2020年10月28日更新会社・事業を売る

M&Aの着手金とは?相場や会計処理、損金算入できるかどうかを解説

M&Aサポートを外部の専門家に委託する場合、着手金を始めとした各種手数料が発生します。成約に至らなかった場合も費用負担が大きくなるので、委託前に確認しておく必要があります。本記事では、M&Aの着手金の相場や会計処理、損金算入について解説します。

目次
  1. M&Aの着手金とは
  2. M&Aの着手金の相場
  3. M&Aの着手金を支払う前の注意点
  4. M&Aの着手金の会計処理、損金算入できる状況
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

M&Aの着手金とは

M&Aの着手金とは

近年、後継者問題や経営者の高齢化などの影響からM&Aの件数が増加しています。企業が抱えている経営課題の解決策として有効的なこともあり、徐々に活用の幅が広くなっています。

M&Aの浸透に合わせて、M&Aの仲介手数料にも関心が集まるようになってきています。仲介手数料の中には、着手金や中間金などの手数料があり、それぞれ発生タイミングや費用が異なっています。

せっかくM&Aが成約しても、手元に残るお金が少なくなってしまったら、本来の目的を達成できる可能性は低くなってしまいます。より多くの資金を残して、M&Aで得られる効果を最大化させるためには、事前の入念な計画が必要不可欠です。

M&Aとは

M&Aとは、企業の合併・買収の総称です。合併で複数の法人格を一つに統一したり、買収で他の企業を買い取って傘下に加えたりすることをM&Aといいます。

従来のM&Aは、「会社の身売り」などのネガティブなイメージが強く活用範囲は限定的でしたが、近年は経営戦略の一環として捉えられるようになってきており会社の規模に関係なく積極的に活用されるようになってきています。

M&Aを実施するためには、M&A先との交渉や契約書の締結などの工程が必要です。M&Aに関する知識から財務や法務などの専門分野の知識も必要になるので、M&A仲介会社に仲介手数料という対価を支払って助言や実務などの支援を受けつつ進めていくことが一般的になっています。

M&Aの着手金とは

M&Aの着手金は、M&A仲介会社にサポートを依頼した段階で発生する仲介手数料の一部です。M&A成約に関係なく発生する費用であり、例えM&A交渉が破断した場合においても返金されることはありません。

着手金の用途は、企業評価の関連資料や企業概要書、ノンネームシートなどの作成費用です。M&Aの初期段階で必要になる費用に充てられるので、M&Aの規模が大きくなるほど作業量が増加して着手金も高くなる傾向にあります。

M&Aにおける売却側は、相談段階で明確に売却の意思が固まっていることはほとんどありません。M&Aによる売却を選択肢の一つとして検討したいという経営者の方にとっては、着手金の支払いは無駄な費用となってしまうことも多いです。

【関連】M&Aの費用

M&A仲介会社への各種費用と支払うタイミング

M&A仲介会社にサポートを委託する場合、着手金以外にも様々な費用が発生します。詳細な料金体系は、専門家次第で違うことが多いですが、おおむね共通する費用は以下のものが挙げられます。

【M&A仲介会社への各種費用】

  1. 相談料
  2. 着手金
  3. 月額報酬
  4. 中間報酬
  5. 成功報酬
  6. デューデリジェンスの費用
  7. M&Aの会計処理
  8. その他の費用

相談料

その名の通り、相談料はM&A仲介会社に相談する際に発生する手数料です。あくまで相談であるため通常契約書を作成しませんが、相談者はM&Aの専門家による助言の対価として相談料を支払います。

相談の範囲は、M&Aによる売却の可能性の有無や大体の売却価格の見積もりなどがあります。相談時点では判断資料が限られるので具体的な数値の提示は難しいですが、大まかな方針を決める際に役立てることができます。

