2020年6月5日公開会社・事業を売る

M&AのTSA (Transition Service Agreement)とは?契約の内容を紹介

M&Aの件数は年々増加中であり、各企業ともM&Aに関する適切な知識装備が求められます。TSAはM&Aの最終段階における重要な契約で、M&Aを検討する上で必ず知っておくべきものです。本記事では、TSAの契約内容や契約の意義などについて紹介します。

目次
  1. M&AのTSA (Transition Service Agreement)とは?
  2. M&Aで使われるTSAの契約内容
  3. TSAに関連するM&Aの契約
  4. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&AのTSA (Transition Service Agreement)とは?

M&AのTSA (Transition Service Agreement)とは?

M&Aの一般的な流れとしては、大きく分けて「交渉前フェーズ」「交渉フェーズ」「交渉後(クロージング)フェーズ」の3つがあります。

交渉前フェーズは、企業がM&A仲介会社にM&Aに関する相談をしたり、ノンネームでM&A相手先の候補を探す時期、交渉フェーズはネームクリア後のトップ面談やM&A取引価格の交渉、デューデリジェンスなどを行う時期です。

そして交渉後(クロージング)フェーズは、当該M&Aの条件決定、最終合意のもと各種引き継ぎを行う時期です。

その中でTSAは、交渉後フェーズにおいてとても重要な役割を果たします。TSAがどのようなものなのか、理解を深めましょう。

TSA(Transition Service Agreement)とは?

M&A対象事業・企業の移行期間中におけるサービス提供に関する契約がTSAです。

TSAは、株式譲渡契約書や事業譲渡契約書など、M&A最終段階の各種契約と総称して売買契約書(DA)と呼ばれることもあります。

TSAの意味は

事業譲渡や会社分割といったM&Aスキームを採用する場合、M&Aのクロージング(対価支払い等)までに、全ての業務内容を移行を完了できないケースは多々あります。

それらのリスクを事前に把握するために、買い手企業はデューデリジェンスなどを通じて、M&Aの障壁になるような事由や移行難易度の高いものについて洗い出しを行い、M&Aのスムーズな実現を図ります。

そしてそれらの事由をTSAの対象に盛り込むことで、M&A実施後の移行期間中のトラブルなどを未然に防ぐことを目指します。

近年では、PMI(=合併後の統合、事業統合)がM&Aの中で最も重要なプロセスと言われていますが、M&A実施後を見据えた契約であるTSAは、PMIをしっかりと行なっていく上で大変重要な要素になります。

事業譲渡や会社分割といったカーブアウトを伴うM&Aスキームの場合は、TSAが活用される場合がほとんどです。

さらに、M&Aの対象事業・企業の一部機能が、なんらかの形で親会社等の業務システムに依存している場合は、業務引き継ぎに難航する懸念が高く、より一層TSAに注力をする必要があると考えられています。

TSAはM&Aのどんな場面で使われる?

TSAは、M&Aの一連の流れの中の交渉後(クロージング)段階で使われます。

買い手企業が行うデューデリジェンスでは、M&Aの対象事業・企業にどれくらいの価値があるのか、またM&Aを取り組む上でのリスクはどのようなものがあるのかなど、総合的に調査を行います。

デューデリジェンスにおいて洗い出した移行難易度が高いと思われる事由を中心にTSAの対象とすることで、M&A実施後のサービス管理方法を明らかにし、各種移行を円滑に行うことを目指します。

TSAに限らず、M&Aには様々な専門知識を要します。M&Aをご検討の場合は是非M&A総合研究所へご相談ください。

M&Aのスペシャリストによるフルサポート体制を敷いており、業種や企業規模を問わず、これまで豊富な実績をあげてきています。完全成功報酬制を採用しており、M&Aの成約まではコストが一切かかりませんので、是非お気軽にご連絡ください。

【関連】M&A・事業承継の理解を深める

M&Aで使われるTSAの契約内容

M&Aで使われるTSAの契約内容

前章では、M&AにおけるTSAとはどのような契約なのか、またM&Aのどんな場面で使われるのかを確認しました。この章では、TSAで盛り込まれる契約内容についてみていきます。

下記であげる3つの例は、いずれもM&Aの対象事業・企業が、もともと大手企業グループ傘下に属していてた場合の事例です。

人事・財務・総務等

人事・財務・総務などの間接業務を、中核企業に依存したシェアードサービスなどで運用している企業は多く存在します。これらの業務の引き継ぎは、対象資産等の単純な所有者移転、名義変更などとは同じスピードで行えない場合が多いです。

