M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
企業再生ファンドとは?仕組み、事例、ランキングや業務内容を解説

企業再生ファンドとは?仕組み、事例、ランキングや業務内容を解説

目次

    企業再生ファンド

    株式に投資するファンドは、ベンチャーキャピタルだけではありません。

    バイアウトファンドや企業再生ファンドも、株式投資を行うファンドの一種です。

    「ハゲタカ」とも呼ばれる企業再生ファンドは、事業再生を通じて多額の利益を獲得します。

    この記事では、企業再生ファンドの実態を分かりやすくお伝えします。

    企業再生ファンドとは

    まず最初に、企業再生ファンドとは何かをご説明します。

    企業再生ファンドとは、投資家から集めた資金を用いて、経営不振に陥った企業の立て直しを行うファンドです。

    民間の企業再生ファンドのみならず、国が運営する「地域経済活性化支援機構」も企業再生ファンドの一種です。

    未公開企業に投資する場合は、広義の意味で「プライベート・エクイティ・ファンド」に含まれます。

    プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)には、他にも「ベンチャーキャピタル」や「バイアウトファンド」などがあります。

    各投資対象企業再生ファンドは経営不振の企業に投資する一方、ベンチャーキャピタルは設立したての企業、バイアウトファンドはある程度軌道に乗り出した企業を投資対象としています。

    以上の通り企業再生ファンドは、投資する対象の面でベンチャーキャピタルやバイアウトファンドとは異なります。

    経営不振の企業に投資するためリスクが高く、業務を遂行する為には専門知識や判断力が必要となります。

    ※関連記事

    地域経済活性化支援機構(企業再生支援機構)とは

    企業再生ファンドの仕組みとM&A・IPO

    次に、企業再生ファンドの仕組みをご紹介します。

    企業再生ファンドは、経営不振の企業に投資し、どの様に利益を獲得しているのでしょうか?

    先ず、投資家から集めた資金を用いて、再生可能性が高い企業の株式を割安で購入します。

    企業再生ファンドの投資対象は、新規事業の失敗や債務超過に陥っており企業経営が厳しく、「本業の収益力が高い」もしくは「優れた技術やノウハウを持っている」会社となります。

    株式を購入した後は、不採算事業の売却や専門家の派遣・コスト削減を通じて企業価値の増大を図ります。

    事業再生に際しては、事業の方向転換による再生を目指す(ターンアラウンド)場合と、リストラやダウンサイジングにより再生を目指す(ワークアウト)場合があります。

    どちらの方法を用いるかは、ケースごとに判断します。

    事業再生の達成により十分に企業価値が上昇した時点で、企業再生ファンドは株式公開やM&Aにより、エグジットを実施します。

    企業価値の向上に伴い株価も当初よりも上昇している為、M&Aや株式公開により多額の売却益を獲得できます。

    獲得した株式の売却益の中から、投資家に利益を還元します。

    以上が企業再生ファンドの仕組みです。

    ちなみにM&Aの方を成功させたければM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つプロがM&Aをフルサポートいたします。
    相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
    また、費用に関しても国内最安値水準ですのでご安心ください。
    電話で無料相談 WEBから無料相談

    ※関連記事

    M&A投資と投資ファンドの役割

    企業再生ファンドの事業承継支援

    事業承継は、経営者自身で実行するかM&A仲介会社にサポートしてもらうことが多いです。

    この項では、企業再生ファンドから見た事業承継に関して解説します。

    ⑴企業再生ファンドから見た事業承継の類型

    企業再生ファンドでは、主に「攻撃型」と「防衛型」の計2種類の事業承継に取り組んでいます。

    「攻撃型」の事業承継とは、株式公開(IPO)やM&A等、更なる成長を目指す為に行う事業承継です。

    大手企業の傘下に入り、安定的な経営資本の下で自社のみでは実現できない成長を図ります。

    一方で「防衛型」の事業承継とは、経営者が高齢であるにも関わらず後継者が見つからない企業が、会社を維持する為に行う事業承継です。

    後継者が存在しない為、第三者へのM&Aにより事業承継を図ります。

    その企業が廃業する事で、サプライチェーンに悪影響が生じ得る場合には、企業再生ファンドが積極的に介入します。

    ⑵企業再生ファンドに事業承継をサポートしてもらうメリット

    企業再生ファンドに事業承継をサポートしてもらうメリットは、下記の2つあります。

    ①事業承継と再生を同時に実現できる

    企業再生ファンドの本業は、経営不振に陥っている事業を再生させる事です。

    企業再生ファンドを起用すれば、質の高い事業再生のノウハウを用いて、事業承継と再生を同時に実現できます。

    ②M&A側の事業承継にも対応できる

    企業再生ファンドは、M&Aの買い手とのネットワークを豊富に持っています。

    企業再生ファンドに依頼すれば、後継者不在の企業でも買い手を見つけやすくなります。

    ※関連記事

    事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説
    ちなみに買い手の方が売り手を見つけることも難しいものです。
    買い手が売り手を見つけたい際にはM&A総合研究所のM&Aプラットフォームをご利用ください。
    M&A総合研究所のM&Aプラットフォームは独自のAIがあり、買収ニーズを登録するだけで条件の合う売り手をマッチングします。
    >>買収ニーズ登録はこちら

