2021年1月12日公開事業承継

事業承継・世代交代集中支援事業で得られるメリットとは?目的や概要を解説

事業承継・世代交代集中支援事業とは、事業承継を実施する経営者や後継者に対して、円滑な事業承継ができるよう後押しする制度です。この記事では、事業承継・世代交代集中支援事業で得られる具体的なメリット、制度の目的や概要を解説します。

目次
  1. 事業承継・世代交代集中支援事業とは
  2. 事業承継・世代交代集中支援事業で得られるメリット
  3. 事業承継・世代交代集中支援事業の事業の内容
  4. 事業承継・世代交代集中支援事業の事業のイメージ
  5. 事業承継・世代交代集中支援事業の始め方
  6. 事業承継についての相談
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

事業承継・世代交代集中支援事業とは

事業承継・世代交代集中支援事業とは

中小企業における事業承継問題の解決は、喫緊の課題とされています。帝国データバンクの統計によると、2019年現在、経営者の平均年齢は前年より0.2歳高い59.9歳となっています。

経営者の現役引退年齢が約70歳であることを考慮すると、事業承継について考え始めなければならない経営者は多数存在していることになります

また、日本の全企業の99.7%を占めている中小企業が事業承継を行わなかった場合、多くの雇用が失われて経済にも大きな影響を与えます。

政府はこれらの現状や影響を鑑み、事業承継・世代交代集中支援事業によって事業承継の後押しをしています。

【関連】中小企業庁が実施する事業承継支援

事業承継・世代交代集中支援事業で得られるメリット

事業承継・世代交代集中支援事業で得られるメリット

事業承継・世代交代集中支援事業で得られるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。この章では、事業承継・世代交代集中支援事業で得られる3つの主なメリットについて解説します。

【事業承継・世代交代集中支援事業で得られるメリット】

  1. 後継者問題の悩みを解決に導いてもらえる
  2. 専門家のサポートを受けられる
  3. 設備投資などの支援が受けられる

後継者問題の悩みを解決に導く

事業承継・世代交代集中支援事業で得られるメリット1つ目は、後継者問題の悩みを解決に導いてくれることです。

後継者不在などの事業承継に関する問題の解決は、事業の引き継ぎが必要な中小企業にとって大きな課題となっています。

事業承継・世代交代集中支援事業は、全国各地に構築されたネットワークを中心として後継者問題の悩みを解決に導き、事業承継のニーズを掘り起こす役割を担っています。

【関連】社長の引退年齢の現状や課題点とは?M&Aや事業承継を活用するポイントを解説

専門家のサポートを受けられる

事業承継・世代交代集中支援事業で得られるメリット2つ目は、専門家のサポートを受けられることです。事業承継・世代交代集中支援事業では、事業承継診断の結果により専門家のサポートを受けることができます。

具体的には、各都道府県の承継コーディネータなどが事業承継計画の策定や専門家派遣を実施し、事業承継の後押しします

専門家のアドバイスを受けて後継者問題を解決できるだけでなく、経営課題の見える化などの支援も受けられるので、事業承継のやり方がわからない場合は非常に大きなメリットとなります。

設備投資などの支援が受けられる

事業承継・世代交代集中支援事業で得られるメリット3つ目は、設備投資などに対して事業承継補助金の支援が受けられることです。

事業承継補助金は、事業承継を契機に事業転換や経営革新に挑戦し、認められた中小企業に対して設備投資や販路拡大などに必要な経費を支援する制度です。

なお、補助金を申請するためには要件を満たしたうえで、さまざまな書類を用意する必要があります。詳細条件や過去の利用事例も公開されているので、利用を検討している場合は事前に確認しておくとよいでしょう。

