2021年2月16日公開事業承継

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

引退を考える経営者としては、事業承継の基礎知識を押さえておくと役立ちます。知識不足で計画性が伴わないと、引継ぎの際にトラブルが発生して、業績悪化ということにもなりかねません。本記事では、事業承継の基礎やメリット・デメリットを解説します。

目次
  1. 事業承継の基礎を解説
  2. 事業承継とは
  3. 事業承継のメリット・デメリット
  4. 後継者問題の解決に事業承継型M&Aがベスト
  5. 事業承継を行う際の注意点
  6. 事業承継の相談はM&A仲介会社がおすすめ
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

事業承継の基礎を解説

事業承継の基礎を解説

企業は経営者を中心に事業展開し、利益を生み出します。特に、中小企業は経営者への依存度が高くなる傾向が強いので、経営手腕やリーダーシップがある経営者なら業績も上げやすくなります。

しかし、優秀な経営者であってもいずれは老いるので、引退を考えなければならない時期が訪れます。ただ引退するだけでは企業の経営が成り立たなくなるので、後継者を決めて事業承継するところまでやり遂げなくてはなりません。

事業承継は、必要なタイミングになってからでは準備が間に合わなくなる可能性もあります。経営者はいずれ迎える引退に備えて、事業承継の基礎を押さえておくことが大切です。

事業承継とは

事業承継とは

事業承継は検討すべき事項が多いので、まずは基礎的な知識を優先して身につけると進めやすくなります。ここでは、事業承継の手法や引き継ぐ物などの基礎的な知識を解説します。

そもそも事業承継って

事業承継とは、会社や事業を後継者に引き継ぐための一連の手続きのことです。経営権以外にも引き継ぐべきものがたくさんあるので、その時が来たら事業承継すればよいというものでもありません。

最も一般的な親族への承継であれば、後継者育成や税金対策、株式の集中など、事前に進めておくべき準備があります。これらの準備を進めながら、引継ぎ後の経営安定までを検討するのが事業承継の基礎的な考え方です。

事業承継の現状と課題

事業承継への取り組み方を決めるには、基礎知識として事業承継の現状と課題を把握しておくことが大切です。

ここでは、中小企業庁が随時発信している事業承継に関するデータに基づき、事業承継の現状と課題を読み解いていきます。

事業承継の現状

中小企業庁のデータをみると、中小企業の事業承継事情は厳しい状況を迎えていることがわかります。事業承継の進行に大きな影響を与えている要素は以下の3点です。

【事業承継の現状】

  1. 経営者の高齢化
  2. 親族以外への事業承継の増加
  3. 廃業予定企業の増加

1995年から2015年の20年間で、経営者年齢のピークは47歳から66歳まで上がっています。経営者の引退適齢期は70歳前後とされているので、多くの中小企業が引退のタイミングを迎えつつあることが分かります。

少子高齢化や人口の都市部集中などの影響により、親族内事業承継の件数が減少傾向にあります。ここ数年はM&Aによる事業承継の件数が伸びており、事業承継の在り方も多様化してきています。

60歳以上の経営者を対象にしたアンケートでは、50%以上が「廃業を予定している」と回答しています。理由には後継者不在を挙げているものも多く、後継者問題の深刻化が懸念されています。

事業承継の現状を踏まえると、中小企業の雇用や技術・ノウハウの喪失や日本経済の縮小する可能性が高くなります。

中小企業庁と経済産業省の試算では、約22兆円のGDPと約650万人の雇用が喪失するとされています。

こうした事態を受けて、政府は中小企業の事業承継支援に関する施策を複数打ち出しています。事業承継の相談ができる公的機関の設置や、税負担を軽減する事業承継税制の改正など、事業承継のハードルを下げる試みが行われています。

