2020年2月29日更新会社・事業を売る

M&A・事業買収セミナーとは?メリットや持ち物、開催情報を解説

M&Aや事業買収はいまやどの業界でも活発化しており、経営者は知識を身につけておくことで経営戦略の幅が広がります。M&A・事業買収セミナーを受けることのメリット、開催情報などを紹介します。

目次
  1. M&A・事業買収セミナー
  2. M&A・事業買収セミナーとは
  3. M&A・事業買収セミナーの対象者
  4. M&A・事業買収セミナーに参加する際の準備
  5. M&A・事業買収セミナーのメリット
  6. M&A・事業買収セミナーの開催情報10選
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&A・事業買収セミナー

M&A・事業買収は、今ではさまざまな会社で用いられる経営戦略です。しかし、M&A・事業買収には手法や知っておくべき知識も多いため、何も知らない状態ではなかなか踏み切れません。そこで役に立つのがM&A・事業買収セミナーです。

最近ではM&A・事業買収が一般化したことにより、経営者向けのセミナーが開催されています。今回はそんなM&A・事業買収セミナーについてお伝えします。

※関連記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!
事業買収とは?事業買収の方法と注意点

M&A・事業買収セミナーとは

M&A・事業買収セミナーとは、その名のとおりM&Aや事業買収についての講義が受けられるセミナーです。最近は中小企業がM&A・事業買収を行うケースが多く、規模に関わらずどの会社もM&A・事業買収に関係を可能性があります。

しかし、M&Aや事業買収にはさまざまな手法があり、それぞれの手法にメリット・デメリットがあります。また、M&Aや事業買収では税務や財務・法務などの専門的な知識も必要となることから、簡単には行うことができません。

M&A・事業買収セミナーは、そんなM&Aや事業買収についての基礎知識などをレクチャーしてくれる場であり、M&Aについての知識を身につけることができます。また、参加する人は主に会社の経営者であるため、そこからビジネスにつなげられる可能性もあります。

さまざまな機関でセミナーを開催している

M&A・事業買収セミナーは、経営コンサルティング会社やM&A仲介会社、商工会議所、中小企業庁など、今ではさまざまな機関で行っています。いずれも気軽に参加できるものであり、M&Aや事業買収を考えているのであれば、ぜひとも参加しておきたいところです。

ただし、商工会議所や中小企業庁が開催しているセミナーは無料で参加できることが多いですが、経営コンサルティング会社やM&A仲介会社が開催しているセミナーは有料であることが多いので、事前に調べておくようにしましょう。

M&A・事業買収セミナーの対象者

M&A・事業買収セミナーの対象者は経営者や経営に携わる役員、会社内のM&A担当者などであり、最近ではとくに中小企業の経営者や個人事業主もセミナーを受けることが多くなっているようです。

M&Aや事業買収は大企業が行うイメージがありますが、近年は中小企業や個人事業主において事業承継をM&Aや事業買収で行うケースが増えています。そのため、会社や事業の規模にかかわらず経営者が積極的にM&A・事業買収セミナーに参加するようになっています。

それを踏まえて、中小企業の経営者や個人事業主をターゲットにしたセミナーを各機関が開催するようになっています。

M&A・事業買収セミナーに参加する際の準備

基本的にM&A・事業買収セミナーでは特別な持ち物を要求されることはありません。しかし、セミナーもビジネスの一貫であることに変わりありませんので、参加者は「筆記用具」と「名刺」を持ってくるのがルールです。

とりわけ「名刺」は重要です。M&A・事業買収セミナーはさまざま業種の経営者が参加するため、参加者同士で名刺のやり取りをすることも珍しくありません。また、主催者によっては参加者に名刺を要求することもあります。

セミナーは知識を身に付ける場ではありますが、同時にビジネスチャンスにつながる場でもありますので、必ず名刺は携帯してM&A・事業買収セミナーに参加するようにしましょう。

M&A・事業買収セミナーのメリット

M&A・事業買収セミナーのメリットは、大きく分けて2つあります。

M&Aや事業買収の知識を得られる

大半の方の目的にもなっているように、M&Aや事業買収の知識を得られることがM&A・事業買収セミナーの最大のメリットといえるでしょう。M&A・事業買収のさまざまな手法の特徴やメリット・デメリット、M&Aや事業買収を行ううえで押さえておきたい財務・税務・法務などの専門的な知識を学ぶことができます。

