2020年5月26日更新業種別M&A

Web制作会社の売却額とは?注意点や価額の上げ方を解説!

Web制作会社は、今後も発展する可能性がある分野です。そのため、さらなる発展を狙ったM&Aも増えているのですが、そこで気になるのはその売却額ではないでしょうか。この記事では、Web制作会社の一般的な売却額の相場や価格の上げ方などについて解説していきます。

目次
  1. Web制作会社は様々な理由で売却が多い!
  2. Web制作会社の売却方法
  3. Web制作会社の売却額相場
  4. Web制作会社の売却金額を上げるには?
  5. Web制作会社の売却注意点
  6. Web制作会社の売却はM&A仲介会社に相談
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

web制作会社のM&A・事業承継

Web制作会社は様々な理由で売却が多い!

Web制作会社は様々な理由で売却が多い!

Web制作会社は、企業のホームページを作成したり、ECサイトの作成をしたりする会社のことをいいます。現在では、多くの会社が自社のホームページを作っており、顧客が自由にホームページを見られる時代となっています。

この動きは今後も続く見通しであり、誰でもインターネットが利用できる世の中になっているからこそ、発展してきたといえるでしょう。そのような中、会社のホームページ作成を請け負うWeb制作会社は、若い年齢でもホームページなどを作る知識があれば、比較的簡単に始められる事業です。

そのようなWeb制作会社ですが、売却しようと考える経営者も少なくありません。最近のWeb制作会社は、ホームページを作っているだけで良いというわけではなく、Webマーケティングや経営コンサルティングといった業務を増やしています。

ホームページの作成はその副業的な位置づけとなり、Webマーケティングや経営コンサルティングが軌道に乗ってきた段階で売却を考えるといった流れになっています。もちろん、これだけが売却を考える理由ではないのですが、これが理由で売却を考える経営者は少なくありません。

Web制作会社が会社売却を考えるその他の理由

主業種がホームページの作成からWebマーケティングや経営コンサルティングへと変化した以外に、Web制作会社が会社売却を考える理由は、以下のものが挙げられます。

  • 固定客(クライアント)が見つからない
  • 当初見込んでいた収益が得られない
  • 競合他社が進出してきた
  • 新たな事業進出への資金作り

このように、単純に事業として継続していくために必要な固定のクライアントが見つからない場合や、思っていたよりも収益が出ないことが理由で会社売却を考えるケースも珍しくありません。また、競合他社が多いので継続的な成功が難しい業界でもあります。

そのため、事業をWebマーケティングなどへ方向転換するために、Web制作会社を売ってしまって、その資金で新たな会社を作る経営者も多いです。例えば、アプリ制作会社を作ったり、IoTを扱う会社を作るための資金作りに活用します。

※関連記事

web制作会社の事業譲渡と株式譲渡の違いを解説【案件一覧あり】

web制作会社の事業承継とは?課題や注意点などポイントを解説!

Web制作会社の売却方法

Web制作会社の売却方法

Web制作会社の売却方法については、ほかの職種と同じように3つの方法が考えられます。会社を売却するということは、資産や権利、契約などを売却することを意味しており、買収してくれる会社があってはじめて成立します。

会社の売却方法によっては、取引先や従業員、会社が持つノウハウや技術を丸ごと譲り渡すことになります。近年、後継者がいないことや経営者の高齢化を理由に会社を売却するケースが増加中です。会社を売却した経営者は、その対価を受け取ることになります。

以前であれば、会社を売却することにマイナスのイメージを持つ経営者が多くいましたが、最近では、会社売却は会社を存続させるための手法としての認識が高まっています。会社の売却は、経営者の交代だけでなく、会社の事業環境が変わる可能性が高いです。

成功させるためにも、方法や手続き、注意点を確認しておくと良いでしょう。会社売却の方法は以下のようになります。

  1. 株式譲渡
  2. 合併
  3. 事業譲渡

それぞれの方法について、順番に見ていきましょう。なお、M&Aは手法によって得られるメリットや手続きが異なり、専門的な知識も必要となりますので、知識と経験豊富なアドバイザーの存在が不可欠です。そのため、M&Aを考える場合はM&A総合研究所にご相談ください。

