2020年10月26日公開事業承継

【2020年最新】クリーニングのM&A・事業承継!動向・課題・成功のポイントを解説(事例付き)

クリーニングは、業界の現状変化から大手グループを中心にM&Aが増加しています。業界全体のシェアが傾きつつあり、中小・零細企業の経営状態の悪化が続く状態になっています。本記事では、クリーニングのM&A・事業承継の動向や課題、成功ポイントを解説します。

目次
  1. クリーニングとは
  2. 【2020年最新】クリーニングのM&A・事業承継動向
  3. 【2020年最新】クリーニングのM&A・事業承継の課題
  4. 【2020年最新】クリーニングのM&A・事業承継の事例付き成功ポイント
  5. クリーニングのM&A・事業承継の流れ
  6. クリーニングのM&A・事業承継のメリット
  7. クリーニングのM&A・事業承継の注意点
  8. クリーニングのM&A・事業承継でおすすめの相談先
  9. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

クリーニングとは

クリーニングとは

クリーニングとは、溶剤・洗剤等を使用して衣服等の繊維製品を洗濯すること及びその受取り・引渡しを行うことをいいます。

クリーニングの代表格であるホームクリーニングサービスは、消費者が店頭に衣服を持ち込む形式と、従業員が各家庭を訪問して衣服を受け取る形式があります。

【2020年最新】クリーニング業界の現状

かつてのクリーニング業界は市場規模が大きく一大産業を誇っていましたが、近年は業界に起こる変化から市場規模は急速に縮小しています。

総務省の「家計調査年報」によると、一世帯当たりの年間クリーニング支出金額の推移は平成4年の19,243円から平成28年の6,615円と約3分の1に減少しています。

クリーニング業界の市場規模縮小の原因は、衣服の買い替えサイクルの変化やクリーニング店を利用する慣習の消失などが考えられています。

国内のデフレ促進により衣服の低価格化が進んだことで新しい衣服を買い替えやすくなったことや、アイロン掛け不要のワイシャツが増えたことでクリーニングを利用する機会が急減したことなどです。

【2020年最新】クリーニング業界の今後

厚生労働省の「クリーニング業の実態と 経営改善の方策」によると、クリーニングの経営上の問題点は、客数の減少73.5%、原材料費の上昇61.3%、燃料費の上昇48.0%、水道・光熱費の上昇43.4%という結果が出ています。

今後、業界の市場規模を回復させるためには上記の問題点を解決しなくてはなりません。しかし、前向きな取り組みが難しく廃業を視野に入れる企業も少なくありません。

廃業より前に検討したいのがM&Aです。M&Aにより他の企業と同じグループになることで、単独では難しかった問題点への対応も格段にやりやすくなります。

大手クリーニングは、客数の減少による競争激化に対応するために同業種の買収ニーズを急激に高めています。業界全体の再編の動きも強まっているので、M&Aによる売却が成立する可能性も高いです。

【2020年最新】クリーニングのM&A・事業承継動向

【2020年最新】クリーニングのM&A・事業承継動向

クリーニング業界の現状から、M&A・事業承継の動きが活性化しています。特に大きな動きをみせているのは以下の3点です。

【クリーニング業界のM&A・事業承継動向】

  1. 大手グループによるM&Aの増加
  2. 中小のクリーニング店は競争激化によりM&A・事業承継を希望
  3. インターネットを活用したアパレル業への出資

大手グループによるM&Aの増加

大手グループは、市場シェア拡大のためにM&Aで中小規模のクリーニングを買収して大型商業施設や駅ビルなどの各所への出店を強化しています。

既存のクリーニングをM&A買収することで新規出店の手間や従業員の確保を省くことができるので、効率的に事業規模を拡大させています。

中小のクリーニング店は競争激化によりM&A・事業承継を希望

大手グループは豊富な経営資源を活用して順調に事業エリアを拡大させていますが、中小のクリーニング店は激化する競争についていくことが難しく経営状態は悪化する傾向にあります。

