの買い手のメリット・デメリットを詳しく解説するとともに...

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

近年は事業承継を目的とするM&Aが盛んになっていますが、売り手側のメリットはそれ以外にもさまざまなものがあります。本記事では、M&Aにおける売り手側のメリットとデメリット、M&a...

ビズリーチサクシードとは?M&Aや事業承継における強みや手数料を解説!

ビズリーチサクシードとは?M&Aや事業承継における強みや手数料を解説!

ビズリーチが提供しているM&A・事業承継プラットフォーム「ビズリーチサクシード」は、他のM&Aマッチングサイトと比べてどのような強みや特徴があるのでしょうか。本記事では、ビズリー...

【2021】リサイクル業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

【2021】リサイクル業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

リサイクル業界は、2020年のM&A件数が前年や一昨年に比べて増えており、今後もM&Aが活発になっていくと考えられます。本記事では、リサイクル業界の特徴やM&A動向などの...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)