M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

相続における負債

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

相続では、亡くなった方の資産や負債を、一定範囲内の親族が引き継ぎます。被相続人が負債を背負っていた場合、相続人は負債も引き継がなくてはいけません。相続放棄による負債の対処、限定承認による負債の対処についても解説します。

目次

    相続における負債

    親族が亡くなると、原則相続が発生します。

    相続では、亡くなった方の資産や負債を、一定範囲内の親族が引き継ぎます。

    被相続人が負債を背負っていた場合、相続人は負債も引き継がなくてはいけません。

    負債の引き継ぎは、避けたいことでもあります。

    実は、負債の相続を回避できる方法があります。

    この記事では、相続の基礎知識や負債金額、負債有無を調べる手段、負債相続を回避する方法を分かりやすくお伝えします。

    今後相続を控えている方、負債の相続に頭を悩ませている方必見です。

    相続とは

    一番初めに、相続に関する基本事項をお伝えします。

    ⑴相続の概要

    相続とは、ある人物が亡くなった際に、その方(被相続人)が保有していた資産等を、一定範囲内の親族が受け継ぐ行為です。

    原則、相続では話し合い(遺産分割協議)によって、「誰が・何を・どれくらい」受け継ぐかを決定します。

    しかし、相続の場面でトラブルが発生し、遺産分割協議が成立しないケースも少なくありません。

    その場合、法律の定めによって、一定範囲内の親族が財産を引き継ぎます。

    民法上、下記の通り法定相続分が決まっています。

    • 配偶者と直系卑属が相続人・・・配偶者1/2、直系卑属1/2
    • 配偶者と直系尊属が相続人・・・配偶者2/3、直系尊属1/3
    • 配偶者と兄弟姉妹が相続人・・・配偶者3/4、兄弟姉妹1/4