その際の解決策として注目されているのがM&A・事業承継です。M&Aで大手クリーニングの傘下に入ることで、業界での生き残りを目指す企業が増えています。

M&Aの買収側は、グループ全体の企業価値の向上を目指していることが多いので、顧客リストや販路などの経営資源を共有させることが一般的です。クリーニングの工場や技術を保有していても顧客が少ないという事業者にとっては、飛躍的な成長を図るチャンスとなります。

インターネットを活用したアパレル業への出資

クリーニング業界は、客数の減少や原材料費の上昇などの悪い材料が目立っていますが、インターネットを活用した新たな事業性を見出す動きも出てきており、希望も見え始めています。

特に宅配クリーニングやファッションレンタル専用事業者は一定の市場シェアを獲得しており、大手クリーニング事業者やアパレル事業者から注目を集めています

【関連】リネンサプライ・クリーニング会社のM&A動向!売却/買収の流れや注意点を解説!

【2020年最新】クリーニングのM&A・事業承継の課題

【2020年最新】クリーニングのM&A・事業承継の課題

時代の変化に伴い、クリーニング業界も厳しい状況下にあります。経営状態の悪化以外に後継者問題なども深刻化しているため、どこかのタイミングでM&A・事業承継は実行する必要があるのですが、いくつかの課題があります。

小規模のクリーニング事業者は、M&Aの規模も小さくなることが多いため、M&Aの買い手や仲介事業者から相手にされないことが多いです。相手や仲介者がいないとM&A・事業承継の成立は絶望的なので、M&A・事業承継について相談できる専門家の確保が課題といえます。

中規模のクリーニング事業者は、規模が大きいためM&Aの買収ニーズは高いですが、市場縮小の影響による経営状態の悪化が激しいという課題があります。再建が難しいと判断されると買い手が見つからないということもありえます。

【2020年最新】クリーニングのM&A・事業承継の事例付き成功ポイント

【2020年最新】クリーニングのM&A・事業承継の事例付き成功ポイント

クリーニングのM&A・事業承継の成功率を高めるためには、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。この章では、特に重要なポイントをM&A事例付きで解説します。

【クリーニングのM&A・事業承継の事例付き成功ポイント】

  1. 双方が納得するM&Aを行う
  2. 売却のタイミングを適切に判断
  3. 無理のない売却価格でM&Aを進める
  4. M&Aにより地方から都市部へ進出し規模拡大
  5. M&Aの専門家に相談する

双方が納得するM&Aを行う

双方が納得するM&Aを行う

白洋舎

出典:http://www.hakuyosha.co.jp/

クリーニングのM&A・事業承継は、片方の利益のみを追求すると、その後の経営がうまくいかなくなる恐れがあります。安定して事業を存続させるためにも、双方の納得がいく形でのM&A・事業承継の成立が望ましいです。

代表的な事例としては、2016年6月の白洋舎による北海道リネンサプライの株式追加取得による子会社化があります。

北海道リネンサプライは、北海道旅客鉄道のグループ会社として確固たる営業基盤を築き上げており、今後もさらなる事業規模の拡大が期待されていました。

本件のM&Aは、北海道地区の業容拡大や生産能力向上に繋がり、グループ全体の企業価値向上に貢献するとして、双方の納得のもとで実行されました。

売却のタイミングを適切に判断

売却のタイミングを適切に判断

クロスカンパニー

出典:https://www.stripe-intl.com/announce/

クリーニングのM&A・事業承継は、売却のタイミングも重要です。業界動向は常に変動しているため、M&A・事業承継のシナジー効果を最大化できるタイミングも常に変化します。

代表的な事例には、2015年5月に行われたクロスカンパニー(現:ストライプインターナショナル)によるバスケットの買収があります。バスケットの普通株式100%を取得して完全子会社化しています。

バスケットは、宅配クリーニング業を手掛ける会社です。インターネットを有効活用した宅配クリーニング事業は、各種ITソリューション事業との相性がよく、業績を伸ばしています。

クロスカンパニーは、自社グループの既存のアパレル事業とのシナジー性を期待して今回のM&Aに踏み切っています。急速成長するIT分野に着目し、ITを通じて生活に関するニーズに対応するライフサービスの垂直統合を推進していくとしています。

