2020年4月5日更新会社・事業を売る

コダックの事業売却(M&A)とは?株式譲渡との違いや事例をご紹介

コダックの事業売却の事例は、経営再建を進める中で行われました。効率的な事業売却によって経営を立て直し、伝統を守った事業展開を行うことは十分に可能です。コダックの事例をはじめ、今後はさまざまな形での事業売却が注目されるでしょう。

目次
  1. コダックの事業売却(M&A)とは
  2. M&Aの種類
  3. コダックとは
  4. コダックの事業売却(M&A)事例
  5. 事業売却は専門家に相談
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

コダックの事業売却(M&A)とは

事業売却(事業譲渡)はM&Aの手法の一つで、事業の全部または一部を売却することです。近年、さまざまな業界でM&Aが活発化しており、事業売却の事例もしばしば見られます。また、海外のM&Aでも事業売却が行われるケースは多く、アメリカのイーストマン・コダックも事業売却を数回行っています。

この記事ではイーストマン・コダックの事業売却についてご紹介しますが、M&Aの意味や事業売却の仕組みなども詳しく見ていきましょう。

※関連記事
事業譲渡・事業売却の戦略まとめ!成功・失敗ポイントは?【事例あり】

M&Aの種類

M&Aは、Mergers and Acquisitions(合併と買収)の略称です。2つ以上の会社が1つになる合併(Mergers)と、ある会社が他の会社を買い取る買収(Acquisitions)を表します。会社分割や資本業務提携などもM&Aです。

また、買収には株式取得(株式譲渡・新株引受・株式交換・株式移転)と事業譲渡(全部譲渡・一部譲渡)があり、それぞれの手法で特徴があります。M&Aでは株式譲渡が多いですが、近年はM&A事例も多様化し、事業譲渡(事業売却)などの他手法の活用も目立ちます。

買収の手法をおさえるには、事業売却(事業譲渡)と株式譲渡の違いを知ることが特に重要なので、それぞれの特徴や違いを整理しておきましょう。

事業売却(事業譲渡)の意味

事業譲渡は、事業売却とも呼ばれます。事業売却(事業譲渡)は、会社の事業の全部または一部を他の会社に売却(譲渡)することです。経営権が移転するのは、売却した事業のみです。売却しなかった事業の経営権は移転しないため、譲渡会社が引き続き経営を維持できます。

株式譲渡の意味

株式譲渡は、株主が保有する株式を第三者に譲渡することです。株式が移転する形ですが、これは会社の経営権と深く関係します。会社の経営権は株式の割合によって変わるため、どれだけの株式を譲渡したかが重要な問題です。

株式には基本的に株主総会の議決権がありますが、株主総会では会社の経営に深く関係する決議が行われます。また、議決権の過半数で株主総会の普通決議を議決できるため、議決権のある株式の過半数を有することは、会社の経営権を有することになります。

こうした仕組みのため、どの程度の割合の株式を取得できるかが重要なのです。例えば株式の100%を譲渡すれば、その会社の経営権は全て移転します。

事業売却(事業譲渡)と株式譲渡の違い

事業売却(事業譲渡)の場合、移転するのは事業です。事業を売却しても、株式は移転しません。一方、株式譲渡はあくまで株式が移転する仕組みで、事業譲渡のように事業が移転するケースとは異なります。

また、事業売却(事業譲渡)では、譲渡した事業の経営権は移転しても、残した事業の経営権は移転しませんが、株式譲渡は株式の割合によって経営権が決まります。事業譲渡のように、事業ごとに経営権は判断されません。

※関連記事
株式譲渡契約(SPA)で失敗しない対策はある?
事業譲渡・事業売却のよくある相談内容まとめ【相談先一覧あり】

コダックとは

イーストマン・コダックは、1880年の創業から確かな実績を積みあげた歴史を誇る写真用品メーカーです。フィルム撮影、現像、プリント、品質、使いやすさなど、その事業展開は世界的な支持を集めました。

