2020年1月17日更新会社・事業を売る

企業再生ファンドとは?仕組み、事例、一覧や業務内容を解説

企業再生ファンドは、投資家から集めた資金を用いて経営不振に陥った企業の立て直しを行い、事業再生を通じて多額の利益を得ることから「ハゲタカ」とも呼ばれています。企業再生ファンドの仕組みや、M&A・IPOの関係、企業再生ファンドの主要企業などを解説します。

目次
  1. 企業再生ファンド
  2. 企業再生ファンドとは
  3. 企業再生ファンドの仕組み
  4. 企業再生ファンドの事業承継支援
  5. 企業再生ファンドの業務内容や年収
  6. 企業再生ファンドの一覧
  7. 企業再生におけるハゲタカファンド
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

企業再生ファンド

株式に投資するファンドは、ベンチャーキャピタルだけではなく、バイアウトファンドや企業再生ファンドも、株式投資を行うファンドの一種です。「ハゲタカ」とも呼ばれる企業再生ファンドは、事業再生を通じて多額の利益を獲得します。

この記事では、企業再生ファンドの実態を分かりやすくお伝えします。

企業再生ファンドとは

まず最初に、企業再生ファンドとはどのようなものなのかをご説明します。企業再生ファンドとは、投資家から集めた資金を用いて、経営不振に陥った企業の立て直しを行うファンドです。民間の企業再生ファンドのみならず、国が運営する「地域経済活性化支援機構」も企業再生ファンドの一種です。

未公開企業に投資する場合は、広義の意味で「プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)」に含まれます。プライベート・エクイティ・ファンドには、他にも「ベンチャーキャピタル」や「バイアウトファンド」などがあります。

各投資対象企業再生ファンドは経営不振の企業に投資する一方、ベンチャーキャピタルは設立したての企業、バイアウトファンドはある程度軌道に乗り出した企業を投資対象としています。企業再生ファンドは、投資する対象がベンチャーキャピタルやバイアウトファンドとは異なります。

投資リスクが高く適切な判断力が必要

企業再生ファンドの投資対象となるのは、経営不振に陥っている企業が対象となり、本来であれば投資の対象から外れる先へ投資することになります。つまり、投資リスクが通常の投資よりも高いということであり、適切な判断力が求められます

しかし、単に経営不振に陥っているという理由だけで投資先を選択したのでは、投資リスクだけが高くなってしまうことになります。そのため、その判断を支えることになる専門的な知識も必要となるのです。

※関連記事

地域経済活性化支援機構(企業再生支援機構)とは

プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)とは?種類とメリット・デメリット

企業再生ファンドの仕組み

企業再生ファンドは、経営不振の企業に投資して、どのように利益を獲得しているのでしょうか?ここでは、企業再生ファンドの仕組みについてご紹介していきます。

まず、企業ファンドは投資家から集めた資金を用いて、再生の可能性が高い企業を選別し、その会社の株式を割安で購入します。投資対象となるのは、新規事業の失敗や債務超過などに陥って企業経営が厳しくなっている会社であり、以下のような企業価値の高い会社が選ばれやすいようです。

  • 本業の収益力が高い
  • 優れた技術やノウハウを持っている

細やかな調査により、再生の可能性が高いと判断されると、その会社の株式を購入し、不採算事業の売却や専門家の派遣・コスト削減を通じて企業価値の増大を図ります

状況に応じた再生方法を実行する

事業再生に際しては、主に以下の2つの再生方法があります。

  • ターンアラウンド
  • ワークアウト

まず、「ターンアラウンド」というのは、事業を方向転換させて再生を図る方法です。一方で「ワークアウト」は、リストラやサイジングによって再生を図る方法であり、どちらの方法を用いるかは、ケースごとに判断します。

そして、事業再生の達成により、十分に企業価値が上昇した時点で、企業再生ファンドは株式公開やM&Aにより、エグジットを実施します。企業価値の向上に伴い、株価も当初より上昇しているため、M&Aや株式公開により多額の売却益を獲得できます。