無理のない売却価格でM&Aを進める

無理のない売却価格でM&Aを進める

ホワイトプラス

出典:https://www.wh-plus.co.jp/

M&Aの売却側としては、できる限り高い価格で売却したいと考えるのが常です。しかし、売却価格が高すぎると売却タイミングを逃してしまう恐れもあるので、適切な価格設定が必要です。

代表的な事例は、2013年8月に行われたホワイトプラスの3億円の資金調達です。ジャフコを引受先として第三者割当増資を実施して事業資金を調達しました。

ホワイトプラスは、宅配クリーニングを中核事業とする会社です。2009年7月の設立と同時にサービスを開始、およそ2年間の間に黒字化を実現して、業績を伸ばしています。

本件の資金調達の目的は、さらなる事業規模の拡大です。調達した資金を元手に同年の10月にサービスをリニューアル、翌年には芸能人を起用したCM放映などのプロモーション活動にも注力しています。

M&Aにより地方から都市部へ進出し規模拡大

M&Aにより地方から都市部へ進出し規模拡大

ロイヤルネットワーク

出典:https://www.royal-network.jp/

近年は都市部への人口集中が加速しており、事業者も地方から都市部へ移行する傾向が強くなっています。クリーニング業界においても、シェアを確保するためにM&Aで都市部に拠点を移す事業者も多いです。

代表的な事例には、2016年4月に行われたロイヤルネットワークによるほくしんの新設分割会社のM&A買収があります。

ロイヤルネットワークは、クリーニング事業「うさちゃんクリーニング」を運営する会社です。1961年の創業以来、着実に事業規模を拡大させてきましたが、客単価が高い西部地区を重要な市場と判断したことで今回のM&Aに至っています。

買収したほくしんの45店舗を段階的に「うさちゃんクリーニング」に切り替えて、首都圏での事業を拡充する見込みです。

M&Aの専門家に相談する

クリーニングのM&A・事業承継は、業界の動向調査や専門的な知識が求められるため、M&Aの専門家のサポートが必要不可欠です。

M&Aの専門家に関しては、特別なM&A事例はありません。というのも、専門家の仲介がなければM&Aの成約は難しいので、基本的にどの事例に対しても関わっていると考えられるためです。

この章ではクリーニングのM&A事例を4つ紹介しましたが、いずれもM&Aの専門家の仲介により成約に至っています。

クリーニングのM&A・事業承継の流れ

クリーニングのM&A・事業承継の流れ

クリーニングのM&A・事業承継は、いくつかの必要な手続きがあるので、基本的な流れが決まっています。この章では、クリーニングのM&A・事業承継の流れを解説します。

【クリーニングのM&A・事業承継の流れ】

  1. M&Aの専門家に相談
  2. M&A先の選定と交渉
  3. M&A先のトップと面談
  4. 基本合意書の締結
  5. 買収側のデューデリジェンスの実施
  6. 最終契約書の締結
  7. クロージング

1.M&Aの専門家に相談

クリーニングのM&A・事業承継は、M&Aの専門家に相談することから始めます。M&A先の選定・交渉などの手続きが必要になるので、専門家の知見を頼ることで、今後の進行を円滑に進められるようになります。

M&Aの専門家は沢山いますが、クリーニングのM&A・事業承継でおすすめの相談先はM&A仲介会社です。中堅・中小規模の仲介を得意とする会社が多いので、クリーニングのM&A売却に関して親身になって対応してもらえる可能性が高いです。

2.M&A先の選定と交渉

M&Aの専門家とのアドバイザリー契約を締結したら、M&A先の選定を行います。選定では個人的なネットワークを使うこともできますが、専門家が保有するネットワークを活用することで広範囲から好条件の相手を見つけやすくなります。

複数のM&A先候補が見つかったら、各候補との交渉に入ります。売却側は企業概要書などの資料を提供し、買収側は提供された資料チェックにより買収検討を行います。

3.M&A先のトップと面談

交渉がある程度進むと、双方の経営陣の顔合わせであるトップ面談を実施します。ここまでは書面でのやり取りでしたが、トップ面談は顔を合わせるので、M&Aに対する目的や条件などを直接訊ねることができます。

質問事項に関しては、事前にまとめてM&Aの専門家と共有しておくと良いでしょう。なお、先方からの質問に対しては、必ずしもその場で答える必要はなく、後日書面で回答するという形式をとることもできます。