事業承継・世代交代集中支援事業の事業の内容

事業承継・世代交代集中支援事業の事業の内容

事業承継・世代交代集中支援事業の事業とは、具体的にはどのような内容になっているのでしょうか。この章では、中小企業庁が示している事業内容を紹介します。

1.事業目的・概要

事業承継・世代交代集中支援事業の事業目的・概要として、中小企業庁では以下の2つを挙げています。

  1. 事業承継についてプッシュ型で支援を行うこと
  2. 事業承継後の生産性向上支援と後継者の確保・育成を行うこと

今後10年程度は事業承継の件数が大きく増加すると考えられているため、政府はこの期間を集中実施期間と位置付けています。

その事業承継のニーズを掘り起こし、専門家の派遣などを行って集中的に支援を後押しすることを1つ目の目的として挙げています。

また、多くの中小企業が円滑に事業承継を行うためには後継者不足の解決が必要であるため、事業承継・世代交代集中支援事業では後継者候補の育成に対する補助金支給も行っています。

それ以外に、事業承継を契機に経営革新や生産性向上に挑戦する中小企業も補助金の対象としています。

2.成果目標

中小企業庁は、事業承継・世代交代集中支援事業について、令和2年度で事業承継診断件数が年間で16.8万件になることを成果目標として掲げています。

事業承継補助金については約500社の事業承継後の経営革新などを支援していくとしており、後継者育成に関する支援を対象とする承継トライアル補助金を活用し、約450社の事業承継実現を目標としています。

3.条件

事業承継・世代交代集中支援事業の支援対象となるのは、休業や廃業のリスクが高い中小規模の事業者、事業承継を契機として経営革新等を試みようとする中小企業です。

具体的には、後継者に自社(事業)の引き継ぎを行う場合や、M&Aを活用して第三者へ事業承継する場合が対象となっており、事業承継補助金や専門家によるアドバイスなどの支援を受けることができます。

事業承継補助金にはベンチャー型・生産性向上枠と原則枠とがあり、支給割合と要件が異なります。要件や申請に必要な手続き・書類については、中小企業庁が公表している事業承継・世代交代集中支援事業のホームページ上で確認することができます。

事業承継・世代交代集中支援事業の事業のイメージ

事業承継・世代交代集中支援事業の事業のイメージ

事業承継・世代交代集中支援事業の事業イメージとして、中小企業庁では以下の3つを紹介しています。この章では、それぞれの内容について解説します。

【事業承継・世代交代集中支援事業の事業のイメージ】

  1. プッシュ型事業承継支援高度化事業
  2. 事業承継補助金
  3. 承継トライアル補助金

1.プッシュ型事業承継支援高度化事業

事業承継・世代交代集中支援事業は、プッシュ型事業承継支援高度化事業という位置付けになっています。プッシュ型事業承継支援高度化事業では、事業承継診断で掘り起こされた事業承継のニーズに対し、専門家派遣などを実施して事業承継を後押しします。

さらに、プロフェッショナル人材拠点などを活用する取り組みやサプライチェーンにおける事業承継を効率的に進めるための取り組みなどを重点的に支援します。

2.事業承継補助金

事業承継・世代交代集中支援事業では、要件を満たす事業者に対して事業承継補助金による支援を行っています。

事業承継補助金は、事業承継をきっかけとして経営革新や事業転換に挑戦する中小企業に対し、設備投資や販路拡大などにかかる費用の支援するものです。

一定の生産性向上が見込まれる場合はベンチャー型事業承継・生産性向上枠が適用され、原則枠の補助率2分の1ではなく補助率3分の2が受けられます。

そのほか、事業承継を行った事業者が残った経営資源を廃棄するためにかかった費用についても、事業承継補助金の対象となっています。

3.承継トライアル補助金

事業承継・世代交代集中支援事業には、承継トライアル補助金という制度もあります。事業承継が困難になる大きな要因ともなっているのは、後継者となる人物がいないことです。

承継トライアル補助金では、後継者不在の事業者が外部からの後継者候補を試験的に雇用する場合、その後継者育成にかかる費用を支援しており、第三者承継を促進する狙いがあります。