近年のフィルムの需要減少や市場の動向、需要・ニーズの変化なども相まって、コダックでもデジタル化が進みました。しかし、フィルム写真に関する事業を中核とする姿勢は、世界的に高く評価されています。

デジタル化が進む状況や需要・ニーズの動向に対応しつつ、フィルム写真事業への取り組みを続けたことに、コダックのこだわりが見られます。近年はコダックの経営再建にあたり、いくつか事業売却の事例も見られます。写真フィルム事業の売却もありました。

また、高速印刷機や商業印刷など法人向けの事業へ集中を進めたこともあり、伝統を活かしながらどのように新たな事業展開を進めるのか注目です。

日本で事業展開を行うコダック合同会社

日本で事業展開を行うコダック合同会社は、プリントシステム事業部、エンタープライズインクジェットシステム事業部、フレキソグラフィックパッケージング事業部、ソフトウエア&ソリューション事業部、コンシューマー&フィルム事業部で事業を展開しています。

1981年10月に会社が設立され、2009年1月にコダック株式会社へ商号が変わりました。そしてさらに、2013年12月にコダック合同会社へと商号が変更となりました。

上記事業の推進において、コダックはお客のニーズを先取りし、印刷業界だけでなく産業界の垣根を超えて、国内外でパートナシップの確立を進めています。また、大きな変化の中にいるコダック合同会社は、積極的に変化に挑戦して取り組んでいます。

コダックの事業売却(M&A)事例

コダックの事業売却(M&A)の代表的な事例についてご紹介します。コダックの事業売却は、経営再建の過程として行ったものが目立ちます。いずれもそれぞれの目的に沿う方法で、さまざまなメリットの実現を図る事例です。事業売却とその後の流れも含め、事例を分析しましょう。

①フレキソグラフィックパッケージング事業部の売却

コダックは2018年11月、フレキソグラフィックパッケージング事業部(以下FRD)を、大手プライベート・エクイティ会社のMontagu Private Equity LLPに売却することを発表しました。FRDは、KODAK FLEXCEL NXシステムなどのフレキソグラフィック製品の開発・製造・販売を手がける新独立企業として運営します。

コダックのFRD事業はパッケージング印刷業界における重要な地位を確立しており、確かな業績を積みあげてきました。こうした中で培ったソリューション実績が、新体制のもとでも引き続き活用されるでしょう。

また、コダックは今回の事業売却により、最大で3億9,000万ドルの対価の受け取りを見込んでいます。そして、事業売却による収入をコダックの定期借入債務残高の圧縮に使用し、資本構成の改善や財務状態の強化などを図ります。

②写真フィルム事業とスキャナー事業の売却

コダックは2013年4月30日、イギリスの退職者ファンドであるコダック年金プラン(以下KPP)に、写真フィルム事業とスキャナー事業を売却することを発表しました。両事業の売却金額は約640億円です。スキャナー事業は同年4月15日にブラザー工業への売却を発表しましたが、白紙となりました。

写真フィルムなどを扱うパーソナライズド イメージング事業と、スキャナーの販売などを展開するドキュメントイメージング事業が、KPPにまとめて売却されています。この2事業の売却は、コダックの経営再建中に行われました。

2事業の売却先であるKPPはコダック最大の債権者でもあり、イギリスに住むコダックの退職者や現従業員を対象とする年金の運営を行っています。コダックは写真フィルム事業とスキャナー事業をKPPに売却し、その収入の一部をチャプター11(米連邦破産法第11章)からの経営再建支援とコマーシャルイメージング事業の拡張に使用しました。

そして、KPPがコダックとその関連会社に対する約28億ドルの支払い請求を取り下げる流れになっています。つまり、2事業の売却が完了した時点で、コダックと関連会社はKPPへの債務を免除されるのです。これらの売却を行ったコダックは、高速印刷機や商業印刷といった法人向けの事業集中を進めています。