【関連】2025年問題をM&A・事業承継で解決!中小企業が取るべき行動とは

事業承継の課題

事業承継の課題は、後継者関連になることが多いです。「そもそも後継者がいない」「子供が家業を継ぎたがらない」などの理由から、後継者不在企業が急増しています。

現状からも後継者不在企業が後継者をみつけることがどれだけ大変か分かるので、課題として積極的に取り組むことが求められています。

事業承継の手法を解説

事業承継の基礎的な知識として、手法についても把握しておくとよいでしょう。事業承継の手法は、引継ぎ先によって以下のような種類分けがされています。

【事業承継の手法】

  1. 親族内事業承継
  2. 親族外事業承継
  3. M&Aでの事業承継(事業承継型M&A)
  4. 廃業や上場など、その他の方法

1.親族内事業承継

子や兄弟姉妹などの親族に引き継ぐ方法です。設立から育ててきた会社を親族に託したいと考えるのはごく自然なことなので、最も一般的な事業承継方法となっています。

同族で経営権を維持できると、迅速な意思決定や経営の安定化などのメリットがあります。同族会社は経営陣回りに関係の深い人材が集中するので、長く続けようという意思が働きやすいです。

問題は、後継者に経営スキルを身につけさせるために、育成・教育する時間を要することです。「親族であればいつでも引き継げる」と見落としがちなので、基礎として押さえておきたいポイントです。

2.親族外事業承継

社内の役員や従業員に引き継ぐ方法です。親族内に引き継ぐ意思のある者がいない時や適任者がいない時に代替策として使われることがあります。

長期間在籍している役員であれば、経営スキルと実務を両立している可能性が高いので、企業方針が大きく変わることがなければ事業承継をスムーズに進められます。

親族内の後継者育成が終わるまでの間、一時的に役員・従業員に経営を任せるというケースもあります。経営者に必要なスキルや覚悟を時間をかけて醸成することができます。

3.M&Aでの事業承継(事業承継型M&A)

第三者の個人あるいは企業に引き継ぐ方法です。前述の2つの方法とは異なり、M&A手法を用いて株式を譲渡して経営権を移転させます。

会社とは関係のない相手に引き継ぐことに抵抗を覚えるかもしれませんが、買い手側は経営資源を活用したシナジー効果の創出を目指しているので、いたずらに企業価値を損ねるようなことはしません。

親族や社内に後継者がいない場合は、M&Aでの事業承継は有効な手段です。従業員の雇用維持や売却益の獲得など、廃業するよりもたくさんのメリットがあります。

4.廃業や上場など、その他の方法

廃業の場合は、会社が消滅して雇用や技術・ノウハウが喪失します。施設・設備の処分費用で赤字になることもあるので、可能であれば事業承継することが望ましいです。

廃業は、M&Aでの事業承継を含め全ての事業承継の方法を検討したうえで、事業承継の可能性がないと判断された場合の最終手段となります。

株式公開して自社株を売り出す株式上場という方法もあります。中小企業の非公開株式が高く評価されると納税が大変ですが、株式公開であれば証券取引所を介して全ての投資家が取引できるようになるので、納税費用に困ることがなくなります。

事業承継により引き継ぐこと

事業承継による引継ぎといいますが、具体的には何を引き継ぐのでしょうか。ここでは、事業承継で引き継ぐ基礎的なものを解説します。

【事業承継により引き継ぐこと】

  1. 経営権
  2. 株式・非事業用資産などの資産
  3. 特許・ブランド・ノウハウ・知識などの無形財産

1.経営権

経営権とは、取引先に対する影響力や財産の処分権、人事権などの経営上の決定権のことを意味します。会社は経営者を中心に事業展開していくので、事業承継の際には経営権の引き継ぎが必須となります。

こうした経営権は経営者が長期にわたって培ってきたものなので、株式の承継で形式的に引き継ぐだけでなく、ノウハウなども引継ぎしなくてはなりません。

2.株式・非事業用資産などの資産

株式会社の最高意思決定機関は株主で構成される株主総会です。半数を超える議決権の所有者が経営権を所有していることになります。

後継者の所有株式が半数を超えれば事業承継の目的は達成できますが、株式の分散が起こると経営権を集中できないので、基本的には全ての株式を後継者に集めるように引継ぎを行います。

