2022年6月6日更新会社・事業を売る

M&Aニュース事例40選!どんなM&Aが注目される?

有名上場企業のM&Aニュースの多くは、買収側の視点で述べられています。そのため、世間で大きく注目されるM&Aニュースの目的やコンセプトなどは、一見すると売却側となる中小企業には無縁だと感じられますが、これをひも解くと中小企業のM&Aで役立つヒントを獲得可能です。

目次
  1. M&Aニュース
  2. M&Aが増加する背景は?
  3. M&Aが多い業界とニュース
  4. M&Aニュースまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&Aニュース

M&Aニュース

現在の日本において、M&Aは一般的な経営戦略として多くの企業が活用しています。そして、テレビ・新聞・インターネットなどさまざまな媒体で大企業のM&Aニュースが報道されて、その度に大きな話題を呼んでいる状況です。その一方で、中小企業においてもM&Aを活用するケースが増加傾向にあります。

これほどまでにM&Aが浸透し注目される背景には、さまざまな要因が存在するのです。そこで本記事では、M&A件数の増加や注目度の向上などをもたらした理由をはじめ、最近話題となったM&Aニュースをまとめて紹介します。

M&Aが増加する背景は?

M&Aが増加する背景は?

本章では、M&A件数が増加した理由を取り上げます。従来のM&Aには「経営難に陥った会社を売り払う」といったネガティブなイメージが付きまとっていました。そのため、当初よりM&Aが盛んに実施されていた欧米諸国とは異なり、日本ではM&Aの浸透が大きく遅れてしまったのです。

ところが、インターネットが全世界的に普及して、超情報社会である21世紀に突入した時期を転機として、日本ではM&Aが合理的な経営戦略として有用性が認知されました。現在では、多くの企業が積極的にM&Aを活用しています。

M&Aが企業の有効な選択肢に含まれるようになった主な理由には、会社の規模の拡大・新事業への進出・財務基盤の強化などの成長戦略に役立つ点にあります。また、赤字に陥った会社の立て直しに役立つ点も、評価されました。

さらに、昨今では、中小企業で深刻化している後継者不在問題の解決手段としてもM&Aが活用されています。経営者自身の親族に後継者がおらず社内にも承継者が見当たらない場合、従来では廃業せざるを得ませんでした。

しかし、現在では、M&Aの活用によって第三者に事業承継する道が開けました。経営者からすると、売却益を手に入れつつ会社も存続させられるM&Aは、画期的な手法だといえます。

このように、企業の命題である収益拡大を果たすだけでなく会社の廃業を回避する手段としてのM&Aが浸透したことで、日本においてM&Aの成立件数が増加の一途をたどっています。

M&Aが多い業界とニュース

M&Aが多い業界とニュース

M&A成立件数の増加に伴って、日本国内でもさまざまな業種で広くM&Aが実施されるようになりました。そこで本章では、特に盛んにM&Aが実施されている業界として、以下の4つを取り上げます。

  1. 医療・介護
  2. 物流
  3. IT・ソフトウエア
  4. ビルメンテナンス

それぞれの項目を順番に詳しく紹介します。

①医療・介護

医療・介護業界は、M&Aが盛んに実施されている業界のひとつです。近年の日本では高齢化の進行や健康志向の上昇などが見られており、これらのニーズを受けるべく医療・介護業界への進出を図る他業種の企業が増加傾向にあります。ただし、他業種の企業には、医療・介護業界に関するノウハウを有していません。

上記に加えて、医療・介護業界では専門的な資格を持つ人材・設備も必要不可欠です。こうした事情を受けて、M&Aにより既存の医院や介護施設などを買収し、人材や設備を確保したうえで医療・介護業界に進出する会社が増加しています。

もともと医療や介護に関係する施設は公共性が強く、後継者不在や経営不振により廃業となれば該当の地域に悪影響を及ぼすおそれがあります。以上のことから、医療・介護業界では、既存の施設を存続させるための手段として、M&Aが活用されるケースが多いです。