事業売却は専門家に相談

事業売却は、どのタイミングで売却するべきか、どの事業を売却すべきかなど、専門的な判断が必要です。業界の動向や相手企業の業績なども踏まえ、さまざまな観点から判断しなくてはなりません。このような判断を自社だけで進めるのは困難です。

また、安易に事業売却を進めれば、トラブルが発生する可能性もあります。こうした事態を防ぐためにも、事業売却にあたってはM&A仲介会社・M&Aアドバイザリーなどの専門家のサポートを受け、相談をしながら手続きを進めることが重要です。

もし、事業売却を検討されている場合は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所には専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーや会計士が在籍しています。

初回の無料相談後も一切費用が発生しない完全成功報酬制で、成功報酬は国内最安値水準で皆様からご好評をいただいておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

まとめ

コダックの事業売却の事例は、経営再建を進める中で行われたものがあります。複数の事業を売却し、売却によって得た資金をもとに財務状態の改善や強化を図るケースが見られます。近年、さまざまな業界でM&Aが活発化していますが、経営再建を見据えた事業売却の事例も今後は増加するでしょう。

経営上の問題があった企業でも、効率的な事業売却によって経営を立て直し、伝統を守った事業展開を行うことが可能です。コダックの事例をはじめ、今後はさまざまな形での事業売却が注目されます。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

アナジー効果とは?回避してシナジーに変える方法を解説

アナジー効果とは?回避してシナジーに変える方法を解説

アナジー効果とは、M&Aによる統合効果が十分に得られなかった状態や、統合前よりも経営状況が悪化した状態のことを指し、シナジー効果とは逆の意味になります。本記事では、アナジー効果の意味や、アナジー...

類似企業比較法を計算例付きで解説!メリット、必要なデータ

類似企業比較法を計算例付きで解説!メリット、必要なデータ

類似企業比較法とは、対象会社と類似している上場企業を複数社選定し、類似会社のデータから倍率計算を行う方法です。本記事では、類似企業比較法を計算例付きで解説します。また、類似企業比較法のメリットや...

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

事業譲渡でM&Aを行う時や不動産の引き継ぎなどの際は、地位承継を行う必要があります。本記事では、地位承継とは何か、地位承継と地位継承ではどちらが正しい読み方なのかなど、事業譲渡の地位承継で知って...

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株価評価時に株式保有特定会社の判定を受けると、評価方法が限定されて税制面で不利になる場合があります。その際、選択肢を増やす手段として株特外しという方法を利用することも可能です。本記事では、株式保...

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法は、株式価値や企業価値評価手法の一つです。インカムアプローチの一種であり、非上場企業の少数株主の株式価値を算定するのに適しています。本記事では配当還元法について、実績配当還元法や標準配...

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは、譲渡対象の企業名を伏せたまま概要を要約したものです。ノンネームは、売却を検討している企業を特定させないため、業種や企業規模、譲渡理由などのポイントに絞って記載します。本記事では、...

人材派遣・人材紹介の事業譲渡・株式譲渡のメリットとは?【事例あり】

人材派遣・人材紹介の事業譲渡・株式譲渡のメリットとは?【事例あり】

人材派遣とは自社と雇用契約を結んだ従業員を企業へ派遣して仕事に従事させることをいい、人材紹介会社はその仲介役を担っています。当記事では人材派遣・人材紹介における事業譲渡・株式譲渡のメリットやポイ...

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法(年倍法)は、時価純資産と営業利益を用いた簡便な企業価値評価手法であり、主に中小企業のM&Aで用いられます。本記事では、年買法(年倍法)とはどのような手法なのか、また計算方法の妥当性や問題...

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA(イーブイ/イービッダー)倍率とは、売り手企業への投資額を何年で回収できるかを示す指標です。本記事では、EV/EBITDA倍率の意味やEV/EBITDA倍率を用いた企業価値算定...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)