2022年7月31日更新会社・事業を売る

株式譲渡制限会社とは?メリット・デメリット、設立方法、注意点も解説

株式譲渡制限会社は経営者の経営権を確立しやすくなるなどメリットが多いですが、デメリットの存在にも気をつけなければなりません。本記事では、株式譲渡制限会社の定義や特徴、メリット・デメリット、株式譲渡制限会社を設立する方法などを解説します。

目次
  1. 株式譲渡制限会社とは?定義と特徴
  2. 株式譲渡制限会社のメリットとデメリット
  3. 株式譲渡制限会社で発生しやすいトラブル
  4. 株式譲渡制限会社の設立方法と注意点
  5. 株式譲渡制限会社に関するトラブル事例
  6. 株式譲渡制限会社のまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

株式譲渡制限会社とは?定義と特徴

株式譲渡制限会社とは?定義と特徴

株式会社のなかには「株式譲渡制限会社」がありますが、具体的にはどのような会社をさすのでしょうか。まずは、株式譲渡制限会社の定義や特徴について見ていきましょう。

公開会社と非公開会社

一般的に上場している会社の株式のように、株式は自由に売買できますが、株式譲渡制限会社は会社によって承認されなければ株式の譲渡ができません。前者の自由に売買できる株式がある会社を公開会社と呼びます。

一方、後者の株式における譲渡が制限されている株式(譲渡制限株式)のみで株式が構成されている会社を非公開会社といいます。株式譲渡制限会社とは、すべての株式に譲渡制限に関する規定がある会社のことです。

株式譲渡制限会社は中小企業や設立したばかりの企業に多い形態で、株式譲渡制限会社のメリットが一つの要因です。

公開会社と株式譲渡制限会社の特徴を、下記の表に示します。

株式譲渡制限会社 全株式に譲渡の制限がある会社 中小規模の企業に向いている
公開会社 一部の株式でも譲渡の制限がない会社 大規模の企業に向いている
<出典:中小機構-https://j-net21.smrj.go.jp/qa/org/Q0520.html

特例有限会社も非公開会社

会社法によって現在は有限会社を設立できません。それまで有限会社として存在していた会社は、特例有限会社といった名の株式会社として存続しています。もともと有限会社は、株式の譲渡に制限がある会社です。

つまり、特例有限会社も株式譲渡制限会社で、非公開会社になります。

株式譲渡制限会社の特徴・意義

株式は自由に売買できると同時に、経営者の経営権をつかさどります。端的にいうと、株式を多く所有するほど経営権が強まり、会社の経営を動かす立場を確立できるのです。

しかし、自由に売買できる状態にすると、その株式が何らかの形で分散する可能性があります。その結果、経営者の経営権が不安定になり、経営者にとって不都合な相手に株式が流れてしまうと、最悪の場合経営者の立場が逆転することにもなりかねません。

株式譲渡制限会社にすれば、株式が分散する可能性を低くでき、経営権が不安定になるリスクを低減できます。株式譲渡制限会社は経営者本位の経営体制を構築しやすく、その継続性を高められる特徴があるのです。

非上場会社は、ほとんどの場合、株式譲渡制限会社で、会社を作る際は司法書士か弁護士に依頼します。意識していなくても、譲渡制限会社の定款になっているでしょう。

株式譲渡制限は、知らない株主が勝手に株式を得て会社を乗っ取る事態を防ぐために設けられたルールといえます。

株券発行会社とは【参考】

株式について、株券を発行することを定款で定めている株式会社を株券発行会社と呼びます。株券発行会社は、原則として、株式を発行してから遅れずに当該株式の株券を発行しなければなりません。

非公開会社は株主から請求されるまで、株券を発行しないこともできます。その主な理由として挙げられるのは、株式の流通性がほとんどない非公開会社には株券の必要性が少ないことです。

譲渡制限株式とは

譲渡制限株式とは、その名のとおり譲渡が制限されている株式のことをいいます。株式譲渡制限会社は、譲渡制限株式のみで構成している会社をいいますが、それ以外の会社は譲渡制限株式を発行できないわけではありません。

