2021年4月22日更新資金調達

中小企業が資金調達を成功させる方法とは?現状や課題を解説

中小企業の資金調達方法にはさまざまな種類があります。資金調達する際には、円滑に融資を受けるコツだけでなくいくつか注意点もあるので、事前に把握しておきましょう。本記事では中小企業が資金調達を成功させる方法について解説していきます。

目次
  1. 中小企業が資金調達を成功させる方法
  2. 中小企業の資金調達の現状と特徴
  3. 中小企業の資金調達の課題と問題点
  4. 中小企業の資金調達方法と手法
  5. 中小企業の資金調達とM&Aの関係
  6. 中小企業が資金調達を円滑に行うコツ
  7. 中小企業の資金調達の注意
  8. 中小企業が資金不足に陥らないためには
  9. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

中小企業が資金調達を成功させる方法

中小企業が資金調達を成功させる方法

中小企業の経営者にとって悩ましいのが資金調達です。資金調達は中小企業の会社経営において、最優先で解決すべき課題の一つだといえます。

資金調達の方法は多様化していますが、中小企業は大企業と違って活用できる方法が限られています。今回は中小企業が活用できる資金調達の方法を紹介します。

中小企業の資金調達の現状と特徴

中小企業の資金調達の現状と特徴

中小企業の資金調達の現状はどうなっているでしょうか?中小企業の資金調達の必要性は成長ステージによって変化します。会社の成長ステージは成長初期、成長・拡大期、安定期の3つがあり、資金調達の重要性が増すのは成長初期の段階です。

成長初期は、事業を軌道に乗せたり、研究開発をしたりするのに資金が必要となるため、資金調達先の確保が経営課題になります。しかし、成長初期の段階で資金調達先を確保できる会社は少ない現状です。そのため、投資をあきらめて事業を断念してしまう会社も少なくありません。

そもそも成長初期のステージにある会社は創業したてのベンチャー企業であることが多く、銀行のような中小企業から融資を得ることも難しい傾向です。その段階で有力な資金調達先を確保できるかどうかが、その会社の将来を左右するといっても過言ではないでしょう。

中小企業の資金調達の課題と問題点

中小企業の資金調達の課題と問題点

中小企業の資金調達は業種を問わずさまざまな課題を抱えています。代表的なのが資金調達先を確保できないことです。中小企業やベンチャー企業は、銀行などの金融機関の融資に依存する一方、実際に融資される可能性は低くなっています。

大企業と比べて規模が小さい中小企業やベンチャー企業は、社会的な信用性が低くなりがちです。また、創業して日が浅いと赤字経営であることが多いため、銀行のような金融機関が融資に対して消極的になります。そのため、中小企業やベンチャー企業は資金調達が安定しません。

ただ、中小企業やベンチャー企業は、国が運営する公的機関から支援を受けられることがあり、金融機関以外にベンチャーキャピタルのような投資ファンドを活用する方法もあります。しかし、リスクが多いと判断されると手を貸してくれないケースが多いようです。

昨今の中小企業やベンチャー企業は、公的機関の支援などによって会社を黒字にした後、金融機関から融資を得るという流れがスタンダートだといえます。

中小企業の資金調達方法と手法

中小企業の資金調達方法と手法

資金調達の方法にはさまざまありますが、中小企業が取り得る資金調達の方法は限られてきます。ここでは、中小企業が活用できる資金調達方法を5つ紹介します。

経営者の自己資金を使う

中小企業の経営者が持つ資金を企業に使う方法です。中小企業の創業時に、経営者が取り得る資金調達方法として知られています。中小企業の一つを経営できる資金調達が可能ならば、対外的な信頼も得やすくなります。

また、中小企業の経営者自身が資金調達しているので、経営権を維持しやすいです。シンプルな構図であるため、スケールが小さい中小企業の経営者に適した方法といえるでしょう。

また、既に所有している資産を売却して資金を作る方法もあります。一方で、経営者自身が資金調達する以上、資金が不十分になる可能性があります。

時間がかかるほか、レバレッジが効かなくなることもあり、中小企業が自己資金で資金調達するのは難しいかもしれません。

資本を増やす

経営者が持つ資本を増やして資金調達する方法です。一般的に、中小企業や大企業は株式の発行によって資金を集めます。投資家などに株式を買ってもらうことで自動的に資金が入り続け、返済義務がない点も特徴的です。

また、会社の資産を担保にかけたり、保証人を立てたりする必要もありません。大企業や中小企業が資金調達の手段として用いるオーソドックスな方法の一つです。充分な資金調達が実現するまで準備に時間がかかることもある一方、投資を確定させれば着実に資金を獲得できます。