事業承継・世代交代集中支援事業の始め方

事業承継・世代交代集中支援事業の始め方

事業承継・世代交代集中支援事業の制度を活用する場合、必要な申請手続きを経て採択されなければなりません。

制度を活用するためには事業承継を行う予定であることが大前提であり、そのうえで各要件を満たしている必要があります。

申請時には指定された書類のほかに事業承継計画書などが必要になりますが、事業承継の計画は実現性や収益性などを考慮したより具体的なものでなければ、採択されるのは難しいと考えられます。

申請時に必要な書類や各要件は公式HPでも公開されているので、事前によく確認しておくとよいでしょう。

事業承継についての相談

事業承継についての相談

事業承継・世代交代集中支援事業では、M&Aを活用した第三者への事業承継も支援対象になっています。制度を上手に活用してM&Aによる事業承継を行うためには、専門家のサポートが必要不可欠です。

M&A総合研究所では、豊富なM&A実績と幅広い専門知識をもつアドバイザーが、M&Aによる事業承継を丁寧にサポートいたします

着手金や中間金は無料の完全成功報酬制の料金体系を採用しておりますので、安心してご利用いただけます。

無料相談は24時間お受けしておりますので、事業承継・世代交代集中支援事業を利用したM&Aをお考えの経営者様は、お電話またはメールフォームよりお気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

事業承継・世代交代集中支援事業 まとめ

現在の日本において中小企業の事業承継を促進させることは重要課題のひとつとされています。国は円滑な事業承継が行えるよう、事業承継・世代交代集中支援事業によって支援を行っています。

事業承継補助金などの支援を受ければ円滑な事業承継が可能となるため、事業の引継ぎを検討している場合は積極的に活用することをおすすめします。

【事業承継・世代交代集中支援事業で得られるメリット】

  1. 後継者問題の悩みを解決に導いてもらえること
  2. 専門家のサポートを受けられること
  3. 設備投資などの支援が受けられること
【事業承継・世代交代集中支援事業の事業目的・概要】
  1. 事業承継についてプッシュ型で支援を行うこと
  2. 事業承継後の生産性向上支援と後継者の確保・育成を行うこと
【事業承継・世代交代集中支援事業の事業イメージ】
  1. プッシュ型事業承継支援高度化事業
  2. 事業承継補助金
  3. 承継トライアル補助金

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

事業承継税制は、事業承継の際に発生する相続税や贈与税を猶予・免除できる便利な制度です。しかし、資産管理会社の場合は適用に条件があり、適用されないケースもあります。本記事では、資産管理会社の事業承...

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

後継者問題や事業承継の準備及びスケジュールなどの悩みを解決するためには、専門知識を持った相談相手が必要です。本記事では、事業承継の失敗事例などを紹介しながら、経営者の事業承継の悩みを解決するため...

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

引退を考える経営者としては、事業承継の基礎知識を押さえておくと役立ちます。知識不足で計画性が伴わないと、引継ぎの際にトラブルが発生して、業績悪化ということにもなりかねません。本記事では、事業承継...

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADRとは、経営危機に瀕した企業が法的整理手続きを使わず、当事者間の話し合いで解決を図る手続きです。債務免除を受けられるため、再生を図る手段として活用されています。本記事では、事業再生A...

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者いない中小企業は廃業するしかないと考えられがちですが、戦略次第では存続の道もあります。会社を存続させることができれば、技術や雇用を守ることも可能です。本記事では、後継者いない中小企業を廃業...

2025年問題をM&A・事業承継で解決!中小企業が取るべき行動とは

2025年問題をM&A・事業承継で解決!中小企業が取るべき行動とは

2025年問題とは、日本が超高齢社会に至ることで生じるさまざまな問題でを指し、中小企業の事業承継にとって深刻な影響を及ぼす可能性もあります。本記事では、2025年問題をM&A・事業承継で解決する...

タグアロングとは?意味やメリット・デメリットを徹底解説【条項例】

タグアロングとは?意味やメリット・デメリットを徹底解説【条項例】

タグアロングとは、大株主が大量の株式を売却する際、少数株主も同等の条件で当該株式を売却することができる権利です。この記事では、タグアロングとはどのようなものか、条項を盛り込む際のメリット・デメリ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)