実際、一部の株式だけを譲渡制限株式としている会社も多く、議決権を守りつつも株式を自由に売買できるよう資金を確保する形態を取っています。

種類株式に譲渡制限を付加して発行するケースもある

株主総会の決定に対して拒否権を行使できる黄金株や、配当や剰余金の分配を優先的に受けられる優先株式などの種類株式に、譲渡制限を付加して発行するケースもあります。

株主や経営者にとって有益な株式を発行した際に、その利益を守るために譲渡制限株式に変えるのです。

ある程度成長した会社は、単純に譲渡制限しか付加されていない譲渡制限株式を発行するよりも、種類株式として何らかの機能を付加した譲渡制限株式を発行するケースが多い傾向にあります。

【関連】種類株式とは?意味や一覧、活用事例をわかりやすく解説| M&A・事業承継の理解を深める

株式譲渡制限会社のメリットとデメリット

株式譲渡制限会社のメリットとデメリット

多くの中小企業や設立したての会社が採用していることからも、株式譲渡制限会社にはそれだけのメリットがあるといえます。しかし、何事にもメリットがあればデメリットもあり、株式譲渡制限会社も例外ではないので、メリットとデメリットの両方を正確に把握しましょう。

株式譲渡制限会社のメリット

株式譲渡制限会社のメリットは、以下のとおりです。

経営者の経営権を確立しやすい

株式譲渡制限会社は株式の譲渡が制限されているため、定款で定められた承認機関の承認を得なければ、たとえ無断で株式を譲渡しても、その株式に議決権は発生しません。

中小企業や設立したての会社は規模自体が小さいため、大企業と比べると少ない資金で株式を取得できます。つまり、比較的簡単に買収できるのです。

それを防衛して経営権を確立させる手段として、株式の譲渡を制限する株式譲渡制限会社にすることはメリットがあるといえます。

信頼できる人間だけを経営に参加させられる

株式譲渡制限会社では、信頼できる人間だけを経営に参加させられます。株式が自由に売買できる状態であると、良くも悪くも株主になる敷居が下がってしまい、会社にとって不都合な人間が株主になってしまうリスクがあるでしょう。

会社にとって不都合な人間が株式を多く取得して発言権を強めれば、経営に支障が出る可能性もあります。株式譲渡制限会社であれば、経営者の意にかなった人間のみを株主にできるのです。

株式の売買による株主の入れ替わりも防ぎ、その意味では経営者の経営権を確立させる一助になります。

会社の体制を構築しやすい

株式譲渡制限会社は、会社の体制を構築しやすいメリットもあります。株式譲渡制限会社は取締役会を設置する義務がなく、取締役の人数は1人のみも可能です。代表取締役の承認のみで株式の譲渡もできるのです。

株主総会は、原則開催日の2週間前に書面かメールで通知しなければなりませんが、定款で定めれば、株主総会における招集通知の期限を1週間以内にしたり、役員の任期を最大で10年にしたりすることもできます。口頭による召集も可能です。

このように、株式譲渡制限会社は経営者にとって都合のいい会社の体制を構築しやすいです。株券原則不発行、監査役の業務を会計監査に限定する、などのメリットもあります。

メリットをうまく活用すれば、意思決定のスピードを上げたり発生するコストを節約できたりするなど、経営していくうえでプラスになるでしょう。

買収防衛策になる

上述したとおり、株式譲渡制限会社の形態は、敵対的買収といった経営陣の合意を得ないM&Aに対する買収防衛策としてもメリットがあります。そもそも株式譲渡制限会社は、経営陣の合意を得ない一方的な買収が成立できません。

そのため、敵対的買収を防ぐ買収防衛策として使えるのです。

事業承継が楽になる

経営者が引退して後継者が引き継ぐ場合、株式譲渡制限会社は事業承継を円滑にする効果も期待できます。株式譲渡制限会社が承認機関の承認を得なければ、株式譲渡を行えない点を利用すれば、経営者の意にかなった後継者にのみ株式が行き渡るよう調整できるのです。

不都合な人物に株式を渡さないことも可能なので、株式の分散を防いで後継者が経営権を掌握できます。

売渡請求権を利用できる

株式譲渡制限会社は、定款に定めさえすれば売渡請求権を利用できます。売渡請求権とは、株式が望まない相手に渡った際に売渡を請求できる権利で、株主における3分の2以上の賛同を得られれば行使できるのです。