しかし、さまざまな投資家に株式を買ってもらう以上、中小企業は信頼に応えるだけの業績を出さなければなりません。もし、信頼に応えなければ、株式による資金調達が滞ってしまう恐れもあります。

また、株主の株式保有率などによっては、経営権が脅かされるリスクもあります。したがって、中小企業と大企業にとって、株主との付き合いは非常に重要です。

負債を増やしていく

負債を増やしていくのも、中小企業が活用できる資金調達方法の一つです。金融機関からの融資や借入がよい例でしょう。活用しやすく、中小企業が取り得る資金調達の方法として知れ渡っています。経営権を脅かされることなく資金調達が可能です。

また、利子が低く設定されている(1~3%あたり)ので返済しやすいのもメリットです。よって、手元に資産がない場合や投資が得られないときに適した資金調達方法といえます。融資や借り入れで重要なのは中小企業の信頼度です。

会社の信頼が低いほど、安定した額の融資を得ることは難しくなります。借入の際に担保を設定する必要性も生じ、ある程度のリスクは覚悟しておかねばなりません。そもそも負債は借金と同義で、資金を借りた以上返済する義務が生じます。

そのため、経営の先行きを見据えながら実施することが大切です。加えて、書類作成などに手間がかかる一面もあるため、経営者には慎重さが求められます。

補助金や助成金を得る

昨今は中小企業の経営者向けに、経済産業省や中小企業庁などが補助金や助成金制度を制定しています。中には事業承継に向けた補助金もあり、円滑に経営できるようにサポートしてくれるので、中小企業の経営者にとっては嬉しい支えとなります。

一部例外はありますが、基本的には返済義務がないため、補助金や助成金が負債になる心配もありません。ただ、実質的に国からサポートを得ることになり、審査が厳しいケースも少なくありません。

そのため、書類の作成が難しかったり、助成金や補助金の入金が遅くなったりする場合があります。スムーズに資金調達したい中小企業にはあまり向いていない方法です。

クラウドファンディング

インターネットを利用したクラウドファンディングも、中小企業の資金調達方法として認識されています。一般人から集金するため、時間がかかるデメリットがあります。しかし、顧客のニーズが見えやすくなるので、同時にマーケティングできる点は大きなメリットです。

昨今では、中小企業がクラウドファンディングで新たな事業や開発を実施した事例も増加しています。ただし、クラウドファンディングの活用は手数料がかかるため、集めた金額に対して出費の割合が多くなる可能性があります。

また、調達できる資金が不十分で目標金額に達成しないこともあります。したがって、入念な準備と企画の精査が重要です。

※関連記事

中小企業向けの助成金と補助金

中小企業の資金調達とM&Aの関係

中小企業の資金調達とM&Aの関係

中小企業が資金調達する方法としてM&Aも選択肢に含まれます。M&Aを実施すると会社を第三者に預ける、あるいは、子会社化することになりますが、大企業やグループの傘下に入れば財務基盤を強化できます

潤沢な資金を得ることができれば資金調達の問題は一気に解決するでしょう。ただ、M&Aに対して会社を売り払うというネガティブなイメージを抱く人もいるかもしれません。しかし、昨今M&Aは効果的な経営戦略として一般化しています。

本場のアメリカではベンチャー企業がM&Aによって創業することも珍しくありません。また、赤字状態になりがちなベンチャー企業でもM&Aを活用できます。大企業の中には節税対策もかねて赤字経営の会社を買収しているケースがあり、買収後に経営再建も成功させています。

ただ、M&Aは決して成功率が高いものではなく、M&Aの成功率は30%~50%程度といわれています。

実際にM&Aを行う際にはM&A仲介業者や経営コンサルタントなど、適切な専門家のサポートを得て行うようにしておきましょう。

M&Aをご検討の際は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所はさまざま業種で成約実績があり、経験豊富なアドバイザーがM&Aをフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)

無料相談をお受けしておりますので、M&Aをご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

中小企業が資金調達を円滑に行うコツ

中小企業が資金調達を円滑に行うコツ

金融機関の種類や融資の方法などによっても融資の方針や流れが変わります。中小企業が資金調達を円滑に行うコツをご説明します。

自社の規模にあった金融機関を選ぶ

金融機関は、メガバンク、第一地方銀行、第二地方銀行、信用金庫、信用組合など、さまざまな種類にわかれます。中小企業は、第一地方銀行、第二地方銀行、信用金庫、信用組合などから融資を受ける機会が多い傾向です。