M&A仲介会社であるM&A総合研究所は専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、培ったノウハウを活かしてM&Aをフルサポートいたします。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

株式譲渡

株式譲渡は、会社売却の手法の中で最も多く取り入れられている手法となっています。株式譲渡とは、会社の株式を買収してくれる会社や個人に譲り渡す方法です。株式譲渡は、株式数の変更や法務局への変更登記、役所への手続きが必要ないので、比較的簡単に会社売却が実施できます。

株式譲渡については、買収した側の会社がすべてを買い取ることになるので、簿外債務や不要な契約、資産など不必要なものまで買収してしまう可能性があるので、買収する前にデューデリジェンスをしっかりとする必要があります。

合併

合併とは、2つ以上の会社が1つになる方法です。中小規模のWeb制作会社ではまれなケースですが、規模が大きな会社では実施されます。合併には、吸収合併と新設合併の2つの方法があり、吸収合併は2つ以上の会社のうち、いずれかの会社が吸収されて1つの会社になります。

新設合併は、2つ以上の会社が新設された会社として一緒になることで合併する方法です。よく使われる手法は吸収合併で、大手企業が中小規模の会社を吸収して合併することが多いでしょう。吸収された会社は、完全に消滅してしまうという特徴があります。

買収した側の会社は、ほとんど資金をかけずに合併ができますが、売却した側の会社のすべてを引き継ぐことになるのです。

事業譲渡

事業譲渡とは、事業の一部または全部を売却する方法になります。事業譲渡の場合は、会社を存続させる意思があるが採算が合わない事業を切り離したい場合や、会社を廃業してもいいが存続させたい事業があるなどの場合に用いられる手法です。

事業譲渡による会社売却は、手続きが複雑なので細分化して手続きが行われます。繰り返しになりますが、いずれの方法も専門的な知識が必要となりますので、会社売却の際にはM&A仲介会社などの専門家に相談することをおすすめします。

※関連記事

株式譲渡とは?メリット・デメリット、M&Aの手続きや税務を解説

事業譲渡とは?意味や方法、M&Aにおける活用​を解説

Web制作会社の売却額相場

Web制作会社の売却額相場

Web制作会社を売却しようとしたとき、気になるのはどのくらいの価格で売れるのだろうかということではないでしょうか。実際にどのくらいの相場で売買が行われているのか、売却をしようと考えている会社にとってはとても気になる点です。

結論から言うと、会社の規模や売上高によって前後するので、一概に「○○円」と断定することができません。

しかし、できるなら相場を知ったうえで、相場以上の金額で売却したいですよね。Web制作会社の規模にもよりますが、従業員が数人で規模が比較的小さい会社は数百万から数千万円になることが予測できます。中規模の会社なら数億円前後といったところでしょう。

従業員数も多く、規模が大きなWeb制作会社になれば、数十億円から数百億円になることもあります。

企業価値の評価額で売却価格が決まる

Web制作会社に限らず、会社売却をするときには企業価値を評価して売買価格を決めることが多いです。実際の資産や負債などの財務状況や売上高、将来の成長性などを含めて企業価値を評価して売買価格が決まります。

会社を売却する側はできるだけ高く売却したいと考えますし、買収する側はできるだけ安く買収したいと考えるのは自然な流れです。そのような中で、交渉を重ねて売買価格が変化していくこともあります。最終的なWeb制作会社の売却額は、買収する側の会社との交渉によって決まることになるでしょう。

しかし、せっかく売るならできるだけ売却金額を上げたいですよね。ここで、Web制作会社の売却金額を上げる方法も見ておきましょう。

Web制作会社の売却金額を上げるには?

web制作会社のM&A・事業承継
web制作会社のM&A・事業承継
Web制作会社の売却金額を上げるには?