売渡請求権の効力は強く、請求された相手は基本的に拒否できません。万が一不都合な相手に株式が渡ってしまった場合でも、それを取り戻すことが可能です。売渡請求権は諸刃の剣になる可能性があるため、設定は慎重に行いましょう。

株式譲渡制限会社のデメリット

株式譲渡制限会社にはデメリットもあり、株式の譲渡に制限がかかっているため発生します。

株式買取請求権が発生する

株式買取請求権とは、会社が株式譲渡を承認しなかった場合に株主が行使できる権利で、会社に公正な価格で株式を買い取らせるものです。株式買取請求権を行使されると会社は一定の期間内に株主へ通知しなければならず、期限を過ぎた場合はみなし承認扱いとなります。

株式買取請求権を行使されると、公正な価格を巡って会社と株主が対立することも珍しくなく、訴訟に発展するケースもあるのです。株式は一定数になると高額になるため、中小企業や設立したての会社であればその負担は大きな痛手になります。

中小企業や設立したての会社は、株主自体が少数であったり、経営者のみが株主であったりするパターンが少なくありません。そのため、株主買取請求権がデメリットになるのは会社がある程度成長し、一定数以上の株主がいる状態のときです。

売渡請求権が諸刃の剣になる

株式譲渡制限会社のメリットでもある売渡請求権ですが、これは諸刃の剣になる可能性があります。例えば、事業承継を行う際に経営者の選んだ後継者に対して他の取締役や株主が反発し、彼らが結託して後継者に対し売渡請求権を発動させることがあるのです。

そうなれば、後継者は株式を売り渡さなければならず、会社の経営権を完全に失います。経営者だけが株主の状態であれば心配ないデメリットですが、経営者以外にも株主がいる場合は留意しなければなりません。

【関連】敵対的買収の防衛策| M&A・事業承継の理解を深める

株式譲渡制限会社で発生しやすいトラブル

株式譲渡制限会社で発生しやすいトラブル

ここでは、株式譲渡制限会社で発生しやすいトラブルについて見ていきましょう。

家族間での無効な株式譲渡

小さな同族経営の会社が閉鎖性を保つために株式譲渡制限を用いるので、譲渡制限された株式に関して生じる多くの問題は、家族間で起こるケースが少なくないです。

譲渡制限株式でも、家族から株式を相続すればその株式を承継できますが、会社に敵対する人も株主となれるため、会社にとって不都合な状況になることも考えられます。

そこで、会社は相続やその他の一般承継で譲渡制限株式を得た人へ、株式を会社に売り渡すよう請求できる旨を定款で定められると規定しています。これにより、会社にとって好ましくない株主を除くことが可能です。

定款で定めれば相続人から株式を取得でき、定款の規定に基づいて会社が売渡請求をすれば、株主総会特別決議が要ります。会社が相続を知った日から1年以内に売渡請求を行わなければなりません。

資産価値向上時に起こる紛争

譲渡制限会社でも、会社が成長すると、その会社における株式を購入したいと考える投資家が増加します。このケースでは、その会社における株式を高値で購入したい投資家もいるでしょう。

資産価値向上時には、株式の保有者が株式を売ろうとするインセンティブが働くので、株式の資産価値が向上すると、会社の株式を売ろうとする者と会社の間で紛争が生じやすいです。

株式譲渡制限会社の設立方法と注意点

株式譲渡制限会社の設立方法と注意点

ここでは、株式譲渡制限会社を設立する方法と注意点について見ていきましょう。

株式譲渡制限会社の設立方法

株式譲渡制限会社の設立には特別な手続きを行う必要がなく、定款に株式譲渡の際に株主総会や取締役会、代表取締役、取締役全員など、承認機関の承認が必要である旨を掲載すれば良いだけです。つまり、定款の内容次第で株式譲渡制限会社であるかどうかが決まります。