また、M&Aや事業買収が積極的になっている背景や社会的情勢についても学ぶことができます。これらのような情報は書籍やウェブサイトでも学べますが、専門的な用語が羅列されていて理解するまでに時間がかかります。

しかし、セミナーでは講義に慣れている講師が初心者向けにわかりやすく説明してくれるうえに、質問もできるため理解しやすくなっています。

人脈が広がる

M&A・事業買収セミナーはビジネスチャンスにもつながり、すぐにビジネスにつながらなくとも人脈を広げるきっかけにもなります。さきほどもお伝えしましたが、セミナーにはさまざまな経営者が参加するため、そこで名刺交換などが行われます。

したがって、セミナーをきっかけに取引が生まれたり、他業種の経営者との交流やM&A・事業買収を行うことになる可能性もあります。

実際のM&Aの際に頼る専門家との人脈も作れる

人脈という点で言えば、M&A・事業売却セミナーに参加することで、実際にM&Aを行う際に相談・依頼をする専門家との人脈も作ることができます。とくに経営コンサルティング会社やM&A仲介会社が開催しているセミナーでは、実際にM&Aの現場で活躍している方が講師となるケースもあります。

M&Aでは相手企業との相性も大事ですが、サポートしてくれる専門家との相性も重要となります。M&Aは成約までに1年以上かかることも珍しいことではなく、その間は担当してくれる専門家と何度もコミュニケーションを取っていくことになります。

相手との相性は会ってみなければわからないことが多いですので、セミナーを通じて相性が良く安心して任せられる専門家との人脈を作っておくことで、実際にM&Aを行う場合にスムーズに進めていくことができるようになるでしょう。

※関連記事

M&Aセミナー活用のメリット・デメリット​とは?​種類​や注意点を解説

M&A・事業買収セミナーの開催情報10選

ここでは、おすすめのM&A・事業買収セミナーの開催情報をお伝えしていきます。定期的に開催されているプログラムのほか、各組織が、時代の潮流を捉えてテーマを設定し、より多くの経営者が関心を高く持つことができるセミナーを考案し、開催しています。

気になるセミナーや、情報提供組織のセミナー開催情報を、ウェブサイトなどを通じて随時チェックし、関心の高いものについては積極的に参加することをおすすめします。

 

みずほセミナー

みずほセミナーはM&Aや事業買収、事業承継、総務・財務などといった専門的な知識、従業員の教育の仕方や雇用条件、経営戦略など、M&Aだけでなく日ごろの経営に欠かせない知識についてもセミナーを行っています。

経営企画担当者、グループ経営関連、事業担当幹部、スタッフが参加対象となっており、一日かけて集中的に実施するスタイルを取っています。何日も通う必要がないため、短期間で効率的に学ぶことができます。

商工会議所のセミナー

商工会議所でもM&Aや事業買収、事業承継の開催していることがあります。商工会議所はM&Aや事業買収の専門的な機関ではありませんが、近年のM&A・事業買収の増加を受けて著名な講師を招いてセミナーを行っています

経営者や役員、起業家などが対象であり、無料で開催されていることが多いことから気軽に参加しやすいのが特徴です。また、商工会議所はM&Aや事業買収以外にも税務や財務、労働管理などさまざまなテーマのセミナーを開催されていることも多く、非常に役立つものになっています。

まずは、自社の地域の商工会議所のホームページから、どのようなセミナーが開催されているかを確認してみましょう。

事例から読み解くM&Aセミナー by M&Aサポート倶楽部

M&Aサポート倶楽部は、日本M&Aセンターが培ってきたM&A関連サービスをよりタイムリーに気軽に利用できるように創設された機関です。このセミナーは参加者を30名程度に絞った少人数制のセミナーであり、欧米流のM&Aの手法を教えてくれます

実際にM&Aを考えている上場企業の経営者や役員などが対象となっており、経営陣向けのセミナーだといえるでしょう。

誰にでもわかるM&A入門セミナー

日本M&Aアドバイザー協会が開催しているこのセミナーは、無料で参加できます。JMAAはもともとM&A専門の資格などを発行している機関であり、アドバイザリー業務においてもM&Aの実践的な業務やサポートを手掛けています。