近年は相談料が無料のM&A仲介会社が増えています。有料の仲介会社も最終的に契約する場合は無料にするなど、全体的に相談料を無料にする傾向が進んでいるといえます。

着手金

着手金は、M&A仲介会社に正式に依頼した段階で発生する仲介手数料です。M&Aの初期段階費用として支払うものなので、M&Aの成約を保証するものではありませんが、結果にかかわらず返金されることはありません。

近年は着手金を無料にする仲介会社が増えてきます。そのため、着手金の費用は無料~数百万円のように幅広くなっており、明確な相場は存在しません。

月額報酬

月額報酬は、M&Aの進捗度に関わらず毎月発生する仲介手数料です。一定期間の継続的な業務に対する報酬であり、M&A仲介会社のアドバイザーやコンサルタントの活動費用に充てられます。

月額報酬の相場は、30~50万円/月です。豊富な実績を持つ担当者に依頼する場合は、さらに報酬が高くなることもあります。

なお、月額報酬はM&Aの進捗がみられない場合も支払わなくてはなりません。M&Aの交渉が長引くほど手数料負担が増加するので、途中で資金が尽きないためにも、費用の見積もりは慎重に行っておく必要があります。

中間報酬

中間報酬は、基本合意書の締結段階で発生する仲介手数料です。基本合意書は、M&Aの当事者同士が成約に向けて前向きであることを確認しあう契約書です。

中間報酬の相場は、成功報酬の10~30%です。基本合意書の締結はM&Aの成約を保証するものではありませんが、M&Aの交渉の一段落を意味しているので、見返りとして報酬の一部を前払いします。

他の手数料と同様にM&Aが成約しなかったとしても中間報酬の返金はありません。ただし、M&Aが成約した場合は成功報酬に充当されることもあるので、委託前に契約内容を確認しておかなくてはなりません。

成功報酬

成功報酬は、M&Aが成約した段階で発生する仲介手数料です。その支払時期は、最終契約書の締結後とクロージング後のいずれかであることが多く、成功報酬をM&Aの売却代金から支払う場合はクロージング後に支払時期が設定されることが多いといえます。

成功報酬の相場は、取引金額をベースにしてレーマン方式で算出することが一般的です。取引金額が高くなるほど、成功報酬も高くなるという方式になっています。

注意点は、算出の際の基準価格が譲渡価格ベースと移動資産ベースで異なることです。どちらを基準にするかで算出結果が大きく変わりますので、依頼先の料金体系がどうなっているか確認しておかなくてはなりません。

なお、M&Aが無事に完了した場合に支払う手数料なので、途中で破断した場合は支払うことはありません。この点において、成約の有無に関わらず発生する他の手数料とは異なります。

デューデリジェンスの費用

デューデリジェンスとは、M&A対象会社の企業価値やリスクを調査する活動のことをいいます。資料と実態の差異を確認するための実施調査であり、基本合意書の締結後に実施されるのが一般的です。

デューデリジェンスの際にかかる費用の相場は、数十万~数百万円ですが、対象会社の規模や予算によって大きく変動します。デューデリジェンスの調査範囲は、必要に応じて財務・法務・税務などのあらゆる分野まで拡大します。範囲拡大につれて、調査に要する時間や携わる専門家の数も増えるので、明確な相場は存在しません。

なお、買収リスクを抑えるために実施される工程なので、通常、売却側が費用を負担することはありません。ただし、請求される関連資料の用意やマネジメントインタビューなどの対応にかかる人件費は発生します。

M&Aの会計処理

M&Aを実施した企業はM&A成約後に会計処理を行う必要があります。M&Aの手法ごとに必要な処理が変わるため、会計処理の全体的な流れや各手法の対応を把握しておかなくてはなりません。

特に、税務会計は税金計算を目的とした会計であり、処理内容が複雑になりがちです。万が一、不備やミスがあると脱税ということになり、会社の信用を大きく損ねることにもなりかねません。