特に、信用金庫や信用組合は地域の発展・貢献を目的とした存在であることから、中小企業の融資に親身に応じてくれることでしょう。ただし、存在する地域が限られています。

また、地域に根差した金融機関のなかには、融資先の課題を把握して本業をサポートするところもあります。事業を支援する姿勢の有無を確認したいのであれば、金融機関のHPを確認したり、融資担当者と話したりするとよいでしょう

融資の種類を知って適切な方法を選択

融資にはさまざまな種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。メリットやデメリットを吟味しながら適切な方法を選択しましょう。

信用保証協会の保証にもとづく融資

信用保証協会は、中小企業の借り入れをサポートする公的機関です。中小企業が地方自治体や民間金融機関に融資を依頼する際に保証人になります。融資を申請した場合、信用保証協会にも保証の申し込みを行います。担保なしで融資を受けられる一方で、支払利息や保証料が必要です。

不動産を担保にする融資

不動産担保融資は、建物や土地などの不動産を担保に金融機関から借り入れする方法です。不動産の価値や借入者の支払い能力に応じて融資額が決定されます。無担保の場合と比べて高額の融資が受けられるだけでなく、返済期間を長期的に設定できるという長所があります。

その反面、担保の審査に時間がかかったり、返済不能になった場合に不動産を失ったりする点が短所です。

事業評価をもとにした融資

事業性評価融資は、財務データや保証・担保だけではなく、事業内容や成長可能性などを考慮に入れた融資方法です。

今まで、成長力があるのにかかわらず、決算書の内容が信頼性に欠けることにより、融資を受けられない企業がありました。その問題を受けて、金融庁は事業性評価にもとづく融資を促す方針を取るに至っています。

金融機関が事業性評価を行う際に注目する要素はさまざまです。経営理念や事業概要をはじめ、自社の強みや課題、今後の経営方針などがあります。事業性評価をもとにした融資を受ける際は、これらの要素を含めた事業計画書を作成して金融機関に事業を説明することが有効です。

自社の魅力をスムーズに伝える

金融機関の担当者は一人で数多くの案件を抱えているケースも少なくありません。時間が限られている以上、円滑に融資してもらうためには、自社の魅力をスムーズに伝える工夫が必要です。会社の状況や展望を言葉だけで話すのではなく、数値にもとづく計画を共有するとよいでしょう。

経営状態を伝えるのにおすすめなのがローカルベンチマークです。ローカルベンチマークとは、経営者や金融機関が企業の経営状態を共有して対話を行うためのフレームです。労働生産性や営業利益率などの財務情報や、企業の外部環境や技術力などの被財務情報を共有できます。

中小企業の資金調達の注意

中小企業の資金調達の注意

中小企業は資金調達方法が限られているので、資金調達するために注意すべき点があります。方法によって注意点は変わりますが、ここでは基本事項を説明します。

会社の信頼を得る

株式や融資を利用するにせよ、重要なのは信頼を得ることです。金融機関は融資や借入をする際に、中小企業を信頼できるかどうかを絶対視します。もちろん、信頼が低くても担保を設定すれば借入できます。しかし、万が一を考えると中小企業にとってあまりよい選択肢とはいえません。

また、大企業と違って、中小企業の経営には不安定なイメージがともないます。したがって、信頼が得られるように、経営者は支援者に適切なビジネスプランを伝えることが重要です。そのため、経営者はビジネスプランや自社の強み、製品などを精査する必要があります。

しかし、せっかく練り上げたビジネスプランも、伝え方が悪ければ相手の印象が変わってしまう恐れがあります。その点、プレゼンスキルを磨いたり、自社の担当者と綿密にコミュニケーションを取ったりすることも大切です。

株式を発行する時はバランスを考慮

資本を増やす際に、株式発行による資金調達方法を取る場合、株式の設定方法が重要です。議決権を付与することを含め、設定によっては株式の購入者数が変わります。株式の権限を強くすれば購入者が増える可能性は高いですが、発行しすぎると経営権を脅かされるリスクがあります。

対して株式の権限を弱くすると購入者が減る可能性があります。したがって、株式を発行する場合、いかに経営権を維持しながら資金調達するかが重要です。

資金の運用は慎重に

中小企業の経営者にとって重要なのは、資金調達に成功した後の資金の運用です。なぜなら、会社の売上を増加させることで信頼を勝ち得るからです。せっかく得た資金を無駄にしては、経営に支障をきたすだけではなく、企業の信頼を損なう恐れがあります。

あくまで倹約を第一に掲げて無駄なく資金を運用し、着実に売上を引き伸ばすことが経営者にとって大切です。

※関連記事

融資を会社が受けるためには?

