2020年2月12日更新会社・事業を売る

M&A投資と投資ファンドの役割

M&Aは事業承継などの経営戦略の手法として活用されるのですが、その一方で、投資ファンドと呼ばれるM&Aを投資として捉えて利益を得る会社もいます。M&Aと投資の関係や投資の種類、M&Aにおける投資ファンドの役割り、M&A投資のポイントについて解説します。

目次
  1. M&Aと投資
  2. M&Aと投資の関係
  3. M&Aにおける投資ファンドの役割
  4. M&A投資のポイント
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&Aと投資

従来から、M&Aの活用により事業規模を拡大してきた企業は数多く存在し、近年ではソフトバンク、楽天、リクルートが広く知られています。こうした大企業同士のM&Aは市場全体に大きな影響を与え、その結果として、新たなビジネスが生まれたり、市場の成長性が高まるなどの効果が期待できます。

しかし、近頃では中小企業やスタートアップ、ベンチャー企業が進んでM&Aを実施するケースが増加しています。その背景には、後継者不足や国内市場の衰退による経営の継続が困難となっていることが挙げられ、大切な会社を存続させるためにM&Aを行います

また、M&Aにより会社を売却することで資金を獲得し、経営者の老後資金としてM&Aを活用するケースも多く、今後はますます中小企業のM&Aは増加すると予測されます。

純粋な投資目的でM&Aを活用するケースもある

後継者不足の解消などのM&Aは、どちらかというと経営戦略を目的としていますが、将来への投資と捉えることができます。一方で、中には経営戦略の遂行ではなく、純粋な投資目的でM&Aを活用するケースもあります。

こちらは投資によって利益を獲得する本当の意味での投資であり、その対象がM&Aによるものということです。ただ、いずれにせよ、M&Aは投資である点には変わりなく、M&Aにおける買い手側は、M&A取引が投資行為であることを自覚しなくてはいけません。

M&Aと投資の関係

まずはじめに、M&Aと投資に関して基本的なことを解説していきます。

①投資の種類

投資は、大きく分けて以下の2種類があります。

  • 証券投資
  • 直接投資

まず1つ目の証券投資は、株式や債券を購入し、その配当や利子などの利益獲得を目的として行う投資です。そのため、一般的に行われている株取引は、この証券投資に該当します。

2つ目の直接投資は、経営戦略を遂行する目的で投資する方法であり、正確には海外進出における投資の類型なのですが、国内でも同じ類型であるという認識で間違いありません。直接投資では、投資したほうが経営に介入することが多く、M&Aはこの直接投資に含まれます。

②M&Aとは

M&Aとは、複数ある会社の事業のうちの一部を売買したり、会社そのものを売買することを言い、近年ではM&Aの活用により、後継者不足問題などの解消のために活発化しています。また、海外進出を目的にM&Aを利用する事例も増えています。

M&Aを活用すれば、すでに現地で営業している事業や会社を買うことができ、会社が一から進出するよりも短期間での海外進出を実現できます。このことからM&Aは、「お金で時間を買う」とも言われています。

このように、M&Aは買い手だけでなく売り手にも利益をもたらす手法であり、それぞれのニーズが合致することで多くのメリットを双方が得ることができます。

M&Aの種類

M&Aには、会社自体を売買する「株式譲渡」や「株式交換」、一部の事業のみ買収する「事業譲渡」や「会社分割」などの手法があり、M&Aを成功させるためには、目的に合った最適な手法を活用しなくてはいけません。

また、中小企業にとって、M&Aを独力で成し遂げるのは簡単ではありません。M&Aを行う際には法務や税務などの専門的な知識や手続きが数多く存在します。そのため、M&AではM&A仲介会社のような専門家に、助力を得ることをおすすめします。

M&Aをお考えの際は、M&A仲介会社であるM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所には会計士や豊富な知識と経験を持つアドバイザーが在籍しており、これまで培ったノウハウを活かしてM&Aをフルサポートいたします。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

M&Aとは?M&Aの意味をわかりやすく解説!

M&Aにおける投資ファンドの役割

ここでは、M&Aに投資するファンドに関してご紹介します。

①M&A投資ファンドとは

自社の経営戦略としてM&Aを活用する会社がある一方で、M&Aに対する投資を専門にしている会社もあります。それが「投資ファンド」と言われる会社であり、M&Aの現場ではPE(プライベート・エクイティ)ファンドと呼ばれます。

②PEファンドの種類

PEファンドには、以下のようにさまざまな種類が存在しています。

  • バイアウトファンド
  • 再生ファンド
  • ベンチャーキャピタル
  • MBOファンド

これらのファンドは、投資対象に違いがあります。まずバイアウトファンドは、成熟した企業をM&A投資の対象としており、ベンチャーキャピタルは未上場のベンチャー企業を、再生ファンドは経営が悪化している企業をM&A投資の対象としています。

一方でMBOファンドは、既存の会社から独立しようとしている役員や従業員への投資を対象としています。このように、何を投資の対象とするのかによって、ファンドの種類が異なっています。

③PEファンドの投資戦略

PEファンドは、「企業価値向上によるキャピタルゲインの獲得」を目的としており、まずはじめに投資家から資金を集め、その資金を用いて対象企業に投資を行います。そして、投資した会社の価値が上昇した段階で、M&Aによって株式を売却します。

投資した時点よりも会社の価値が上がったことで、ファンド側は株価上昇分の利益を獲得できるという経営戦略によって活動しているのです。そのため、ファンドが会社の経営に加入したり、アドバイスを行うこともあります。