②物流

物流業界ではインターネット通販の浸透に付随して顧客からのニーズが高まっていますが、これに伴い人材不足が深刻化しています。もともと物流業界は就職先としてそれほど人気がなく、新卒採用などによる人材の確保が難しい業界です。

そのため、M&Aで既存の会社を買収して、研修や育成の手間を省略しながら人材を確保するケースが増加しています。また、財務基盤の強化を目的に、中小規模の運送会社が大手企業に売却を行うケースも珍しくありません。

③IT・ソフトウエア

IT・ソフトウエア業界も、M&Aが盛んな業界のひとつです。近年のIT・ソフトウエア業界の発展は目覚ましく、新たな技術が続々と開発されています。IT・ソフトウエア業界にある大きな特徴は、中小規模のIT・ソフトウエア会社からも新技術・新サービスが多く誕生する点です。

とはいえ、中小企業では、せっかく新技術を開発しても広くインフラ化させるための資金がありません。その一方で、大企業側は最先端の技術を取り込んでスピーディーにより良いサービスの提供を実現したいと考えているため、この双方の思惑が合致して盛んにM&Aが実施されています。

なお、新技術の開発は少人数でも可能ですが、これを普遍的なシステムとして運用する場合には多くの人材が必要です。そのため、システム運用に関する人材不足を解決する手段として、開発会社を買収するM&Aも数多く実施されています。

④ビルメンテナンス

それほど知られていませんが、ビルメンテナンス業界でもM&Aが多く実施されています。なぜなら、ビルメンテナンス業は売上高の変動が生じにくく、安定した収益を挙げられるためです。つまり、堅実な収益源を確保する目的で、ビルメンテナンス業の会社をグループ化するためにM&Aが広く活用されています。

M&Aのご相談はM&A総合研究所へ

M&Aでは税務・会計・法律など専門的に高度な知識が求められるため、実施する際はM&A仲介会社などの専門家からサポートを受けるのがおすすめです。

M&Aをご検討の際は、ぜひM&A総合研究所にお任せください。M&A総合研究所には知識・経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、これまでに培ってきたノウハウを生かしてM&A手続きをフルサポートいたします

通常M&Aでは半年〜1年程度の期間が必要ですが、M&A総合研究所ではスピーディーなサポートを実践しており、最短3カ月での成約実績を有しています。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。相談料は無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&Aニュースまとめ

M&Aニュースまとめ

M&Aは限られた環境における特殊な選択肢ではなく、いかなる業種・規模の会社であっても実施する可能性のある経営手段です。そのため、大手企業の実例を参考にしながら、自社における最適なM&Aをシミュレーションしておきましょう。本記事の要点は、以下のとおりです。

・M&Aが増加する背景
→会社の規模の拡大・新事業への進出・財務基盤の強化・赤字に陥った会社の立て直しなどに役立つ

・M&Aが多い業界
→医療・介護、物流、IT・ソフトウエア、ビルメンテナンス

・M&Aニュースで注目される事例の特徴
→話題性のある会社が行っている、巨額の取引額になっている、業界再編の転機になっている

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

関連する記事

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

webメディアの売却・買収は、売買専門サイトの増加などの背景もあり年々活発化してきています。本記事では、webメディア売却の最新事例を25選紹介するとともに、売却・買収動向やメリット・デメリット...

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

M&Aの主な手法は株式譲渡と事業譲渡ですが、両者は手続き・税金・メリット・デメリットなどあらゆる点で違います。本記事では、株式譲渡と事業譲渡の違いについて図解も交えながら解説しています。...

会社売却をすると税金はいくらかかる?計算方法を解説!

会社売却をすると税金はいくらかかる?計算方法を解説!

会社売却にかかる税金は、株式譲渡・事業譲渡といったスキームによっても違い、株式譲渡の場合は株主が個人か法人かによっても違ってきます。本記事では、会社売却にかかる税金について計算方法を解説するとと...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)