最後に、獲得した株式の売却益の中から、投資家に利益を還元するというのが企業再生ファンドの仕組みです。なお、企業再生にはM&Aが関係することも少なくありません。M&Aの成功率を高めたい場合は、M&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所にはM&Aに豊富な知識と経験を持つアドバイザーが多数在籍しており、M&Aをフルサポートいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

M&A投資と投資ファンドの役割

企業再生ファンドの事業承継支援

事業承継は、経営者自身で実行することもありますが、M&A仲介会社などにサポートしてもらうことが少なくありません。ここでは、企業再生ファンドから見た事業承継に関して解説します。

(1)企業再生ファンドから見た事業承継の類型

企業再生ファンドでは、主に「攻撃型」と「防衛型」という2種類の事業承継に取り組んでいます。「攻撃型」の事業承継とは、株式公開(IPO)やM&A等、さらなる成長を目指すために行う事業承継です。大手企業の傘下に入り、安定的な経営資本のもとで自社のみでは実現できない成長を図ります。

一方で「防衛型」の事業承継とは、経営者が高齢であるにも関わらず後継者が見つからない企業が、会社を維持するために行う事業承継です。後継者が存在しないため、第三者へのM&Aにより事業承継を図ります。

その企業が廃業することで、サプライチェーンに悪影響が生じ得る場合には、企業再生ファンドが積極的に介入します。

(2)企業再生ファンドに事業承継をサポートしてもらうメリット

企業再生ファンドに事業承継をサポートしてもらうメリットには、以下の2つあります。

  • 事業承継と再生を同時に実現できる
  • M&A側の事業承継にも対応できる
では、これらのメリットについて、具体的な効果を見ていきましょう。

①事業承継と再生を同時に実現できる

企業再生ファンドの本業は、経営不振に陥っている事業を再生させることであり、事業の再生に事業承継が必要と判断されると、それについてもサポートしてくれます。そのため、企業再生ファンドを起用すれば、質の高い事業再生のノウハウを用いて、事業承継と再生を同時に実現できるのです。

②M&A側の事業承継にも対応できる

企業再生ファンドは、M&Aの買い手とのネットワークを豊富に持っています。企業再生ファンドに依頼すれば、後継者不在の企業でも買い手を見つけやすくなりますので、事業再生と同時に依頼しても、スピーディーに対応してくれます。

なお、M&Aの買い手側が、売り手を見つけることも難しいものです。自社のニーズに適した売り手を見つけたい場合には、M&A総合研究所のM&Aプラットフォームをご利用ください。M&A総合研究所のM&Aプラットフォームは、買収ニーズを登録するだけで条件の合う売り手をマッチングします。

>>買収ニーズ登録はこちら

※関連記事

事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説

企業再生ファンドの業務内容や年収

ここで、企業再生ファンドに就職したい方に対し、企業再生ファンドの業務内容や年収についてご紹介します。

(1)企業再生ファンドの業務内容

企業再生ファンドの主な業務内容は、以下の3つです。

  1. 投資案件の開拓
  2. エグゼキューション(バリュエーションやデューデリジェンス)
  3. 事業再生
まずは、これらの具体的な業務内容を見ていきましょう。

①投資案件の開拓

いくら企業再生ファンドといえども、基本的には投資銀行やコンサルティングファーム、銀行などから投資案件を紹介してもらいます。しかし、すべての案件が紹介というわけではありません。企業が公開している情報や財務状況を確認し、自ら投資の提案を行う場合もあります。

投資実行までには数年間かかるケースもあるため、根気強い説得が必要となります。

②エグゼキューション(バリュエーションやデューデリジェンス)

企業再生ファンドが行う業務には、エグゼキューションというものがあります。このエグゼキューションとは、バリュエーションやデューデリジェンスのことをいい、バリュエーションとは、投資先の企業価値を算出することであり、企業の将来性や資産価値などを考慮します。

デューデリジェンスとは、ビジネスや財務、法務などの観点から、相手企業のリスクを洗い出すことです。これにより、簿外債務などのリスクがないかをあらかじめ把握することができます。

③事業再生

投資案件の開拓をし、その後にエグゼキューションを経て実際に投資をし、そこから本来の目的である事業再生に向けて、経営戦略の再構築や財務状況の改善を行います。企業再生ファンドが利益を得るうえで、この業務がとくに重要な業務となります。