中小企業が資金不足に陥らないためには

中小企業が資金不足に陥らないためには

最後に、中小企業が資金不足に陥らない方法をお伝えします。ここまでに資金の運用にかんする注意点をお伝えしましたが、その点は日ごろから徹底すべきことです。日常業務のプロセスや役員報酬などを見直し無駄なコストを省くだけでもかなり出費を抑えられます。

ましてや経営者が節税対策と称して経営に影響しない資産(高級外車など)を購入するようなことは避けるべきでしょう。会社によってはコスト削減を徹底するだけで赤字状態から脱却したケースもあります。

また、中小企業が注意を怠ってしまいがちなのが現金です。中小企業は現金を確保しているケースが少なく、緊急で運転資金が必要な時に資金を投入できないことも珍しくありません。現金を確保していないために、売り上げが入る前に運転資金が底を尽いて黒字倒産する場合もあります。

この点は、大企業でも起こり得るリスクであり、黒字だからといって決して油断できません。現金を一定以上確保するには、コストの削減と適切な資金繰りが重要になります。

まとめ

まとめ

中小企業の資金調達について紹介しましたが、理解していただけたでしょうか?中小企業が資金調達する際は、リスクや将来的な経営について考慮する必要があります。専門家に相談し、サポートを受けながら進めていきましょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短1.5ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

 事業再生スキーム一覧!再成長への資金繰りの方法、成功事例は?合併特例債も紹介

事業再生スキーム一覧!再成長への資金繰りの方法、成功事例は?合併特例債も紹介

債務超過に陥った企業が事業再生を行うには、適切な事業再生スキームの選択が重要です。金融機関・日本公庫が中小企業の資金繰りや事業再生をサポートしています。本記事では、事業再生スキームの種類や再成長...

経営資源引継ぎ補助金は事業承継・引継ぎ補助金に改変!支給対象、給付額、審査、流れを徹底解説

経営資源引継ぎ補助金は事業承継・引継ぎ補助金に改変!支給対象、給付額、審査、流れを徹底解説

事業承継が必要でありながら資金の用意が難しく、なかなか踏み出せない事業者もいます。こうした場合に活用したいのが経営資源引継ぎ補助金(事業承継・引継ぎ補助金)の制度です。本記事では、補助金の特徴や...

LBOファイナンスとは?LBOとの違いや特徴/リスクを解説【図解】

LBOファイナンスとは?LBOとの違いや特徴/リスクを解説【図解】

LBOファイナンスとは、対象の信用力や資産を担保にして金融機関から買収資金を調達する買収方法のことです。名称の由来は、比較的少額の自己資金を梃子(レバレッジ)にすることからきています。本記事では...

中間報酬が無料のM&A総合研究所の料金体系を解説

中間報酬が無料のM&A総合研究所の料金体系を解説

M&A総合研究所は、売り手の中間報酬が無料のM&A仲介会社です。中間報酬以外にも相談料・着手金・月額報酬を無料としており、料金体系が強みです。本記事ではM&A総合研究所の...

第三者割当増資とは?メリット・デメリット、注意点、手続き、株価の算定方法をわかりやすく解説

第三者割当増資とは?メリット・デメリット、注意点、手続き、株価の算定方法をわかりやすく解説

第三者割当増資とは、特定の第三者に新株引受権を付与して増資する方法のことです。必要な手続きは比較的簡便なため、企業の資金調達の手段として重宝されています。本記事では、第三者割当増資のメリットやデ...

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

総数引受契約書は、募集株式の発行の際に発行者と割当者の間で取り交わされる契約書です。第三者割当増資の手続きを簡略化する目的で活用することが多くなっています。本記事では、総数引受契約書の作成方法と...

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBとは、買い手が株式の数や価格、期間などを定め、株式取引市場外で株式の公募を行う取引手法のことです。本記事では、TOBが不成立やディスカウントになる意味と、TOBが不成立になった事例やディス...

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資は、資本金増額や敵対的買収への対抗策として用いられます。本記事は、第三者割当増資に関する総数引受契約書の作成方法や、契約の流れ・注意点のくわしい解説を載せるほか、総数引受契約書の雛...

バイアウトの意味とは?4つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトの意味とは?4つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトとは、会社の経営が悪化した時に、経営者や従業員が自社を買収することをいいます。今回の記事では、バイアウトの4つの種類や主な目的、M&Aとの違いなど、経営に役立つバイアウトの基礎...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)