2020年5月14日更新会社・事業を売る

持分法とは?持分法の仕訳と適用範囲をわかりやすく解説

関連会社に対して適用する持分法は、仕訳の処理面で連結法と大きく異なります。持分法の適用範囲、仕訳、持分法と連結法の違い、持分法における未実現利益の処理について解説します。

目次
  1. 持分法とは
  2. 持分法の適用範囲
  3. 持分法の仕訳
  4. 持分法と連結法の違い
  5. 持分法における未実現利益の処理
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

持分法について気になりお調べかと思います。

M&Aを実施すると会社の組織構造が複雑となり、それに伴い会計処理も複雑となりますよね。

グループ会社化が進むと、連結会社や関連会社が増え、それぞれ異なる会計処理が必要となるはずです。

そこで役立つのが持分法と連結法。

しかし、持分法と連結法は、それぞれ似ている様で用いる場面や特徴、会計処理が異なります

この記事では、持分法の概要と適用範囲、連結法との違いについて分かりやすくお伝えします。

まずは、持分法とはどのようなものかというところから確認しておきましょう。

持分法とは

持分法とは

持分法とは、関連会社の当期純利益のうち投資会社側が保有する持ち株比率に応じた金額を、投資会社側の損益に加減算する会計処理です。

さらに噛み砕いて説明すると、意思決定を支配できる程ではないものの、一定程度の影響を与える事が出来る会社に対して適用する会計処理を指します。ちなみに、持分法を適用する関連会社を、「持分法適用会社」と呼びます。

グループ会社内にて、一定以上の株式保有により相手企業の経営権を掌握できる場合、相手企業は連結子会社という扱いです。そのため、連結子会社に対しては、連結法と呼ばれる会計処理が適用されます。

会計基準上、原則他社の議決権を50%超を保有していれば連結会社の関係となります。

持分法と連結法は、用いる対象が異なるので注意しましょう。

持分法と連結法のような知識はM&Aを行ううえで重要になりますが、経営者個人で学ぶのにはかなりの労力と時間が必要です。ですから、不安な人は専門家の力を借りるようにしましょう。

もし、相談先をお探しでしたらM&A総合研究所を活用してください。持分法から連結法、企業価値の算定までご相談をお受けいたします。相談は無料ですからお気軽にお声掛けください。

※関連記事
経営権

持分法の適用範囲

持分法の適用範囲

次に、持分法の適用範囲をお伝えします。

「持分法は関連会社に適用される」と聞いても、関連会社の範囲が分からない人も多いでしょう。

まず、持分法の適用範囲を決める際は、原則として連結会社は除外します。

連結会社を除外した中から、影響力基準を用いて持分法の適用範囲を決定します。影響力基準とは、その名の通り相手会社に重大な影響を与える事が可能か否かで、持分法の適用範囲を判断するのです。

影響力基準に基づくと、下記要件のいずれかを満たす会社が持分法の適用範囲となります。

  1. 議決権のうち20%以上50%未満を保有している
  2. 議決権の保有割合が15%以上20%未満であるものの、財務や事業の方針決定に対して多大な影響を及ぼす事が可能である
  3. 自己と「緊密な者」および「同意している者」と合算して議決権のうち20%超を保有する

上記の2と3については、各々さらに条件が設定されています。

  • 2及び3の詳細な条件(下記5つの条件のうち、いずれかを満たす)

  1. 役員または使用人、もしくは財務や事業の方針決定に関して影響を及ぼす事が出来る者が代表取締役などに就任している
  2. 重要な融資を実施している
  3. 重要な技術提供を行なっている
  4. 重要な販売や仕入その他営業もしくは事業上の取引がある
  5. 財務や事業方針の決定に対して、重大な影響を及ぼす事が出来ると推察できる事実が存在する

20%以上の議決権を保有している場合には、一定以上の影響力を及ぼす事が可能である為、その事実のみで持分法の適用範囲に入ります。

議決権の保有以外に影響力を与え得る事実があれば、保有割合が20%未満でも持分法の適用範囲に入ります。

持分法の適用範囲の判定は複雑ですので、不安であれば専門家に相談することをオススメします。

※関連記事
特別決議とは?拒否権や普通決議との違いを解説

持分法の仕訳

持分法の仕訳

次に、持分法を適用した場合の仕訳について解説します。

持分法を適用した時点では仕訳は発生しませんが、関連会社が利益を獲得した際には仕訳が必要です。

持分法適用会社が利益を獲得した場合、投資会社側は「関連会社の当期純利益×持ち株比率」分だけ損益を計上します。

損益を計上すると同時に、その金額分だけ関連会社株式の簿価を増減させる会計処理を行います。

文章だけでは分かりづらいので、以下の具体例を用いて解説します。

  • 関連会社A社は当期純利益を1,000獲得した
  • 投資会社側はA社株式の10%を保有している

上記例の場合、投資会社側は1,000×10%=100の損益を「持分法による投資損益」として計上します。損益計上と同時に、損益と同額である100だけ関連会社株式の簿価を「投資勘定」として加算するのです。

つまり持分法を用いた場合の仕訳は下記となります。

  • (借方)投資勘定 100 / (貸方)持分法による投資損益 100

この持分法の仕訳を基に、損益計算書や貸借対照表を作成するという形になるでしょう。

※関連記事
合併と仕訳

持分法と連結法の違い

持分法と連結法の違い

関連会社には持分法が適用される一方で、連結会社には連結法が適用されます。

この項では、持分法と連結法の最も大きな違いである仕訳を解説します。

連結法では、下記の通り2回仕訳が発生します。

(1)支配権獲得時

持分法とは違い、連結法では支配権を獲得した時点で仕訳が発生します。

借方に連結会社の純資産を計上し、貸方には「投資勘定」と「非支配株主持分」を計上します。投資勘定は連結会社の純資産のうち親会社の持分を指し、非支配株主持分は親会社の持分に帰属しない金額です。