4.基本合意書の締結

基本合意書とは、現段階の交渉内容に関して双方の合意が得られていることを示す契約書です。トップ面談を経て双方がM&Aに対して前向きであれば、基本合意書を締結します。

基本合意書の主な記載内容は、M&Aの取引価格や手法、デューデリジェンスの規定などです。ここまでの交渉内容や今後の進行を確認しておくことで、M&A成約に向けた足掛かりを作っておきます。

【関連】M&Aの基本合意書

5.買収側のデューデリジェンスの実施

デューデリジェンスとは、M&A対象の価値・リスクを調査する活動です。売却側に潜在的なリスクが存在しないかどうか、買収側より専門家が派遣されて徹底的に調査が行われます。

クリーニングのデューデリジェンスの焦点は、簿外債務になることが多いです。財務諸表に記載されない潜在的な債務なので、買収側にとっては大きなリスクとなることが多く、M&A成約前に洗い出しておきます。

6.最終契約書の締結

最終契約書とは、M&Aの最終的な交渉内容について締結する契約書です。最終契約書は正式名称ではなく、M&Aの手法によって株式譲渡契約書や事業譲渡契約書などに変わります。

契約書に記載される事項は全て法的な効力を伴います。締結後に一方的に破棄すると、損害賠償問題に発展することもあるので、締結の際は記載事項について慎重に確認する必要があります。

7.クロージング

クロージングとは、売却側のM&A対象の引き渡しと売却側の取得対価の支払いを行う場です。M&A交渉は最終契約書の締結段階で完了していますが、引き渡しのための準備が必要なので、契約書の締結日から一定期間を空けてから実施されることが多いです。

なお、株式譲渡の場合は手続きが簡便なこともあり、最終契約書の締結と同時に実施することもあります。中小のクリーニングの場合は株式譲渡を用いることが一般的なので、早期のクロージングを目指すことも可能です。

クリーニングのM&A・事業承継のメリット

クリーニングのM&A・事業承継のメリット

クリーニング業界でM&A・事業承継が活性化する理由は、沢山のメリットがあるためです。特に恩恵が大きいメリットは以下の5点です。

【クリーニングのM&A・事業承継のメリット】

  1. 後継者問題の解決
  2. 従業員の雇用先を確保
  3. 売却・譲渡益の獲得
  4. 屋号を継続し、地域の人たちからの信頼を維持
  5. 個人保証・担保などからの解放

1.後継者問題の解決

クリーニングは、少子高齢化や人口の都市部集中の影響で、後継者問題が深刻化しています。黒字経営で順調に事業規模を拡大していても、後継者が不在のままでは企業の未来は廃業しかありません。

その点、M&A・事業承継であれば後継者探しや経営を託すことができるので、多くのクリーニング事業者が抱えている後継者問題を解決することができます。

2.従業員の雇用先を確保

クリーニング業界では、経営状態の悪化や後継者問題により廃業を視野に入れている企業が増加しています。廃業は会社が消滅する他、従業員も解雇しなくてはならないため、経営者としてはできる限り避けたい選択肢です。

M&A・事業承継は、従業員の雇用先を確保することが可能です。M&A先との交渉において、従業員の雇用条件に関して取り決めをしておくことで、買収と同時に一方的に解雇されるような事態を防ぐことができます。

3.売却・譲渡益の獲得

クリーニングのM&A・事業承継は、会社の価値に応じた売却・譲渡益を獲得できます。企業価値評価と呼ばれる評価方法を用いることで客観的な価値を算出して、M&A交渉により最終的な取引価格を決定します。

株式譲渡であれば株主(経営者)が獲得します。中小のクリーニングの場合、経営者やその親族が大半の株式を保有していることが多いので、売却・譲渡益に関しても大半を獲得できるケースが多いです。

4.屋号を継続し、地域の人たちからの信頼を維持

クリーニングは、地域密着型で古くから地域の人たちから支えられながら成長してきた事業者が多いです。クリーニングの利用が生活サイクルになっている消費者も少なくないので、突然廃業すると信頼を失う可能性があります。