そもそも、Web制作会社としての売却金額を上げるためには、買収する会社にとって魅力的な部分がなければ難しくなるでしょう。売却金額については、企業価値の評価を実施しておおむねの金額を算出することになります。

売却しようとしているWeb制作会社が何の魅力もない会社であれば、企業価値の評価が下がりますし、買収しようとする会社も現れないはずです。そのため、売却を考えているのであれば、魅力的な会社にするための努力が必要になります。

ここで、Web制作会社が売却金額を上げる具体的な方法を見ておきましょう。

Web制作会社が売却金額を上げる具体的な方法

Web制作会社が売却金額を上げるには、M&A仲介会社をうまく使うことが大切です。経営者自身だけの力や知識では売買取引が難しく、M&A仲介会社に仲介を依頼して売却するのが現実的なうえに、売却額も上がりやすいです。

M&A仲介会社は、会社の売却金額について企業価値を評価して金額の算出をします。企業価値は、東証一部上場を果たしているかという点や会社の規模によってだけで、決定されるわけではありません。また、売上高が大きいから、有名だからというだけで企業価値が上がるというわけでもありません。

あらゆる角度から企業の価値を算出し、それに基づいてある程度の売却金額を決定することからはじまり、その後の買収する側との交渉によって売却金額が確定するのです。

その企業価値の算出や交渉する際の資料作りと交渉が非常に重要となるのです。

これもM&A仲介会社に依頼していればサポートしてくれます。このように、Web制作会社が売却金額を上げるには、M&A仲介会社に相談しながら、将来の利益を大きくするためにビジネスモデルを固めていくことが大切なのです。

企業価値の算出法は主に2つ

企業価値の算出は、時価純資産方式や収益還元方式(DCF法)を用いて実施されることが多いです。時価純資産方式の場合は、時価が大きい「資産」を持っている会社、負債が少ない会社の企業価値が高いということになって、売却金額を上げることになります。

しかし、時価の大きい「資産」を持つのは、すぐにできるものではありません。Web制作会社を売却しようと考えている時点で、資産に大きな価値を持たせることが難しいでしょう。収益還元方式の場合は「将来のキャッシュフロー」によって、企業価値の算出を実施します。

「将来のキャッシュフロー」が大きければ大きいほど企業価値があがり、売却金額を上げることが可能となるのです。収益還元方式では、「税引き前利益」を評価する場合が多く、大きくなれば企業価値が大きくなります。

また、支払利息が少ない、減価償却費が大きいという理由でも企業価値が大きくなり、売却金額が上がる可能性が出てくるのが特徴です。「税引き前利益」を大きくするということは、現経営者が会社の業績を上げれば利益が増えるので、売却金額が上がる要素となります。

「将来キャッシュフロー」において、将来にわたって税引き前利益が見込めることがわかれば、売却金額を上げることができるので意識するべきです。ビジネスモデルがしっかりしており、ビジネスが流行に流されない会社であると評価されることになります。

Web制作会社が実際に行うべきこと

Web制作会社が会社売却にあたって行うべきなのは、企業の業績を上げることです。

収益還元方式で、税引き前利益によって企業価値が上がる可能性があるので、企業の業績を上げておくことが必要になります。

その他にも、以下のポイントも重要となります。

  • 財務内容を良くしておく
  • ガバナンス体制をしっかりとしておく
  • 株主の整理をしておく

では、これらのポイントについてもう少し詳しく解説していきます。

財務内容を良くしておく

財務内容を良くしておくことも大切なポイントです。資産や負債はもちろんですが、無駄なコストは削減して支出は減らしておくことで、税引き前利益の利益率を上げることができます。時価純資産方式で考えても、不必要な資産や収益性の低い事業は整理しておくことが望ましいです。

具体的には、借入金を減らせることです。これにより財務内容が予期したとおり、負債も減らすことが可能です。これに伴って、支払う利息も減るので企業価値が上がる要素となります。

ガバナンス体制をしっかりとしておく

ガバナンス体制をしっかりとしておくことも、売却金額を上げるポイントです。経営者がいなくても、現在の事業の運営ができるような体制づくりをしておくと買収する企業側にとっても安心できる要素となります。

ことM&Aでは、会社売却後に今までとおりの事業展開ができないことも珍しいことではなく、買収する企業にとってはそれがM&Aの失敗を意味します。そのようなことが起きないよう、しっかりとした組織づくりが重要となります。