中小企業は経営者が全ての株式を所有していることも多いですが、法定相続人が複数いる場合は株式が分散する恐れがあります。事業承継後に後継者が苦労しないためにも、株式について話し合っておくことが大切です。

そのほか、現金預金・有価証券・出資金などの非事業用資産の引き継ぎも必要です。引き継ぐ資産を正しく申告しないと後から追徴課税を受ける可能性があります。

3.特許・ブランド・ノウハウ・知識などの無形財産

株式や土地や建物などの有形資産の引き継ぎに気を取られがちですが、目に見えない無形資産の引き継ぎが重要なポイントになります。

特許やブランドなどは、会社の商品・サービスの独自性に繋がるものでもあります。事業承継の際に無形資産を整理して可視化しておき、確実に後継者に引き継ぐことが大切です。

【関連】事業承継で知的財産は最重要の切り口!ポイントや留意点、流れを解説

事業承継のメリット・デメリット

事業承継のメリット・デメリット

事業承継の手法を決める際は、メリット・デメリットを比較検討すると円滑に進めやすくなります。この章では、基礎的な部分として事業承継のメリット・デメリットを手法別に解説します。

1.親族内事業承継のメリット・デメリット

近年は減少傾向にありますが、多くの中小企業は現在も親族に引き継ぐ親族内事業承継を活用しています。親族への引継ぎを選択するメリット・デメリットはどのようなものがあるのかを解説します。

親族内事業承継のメリット

親族内事業承継のメリットは、金銭面の折り合いをつけやすいことです。有償譲渡の場合は後継者に株式を買い取るだけの資金力が求められますが、親族への引継ぎは無償譲渡が一般的です。

株式買取資金は用意する必要がないので、自社株評価が高くなったとしても金銭面で問題にならないことが多いです。ただし、贈与税・相続税に関しては納税義務があるので注意しなくてはなりません。

社内からの反発が少ないというメリットもあります。事業承継の基礎として引継ぎ後の事業安定が欠かせないので、後継者が役員や従業員から歓迎されるかどうかは重要なポイントです。

親族内事業承継のデメリット

親族内事業承継のデメリットは、相続トラブルリスクがあることです。法定相続人が複数いる場合は公平に分配する必要があるので、基礎固めとして相続人の間で話し合いを進めておく必要があります。

経営権の集中という観点から株式折半は避けたいので、土地や建物などの不動産の分配で対策するケースが多いです。

親族内に後継者候補がいるとは限らないというデメリットもあります。後継者候補がいないと事業承継計画を進めることはできないので、ほかの方法を検討せざるを得ません。

2.親族外事業承継のメリット・デメリット

親族に後継者候補がいない場合、親族外事業承継を検討することもあります。広義的には親族以外のすべてが対象ですが、基本的に社内の人材に引き継ぐことが多いです。

親族外事業承継のメリット

親族外事業承継のメリットは、スキル・能力を重視して後継者を選べることです。親族の場合は身内に引き継ぐことを重視しますが、役員・従業員であれば複数の候補者の中からスキル・能力を比較して決定することができます。

現経営者の経営方針を維持しやすいメリットもあります。経営方針や企業文化を理解していて比較的容易に引継ぎを行えるほか、役員・従業員からの信頼を獲得している人材であれば、社内で起こる摩擦も抑えられます。

親族外事業承継のデメリット

親族外事業承継のデメリットは、社内で派閥争いが起こる可能性があることです。役員・従業員から後継者に抜擢されたことに対して、よく思わない者も少なからず出てくるので後継者の示す方針に従わないなど反発されるリスクがあります。

そのほかのデメリットは、後継者候補に株式を買い取る資金が求められることです。親族外事業承継は有償譲渡が一般的なので、一定の資力がなければ引き継ぐことができません。

現経営者と後継者の合意のうえであれば無償譲渡も可能ですが、周囲の役員・従業員から不満がでる恐れがあります。不要なトラブルを招くことになりかねないので、有償譲渡で引き継ぎすることが多いです。

3.M&Aでの事業承継(事業承継型M&A)のメリット・デメリット

M&Aでの事業承継は第三者に引き継ぐ際に利用する方法です。親族や社内の人材に引き継がずにM&Aで事業承継を行うケースも増えてきたので、事業承継の基礎知識となりつつあります。

