2021年4月22日更新会社・事業を売る

企業提携

企業提携とは、会社同士がお互いに独立性を保ったまま特定の分野について協力する行為であり、大きく業務提携と資本提携に分けられます。企業提携には簡単に提携解消できるなどのメリットがあるものの見逃せないデメリットも存在するため、実施は慎重に検討すると良いです。

目次
  1. 企業提携
  2. 企業提携とは
  3. 企業提携の種類
  4. 企業提携のメリット・デメリット
  5. 企業提携を結ぶときのポイント
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

企業提携

企業提携

M&Aの実施が一般化した昨今では、企業提携という手法を活用して新事業に取り組む企業も多いです。これは経営戦略の多様化によって経営環境が目まぐるしく変化するなかで、複数の会社が手を取り合う企業提携が有効な経営戦略のひとつとして大いに評価されているためです。

そこで今回は、企業提携の概要やメリット・デメリットなどについて詳しく解説します。

※関連記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

経営に求められる判断

企業提携とは

企業提携とは

はじめに企業提携の概要を紹介します。企業提携(英語:Corporate alliance)とは、複数企業が特定分野や事業において提携する行為のことです。

そのため複数の企業が手を組む点だけを見れば合併や経営統合に近いイメージがありますが、企業提携ではそれぞれの企業の独立性が維持されている点に特徴が見られます。

※関連記事

企業合併とは

合併と経営統合の違いとは

企業提携の種類

企業提携の種類

ひとことに企業提携といっても多様な方法があるため、ここでは企業提携の手法を詳しく解説します。まず企業提携は、大きく以下の2種類に分けることが可能です。

  1. 業務提携
  2. 資本提携

それぞれの企業提携の特徴について見ていきます。

①業務提携

業務提携とは、企業提携のなかでも資本の移動を伴わないまま企業が共同で事業を実施する行為のことです。いうなれば業務提携は企業同士がコラボレーションすることであり、お互いにノウハウ・資金・技術・人材などを出し合うことでシナジー効果の獲得などを目指します。

そんな業務提携は、提携するモノによって以下の3つの類型に分けられます。

  • 技術提携
  • 販売提携
  • 生産提携
それぞれの提携の特徴について見ていきます。

技術提携

企業提携のなかでも、技術分野に特化した提携が技術提携です。技術提携には、主として2種類あります。具体的にいうと、1つ目は各企業同士が提携して共同で新技術を開発する方法であり、2つ目はある会社が持つ技術を別の会社へ提供する方法です。

上記のような方法を用いて、お互いのノウハウを生かし合いながら切磋琢磨させる点に技術提携の特徴が見られます。そもそも最近は技術の複合化が進んでいて、特定技術のみを持つ企業だけで生き残ることは困難です。また開発のスピードアップも求められており、単体の企業だけでは開発が間に合いません。

そこで様々なジャンルに特化した会社同士が企業提携することで、より迅速かつ効率的に技術の複合化を実現できます。さらに技術提携には、開発コストを分散できるというメリットもあります。

したがって技術開発には一定のリスクが伴うため企業単独ではなかなか実行しにくいものですが、各企業が技術提携を通じてコストやリスクを分散させることで、円滑に技術開発を成功させることが可能です。

販売提携

販売提携は、販売・営業面で企業提携する手法です。たとえば、良い技術や商品を持っているものの販売・営業力が弱いという企業が、このタイプの企業提携を実施します。また、新事業に着手したり新たな地域に進出するための販売・営業ルートが確立していない企業も、販売提携を活用するケースが多いです。

しかし販売提携は技術提携とは異なっており他業種の企業と提携するため、提携先企業における業界のノウハウをあらかじめ学んでおく必要があります。

営業や販売の形式・クレームの対処システム・システムメンテナンスに必要なノウハウなどは、契約時に取り決めなければならない事柄であり要注意です。

最近では、ひとつのブランドの下で複数企業が提携を実施する手法も多く採用されています。

生産提携

生産提携とは、企業提携のなかでも需要の拡大に備えて製造・生産ラインの一部を別の企業に委託する行為です。生産提携を活用すれば単純に生産・製造ラインを拡充できるだけでなく、生産力も向上できるという点が最大のメリットといえます。

そのため従業員数や設備の不足で悩む企業にとっては、非常にメリットのある企業提携手法です。この提携では製品のクオリティを落とさないよう、委託相手に対する指示出しや管理を徹底することが求められます。

②資本提携

数ある企業提携のなかでも、より深い関係を構築する手法が資本提携です。資本提携とは、お互いの企業がお互いの株式を保有し合う手法ですが、一方の株式を買収する形で資本を提供する資本参加の形を採用するケースもあります。