株主の整理をしておく

株主の整理をしておくことも重要です。買収する会社にとってもスムーズに買収を進められる要素となり、買収したいと申し出る会社が現れる可能性が高くなります。Web制作会社の買収をするときに、現経営者の親族が株式を保有している場合、会社売却に伴って、株式を集めることになるはずです。

このときに、100%の株式を集中させてスムーズに買収できるようにしておくことが重要になります。また、親族以外が株主となっている場合も、株式を集中させることや説得しておくことが重要となります。

※関連記事

企業価値評価とは?評価方法を知って企業価値を高めよう

企業価値の算定方法

Web制作会社の売却注意点

Web制作会社の売却注意点

Web制作会社を実際に売却しようと考えたとき、どのようなことに注意すれば良いのかも知っておくべきです。Web制作会社売却の際は、同業種同士の売買となる場合もありますし、異業種との売買になる場合もあります。いずれの場合も注意しなければならないことがいくつかあるでしょう。

具体的に注意するべき点は、以下となります。

  1. 希望条件を明確にする
  2. 売却金額について精査する

Web制作会社を売却することによって、その対価を得ることにもあります。より良い方法で売買ができるように、事前にどのように進めていくかしっかりとした計画が必要になるのです。では、それぞれの注意点について順番に見ていきましょう。

希望条件を明確にする

Web制作会社を売却する方法は、先にも述べたように株式譲渡、合併、事業譲渡の3つです。中小企業の場合は、株式譲渡を選択することが多いですが、そのメリットとデメリットをよく理解しておく必要があり、株式譲渡の場合は、会社のすべてを譲り渡すことになり、現経営者から手が離れることになるのです。

いずれの方法の場合も、希望の条件を明確にしておかなければ、買収した側の経営者によって経営方針ががらりと変わってしまう可能性があります。また、これまで一緒に仕事をしてきた従業員に対しても、人員整理などでリストラなどの対象になることもゼロではありません。

それを回避するためにも、売買するときには希望条件を明確にしておく必要があります。例えば、これまでの従業員の雇用は守って欲しいというものや経営方針について譲れない項目は、はっきりとさせておきましょう。

売却金額について精査する

売却金額について精査し検討することも大切です。Web制作会社は請け負っている仕事の内容で、企業価値の評価が決まる場合もあります。将来性や成長性がある分野や固定顧客がいるなどの理由で、企業価値が上がる場合もありますが、必ずしも希望の売却金額で売買が行われる保証はありません。

売買の交渉の中で、希望どおりになることばかりではありませんが、妥協できる売買金額はいくらなのか、精査しておくと良いでしょう。買収する側の会社もできるだけ安く買収したいと考えることが多いので、希望の売却金額よりも安い金額で打診してくる場合もあります。

業績もよく、売上高も見込めるのであれば希望する売却金額を明確にしておき、妥協できる最低売却金額を検討しておくと良いでしょう。

Web制作会社の売却はM&A仲介会社に相談

Web制作会社の売却はM&A仲介会社に相談

Web制作会社の売却を検討している場合は、M&A仲介会社に相談することをおすすめします。Web制作会社の売却を検討していても、現経営者が自身の力や知識だけで進めるには専門的知識がないことも少なくありませんし、交渉などを思うように進めることができません。

そこで、M&A仲介会社のアドバイスやサポートを受けながら進めていくと、スムーズに進めることができるのです。

もしも心当たりのある専門家がいないなら、M&A総合研究所にお任せください。M&A総合研究所は、Web制作会社の売却についてもノウハウがあるので、安心してご相談いただけます。

ご相談は無料で、報酬についても国内最安値水準となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

まずは事前相談に行く

M&A仲介会社に相談するときは、まずは事前相談に行ってください。M&A仲介会社は、M&Aの仲介だけを専門にしているわけではありません。事業承継や会社売却についてなど様々な内容の相談に応じてくれます。

会社売却については、最終的にM&Aを実施することになりますので、専門的な知識を持った専門家のアドバイスやサポートが必要になるのです。M&A仲介会社には、弁護士や会計士、税理士などの士業やM&Aアドバイザーの資格を持っている人や経験が豊富なスタッフが在籍しています。