また、ベンチャーキャピタルの場合は、M&AかIPOによって投資資金の回収を行いますので、経営能力の高い人材が多く在籍しています。

※関連記事

バイアウトファンド

企業再生ファンドとは?仕組み、事例、一覧や業務内容を解説

M&A投資のポイント

M&Aを成功させるためには、より多くの利益を得る必要があり、ここではそのために必要なポイントを解説します。

①「ブル型」と「ベア型」

FX投資や株投資では、「ブル型」と「ベア型」というワードがよく使われます。これは、投資家のポジションを表す用語であり、牛の角が上を向いていることが由来の「ブル型」は、相場(株価)が上昇しているときに利益獲得を目指すポジションのことを言います。

一方で「ベア型」は、クマが腕を上から下へ振り下ろすことが由来となっており、相場(株価)が下落しているときに利益の獲得を目指すポジションです。これらポジションでは、一般的にブルのほうが低リスクの投資となります。

ただし、その分だけ期待できるリターンも低いです。一方でベアの場合、期待できるリターンはブル型の投資よりも大きいのですが、その代償としてリスクも大きいです。

M&A投資ではベア型の投資を行う傾向がある

FX投資や株投資におけるこの理論は、M&Aの投資にも当てはまります。財務内容や業績良好な企業には、多くの買い手候補が現れ、そこに投資するのはブル型と言えます。リスクが低くて人気はあるが、リターンはそこまで期待できません。

そのため、多くのリターンを期待したいのならば、ベア型のM&A投資を実行する必要があります。つまり、業績や財務内容が悪い会社を投資対象とします。確かに、投資資金を回収できないリスクは高いのですが、株価が上昇した場合に得られる利益は非常に大きいです。

M&A投資に慣れている投資家やPEファンドは、大きいリターンが期待できるベア型の投資を行う傾向があります。

②M&A投資で目標とすべき収益率

M&A投資に限らず、投資というものはよりたくさんの利益を獲得したほうが成功となります。ただし、ハイリターンを求めすぎると、その分リスクも高くなります。では、どの程度の収益率を目指すべきでしょうか?

M&Aの現場では、ROI(投資利益率)で20%〜30%を目指すのが好ましいと言われています。つまり、投資した金額が1億円であれば、年間で3,000万円程度の利益が目指す収益率となります。この収益率は非常に難しい数値であり、一般的な株取引でも、収益率30%を目指すのは困難です。

しかし、M&Aの場合は、投資先を選ぶ際に比較的安定して利益を挙げられる会社や業種、将来性の高い事業を行っている会社などを選択します。さらに、ファンドがその会社の経営に介入することやアドバイスにより、企業価値を自ら高めていくことができます。

そのため、ハイリターンとは言っても一般的な株取引とは異なり、状況を間近で見られるだけでなく、状況に応じて対処していくこともできるため、収益率30%という高い目標を目指すことができるのです。

近年はスモールM&Aが注目を集めている

近年、スモールM&Aという投資が注目を集めています。スモールM&Aとは、M&A取引の金額が少ないものであり、投資資金が少なくてローリスクであるにもかかわらず、高い収益率が狙えるハイリターンが魅力です。

スモールM&Aの投資先対象となるのは、赤字となっているなどで株価が低い会社であり、そこから企業価値を高めることができれば、少ない投資で多くの利益を得ることができます。

③M&A投資に必要な能力

M&A投資を成功させるには、以下の3つの能力が必要であると言えます。

  • 法律や財務に関する知識
  • 将来を見抜く力
  • 判断力

法律や財務に関する知識は当然あったほうが良く、将来を見抜く力と判断力が必要です。もちろん、将来を100%の確率で予想することはできませんが、自身が経験した業界であればある程度の予想はできます。

自分が知らない業界でも、仲間に聞くことで業界の内情を知ることもできます。ただ、こればかりは一朝一夕で身につくことではなく、自身や他者の経験だけでなく、M&Aの成功例を調べることやマーケットの理解を深めるなどで、徐々に身についてくるはずです。

また、投資においてはタイミングが最も重要となります。投資をするタイミングもそうですが、手放すタイミングも間違えてしまえば損をしてしまうこともあり、それぞれを適切なタイミングで行える判断力が大事です。

※関連記事

M&A成功事例とは?大手・中小企業、スタートアップやベンチャー企業のM&A成功事例を解説

スモールM&A

まとめ

今回は、M&Aを投資目線で解説しました。本来M&Aは、時間を節約したうえで経営戦略を遂行する手法であり、後継者不足などさまざまな問題を抱える企業が多い現在では、M&Aの活用はポピュラーになりつつあります。

その一方で、M&Aを投資の対象と捉え、確かな知識と将来を見抜く力、判断力で利益を獲得している会社もあります。ただ、経営戦略にしろ利益獲得にしろ、M&Aは投資であることに変わりなく、より多くの利益を得るためにはある程度のリスクを許容する必要があります。

この記事の要点をまとめると、以下のようになります。

・投資の種類
証券投資、直接投資

・M&Aとは
事業の一部や会社そのものを売買すること

・M&Aにおける投資ファンドとは
PEファンドと呼ばれ、企業価値向上によるキャピタルゲインの獲得を目的としている会社

・M&A投資を行うPEファンドの種類
バイアウトファンド、ベンチャーキャピタル、再生ファンド、MBOファンド

・M&A投資の類型
ブル型、ベア型

・M&A投資で目標とする収益率
20%~30%

・M&A投資に必要な能力
法律や財務の知識、将来を見抜く力、判断

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)