    企業再生ファンドの業務内容や年収

    企業再生ファンドに就職したい方にとって、業務内容や年収は非常に気になる部分です。

    この項では、企業再生ファンドの業務内容や年収について解説します。

    ⑴企業再生ファンドの業務内容

    企業再生ファンドの業務内容は、主に下記3つになります。

    ①投資案件の開拓

    基本的には投資銀行やコンサルティングファーム、銀行等から投資案件を紹介してもらいますが、全ての案件が紹介という訳ではありません。

    企業の公開している情報や財務状況を確認し、自ら投資の提案を行う場合もあります。

    投資実行までには数年間かかるケースもある為、根気強い説得が必要となります。

    ②エグゼキューション(バリュエーションやデューデリジェンス)

    企業再生ファンドには、バリュエーションやデューデリジェンス等の業務内容もあります。

    バリュエーションとは、投資先の企業価値を算出する業務内容であり、将来性や資産価値等を考慮します。

    デューデリジェンスとは、ビジネスや財務、法務等の観点から、相手企業のリスクを洗い出す業務内容です。

    ③事業再生

    事業再生に向けて、経営戦略の再構築や財務状況の改善も行います。

    企業再生ファンドが利益を得る上で、事業再生は特に重要な業務です。

    ⑵企業再生ファンドの年収

    企業再生ファンドの年収は、平均で800万円~1,600万円程度と言われています。

    数あるファンドの中でも、結果次第で年収が大きく変動する点が特徴です。

    事業再生を数多く成功させれば、2,000万円を超える可能性もあります。

    ※関連記事

    事業承継ファンドの活用とメリット・デメリット

    企業再生ファンドのランキング(一覧)

    この項では、企業再生ファンドの売上高や成約件数等のランキングを考慮し、特に有力なファンドを3社ご紹介します。

    ⑴コールバーグ・クラビス・ロバーツ

    コールバーグ・クラビス・ロバーツは、世界三大PEファンドの一つと言われている会社であり、ヘッジファンドや不動産投資も手がけています。

    アメリカのニューヨークに拠点を置くこのファンドは、レバレッジド・バイアウト(LBO)による買収を得意としています。

    人気小説「ハゲタカ」では、悪役ハゲタカファンドとして登場した事でも有名です。

    ⑵リップルウッド

    リップルウッドは、1995年にアメリカのニューヨークで設立された企業再生ファンドです。

    リップルウッドは日本でも活動した時期があり、日本テレコムや日本コロムビア等の買収や売却に携わった事で一躍有名となりました。

    ⑶ブラックストーン

    ブラックストーンは前述したコールバーグ・クラビス・ロバーツと並んで、世界最大級の企業再生ファンドです。

    企業再生の業務のみならず、M&Aアドバイザー業務などにも裾野を広げています。

    ※関連記事

    イグジットとは?イグジットの種類とメリット・デメリット

    企業再生におけるハゲタカファンド

    企業再生ファンドは、日本では「ハゲタカファンド」とも呼ばれています。

    この項では、企業再生におけるハゲタカファンドの意味と事例をお伝えします。

    ⑴ハゲタカファンドとは?ハゲタカファンドの意味

    企業再生ファンドは、何故ハゲタカファンドと呼ばれているのでしょうか?

    ハゲタカファンドと呼ばれる理由は、経営が悪化している企業を安値で買い叩く姿が、禿鷹を連想させるからです。

    日本では悪役として見られるハゲタカファンドですが、事業再生のノウハウや分析力は素晴らしいです。

    ⑵ハゲタカファンドによる企業再生の事例

    バブル崩壊後の1990年代、ハゲタカファンドによる企業買収が活発化しました。

    平成の不景気の中で各銀行がバルクセールを行った際には、「ローンスター」や「サーベラス」が銀行から債権を買収しました。

    外資系のファンドによる企業再生の事例は多く存在しますが、近年は少なくなりつつあります。

    今後の景気次第では、ハゲタカファンドの活動が再び活性化する可能性もあります。

    ※関連記事

    プライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)とは?種類とメリット・デメリット

    まとめ

    今回は、企業再生ファンドについて解説しました。

    「ハゲタカ」とも呼ばれる企業再生ファンドは、事業再生を通じて多額の利益を獲得します。

    成功した時のリターンは非常に大きいです。

    要点をまとめると下記になります。

    • 企業再生ファンドとは

    →投資家から集めた資金を用いて、経営不振に陥った企業の立て直しを行うファンド

    • 企業再生ファンドの仕組み

    →不採算事業の売却や専門家の派遣・コスト削減等を通じて企業価値の増大を図り、キャピタルゲインを獲得する

    • 企業再生ファンドに事業承継を支援してもらうメリット

    →事業承継と再生を同時に実現できる、M&A側の事業承継にも対応できる

    • 企業再生ファンドの業務内容

    →投資案件の開拓、エグゼキューション(バリュエーションやデューデリジェンス)、事業再生

    • 企業再生ファンドの年収

    →平均で800万円~1,600万円程度(結果次第で大きく変動する)

    • 企業再生ファンドのランキング(一覧)

    →コールバーグ・クラビス・ロバーツ、リップルウッド、ブラックストーン

    • 企業再生におけるハゲタカファンドとは

    →経営が悪化している企業を安値で買い叩く姿が、禿鷹を連想させる事を理由に、「ハゲタカファンド」と呼ばれている

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    ご相談はこちら