会社売却を考えているが、どのようにすればいいのかわからないという場合や、相手を探して欲しいという悩みに対しても、相談に応じてくれます。M&A仲介会社に出向いたら、すぐに会社売却の交渉が始まるわけではありません。

事前相談として、会社の現状やなぜ会社を売却したいのか、などの相談にも応じてくれるでしょう。M&Aについては、M&A仲介依頼の契約を結ぶまではM&Aの取引がスタートしません。悩み事や不安なことがある場合は、焦らずにまずは事前相談に行ってみましょう。

積極的に専門家の力を借りる

Web制作会社の売却をしたいなら、積極的に専門家の力を借りるほうが良いです。M&A仲介会社には、先にも述べたように弁護士や会計士、税理士などが在籍している場合や、提携などによってネットワークが確立されています。

そのため、会社売却に伴って専門的な知識が必要になった場合に、すぐにサポートしてくれる体制が整っているはずです。また、大手M&A仲介会社では、全国の地方銀行や信用金庫などとも連携が取れており、資金についても相談が可能となっています。

地方にあるM&A仲介会社の場合も、地域性も活かしたM&A案件を多く持っていることが多く、その中から買収してくれる会社を探すことも可能となっているのです。M&A仲介会社に相談することで、M&Aに関する知識を持った専門家の力を借りることができます。

さらに、買収先との素早いマッチングや交渉、契約などをスムーズにサポートしてくれます。もしも不安なことがあれば、すぐに専門家に相談するのが会社売却を成功させるポイントです。必要な契約や手続きについても熟知しているスタッフがいるので、安心して任せることができるでしょう。

※関連記事

M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します

まとめ

Web制作会社は比較的会社をスタートさせやすく、若い年齢でもホームページなどを作る知識があれば始められる事業です。しかし、固定のクライアントが見つからない場合や思っていたよりも収益が出ないなどの理由で、会社売却を考えるケースも珍しくありません。

多くのWeb制作会社は、独自のノウハウをもとに成功している会社もありますが、ある一定の収益を得ることができたら、会社を売却して別の事業を始めようとする経営者も少なくありません。しかし、Web制作会社は、今後も発展する可能性がある分野でもあります。

会社の売却については、専門的な知識を持っているM&A仲介会社に依頼して、Web制作会社の売却をスムーズに実行しましょう

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

半導体業界のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功・失敗事例付き】

半導体業界のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功・失敗事例付き】

日本の半導体業界は昔より世界シェアが縮小しており、業界再編のための大型M&Aが盛んになっています。本記事では、半導体業界のM&A・事業承継について成功・失敗事例を交えて解説するとともに、実際にM...

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場は土地があれば経営することができるため参入しやすい事業のひとつです。近年では、大手企業によるM&Aや規模拡大や好立地の駐車場を獲得するためのM&Aが増えています。この記事では、駐車場業界の...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

本記事では、住宅建設業界のM&Aについて、2020年の業界の最新動向や買収相場の考え方、M&Aのメリット・デメリットなどを解説していきます。実際に行われた住宅建設会社のM&A事例も、2020年の...

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

お金や資産を貸し出して利益を得ているのが金融・リース・レンタル事業です。当記事では、金融・リース・レンタル事業の概要をはじめ、各業種が抱えている問題や、事業承継の可能性、事業承継の手順・事例・注...

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

今後の成長が期待されているITソフトウェア業界では、ソフトウェア開発の重要性の高まりから、他業界やスタートアップ企業の参入が多く、M&Aが積極的に実施されています。本記事では、ITソフトウェア業...

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

利用者にまつ毛エクステを施すのがマツエクサロンの事業です。当記事では、マツエクサロンが置かれている現状をはじめ、M&Aの動きや、M&Aを用いた際のメリット、M&Aで注意を払う点、M&Aの手続き、...

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界は国内の市場規模は減少しているものの海外展開など顧客のニーズが変化してきており、今まで以上にM&Aが行われるようになると予測されます。今回は今度積極的に行われていくジュエリー業界の...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

web制作会社のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)