M&Aでの事業承継(事業承継型M&A)のメリット

M&Aでの事業承継のメリットは、後継者を育てる必要がないことです。親族内事業承継は基礎固めとして後継者育成が必須でしたが、M&Aは経営ノウハウを持った第三者に引き継ぐので、育成に手間や時間がかかりません。

事業承継の課題でもある後継者問題を解決しやすいので、事業承継に取り組むタイミングが少し遅れたとしても間に合う可能性が高くなります。

また、M&Aでの事業承継は売却益を獲得できるメリットもあります。中小企業の場合、経営者やその一族が発行済み株式の大半を所有していることが多いので、取引価格のほとんどを獲得できるケースが多いです。

M&Aでの事業承継(事業承継型M&A)のデメリット

M&Aでの事業承継のデメリットは、従業員のモチベーションが失われる可能性があることです。M&Aに対するネガティブなイメージや統合後の企業文化の違いから、自主退職ということもありえます。

また、選定範囲が広すぎて相手をみつけるのが大変というデメリットがあります。好条件の相手をみつけるためには相応のネットワークが必要になります。

ネットワークの問題に関しては、M&A仲介会社にサポートを依頼すると解決することができます。M&Aの相談・仲介で培った独自のネットワークを持っているので、M&A相手の選定もスムーズに進められます。

【関連】事業承継に必要な準備期間/心構えとは?適切な承継タイミングなど解説

後継者問題の解決に事業承継型M&Aがベスト

後継者問題の解決に事業承継型M&Aがベスト

多くの中小企業が後継者不在に悩みを抱えており、事業承継を進められていない現状がありますが、事業承継型M&Aであれば後継者不在という根本的な問題を解決できます。

中小企業の事業承継問題に対応するため、政府は事業承継支援に関する政策を行っています。この章では、政府の支援政策や事業承継で活用できる税制や補助金を解説します。

事業承継型M&Aは政府も推進

政府は、中小企業の事業承継支援を目的とした公的機関を全国各県に設置しています。事業承継ネットワークと事業引継ぎ支援センターがあり、どちらも経営者が無料相談できる窓口が併設されています。

相談内容は、事業承継の進め方や注意点などの基礎的なものになっています。公的機関の信用力の高さから秘密情報の漏洩を気にする必要がないので、基礎的な部分が分からない時に気軽に相談できるメリットがあります。

後継者問題を抱える企業に対しては、基礎的な内容の解説だけでなく、提携先のM&Aの専門家を紹介して事業承継型M&Aを促すこともしています。

後継者不在企業と起業家をマッチングさせる後継者人材バンクという事業も行っているので、事業承継型M&Aを実施しやすい環境が整ってきています。

なお、事業内容は基礎的部分に関する相談やマッチング支援までなので、具体的な仲介に関しては専門家に依頼する必要があり、その際は専門家が採用する独自の手数料が発生します。

事業承継で活用できる税制や補助金

事業承継は引継ぎの際は株式価値に応じて相続税・贈与税が課されますが、中小企業は非公開株式なので換金性が悪いため現金を用意できないことも多いです。

引継ぎの後は事業運営のために多額の資金が必要になることもあります。例えば、経営革新で新しく事業を始めたり、古くなった設備を一新して業務効率化を図るなどが考えられます。

このような悩みを持つ中小企業を対象に、事業承継税制と事業承継補助金という制度が設けられています。要件を満たせれば大幅な優遇措置を受けられる制度なので、基礎的知識として覚えておくとよいでしょう。

事業承継税制

事業承継税制は、後継者が中小企業の株式を引き継いだ時に課される相続税・贈与税について猶予・免除措置を受けられる制度です。

元々の税制は要件や適用範囲や厳しく利用件数が限定的でしたが、中小企業の事業承継問題の深刻化を受けて平成30年に改正が行われました。

主に要件緩和や猶予対象が全株式になるなどの見直しが行われ、使い勝手が向上したことで多くの中小企業が利用し、相続税・贈与税の猶予措置を受けながら事業承継を実施しています。

