事業譲渡

事業譲渡

事業譲渡とは、会社を事業単位で切り分けて、その一部または全部を売買するM&A手法です。工場や店舗、取引先等の単位に切り分けて個別に売買出来るのが特徴です。中小企業のM&Aでは、株式譲渡に次いで多く用いられる手法です。  

関連記事

承継会社とは

承継会社とは

承継会社とは、会社分割の際に他社の事業を引き継ぐ会社を指します。承継会社は、会社分割の際に取締役会決議や債権者保護手続き、登記などの手続きを実施する必要があります。承継会社の概要から具体的な手続...

親族経営の会社

親族経営の会社

親族経営の会社には、経営権を奪われるリスクの軽減や後継者確保の面で有利なメリットなどがある一方で、公私混同が起きやすいなど深刻なデメリットも存在します。また役職に私情が含まれたり相談できる場所が...

資金調達の方法

資金調達の方法

経営者が活用できる資金調達方法には様々なものがあります。活用する資金調達方法によって、資金調達の可能性や背負うリスクも変わります。そのため、それぞれの手法の特徴やメリット・デメリット、活用場面を...

事業売却でかかる税金

事業売却でかかる税金

事業売却とは狭義の事業譲渡です。会社の事業の全て、または一部を第三者に売却することをいいます。事業売却にあたっては売り手側にも買い手側にも税金が発生します。事業売却での課税の実態を確認しながら、...

事業譲渡で発生するのれん

事業譲渡で発生するのれん

M&Aで事業譲渡・譲受を実施すると、のれんという金額が発生します。軒先の暖簾(のれん)と同音である、こののれんという言葉が事業譲渡の現場で使われる意味と、企業会計や税務でのれんをどう取り扱えばよ...

普通株とは?意味や基本的権利、保有率別の権利を解説

普通株とは?意味や基本的権利、保有率別の権利を解説

普通株とは、他の種類株の基準となる株式のことです。普通株を所持していると、配当金の受け取り、残余財産の分配、議決権の獲得などの基本的な権利を行使できます。また、普通株の所持割合が高いほど経営の内...

会社を売りたい

会社を売りたい

希望価格で会社を売るには、会社を磨き上げる努力をしながら多角的な視野を持ち、利益が最大になる方法を実践しましょう。本記事では、会社を売る方法をはじめ、値段の決め方や希望価格で売却する準備などをま...

簿外債務

簿外債務

簿外債務とは、帳簿(貸借対照表)に計上されていない債務のことです。簿外負債とも呼ばれており、多くの中小企業が抱えています。しかしM&Aの実施相手が簿外債務を抱えていると将来的に深刻な問題が発生し...

M&Aの費用

M&Aの費用

M&Aを実施する過程で、どの程度の費用がかかるかご存じでしょうか?仲介会社を利用した際は、着手金やリテイナーフィー、成功報酬などの費用がかかります。また、株式譲渡など各M&A手法を実施した場合は...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)