とはいえどちらの形にせよ、いずれかもしくは双方の企業が株主となって、経営への参加権を獲得することになります。

そのためお互いの出資比率など経営に関する情報を共有・開示しなければなりません。さらに資本提携では、必要があれば機密情報を開示する場合もあるため注意が必要です。

※関連記事

業務提携と資本提携とは?業務提携と資本提携の違いとメリット・デメリット

資本業務提携とは?資本業務提携のメリット・デメリットをわかりやすく解説

企業提携のメリット・デメリット

企業提携のメリット・デメリット

経営戦略を効率的に遂行できる企業提携にはメリットとデメリットの双方が存在するため、それぞれを把握しつつ比較・考慮した上で実施を検討することが大切です。

①企業提携のメリット

まず企業提携のなかでも業務提携におけるメリットは、以下のとおりです。

  • お互いの独立性を損なわないまま提携解消も任意にできる
  • 新商品の開発・新事業の立ち上げ・シナジー効果・リスク分散などが期待できる
  • 異業種同士の掛け合わせによるオープンイノベーションで多大な利益を獲得できる

このように様々なメリットがありますが、とくに異業種や隣接業種と企業提携を実施すれば、企業の成長のみならず業界そのものの発展にもつながる可能性があるのです。以上のことから、企業の更なる成長や業界発展のために企業提携を選択肢のひとつに含めておくことをおすすめします。

つぎに企業提携のなかでも資本提携におけるメリットは、以下のとおりです。

  • 財務や経営レベルで企業同士のシナジー効果を得やすい
  • お互いの株式を取得することで、より強固な関係性を構築できる
  • 資金力が乏しい企業にとっては新たな経営資源の獲得につながる

なお資本提携ではお互いに同程度の資金で株式を売買することになるため、実質的にコストが発生しません。とはいえ大きなシナジー効果の獲得が期待できるため、一般的には株価の上昇も期待できます。

②企業提携のデメリット

企業提携では様々な制約からお互いにできる支援の範囲に限界がある上に、長期的な関係ではないため継続性も期待できません。また経営への参加権を与える資本提携を活用した場合、出資比率や必要な経営情報の開示を実行する必要があり、要請次第では社内の機密情報を開示する義務がある点には注意が必要です。

さらに状況によっては、相手企業の都合のみで企業提携を突然解消されてしまう可能性もあります。したがって企業提携は独立性が担保されている分、継続するにはお互いの企業の協力が必要不可欠であることを把握しておくことが大切です。

企業提携を成功させるには専門家の協力が必要不可欠

企業提携を成功させるには、メリットを最大限獲得しつつデメリットをなるべく回避することが求められます。また企業提携を円滑に済ませるには、煩雑なプロセスが求められるほか、最適な相手企業を選ぶときに専門的に高度な知識が必要です。

そのため企業提携の実施を検討したら、専門家に協力を求めることをおすすめします。M&A総合研究所には専門的な知識や経験が豊富な専門家が多数在籍しており、培ってきたノウハウを活かしフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。

無料相談をお受けしておりますので、M&A・企業提携をご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

※関連記事

シナジー効果の意味とは?M&A成功事例や多角化戦略、使い方をわかりやすく解説

M&Aのデメリットとは?売り手・買い手、海外M&Aにおけるデメリットを解説

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

企業提携を結ぶときのポイント

企業提携を結ぶときのポイント

企業提携は活用次第では非常に有効的な戦略となりますが、最大限に成果を上げるために押さえたいポイントがあります。企業提携を結ぶときのポイントは、以下のとおりです。

  1. パートナー選びを念入りに検討する
  2. 契約書を慎重に作成する
それぞれのポイントを順番に見ていきます。

①パートナー選びを念入りに検討する

当然ながら、企業提携のパートナーとなる企業先の選別は重要なポイントです。過去の事例では、企業提携で獲得した利益を独り占めしようとしたり、ノウハウを吸い上げるだけ吸い上げて企業提携の関係を解消しようと考える企業も少なからず報告されています。

そして企業の選別時には、パートナー候補となる企業の経営状態を把握して企業提携ができる状態なのか見極める必要もあります。なぜなら不適切な企業と企業提携を結んでも、期待したシナジー効果は獲得できないためです。

ちなみに最近では金融機関や公的機関から信頼できる企業を紹介してもらうというケースも増加しているため、利用を検討するのも良いです。いうなれば企業提携では、お互いの信頼関係が最も大切です。したがって企業提携をする相手としっかり交流して、信頼関係を構築する必要があります。

②契約書を慎重に作成する

また企業提携を実施するときに交わす契約書には、各企業の要望や企業提携をする上での条件を明確に盛り込むことが大切です。企業提携でよくある失敗として、お互いの企業が抱える問題点や提携により発生し得るリスクへの対応策を十分に理解せず契約を締結してしまうケースが挙げられます。

