2021年5月7日公開事業承継

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業の事業承継における資産の減価償却方法には2つのパターンがあります。起こりえるパターンを把握して適切な会計処理を行うことで、経費を漏らすことなく計上して経営状況の健全化を図れます。本記事では、個人事業主の事業承継における資産の減価償却方法を解説します。

目次
  1. 個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法
  2. 事業承継した個人事業の取得価額
  3. 事業承継した個人事業の耐用年数
  4. 事業承継した個人事業の償却方法
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法

個人事業主が事業承継する際に押さえておきたいポイントの1つに、事業のために利用する資産の減価償却方法があります。

減価償却とは、建物や車などの固定資産を使用年数に応じて資産価値を減少させていき、減少させた分を経費として計上する会計手続きです。

適切な減価償却を行っていないと、事業承継で引き継ぐ固定資産の評価額が高くなり、相続税・贈与税の負担も大きくなるため、個人事業主の事業承継では引き継ぐ固定資産や減価償却方法を把握しておく必要があります。

建物を含む固定資産も事業用資産として事業承継した場合

事業承継で建物等の固定資産を事業用資産として引き継いだ場合、通常通りの減価償却を行います。

被相続人(先代経営者)が取得した資産を、相続人(後継者)が引き続き所有しているものと扱われるので、相続人は被相続人の取得時期や取得価額をそのまま引き継ぎます。

ただし、減価償却費を計算するための償却方法だけは引き継がれません。そのため、事業承継で事業用資産を引き継いだ時点で、所轄の税務署に減価償却方法の届出を行う必要があります。

届出を行わなかった場合は、原則として定額法で減価償却費を計算します。届出を行わなず定率法による減価償却を行うと、税務申告の際に税務署より否認される恐れがあります。

引き継いだ事業用資産は、全てに対して相続税あるいは贈与税が課されることになり、事業用資産の未償却残高(毎年計上してきた減価償却額を差し引いた額)を基準に算出されます。

固定資産の所有権は事業承継しなかった場合

個人事業主の事業承継では、事業用資産の事業承継は相続税・贈与税の負担が大きいため、事業用資産の所有権を引き継がずに、被相続人の所有物のまま事業用に使用するケースもあります。

この場合、事業用資産は先代経営者から事業用資産を借り受ける形となります。使用貸借が有償無償に関わらず対価の授受があったものとしたならば、相続人は通常通り減価償却を行えます。

ただし、被相続人と相続人が生計を一にしているという条件があります。生活費のやり取りがなく別々の家屋に住んでいるなど独立した生活を送っている場合は、減価償却費や固定資産税、修繕費等を経費計上することはできません。

なお、事業承継時の相続税・贈与税は、所有権を移転していない固定資産については発生しません。手元に資金を残しやすい方法なので、個人事業主の事業承継で選ばれやすい方法となっています。

【関連】事業承継の手続きの流れや必要なものを紹介【法人・個人事業主向け】

事業承継した個人事業の取得価額

事業承継した個人事業の取得価額

個人事業主の事業用資産の事業承継で引き継ぐものは、取得タイミング・取得価額・未償却残高・減価償却累計額です。

資産は元々被相続人が取得したものですが、引き継いだ相続人が引き続き所有するものとして扱われます。

事業承継の取得価額は、被相続人が対象の資産の取得額から相続発生までの減価償却累計額を控除した価額です。

基本的に減価償却は行うべきものですが、被相続人が適切な減価償却を行えていないこともあります。また、個人事業では建物や車などの分かりやすい資産のほかに、高額機器類や棚卸資産なども対象に含まれます。

これら資産の取得価額のまま引き継ぐと、相続税・贈与税の税額も高くなります。相続人の負担が大きくなるだけでなく、税金資金を用意できなくなる可能性もあります。

減価償却が行われず経費計上されていなかった場合は、相続人が被相続人の取得したタイミングや耐用年数​​​​​​​を考慮した上で計上できます。

【関連】減価償却とは?計算方法や「償却率」「改定償却率」「保証率」の仕組みを解説

事業承継した個人事業の耐用年数

事業承継した個人事業の耐用年数

耐用年数とは、償却資産が利用に耐えうる年数(寿命)のことです。車や建物などの長期にわたって使用、かつ経済的価値のある資産は、償却資産として耐用年数が決められています。

事業承継で引き継いだ事業用資産の耐用年数は、そのまま引き継ぎます。中古資産ではなく引き継いだ資産として扱われるので、事業承継では中古資産の耐用年数が適用されることはありません。

減価償却費を算出する際は、国が定める法定耐用年数を用います。法定耐用年数は資産の種類ごとに定められており、建物の場合は構造や用途などでも細かく分類されています。

耐用年数がゼロになった償却資産は、それ以上減価償却することができません。耐用年数ゼロでも事業用資産として活用できますが、課税額の増大などの影響で売却・処分を検討するケースが多くなっています。