取締役会や株主総会となっているのは、株式の譲渡に関して決めるのは、取締役会がある会社は取締役会、ない会社は株主総会だからです。自社の状況に合わせましょう。

有限会社は事実上、株式譲渡制限がかかっていたので定款に株式譲渡制限の項目がないケースが多いです。有限会社から株式会社に組織を変えるときは、定款に株式譲渡制限に関する条項を盛り込みましょう。忘れてしまうと、公開会社扱いになります。

株式譲渡制限会社を設立する際の注意点

株式譲渡制限会社を設立する際は、意思決定プロセスのビジョンを明確に持たなくてはなりません。株式譲渡制限会社は、経営者にとって都合のいい体制を構築しやすいですが、あくまでも事業を進めるうえで有利になる意思決定のプロセスを構築する意味です。

単純に経営者の権力を強化するために使ってしまうと単なるワンマン経営に陥ってしまい、経営者なしでは成り立たない会社になります。ワンマン経営の会社は意思決定のスピードこそ早いですが、事業承継など会社の重要な局面で経営者が抜けると脆弱になりやすいです。

外部の株主が経営に参加しやすい体制も決して悪いものではありません。むしろ、会社のさらなる成長のために株式譲渡制限会社の形態を変えることもあるでしょう。株式譲渡制限会社だけにこだわるのではなく、状況に応じて対応できる柔軟な考え方も必要です。

株式譲渡制限会社の形態を変更する方法

株式譲渡制限会社の形態を変更する、つまり非公開会社から公開会社へと変更する場合、まずは譲渡制限を廃止させる必要があります。この際、取締役や監査役は任期満了となるため、新たに取締役と監査役を選任しなければなりません。

取締役会の設置も行います。最後に、登記の変更手続きを行って発行可能株式総数を変える流れで公開会社へと変更できます。

【関連】事業譲渡で登記が必要な場合と不要な場合を解説!| M&A・事業承継の理解を深める

株式譲渡制限会社に関するトラブル事例

株式譲渡制限会社に関するトラブル事例

株式に譲渡制限があるために起こってしまうトラブルもあるので、この章では、株式譲渡制限会社に関するトラブル事例を見ていきましょう。

譲渡承認決議を経ずに家族間で譲渡を行ったケース

家族間で株を分け合うケースは少なくありません。最近見られるのは、株主と関係が希薄になった孫の世代が株を引き継ぐ際に生じるトラブルです。

本来は、定款に従って株主総会や取締役会で譲渡承認決議を行い、株主総会議事録や取締役会議事録に残してから譲渡すべきですが、譲渡承認決議を経ずに株が二代目や三代目に譲られているケースもあります。

こうした場合は法律的に無効となるだけでなく、ほかの正当な株主がひっくり返すこともあるでしょう。家族間の株式譲渡でも、正しい方法で引き継ぐことがトラブルを防止するために必要です。
 

株主構成を念入りに確認しておく必要性

中小企業の高齢化が進み、事業承継問題が生じています。経営者が息子や妻へ法的手続きを踏むことなく株式を譲渡するケースはよくみられ、老後における資金のために会社を売却しようとした際に初めて株式の帰属に焦点が当たるケースも多いです。

中小企業の場合、経営者が当初は100%所持したケースが多いですが、少しずつ家族や親戚へ譲るステップで、譲渡承認決議が抜けたり株券を交付していなかったりするケースは少なくありません。

そうなると誰が一体株主なのか、そもそも本当に現在の株主なのかなど、株式の帰属問題が生じ得ます。遡って取締役会議事録・株主総会議事録を作り、株券不発行会社にすることに各役員や各株主が同意すればよいですが、家族や親戚でもそれを認めないケースが考えられます。

この状態では会社の売却ができなくなり、最終的な解決方法は訴訟で株式の帰属を明確にするか、金銭で解決するかの二択となるでしょう。もし訴訟になれば時間がかかり、争いのある会社は売れづらいのが実情です。

事業承継を将来的に考えている場合は、経営者が自社株式の株主構成をしっかり確認し、譲渡する際は正式な手続きを踏むなどの注意が必要になります。

資産価値の上昇に伴い株主間で争いが起こるケース

会社が持つ土地が再開発となり、高層マンションができる場合、あまり価値のなかった土地が突然10倍以上に上がる状況になったとしましょう。こうしたケースでは、株主がより多くの権利を求めるために争いが生じることも考えられます。