日常の会計は顧問税理士に委託することが多いですが、M&Aの際は不備がないように処理するために依頼先のM&A仲介会社に委託することも珍しくありません。

その他の費用

M&A仲介会社に支払う費用以外では、社内のM&A担当の人件費や税金などがあります。人件費はM&Aを進行する上で常に発生する費用であり、M&Aが長引くほど増加します。

税金が発生するタイミングは、翌年以降です。M&Aに用いる手法によって税目が変わるため、税率や納税タイミングはそれぞれですが、いずれの場合も後々になって請求されます。

無計画に資金を使ってしまうと納税するための資金が尽きてしまうという事態もありえます。適切な会計処理により納税額を把握した上で、計画的に資金運用しておく必要があります。

なお、M&Aの過程でM&A仲介会社以外の専門家に業務の一部を委託することがあります。遠方への交通費のような実費を請求されることがあるので、必要経費として考えておく必要があります。

【関連】M&Aにおける仲介手数料とは?相場やランキング、仲介手数料の種類を解説

M&Aの着手金の相場

M&Aの着手金の相場

中小規模のM&Aの着手金の相場は、50~200万円前後です。M&Aの準備資金として意味合いが強いので、会社の規模や案件が大きくなるにつれて、着手金の金額も高くなる傾向にあります。

費用が高くなる理由としては、M&Aの準備に専門分野に特化した担当者が携わるためです。業界の動向調査やM&A先の選定、資料作成など、いずれも高い専門性が求められる作業です。

M&Aの方向性を定める大切な作業なので、担当者にも相応のスキル・責任が求められることになるので、報酬も高くなります。

依頼者にとって負担の大きいものですが、最近では着手金を不要とする完全成功報酬制の仲介会社が増えてきています。無駄な出費を抑えることができるので、M&A業界のスタンダードになりつつあります。

M&Aのご相談はM&A総合研究所へ

M&A総合研究所は、完全成功報酬制のM&A仲介会社です。着手金・中間金が発生しない料金体系ですので、M&A総合研究所とのアドバイザリー契約によって仲介手数料が発生することはなく、M&Aの初期費用の出費を最低限に抑えることができます。

M&A成約まで一切の手数料が発生しない上、成功報酬の算出基準には譲渡価格ベースを採用しています。移動資産ベースよりも算出額が小さくなる方法なので、成功報酬に関しても業界最安値水準となっています。

M&A仲介サポートを担当するのは、M&A経験豊富なアドバイザーです。中堅・中小規模において豊富な成約実績を持つアドバイザーが、相談から成約まで一貫したサポートを行います。

無料相談は24時間お受けしています。M&Aや着手金に関してお悩みの際は、お気軽にM&A総合研究所までご連絡ください。経験豊富なスタッフが親身になって対応させていただきます。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&Aの着手金を支払う前の注意点

M&Aの着手金を支払う前の注意点

M&Aの着手金は、M&Aの成約に関わらず返金されることはありません。M&Aの結果次第では無駄な出費になることもあるので、M&Aが成立する見込みがあるかどうかを見極める必要があります。

また、M&Aの着手金を会社の費用として支払う場合、何のための費用であるのか、経理担当者への説明が難しくなることがあります。

M&Aは、情報保護の観点から水面下で進める必要があります。M&Aの検討段階で不完全な形で情報が流出すると、社内に動揺を与えてしまうためです。

M&Aに関して、社内の人材に正直に説明できないケースも少なくありません。M&Aを進行する上で経理担当者の理解や協力は必要不可欠なので、事前に事情を説明しておくと円滑に進めやすくなります。

【関連】M&Aの手数料を比較!種類やリテイナーフィー、レーマン方式、成果報酬について解説

M&Aの着手金の会計処理、損金算入できる状況

M&Aの着手金の会計処理、損金算入できる状況

会計処理において、買収側がM&Aの着手金を損金算入できる状況は、M&A手法が事業譲渡や合併の場合です。M&A対象の資産や事業を直接取得する手法なので、着手金をアドバイザリー費用として損金算入することができます。