(2)企業再生ファンドの年収

企業再生ファンドの年収は、平均で800万円~1,600万円程度と言われています。数あるファンドの中でも、結果次第で年収が大きく変動するのが特徴です。そのため、事業再生を数多く成功させれば、年収が2,000万円を超える可能性もあります。

※関連記事

事業承継ファンドの活用とメリット・デメリット

バリュエーションとは?バリュエーションの方法と注意点

企業再生ファンドの一覧

ここでは、企業再生ファンドの売上高や成約件数などのランキングを考慮し、とくに有力なファンドを3社ご紹介します。

(1)コールバーグ・クラビス・ロバーツ

コールバーグ・クラビス・ロバーツは、世界三大PEファンドの一つと言われている会社であり、ヘッジファンドや不動産投資も手がけています。アメリカのニューヨークに拠点を置くこのファンドは、レバレッジド・バイアウト(LBO)による買収を得意としています。

人気小説「ハゲタカ」では、悪役ハゲタカファンドとして登場したことでも有名です。

(2)RHJインターナショナル(旧リップルウッドホールディングス)

リップルウッドは、現在ではRHJインターナショナルとなっていますが、1995年にアメリカのニューヨークで設立された企業再生ファンドです。リップルウッドは日本でも活動した時期があり、日本テレコムや日本コロムビアなどの買収や売却に携わったことで一躍有名となりました。

(3)ブラックストーン

ブラックストーンは、前述したコールバーグ・クラビス・ロバーツと並んで、世界最大級の企業再生ファンドです。企業再生の業務のみならず、M&Aアドバイザー業務などにも裾野を広げています

※関連記事

LBOとは?仕組みやスキーム、メリット・デメリットや事例をわかりやすく解説

 

企業再生におけるハゲタカファンド

企業再生ファンドは、日本では「ハゲタカファンド」とも呼ばれています。ここでは、企業再生におけるハゲタカファンドの意味と事例をお伝えします。

(1)ハゲタカファンドとは?ハゲタカファンドの意味

企業再生ファンドは、なぜ「ハゲタカファンド」と呼ばれているのでしょうか?その理由は、経営が悪化している企業を安値で買い叩く姿が、禿鷹(ハゲタカ)を連想させるからです。その呼ばれ方から悪役として見られがちのハゲタカファンドですが、事業再生のノウハウや分析力は素晴らしいです。

(2)ハゲタカファンドによる企業再生の事例

ここで、ハゲタカファンドによる企業再生の事例を4つ見ていきましょう。

事例①:銀行からの債権買収

バブル崩壊後の1990年代、ハゲタカファンドによる企業買収が活発化しました。平成の不景気の中で各銀行がバルクセールを行った際には、「ローンスター」や「サーベラス」が銀行から債権を買収しました。外資系のファンドによる企業再生の事例は多く存在しますが、近年は少なくなりつつあります。

今後の景気次第では、ハゲタカファンドの活動が再び活性化する可能性もあります。

事例②:役職員によるMBO

とある会社(A)の役職員が、MBO(自社株などの買収により独立する手法)を行うことを目的とし、「リサ・パートナーズ」がサポートした事例です。まず最初の段階として、会社(A)の役職員による出資会社(B)を設立。その後、金融機関から買収に必要な資金を借入しました。

しかし、金融機関からの借入だけでは買収資金をすべて用意することができなかったことから、リサ・パートナーズも融資を行い、最終的には役職員出資の会社(B)と既存の会社(A)が合併して、MBOが完了となりました。

事例③:老舗企業の再生支援

こちらも、リサ・パートナーズが行った事例です。再生対象となった会社は老舗の企業であり、その会社は大口の取引先との契約が打ち切りになったことから業績が悪化したことで、老舗企業のメインバンクから再生の依頼がありました。

再生にあたり、当面の運転資金のためにまずはリサ・パートナーズがDIPファイナンスによって資金繰りを安定させ、そのうえでシナジー効果が見込める買い手を探し、無事に売却が成功して、老舗企業の再建が完了となりました。