最終的に免除措置を受けることを前提とした制度なので、猶予措置を受けてから一定期間要件を維持し続けると完全に免除されます。

【関連】事業承継特例のメリットやデメリット、利用の条件を解説【事例あり】

事業承継補助金

事業承継補助金は、事業承継を機に新しいことにチャレンジする中小企業に対して補助金として資金を提供する制度です。

事業承継の手法により支援タイプが分かれており、親族に引き継ぐ場合の【I型】後継者承継支援型と、M&Aで引き継ぐ場合の【Ⅱ型】事業再編・事業統合支援型があります。

I型は承継者が新しいことにチャレンジする場合に利用できる制度(最大500万円)です。業務効率を上げるための設備導入や人材確保のための人件費など、費目は様々です。

Ⅱ型は後継者不在で事業継続が困難な状態に限り利用できる制度(最大1200万円)です。新しいチャレンジの事業費と事業を転換するための廃業費として補助金を受けることができます。

事業承継を行う際の注意点

事業承継を行う際の注意点

事業承継の注意点のなかには、事業承継が失敗に終わるほど影響の大きいものもあるので、基礎的な知識として押さえておくことが大切です。この章では、事業承継の基礎的な注意点を手法別に解説します。

1.親族内事業承継の注意点

親族内事業承継の注意点は、後継者育成に早期着手する必要があることです。後継者は基礎固めとして経営スキルを身につけなくてはならないので、長期的な視野を持って育成する必要があります。

社内外への周知徹底も、基礎的で大切な工程です。事業承継前から時期経営者として顔通しを行っておかないと、社内や取引先から反発を受けて信頼関係を構築できなくなる恐れがあります。

そのほか、贈与税または相続税が発生するデメリットがあります。事業承継税制を適用することで100%猶予措置を受けることができますが、制度を知らなければ高額納税しなくてはならなくなります。

事業承継税制以外に自社株の評価引き下げなどの節税対策もあるので、専門家に相談しておくと基礎知識から専門知識まで幅広く取り入れることができます。

2.親族外事業承継の注意点

親族外事業承継の注意点は、次の事業承継までの期間が短くなる可能性があることです。高齢の後継者を選んだ場合、事業承継後の事業が安定する頃には次の事業承継を考えなくてはならない時期が訪れているということもあり得ます。

株式を買い取るだけの資金力がある人材となると、後継者は年配かつ役員などに限定されるので十分に起こりえるケースです。

経営者の個人保証の引継ぎも問題になりがちです。債務を抱えたままリタイアするわけにもいかないので引継ぎしなければなりませんが、後継者から了承を得られるかは別問題です。

個人保証の引継ぎは債権者からの同意も必要になるため、事業承継の計画案が具体性の欠ける場合は融資を打ち切られたり返済を求められたりといった事態も考えられます。

3.M&Aでの事業承継(事業承継型M&A)の注意点

M&Aでの事業承継の注意点は、M&Aのタイミングを見極めることです。企業の経営状態が悪化しているとM&A相手をみつけるまでの時間が長くなり、その間にさらに業績が悪化するという悪循環になりがちです。

事業が好調なうちであれば買い手の視点からは問題がないので、好条件の相手をみつけやすくなります。後継者不在で悩んでいる時は、なるべく早く行動して基礎固めしておくことが大切です。

また、M&Aの専門家に相談することも大切です。事業承継の基礎知識だけでなく、M&Aの幅広い知識が必要になるので、専門家のサポートを受けなければスムーズに進めることは難しくなります。

M&Aの専門家は事業承継サポートも手掛けていることが多いので、事業承継で分からない基礎知識も適切に補うことができます。

【関連】事業承継を成功させるための後継者選び

事業承継の相談はM&A仲介会社がおすすめ

事業承継の相談はM&A仲介会社がおすすめ

事業承継では、各手法の基礎知識や注意点などのポイントがたくさんあります。日常業務と並行すると負担が大きいので、M&A仲介会社のサポートを受けることをおすすめします。