そのため、経験豊富な講師がM&Aで行われる手続きや契約などの実務を詳しく、そしてわかりやすく教えてくれるところが魅力的です。このセミナーはM&Aをこれから知る人にうってつけであり、経営者やM&A担当者はもちろん、将来的にM&Aに関わる仕事をする人にもおすすめです。

中小企業庁主催のセミナー

中小企業をサポートする官庁である中小企業庁も、全国規模でセミナーや講義を行っています。もちろん、そのセミナーの中にはM&Aや事業買収に関するものもあり、実績のある講師を呼んで行うこともあります。

中小企業庁は同じテーマのセミナーを日本全国さまざまな地域で行うため、自社の地域で興味のあるセミナーを受けることが可能です。無料セミナーが多く気軽に参加しやすいのですが、参加人数が限られていることもありますので、興味のあるセミナーには早めに申し込みすることをおすすめします。

金融財務研究会・経営調査研究会のセミナー

このセミナーは金融財務研究会または経営調査研究会が主催しており、ビジネスの調査や研究または金融取引を手掛ける専門家による、より実践的なM&Aの知識を学ぶことができます。

また、このセミナーでは実際のM&A実務や体験談を教えてくれることもあり、M&Aの専門家による生の声を聴くことができます。

M&Aフォーラムのセミナー

M&Aフォーラムは、M&Aに関する情報提供を行うための機関であり、M&Aの専門家から政府関係者も参加しています。そして、M&Aフォーラムのセミナーにはこれまで750社にのぼる会社が参加しており、より実践的なM&Aの知識を学ぶことができます

M&Aフォーラムのセミナーは実務に直結した内容となっており、30人のみが参加できる少人数制をとっているうえに、参加費用も10万円を超えるため敷居は少し高い印象です。そのため、経営者というよりは、より深く実践的なM&Aの知識を学びたいプロ向けのセミナーだといえます。

PROnetのセミナー

仕事でなかなか時間が取れず、セミナーに直接参加することが難しいという人におすすめなのが、PROnetのセミナーです。PROnetのセミナーは会員であれば直接セミナーを受講するのはもちろん、インターネットを通じて全国どこからでも受けることができます。

そのため、仕事が忙しくてスケジュール調整が難しいという人や、地方にいてセミナーを直接受講できない人におすすめです。また、PROnetのセミナーはM&A仲介会社の大手である株式会社ストライクと提携しており、より充実した内容のセミナーを受けることができます。

対象者には経営者や役員はもちろん、M&Aアドバイザリーを行っている人も含まれます。

ビジネスクラス・セミナー

ビジネスクラス・セミナーはビジネスに関する良質なセミナーを行っており、会員であればさまざまなジャンルからセミナーを選んで受講することができます。ビジネスクラス・セミナーでは、M&Aや事業買収に関するセミナーも開催しており、中には無料で受けられるものもあります。

講師陣も経験豊富なベテラン揃いであるため、わかりやすくM&Aや事業買収を学べるようになっています。

つながりバンクのセミナー

中小企業専門のM&A仲介会社である、つながりバンクのセミナーもおすすめです。つながりバンクはスモールM&Aや事業承継のサポートを行っており、実務を通じて得た豊富な経験や知識をセミナーで学べるようになっています。

近年はスモールM&Aも増えており、それに特化した業者のセミナーは貴重なものだといえるでしょう。参加者はテーマの性質上、中小企業の経営者や役員、個人事業主が多いようです。また、投資家もこのセミナーに参加しているようです。

※関連記事

M&Aにおけるデューデリジェンスとは?費用や種類、注意点を解説
スモールM&A

まとめ

M&Aや事業買収は今では一般的な経営戦略であり、規模に関わらず会社の経営者であればある程度の知識は持っておきたいところです。また、セミナーは人脈を広げるうえで絶好の機会であり、新たなビジネスチャンスが生まれるきっかけにもなるでしょう。

セミナーはさまざまな機関で開催していますので、機会があれば受講することをおすすめします。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)