争いが生じれば、法律的に争点となるのは本当の株主構成がどのようになっているのかです。そのなかで譲渡承認決議を得ない譲渡が発覚すれば、譲渡は無効となり株主構成が変化します。

トラブルとなるケースは少ないかもしれませんが、実際に問題が生じれば会社の支配権をめぐって大きなトラブルとなります。

株式譲渡制限会社の株式を譲渡する方法

ここでは、株式譲渡制限会社の株式を譲渡する方法について見ていきましょう。

株主総会から承認を受ける

株式譲渡制限会社(非公開会社)の株式を譲渡する際、株主総会または取締役会から承認を受ける方法が一般的です。

自分が有する株式譲渡制限会社の株式を譲渡したい場合、株式譲渡契約書といった契約書を買収側と作成し、会社へ株式譲渡の承認を請求します。

譲渡制限株式の譲渡請求が届いたら、非公開会社は定款にあるとおり、株主総会や取締役会で協議しましょう。承認を受けたら、第三者へ譲渡制限のある株式を譲渡できます。

定款で定めておく

例外的な方法として、株式譲渡における承認のときに、株主総会や取締役会以外の組織や人物が、承認の否決ができることを定款で定めておく方法があります。

よくある例を紹介しましょう。株式譲渡には代表取締役の承認が要り、このケースでは株式譲渡の承認を代表取締役が行います。株主総会や取締役会を開かなくても、株式譲渡の手続きができるのです。

株式譲渡制限会社のまとめ

株式譲渡制限会社のまとめ

株式譲渡制限会社は経営者の経営権を確立しやすく、経営者にとって都合の良い会社の体制作りに役立つなどメリットが多い形態です。定款で定めるだけで成立する点もメリットになります。

ただし、株式買取請求権や売渡請求権が会社にダメージを与えてしまうリスクに注意しなければなりません。事業承継など会社の分水嶺(ぶんすいれい)ともいうべき重要な局面で、株式譲渡制限会社であることがネックになることもあります。

何事にもメリットがあればデメリットもあるので、株式譲渡制限会社のデメリットについても十分に留意しましょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短1.5ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

webメディアの売却・買収は、売買専門サイトの増加などの背景もあり年々活発化してきています。本記事では、webメディア売却の最新事例を25選紹介するとともに、売却・買収動向やメリット・デメリット...

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

M&Aの主な手法は株式譲渡と事業譲渡ですが、両者は手続き・税金・メリット・デメリットなどあらゆる点で違います。本記事では、株式譲渡と事業譲渡の違いについて図解も交えながら解説しています。...

会社売却でかかる税金はいくら?計算方法、税金対策をわかりやすく解説

会社売却でかかる税金はいくら?計算方法、税金対策をわかりやすく解説

会社売却にかかる税金は、株式譲渡・事業譲渡といったスキームによっても違い、株式譲渡の場合は株主が個人か法人かによっても違います。この記事では、会社売却にかかる税金に関して計算方法を解説するととも...

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

M&Aによる会社売却はタイミングが重要で、同じ会社でもタイミングの違いによって売却価格が大きく変わる可能性があります。この記事では、会社売却の適切なタイミング、会社売却のメリットや利益を...

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

出版業界は、電子書籍の普及と紙媒体の衰退といった大きな変化の渦中にあり、業界再編などを目的としたM&Aが活発です。本記事では、出版業界の最新M&A事例9選を紹介するとともに、出版...

宅配・フードデリバリー・ケータリング業界のM&A動向!事例、相場も徹底解説【2022年最新】

宅配・フードデリバリー・ケータリング業界のM&A動向!事例、相場も徹底解説【2022年最新】

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー・ケータリング業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きでした。本記事では、宅配・フードデリバリー・ケータリング業...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?支払う費用の相場、計算方法、仲介会社の報酬体系を解説

M&Aの手数料はなぜ高いのか?支払う費用の相場、計算方法、仲介会社の報酬体系を解説

昨今、M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料の高さがクローズアップされるようになりました。本記事では、M&A仲介会社の手数料が高い理由、手数料相場、手数料が高いか...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)