M&A総合研究所は、M&A・事業承継のサポートを手掛けるM&A仲介会社です。中堅・中小規模の案件を中心に請け負っているので、中小企業の事業承継の相談先として最適です。

後継者不在でお悩みの際はM&Aでの事業承継を検討することもできます。過去の相談・仲介で培った独自のネットワークを使って買い手探しを行うので好条件の相手もみつかりやすくなります。

M&A仲介の料金体系は完全成功報酬制を採用しています。売り手企業様はM&Aが成約するまで費用がかからないため安心してご利用いただけます。

事業承継を検討の際はお気軽にM&A総合研究所にご連絡ください。無料相談は24時間お受けしており、M&A・事業承継に明るいスタッフが対応させていただきます。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

事業承継を計画的に進めるには、手法やメリット・デメリットなどの基礎知識が重要になります。基礎知識があれば自社の状況に合わせた適切な手法を選択しやすくなるので余裕をもって進められます

後継者不在でM&Aでの事業承継を実施する場合は基礎知識だけでは補えないことが多くなります。M&Aの専門家に相談すると、基礎知識や注意点を押さえたうえ万全の体制で臨みやすくなります。

【事業承継の現状】

  1. 経営者の高齢化
  2. 親族以外への事業承継の増加
  3. 廃業予定企業の増加
【事業承継の手法】
  1. 親族内事業承継
  2. 親族外事業承継
  3. M&Aでの事業承継(事業承継型M&A)
  4. 廃業や上場など、その他の方法
【事業承継により引き継ぐこと】
  1. 経営権
  2. 株式・非事業用資産などの資産
  3. 特許・ブランド・ノウハウ・知識などの無形財産
【親族内事業承継のメリット】
  1. 金銭面の折り合いをつけやすいこと
  2. 社内からの反発が少ない
【親族内事業承継のデメリット】
  1. 相続トラブルリスクがあること
  2. 親族内に後継者候補がいるとは限らない
【親族外事業承継のメリット】
  1. スキル・能力を重視して後継者を選べること
  2. 現経営者の経営方針を維持しやすい
【親族外事業承継のデメリット】
  1. 社内で派閥争いが起こる可能性があること
  2. 後継者候補に株式を買い取る資金が求められること
【M&Aでの事業承継のメリット】
  1. 後継者を育てる必要がないこと
  2. 売却益を獲得できる
【M&Aでの事業承継のデメリット】
  1. 従業員のモチベーションが失われる可能性があること
  2. 選定範囲が広すぎて相手を見つけるのが大変

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業の事業承継における資産の減価償却方法には2つのパターンがあります。起こりえるパターンを把握して適切な会計処理を行うことで、経費を漏らすことなく計上して経営状況の健全化を図れます。本記事で...

【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

事業承継税制は特例措置と一般措置が設けられています。特例措置は特に高い節税効果を期待できますが、いくつかのデメリットもあるため違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継税制の特例措置...

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

事業承継税制は、事業承継の際に発生する相続税や贈与税を猶予・免除できる便利な制度です。しかし、資産管理会社の場合は適用に条件があり、適用されないケースもあります。本記事では、資産管理会社の事業承...

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

後継者問題や事業承継の準備及びスケジュールなどの悩みを解決するためには、専門知識を持った相談相手が必要です。本記事では、事業承継の失敗事例などを紹介しながら、経営者の事業承継の悩みを解決するため...

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

引退を考える経営者としては、事業承継の基礎知識を押さえておくと役立ちます。知識不足で計画性が伴わないと、引継ぎの際にトラブルが発生して、業績悪化ということにもなりかねません。本記事では、事業承継...

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADRとは、経営危機に瀕した企業が法的整理手続きを使わず、当事者間の話し合いで解決を図る手続きです。債務免除を受けられるため、再生を図る手段として活用されています。本記事では、事業再生A...

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者いない中小企業は廃業するしかないと考えられがちですが、戦略次第では存続の道もあります。会社を存続させることができれば、技術や雇用を守ることも可能です。本記事では、後継者いない中小企業を廃業...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)