M&A・事業承継は、屋号を継続させることができるので、突然廃業して地域の人たちからの信頼を失うようなことはありません。

5.個人保証・担保などからの解放

個人保証・担保は、金融機関から融資を受ける際に提供する保証です。中小クリーニングは、大手と比較すると信頼性という点で劣る部分があるため、事業資金を調達するためには経営者の個人資産を担保に入れるなどの対価が必要になります。

個人保証・担保は、経営者にとって大きなストレス要因ですが、M&A・事業承継であれば会社や事業と一緒に引き継ぐことができます。

【関連】廃業(清算)を決める前にM&Aと比較検討!メリット・デメリット、決断タイミング

クリーニングのM&A・事業承継の注意点

クリーニングのM&A・事業承継の注意点

クリーニングのM&A・事業承継は、マイナス要素があると取引価格に悪影響を与えるため、いくつかの注意点があります。特に注意するべきポイントは以下の3点です。

【クリーニングのM&A・事業承継の注意点】

  1. クリーニング工場の取り壊しには注意
  2. 賃金の未払いには注意
  3. 設備の老朽化に注意

クリーニング工場の取り壊しには注意

近年は、クリーニングに使用される特殊な洗剤が土壌汚染の原因になる可能性が指摘されています。クリーニング工場を取り壊すと、土壌汚染調査を義務付けられることがあるので、一定の費用が伴います。

クリーニング工場の取り壊しがM&A・事業承継のタイミングに重なると、買収側にとって負担となる可能性が高いため、マイナス評価に繋がることも多くなります。

賃金の未払いには注意

クリーニング業界に限らず、経営状態が悪化すると、人事労務問題が発生する企業は少なくありません。従業員の賃金未払いが発生している場合は、M&Aの際に買収側に法務・人事リスクと判断されて大きく評価を引き下げる要因となります。

売却側は人事労務管理の徹底をして、買収側は法務・人事デューデリジェンスにより潜在的なリスクを徹底的に把握する必要があります。

設備の老朽化に注意

クリーニング事業を行うためには、事業規模に応じた設備が必要です。適切に機能している設備に関しては資産として評価されますが、劣化が激しい設備は処分費用がかかるため負債に分類されることもあります。

設備の丁寧な扱いを心掛けていても経年劣化は避けられませんので、定期的な手入れ・交換は必要になります。

【関連】デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

クリーニングのM&A・事業承継でおすすめの相談先

クリーニングのM&A・事業承継でおすすめの相談先

M&A総合研究所は、M&A・事業承継の仲介事業を手掛けているM&A仲介会社です。中堅・中小規模の案件を得意としており、幅広い業種における豊富な実績を有しています。

M&Aの知識・経験が豊富なアドバイザーが担当します。過去の相談・仲介で培ってきた経験・ノウハウをフル活用することで、クリーニングのM&A相談から成約までの一貫したサポートを行います。

M&Aの料金体系は完全成功報酬制です。M&Aが成約するまで一切の仲介手数料が発生しないので、初期費用が不安な方でも安心してご相談いただけます。

無料相談は24時間お受けしています。クリーニングのM&Aなら、お気軽にM&A総合研究所までご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

クリーニング業界は、市場縮小による業界再編の動きが活性化しており、大手によるM&A買収や中小による生き残りをかけたM&A・事業承継が増加しています。

クリーニングのM&A・事業承継の成功率を上げるためには、成功ポイントや注意点を押さえておくことが大切です。その際はM&Aの専門家にサポートを受けると、効果的に対処することができます。

【クリーニング業界のM&A・事業承継動向】

  1. 大手グループによるM&Aの増加
  2. 中小のクリーニング店は競争激化によりM&A・事業承継を希望
  3. インターネットを活用したアパレル業への出資

【クリーニングのM&A・事業承継の事例付き成功ポイント】
  1. 双方が納得するM&Aを行う
  2. 売却のタイミングを適切に判断
  3. 無理のない売却価格でM&Aを進める
  4. M&Aにより地方から都市部への進出し規模拡大
  5. M&Aの専門家に相談する