例えば連結会社の純資産(全額資本金とする)が1,000であり、親会社が50%の持ち株比率となるケースを考えます。

この場合の仕訳は下記の通りです。

  • (借方)資本金 1,000 / (貸方)投資勘定 500、非支配株主持分 500

以上が支配権獲得時の仕訳となります。

(2)利益発生時

利益発生時の仕訳も、持分法とは異なります

連結法では、親会社の持分ではない部分(非支配株主持分)を振り替えるのです。こちらも理解を深める為に、具体例を用いて解説しますね。

例えば、連結会社の当期純利益が1,000、親会社の連結会社に対する持ち株比率は60%とします。

連結会社の利益のうち親会社の利益は60%(600)であり、残りの40%(400)は非支配株主持分です。連結法では非支配株主持分(400)を振り替える為に、借方に非支配株主損益、貸方に非支配株主持分をそれぞれ計上します。

つまり連結法における、利益発生時の仕訳は下記になります。

  • (借方)非支配株主損益 400 / (貸方)非支配株主持分 400

以上が利益発生時の仕訳となります。

持分法と連結法では、上記の通り仕訳の方法が異なるのでご注意ください。

※関連記事
合併と経営統合の違いとは

持分法における未実現利益の処理

持分法における未実現利益の処理

最後に、持分法における未実現利益の処理を解説します。

未実現利益とは、連結グループ会社間の内部取引で生じた利益のうち、期末までに実現しない利益です。連結会社と持分法適用会社の間に未実現利益が生じている場合には、個別に会計処理する必要があります。

未実現利益の処理は応用論点である為、要点のみ解説します。

(1)ダウンストリーム(持分法適用会社が買い手側)

持分法適用会社が買い手側となっているケースを、ダウンストリームと呼びます。

原則的には持分に相当する金額のみ消去する決まりですが、非連結子会社に未実現利益が発生している場合には例外的に全額消去します。

(2)アップストリーム(持分法適用会社が売り手側)

アップストリームとは、持分法適用会社が売り手側となるケースです。

基本的には、持分法適用会社に対する連結会社の持分に相当する金額を消去します。買い手側が他の持分法適用会社である場合には、少々注意が必要です。

つまり売り手と買い手双方が、持分法適用会社であるケースです。

この場合には、買い手側と売り手側の持分比率を乗じた持分の相当額を消去します。

以上が持分法における未実現利益の会計処理となります。

さらに詳しく知りたい方は、「持分法会計に関する実務指針」を確認してください。

※関連記事
のれん償却期間とは?会計基準と税務

まとめ

今回は、持分法に関して基本的な知識をお伝えしました。

関連会社に対して適用する持分法は、仕訳の処理面で連結法と大きく異なります

影響力基準により持分法の適用範囲を判断しますが、判断基準が複雑である為、専門家(公認会計士)に相談しましょう。

持分法適用会社の関係する取引にて未実現利益が生じた場合には、未実現利益を会計規則に則って処理する必要があります。

ダウンストリーム(持分法適用会社が買い手側)とアップストリーム(持分法適用会社が売り手側)で処理方法が異なる為、予め確認しておかなくてはいけません。さらに、持分法の処理を解説してきましたが、持分法の会計処理には非常に高度な専門知識が必要であり、一朝一夕で使いこなせるものではないのです。

経営者の方自身で適用を試みるよりは、公認会計士等の専門家に業務を依頼する方が効率的です。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

事業譲渡でM&Aを行う時や不動産の引き継ぎなどの際は、地位承継を行う必要があります。本記事では、地位承継とは何か、地位承継と地位継承ではどちらが正しい読み方なのかなど、事業譲渡の地位承継で知って...

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株価評価時に株式保有特定会社の判定を受けると、評価方法が限定されて税制面で不利になる場合があります。その際、選択肢を増やす手段として株特外しという方法を利用することも可能です。本記事では、株式保...

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法は、株式価値や企業価値評価手法の一つです。インカムアプローチの一種であり、非上場企業の少数株主の株式価値を算定するのに適しています。本記事では配当還元法について、実績配当還元法や標準配...

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは、譲渡対象の企業名を伏せたまま概要を要約したものです。ノンネームは、売却を検討している企業を特定させないため、業種や企業規模、譲渡理由などのポイントに絞って記載します。本記事では、...

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法(年倍法)は、時価純資産と営業利益を用いた簡便な企業価値評価手法であり、主に中小企業のM&Aで用いられます。本記事では、年買法(年倍法)とはどのような手法なのか、また計算方法の妥当性や問題...

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA(イーブイ/イービッダー)倍率とは、売り手企業への投資額を何年で回収できるかを示す指標です。本記事では、EV/EBITDA倍率の意味やEV/EBITDA倍率を用いた企業価値算定...

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

M&A後、旧経営陣が売却した企業に拘束されるロックアップ(キーマン条項)は、買い手と売り手で求める条件が食い違い、争点となりやすい部分もあります。本記事では、ロックアップ(キーマン条項)とは何か...

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

事業承継や経営基盤の強化、人材確保などを目的に、中小企業間のMアンドAが積極的に実施されており、MアンドA件数は増加傾向にあります。本記事では、MアンドAとはどのようなものか、MアンドA手法やメ...

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割は、組織再編によく使われるM&A手法ですが、手続きが複雑なため仕訳・会計処理・税務が分かりにくいこともあります。本記事では、会社分割における仕訳・会計処理・税務について、吸収分割・新設分...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)