しかし、中小規模のM&Aの場合は株式譲渡が利用されるケースがほとんどです。株式譲渡の場合は、株式の取得価額の付随費用として扱われ、原則として資産計上されます。

着手金の支払い段階では、仮払金などに計上しておき、M&Aの成立をもって取得株式として資産計上します。ただ、M&Aが成約しなかったケースにおいては、株式譲渡においても着手金を費用として損金算入することが可能です。

なお、売却側はM&A手法に関わらず着手金を損金算入することが可能です。着手金を含めた全ての仲介手数料をアドバイザリー費用として譲渡価格から差し引く処理を行います。

【関連】経費を利用した節税とは

まとめ

まとめ

M&Aの着手金は、M&Aの成約に関係なく発生するため、依頼側にとって負担の大きい手数料です。M&Aの進行に合わせて着手金以外にも様々な手数料が必要になるので、全体的な費用にも目を向けることが大切です。

着手金を始めとした料金体系は相談先次第で千差万別です。全く同じ料金体系の会社は滅多にありませんので、相談先をお探しの際は、より良い相談先を見つけるためにも複数の仲介会社を比較検討することをおすすめします。

【着手金まとめ】

  • M&Aの着手金とはM&A仲介会社にサポートを依頼した段階で発生する仲介手数料
  • 中小規模のM&Aの着手金の相場は50~200万円前後
  • M&Aの初期費用として扱われる

【M&A仲介会社への各種費用】
  1. 相談料
  2. 着手金
  3. 月額報酬
  4. 中間報酬
  5. 成功報酬
  6. デューデリジェンスの費用
  7. M&Aの会計処理
  8. その他の費用

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

事業譲渡でM&Aを行う時や不動産の引き継ぎなどの際は、地位承継を行う必要があります。本記事では、地位承継とは何か、地位承継と地位継承ではどちらが正しい読み方なのかなど、事業譲渡の地位承継で知って...

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株価評価時に株式保有特定会社の判定を受けると、評価方法が限定されて税制面で不利になる場合があります。その際、選択肢を増やす手段として株特外しという方法を利用することも可能です。本記事では、株式保...

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法は、株式価値や企業価値評価手法の一つです。インカムアプローチの一種であり、非上場企業の少数株主の株式価値を算定するのに適しています。本記事では配当還元法について、実績配当還元法や標準配...

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは、譲渡対象の企業名を伏せたまま概要を要約したものです。ノンネームは、売却を検討している企業を特定させないため、業種や企業規模、譲渡理由などのポイントに絞って記載します。本記事では、...

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法(年倍法)は、時価純資産と営業利益を用いた簡便な企業価値評価手法であり、主に中小企業のM&Aで用いられます。本記事では、年買法(年倍法)とはどのような手法なのか、また計算方法の妥当性や問題...

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA(イーブイ/イービッダー)倍率とは、売り手企業への投資額を何年で回収できるかを示す指標です。本記事では、EV/EBITDA倍率の意味やEV/EBITDA倍率を用いた企業価値算定...

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

M&A後、旧経営陣が売却した企業に拘束されるロックアップ(キーマン条項)は、買い手と売り手で求める条件が食い違い、争点となりやすい部分もあります。本記事では、ロックアップ(キーマン条項)とは何か...

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

事業承継や経営基盤の強化、人材確保などを目的に、中小企業間のMアンドAが積極的に実施されており、MアンドA件数は増加傾向にあります。本記事では、MアンドAとはどのようなものか、MアンドA手法やメ...

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割は、組織再編によく使われるM&A手法ですが、手続きが複雑なため仕訳・会計処理・税務が分かりにくいこともあります。本記事では、会社分割における仕訳・会計処理・税務について、吸収分割・新設分...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)