【クリーニングのM&A・事業承継の流れ】
  1. M&Aの専門家に相談
  2. M&A先の選定と交渉
  3. M&A先のトップと面談
  4. 基本合意書の締結
  5. 買収側のデューデリジェンスの実施
  6. 最終契約書の締結
  7. クロージング

【クリーニングのM&A・事業承継のメリット】
  1. 後継者問題の解決
  2. 従業員の雇用先を確保
  3. 売却・譲渡益の獲得
  4. 屋号を継続し、地域の人たちからの信頼を維持
  5. 個人保証・担保などからの解放

【クリーニングのM&A・事業承継の注意点】
  1. クリーニング工場の取り壊しには注意
  2. 賃金の未払いには注意
  3. 設備の老朽化に注意

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

事業承継で知的財産は最重要の切り口!ポイントや留意点、流れを解説

事業承継で知的財産は最重要の切り口!ポイントや留意点、流れを解説

知的財産とは、知的資産のうち特許・商標・実用新案・意匠などを指します。知的財産の適切な承継は、事業承継において重要なポイントのひとつです。本記事では、事業承継で知的財産を承継する際のポイントや留...

【2020年最新】事業承継マッチングサイト15サイトを徹底比較!

【2020年最新】事業承継マッチングサイト15サイトを徹底比較!

事業承継マッチングサイトは、後継者不足で事業承継が進められない企業と事業を新しく立ち上げようとする企業・個人を繋ぐ場を提供するサイトです。サイトによっては仲介サポートも提供しています。本記事では...

事業承継のタイミングはいつが最適?計画をはじめる3つのタイミングを紹介

事業承継のタイミングはいつが最適?計画をはじめる3つのタイミングを紹介

2020年代は団塊世代の経営者の引退により、中小企業の事業承継が増えてきます。しかし、事業承継のタイミングが遅すぎるケースが多いのが現状であり、最適なタイミングを知ることが経営者にとって重要です...

役員退職金を活用した事業承継対策とは?メリット、計算方法を解説

役員退職金を活用した事業承継対策とは?メリット、計算方法を解説

事業承継の納税額は、自社株評価に基づいて算出されるものなので、役員退職金を活用することで税金負担を軽減することが可能です。ただし、活用の際はいくつかの注意点も存在します。今回は、役員退職金を活用...

【2020年最新】クリーニングのM&A・事業承継!動向・課題・成功のポイントを解説(事例付き)

【2020年最新】クリーニングのM&A・事業承継!動向・課題・成功のポイントを解説(事例付き)

クリーニングは、業界の現状変化から大手グループを中心にM&Aが増加しています。業界全体のシェアが傾きつつあり、中小・零細企業の経営状態の悪化が続く状態になっています。本記事では、クリーニングのM...

後継者問題に悩む林業の事業承継を徹底解説!業界動向・相場【事例あり】

後継者問題に悩む林業の事業承継を徹底解説!業界動向・相場【事例あり】

林業は、後継者不足や従業員の高齢化により事業承継問題が深刻化しています。後継者不在により古くから引き継いできた家業を廃業する事例も増えてきており、業界全体の問題になりつつあります。今回は、林業の...

事業承継と廃業のメリット・デメリットを解説!5割が黒字でも廃業!?

事業承継と廃業のメリット・デメリットを解説!5割が黒字でも廃業!?

経営者が引退する主な方法は、廃業して会社をたたむか、事業承継で後継者に引き継ぐかです。両者はそれぞれメリットとデメリットがあるので、比較して適した手法を選ぶ必要があります。本記事では、事業承継と...

事業承継と廃業のメリット・デメリット比較!事例から検証!

事業承継と廃業のメリット・デメリット比較!事例から検証!

事業の経営を現在の経営者から別の者に引き継がせるのが事業承継で、事業運営を止める方法が廃業です。当記事では、事業承継と廃業の利用に伴うメリット・デメリットをはじめ、廃業数が多い理由や、事業承継を...

【入門編】事業承継の本おすすめ人気ランキングTOP15

【入門編】事業承継の本おすすめ人気ランキングTOP15

本記事では、事業承継の入門本をおすすめランキング形式で紹介しています。事業承継の際に必要になる知識も、今回のおすすめランキングの15冊であれば、十分に補うことができます。事業承継関連の本を選ぶポ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)