【関連】減価償却とは?減価償却費の計算方法や耐用年数をわかりやすく解説

事業承継した個人事業の償却方法

事業承継した個人事業の償却方法

個人事業主の事業承継で引き継いだ資産の償却方法は引き継ぎません。被相続人が選択している償却方法は引き継がず、相続人が新しく選択すると定められています。

償却方法の選択単位は、建物や機械装置、車両運搬具などの償却資産の種類ごとに行えます。複数の事業所を構えている場合は事業所単位で選択することも可能です。

管轄の税務署に届出を行います。償却方法の選定や届出を行わなかった場合は、法定方法である定額法を用いて減価償却することになります。

償却方法の種類

償却資産の減価償却では、基本的に定額法か定率法を用います。どちらを用いるかによって経費の計上方法が変わり、年度ごとの収益にも影響します。

【償却方法の種類】

  1. 定額法
  2. 定率法

定額法

定額法は毎年一定額の償却費を計上する方法です。計算が簡便なので、複数の償却資産を保有していても将来の見通しが立ちやすいメリットがあります。

償却費は「取得価額×定額法の償却率」で算出します。例えば、取得価額1000万円、耐用年数10年の資産の場合は、100万円の減価償却を10年繰り返すことになります。

計算方法が分かりやすく帳簿をつけやすい反面、節税効果が薄れる可能性もあります。タイミングに関わらず一定額の経費計上になるので、利益の相殺に利用しづらい面もあります。

なお、平成19年4月1日以後に取得された減価償却資産は、残存価額が廃止されているため、取得価額を法定耐用年数で割ることで減価償却費が算出されます。

定率法

定率法は未償却残高を一定割合で償却する方法です。初年度の償却費を高く計上して徐々に逓減していく方法なので、投資額を早めに回収したい場合に活用できます。

減価償却費は「期首未償却残高×定率法の償却率」で算出します。償却率をかける基準額が徐々に減っていくので、算出される減価償却費も低くなる仕組みです。

定額法と比較すると計算方法が複雑になりがちで、負担が大きくなる傾向があります。さらに、耐用年数の後半年度になると減価償却費が低くなるので、節税効果が弱まっていくデメリットもあります。

償却資産の減価償却は定額法又は定率法を選択しますが、一部の資産については償却方法が限定されているものもあります。

例えば、建物については、平成10年3月31日以前に取得した建物は自由に選択できますが、平成10年4月1日以後に取得した建物は定額法に限定されています。

そのほか、建物附属設備及び構築物や無形固定資産及び生物も定額法に限定されており、定率法を適用することはできません。

事業承継のご相談はM&A総合研究所へ

個人事業主を引き継ぐ際は、事業承継の手続きや減価償却費の会計処理が必要です。全ての手続きを円滑に進めるためには、個人事業主の事業承継に精通した専門家のサポートを受けることをおすすめします。

M&A総合研究所はM&A・事業承継サポートを手掛けるM&A仲介会社です。中小企業や個人事業主のM&A・事業承継における豊富な実績を有しており、M&Aアドバイザーによる専任フルサポートを行っています。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)無料相談をお受けしておりますので、M&A・事業承継をご検討の際はお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

個人事業の事業承継では、事業用資産の帳簿価額をそのまま引き継ぐことになります。償却方法だけは引き継がないため、相続人が新しい方法を選択して届け出を行う必要があります。

引き継ぐ資産が多い場合は減価償却の会計手続きが大変です。不安がある場合は事業承継の専門家に相談すると、事業承継後の経営も行いやすくなります。

【個人事業主の事業承継の減価償却方法のまとめ】

  • 事業承継した固定資産は通常通りの減価償却を行う
  • 生計を一にしていない場合は減価償却が認められないこともある

【個人事業主の事業承継で引き継ぐ事業用資産】
  • 取得価額・耐用年数は引き継ぐ
  • 償却方法は引き継がず新しく選択する

【償却方法の種類】
  1. 定額法
  2. 定率法

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継では代表権の引継ぎが重要なポイントになります。税制上の優遇措置を受ける際の要件に、法的な代表権の移転が定められていることが多いためです。本記事では、事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法...

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業の事業承継における資産の減価償却方法には2つのパターンがあります。起こりえるパターンを把握して適切な会計処理を行うことで、経費を漏らすことなく計上して経営状況の健全化を図れます。本記事で...

【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

事業承継税制は特例措置と一般措置が設けられています。特例措置は特に高い節税効果を期待できますが、いくつかのデメリットもあるため違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継税制の特例措置...

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

事業承継税制は、事業承継の際に発生する相続税や贈与税を猶予・免除できる便利な制度です。しかし、資産管理会社の場合は適用に条件があり、適用されないケースもあります。本記事では、資産管理会社の事業承...

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

後継者問題や事業承継の準備及びスケジュールなどの悩みを解決するためには、専門知識を持った相談相手が必要です。本記事では、事業承継の失敗事例などを紹介しながら、経営者の事業承継の悩みを解決するため...

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

引退を考える経営者としては、事業承継の基礎知識を押さえておくと役立ちます。知識不足で計画性が伴わないと、引継ぎの際にトラブルが発生して、業績悪化ということにもなりかねません。本記事では、事業承継...

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADRとは、経営危機に瀕した企業が法的整理手続きを使わず、当事者間の話し合いで解決を図る手続きです。債務免除を受けられるため、再生を図る手段として活用されています。本記事では、事業再生A...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)