そのため、M&A後も買い手が、売り手側のシェアードサービスを利用できるかどうかなどをルールメイクする必要があり、その際にTSAが活用されます。

つまり、M&A実施後も一定の移行猶予期間を設定し、引き続き本社の機能・サービス等を利用できるよう契約を締結する(どのようにサービスを管理するかを取り決める)ことで、様々な形で移行期間中への手当てを施します。

一般的には親会社等に依存をしやすい、人事や財務・総務といった間接業務がTSAの契約内容の代表例にあたります。

サプライチェーンマネジメント

グループ全体で仕入れを行なったり、仕入れ・調達・物流専用の会社を傘下に設置するなど、スケールメリットを活かしてコストを削減している企業は少なくありません。

M&Aの対象事業・企業が仕入れや物流をグループ企業に依存している場合は、M&A実施後にサプライチェーンをどのように管理するのか、適切に定めておく必要があります。

例えば、M&A実施後の一定期間は、引き続き売り手企業側の仕入れ・物流機能を買い手側が利用するなどが挙げられます。仕入れ・調達・物流といったサプライチェーンマネジメント領域についても、TSAの対象になりうる領域です。

研究開発、優良顧客情報

基礎研究部門や研究開発部門が本社や別会社に集約されている場合は、それらの事由もTSAに盛り込まれる可能性は高いです。

さらに、グループ全体で優良顧客の情報を一元管理しているケースについても、買い手企業がどこまでその情報に触れることができるのか定めることが肝要であり、TSAの契約内容となる場合があります。

【関連】M&A後に人事制度統合を成功するには?進める上でのポイントを解説

TSAに関連するM&Aの契約

TSAに関連するM&Aの契約

TSAはM&Aの交渉後フェーズの一プロセスで、また他の各種契約と総称して売買契約書(DA)と呼ばれることがあると上記で述べました。TSAと同じカテゴライズをされる各種契約についても確認しましょう。

最終契約

M&Aの一連の流れで大きな意味をもつ契約書として、交渉フェーズにおいてM&A大筋合意の意味で締結される「基本合意契約書」と、デューデリジェンスを踏まえて詳細条件を決定した際に結ばれる「最終譲渡契約書」の2種類あり、ここでいう最終契約は最終譲渡契約書を指します。

M&Aスキームによって契約名称は異なり、株式譲渡であれば株式譲渡契約、事業譲渡であれば事業譲渡契約と呼ばれる契約書を交わします。

最終契約では、M&A取引の対象企業・事業の特定、譲渡価格、デューデリジェンス結果への対応、クロージング後の各種取り決めなどが、主な構成要素です。

業務受委託契約

業務委託契約とは、一般的に、自社対応できない業務等を、自社以外の企業や個人などの外部ソースに委託する契約です。業務受託契約はその逆で、他社で対応できない業務等を自社で受託する契約です。

M&Aの交渉後段階における業務受委託契約は、TSAに盛り込まれている対象業務を受委託する契約です。

上述した例でいえば、M&A売り手側の親会社のシェアードサービスを、M&A実行後も引き続き買い手企業が利用するために、人事・総務といった業務に関して業務受委託契約を交わします。

つまり、M&AにおいてTSAと業務受委託契約は不可分の関係にあります。TSAにてどのようにサービスを管理するか取り決め、具体的に業務受委託契約にて取引契約を交わすといったイメージです。

【関連】M&Aの最終契約書(DA)とは?基本合意との違いや目的、項目を解説

まとめ

まとめ

M&Aの交渉後段階において非常に重要なプロセスである、TSAについて解説をしました。

M&A市場が活況を呈している一方で、国内では統合後の管理ができておらず、計画通りの効果がでていないケースが多かっっため、M&A実施後のPMI(事業統合)が最も注力すべきフェーズと言われるようになりました。

TSAはPMIの土台となる要素であり、TSAへの理解を深めることがM&Aの成功を導くものと考えられます。

【TSA(Transition Service Agreement)とは?】

  • M&Aの対象事業・企業を移行する期間中のサービス提供に係る契約。

【M&Aで使われるTSAの契約内容】
  • 人事・財務・総務等
  • サプライチェーンマネジメント
  • 研究開発、優良顧客

【TSAに関連するM&Aの契約】
  • 最終契約
  • 業務受委託契約

日本国内の内需縮小やグローバル化の進展に伴い、企業規模や業種を問わずM&Aの件数は増加傾向にあります。

今後の事業計画を検討する上で、M&A戦略の立案は多くの企業で必要になってくるものと考えられますし、そのための事前準備や情報収集はしておいて然るべきものです。TSAを含めたM&Aへの知見を増やしていきましょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)