事例④:資金供給と再生支援計画のサポート

この事例で再生支援対象となった企業は、リーマンショックによって業績が悪化したことで、資金繰りに困窮していました。これもリサ・パートナーズが携わった事例であり、メインバンクの継続的な支援を受けつつ、リサ・パートナーズがDIPファイナンスにより運転資金の供給を行いました。

資金繰りが安定したところで、再生計画の策定や金融機関からの合意、実際の再生支援開始までをサポートした事例です。

※関連記事

MBOを活用した事業承継

まとめ

今回は、企業再生ファンドについて解説しました。「ハゲタカ」とも呼ばれる企業再生ファンドは、投資家から集めた資金を用い、不採算事業の売却などの手法を使って経営不振に陥っている企業の立て直しを図るファンドです。

キャピタルゲインを目的とした単純な投資ではなく、適切な判断力と専門的な知識をもとに、再生によって企業価値や株価を高くし、その後に売却をするという投資なため、成功した際の利益は非常に大きくなります。では最後に、この記事の要点をお伝えします。

企業再生ファンドに事業承継を支援してもらうメリット 事業承継と再生を同時に実現でき、M&A側の事業承継にも対応可能
企業再生ファンドの業務内容 ・投資案件の開拓
・エグゼキューション(バリュエーションやデューデリジェンス)
・事業再生
企業再生ファンドの年収 平均800万円~1,600万円程度(結果次第で大きく変動)
企業再生ファンドのランキング(一覧) 1.コールバーグ・クラビス・ロバーツ
2.RHJインターナショナル(旧リップルウッドホールディングス)
3.ブラックストーン
企業再生におけるハゲタカファンドとは 経営が悪化している企業を安値で買い叩く姿が禿鷹(ハゲタカ)を連想させることから「ハゲタカファンド」と呼ばれている

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡は幅広く活用されているM&A手法の一つですが、いくつかの留意点もあります。トラブルに巻き込まれることもあるため、留意点を抑えて事前に対策を立てておくことが大切です。本記事では、株式譲渡で...

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは、投資対象の価値やリスクを調査する活動のことを指します。M&Aにおいては、最終契約書の締結前に対象企業を調査することで不確定要素を減らすことができます。本記事では、デューデ...

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生は倒産しそうな会社を立て直す手段で、もし失敗すれば破産・清算となるため、実行の際はよく内容を理解しておく必要があります。本記事では、事業再生の手法にはどのような種類があるか、どういう流れ...

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

会社の資産と負債を比較した際に負債の方が多い状態を債務超過とよびます。当記事は債務超過の大まかな解説をはじめ、債務超過にある会社の価値をはじき出す方法や、売却の可能性、M&Aで売るためのコツ、目...

選択と集中とは?意味と使い方を解説

選択と集中とは?意味と使い方を解説

不要な事業を売り払って事業の絞り込みを行うのが選択と集中です。当記事は、選択と集中の大まかな解説をはじめ、選択と集中の意味や、多角化との違い、選択と集中を使うシーン、取り掛かった際のメリットとデ...

会社売却の税金内訳や節税対策を解説!株式譲渡と事業譲渡どちらが得?

会社売却の税金内訳や節税対策を解説!株式譲渡と事業譲渡どちらが得?

株式・事業を譲り渡して売却益をえるのが会社売却です。当記事は会社売却の簡単な解説をはじめ、会社売却にかかる税金の内訳や、税金を払う時機、節税策、節税につなげられるスキームの特徴のほか、お薦めする...

営業権とは?定義や税務、のれんとの違いを徹底解説

営業権とは?定義や税務、のれんとの違いを徹底解説

M&Aにおける営業権とは、M&A価格と対象企業の純資産の差額のことです。一般的にはのれんと同じ意味で使用されていますが、実際には考え方に違いがあります。本記事では、営業権の定義やのれんとの違い、...

TMK(特定目的会社)とは?SPCとの違い、設立の手順を徹底解説

TMK(特定目的会社)とは?SPCとの違い、設立の手順を徹底解説

「TMK(特定目的会社)」や「SPC(特別目的会社)」という言葉を聞くことがありますが、これらは分かりにくい部分がある用語です。この記事では、TMK(特定目的会社)とは何か、SPC(特別目的会社...

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)