とくに中小企業では契約書の作成を手間に感じてしまい、ウェブ上などで提供されている契約書の雛型やサンプルをそのまま使用してしまうケースが多いです。しかし契約書には、お互いの機密情報の保護方針やノウハウの提供範囲など、雛形やサンプルには存在しない個別具体的な事項を盛り込む必要があります。

これは企業提携を円滑化しつつ、お互いの関係性を良好に維持するために求められるプロセスです。企業提携する双方の会社の意志を反映した契約書は企業提携の重要な指針となるため、厳密に取り組むことが大切です。

なお企業提携の契約書を提出する前には、あらかじめ法律や経営の専門家に確認してもらうことをおすすめします。もしも不備が見つかれば、的確なアドバイスを受けることが可能です。

企業提携の前にはM&A手法の見直しも大切

ここまで様々なポイントを紹介しましたが、企業提携の実施を決める前にはあらためてM&A手法を再検討することもおすすめします。たしかに企業提携では様々なメリットが期待できますが、デメリットも存在しており自社における最適な手法であるとは限りません。

そしてM&Aの手法は多く存在しており、それぞれメリットやデメリットが異なるため、丁寧に検討すれば企業提携よりも自社に適している手法が見つかる可能性があります。とはいえ、自社に最適なM&A手法を検討するためには、専門的に高度な知見を用いて様々な視点から調査しなければなりません。

M&A手法の選択や見直しをお考えの際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所には、専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが多数在籍しており、M&Aを一貫サポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談をお受けしておりますので、M&Aをご検討の際はお気軽にご相談ください。

※関連記事

M&Aの手法とは?メリット・デメリットや売却・買収手法を解説

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

様々な企業が実践している企業提携は、会社の成長のきっかけとなる大きな選択です。とはいえ成功すれば企業に与える利益は大きいものの、やはり失敗するリスクは決して小さいものではありません。そこで企業提携を成功させるには、入念な協議と信頼関係の構築を十分に実施することが大切です。

要点をまとめると、以下のとおりです。

・企業提携とは
→特定分野での企業同士の提携であり、独立性を守った上で協力する特徴がある

・企業提携の種類
→業務提携(技術提携・販売提携・生産提携)・資本提携

・企業提携のメリット
→お互いの独立性を損なわずに実施可能・比較的簡単に提携を解消可能・業界の成長が期待可能など

・企業提携のデメリット
→経営情報を開示する必要がある・支援の範囲に限界がある

・企業提携を結ぶときのポイント
→パートナー選びを念入りに検討する・契約書を慎重に作成する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短1.5ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

webメディアの売却・買収は、売買専門サイトの増加などの背景もあり年々活発化してきています。本記事では、webメディア売却の最新事例を25選紹介するとともに、売却・買収動向やメリット・デメリット...

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

M&Aの主な手法は株式譲渡と事業譲渡ですが、両者は手続き・税金・メリット・デメリットなどあらゆる点で違います。本記事では、株式譲渡と事業譲渡の違いについて図解も交えながら解説しています。...

会社売却でかかる税金はいくら?計算方法、税金対策をわかりやすく解説

会社売却でかかる税金はいくら?計算方法、税金対策をわかりやすく解説

会社売却にかかる税金は、株式譲渡・事業譲渡といったスキームによっても違い、株式譲渡の場合は株主が個人か法人かによっても違います。この記事では、会社売却にかかる税金に関して計算方法を解説するととも...

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

M&Aによる会社売却はタイミングが重要で、同じ会社でもタイミングの違いによって売却価格が大きく変わる可能性があります。この記事では、会社売却の適切なタイミング、会社売却のメリットや利益を...

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

出版業界は、電子書籍の普及と紙媒体の衰退といった大きな変化の渦中にあり、業界再編などを目的としたM&Aが活発です。本記事では、出版業界の最新M&A事例9選を紹介するとともに、出版...

宅配・フードデリバリー・ケータリング業界のM&A動向!事例、相場も徹底解説【2022年最新】

宅配・フードデリバリー・ケータリング業界のM&A動向!事例、相場も徹底解説【2022年最新】

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー・ケータリング業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きでした。本記事では、宅配・フードデリバリー・ケータリング業...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?支払う費用の相場、計算方法、仲介会社の報酬体系を解説

M&Aの手数料はなぜ高いのか?支払う費用の相場、計算方法、仲介会社の報酬体系を解説

昨今、M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料の高さがクローズアップされるようになりました。本記事では、M&A仲介会社の手数料が高い理由、手数料相場、手数料が高いか...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)