    直系卑属は子供や孫を指し、直系尊属は親や祖父母を指します。

    子供が複数いる場合には、2分の1された財産を子供の数で按分します。

    つまり、5人いる子供が相続する財産総額が1,000万円である場合には、一人当たり200万円を相続します。

    ⑵相続の流れ

    ここでは、簡単に相続の流れをご紹介します。

    ①遺言書・相続人の確認

    まず初めに、被相続人が遺言書を遺していないかについて確認しましょう。

    原則遺言書の内容に則って、相続財産の分配を決定します。

    遺産分割協議が終了した後に遺言書の存在が発覚すると、再度協議をやり直す必要が出てきます。

    スムーズに相続を完了させる為にも、遺言書の存在はしっかり把握しておくことが重要です。

    遺言書と併せて、相続人の確認も必要です。

    全ての相続人が参加しなければ、遺産分割協議は成立しません。

    ②相続方法

    相続方法には、全部で三種類あります。

    基本的には、単純承認によって自身の取り分を全て引き継ぎます。

    多額の負債が発覚した際には、「限定承認」や「相続放棄」の手続きを実施します。

    相続放棄や限定承認に関しては、後ほど詳しく解説します。

    ③遺産分割協議の開催

    遺言書と相続人が全て出揃ったら、遺産分割協議を開催します。

    遺産分割協議では、原則遺言書に則って財産分配を決定します。

    ただし遺言書の内容次第では、遺産分割協議が難航する恐れもあります。

    一旦トラブルが発生してしまうと、話し合いは平行線となります。

    仮にそうなった際には、弁護士の助力を得ることがオススメです。

    弁護士が介入する事で、公正に遺産分割を進行可能です。

    ④相続税申告

    財産を相続したら、相続税を申告します。

    相続税申告が完了した時点で、相続の手続きは終了します。

    ⑶相続する物

    相続では、土地や現金等の資産のみならず、借金等の負債も引き継ぎます。

    プラスの資産とは違い、負債は各々の法定相続分に基づいて相続されます。

    負債を相続したくない方は、後述する「相続放棄」もしくは「限定承認」の手段を取る必要があります。

    ※関連記事

    相続と事業承継

    被相続人の負債

    限定承認等の手段を用いれば、負債の相続を免れる事が可能です。

    負債の引き継ぎを免れる為には、まず負債の有無や金額を把握しなくてはいけません。

    この項では、負債の存在を確かめる方法をご紹介します。

    ⑴金融機関からの負債

    基本的には、金融機関から送付される請求書等や被相続人の通帳を確認します。

    住所変更や借金を放置している場合には、負債の存在を見落とす可能性があります。

    正確に負債の有無を調査する為には、「信用調査機関」の情報を調べる必要があります。

    信用調査機関とは、各々金融機関が抱える顧客に関するデータを共有する場所です。

    例えば誰かにお金を貸す際に信用調査機関を参考にすれば、その人物の信用力を判断できます。

    相続の際に信用調査機関を参照すれば、被相続人の抱える負債金額を確認可能です。

    各金融機関ごとの、信用調査機関は下記になります。

    • 消費者金融→日本信用情報機構
    • 銀行→全国銀行個人信用情報センター
    • クレジット会社→シー・アイ・シー

    各種機関にデータを照会すれば、負債状況を把握し、相続のプランに目星をつける事ができます。

    ⑵取引上の負債

    負債に該当するものは、借金だけではありません。

    取引上抱えている債務も、負債の一つです。

    取引上の負債としては、主に下記のものが該当します。

    • インターネット回線
    • 公共料金
    • ケーブルテレビ

    取引上の負債は、解約する旨を伝えれば引き継がずに済みます。

    解約費用がかかる可能性もある為、その点にはご注意ください。

    ※関連記事

    相続税と相続に伴う破産

    相続放棄による負債の対処

    いよいよ本題に入ります。

    ます初めに、相続放棄を用いた負債対処方法をお伝えします。

    ⑴相続放棄とは

    相続放棄とは、相続人の権利を自ら放棄する行為です。

    負債を相続しなくて済む一方で、現金等の資産を相続出来なくなります。

    資産金額と比べて負債金額の方が明らかに多い場合には、相続放棄が適しています。

    ⑵相続放棄の手続き

    相続放棄を行う為には、家庭裁判所に「相続放棄陳述書」を提出する必要があります。

    提出後裁判所からの照会に回答し、問題ないと判断されれば、相続放棄が認められます。

    認められた場合には、家庭裁判所から「相続放棄受理通知書」が送付されます。

    相続放棄受理通知書には、正式に相続放棄を証明する効力はありません。

    相続放棄の効力を正式に証明する必要があれば、任意で「相続放棄受理証明書」の交付を受ける事が可能です。

    被相続人との関係次第では、被相続人の戸籍謄本が必要となるケースがあります。

    負債相続を放棄する為の手続きは、「相続を知った時点から3ヶ月以内」の完了が必須です。

    ⑶相続放棄の注意点

    相続放棄を利用すれば、負債を一切相続せずに済みますが、二点注意すべきポイントがあります。

    ①相続放棄は撤回不可

    負債の存在が発覚しても、直ぐに相続放棄する事は好ましくありません。

    相続放棄した後に過払い金が発覚し、負債相続が不要であった事が判明するケースがあります。

    負債の引き継ぎを避ける為に直ぐに相続放棄してしまうと、多額の資産相続を失うかもしれません。

    相続放棄の期限は3ヶ月以内ですので、一呼吸置き検討しましょう。

    ②他の相続人とのトラブルにつながり得る

    相続放棄を行うと、本来対象外の人物が相続人となります。

    その結果想定外に負債を引き継ぐ事態となり、トラブルが生じ得ます。

    ※関連記事

    相続の方法を徹底解説【完全保存版】

    限定承認による負債の対処

    次に、限定承認を用いた負債の対処方法を説明します。

    ⑴限定承認とは

    限定承認とは、引き継ぐ資産の金額の範囲内で、負債を引き継ぐ行為です。

    例えば1,000万円の資産を相続する際には、相続する負債額は1,000万円までとなります。

    相続財産の中に貴重な資産や思い出の品がある場合に、限定承認は非常に便利です。

    ⑵限定承認の手続き

    相続放棄と比べると、限定承認の手続きは非常に面倒です。

    まず家庭裁判所に対して、限定承認の書類を提出します。

    その後債権者に対する官報公告や財産の換価、債権者への弁済等を実施します。

    以上の手続きを、わずか三ヶ月で終了させる必要があります。

    債権者への弁済や相続人全員の合意等が必要となります。

    限定承認を利用すれば、負債相続のデメリットを低減できるものの、実務ではあまり利用されていません。

    ⑶限定承認の注意点

    限定承認の手続きは、相続放棄と比べると非常に面倒臭いです。

    相続人のみで実行するには負担が重すぎる為、弁護士の協力が不可欠です。

    弁護士に依頼すれば、限定承認に要する手間を軽減できます。

    しかし、弁護士に限定承認の手続きを依頼すると、多額の費用が発生します。

    必要な費用と限定承認によりもたらされるメリットを比較し、相続のプランを計画する事が大切です。

    ※関連記事

    相続に強い弁護士とは?

    まとめ

    今回は、相続における負債の対処方法をご紹介しました。

    相続において、負債は頭を悩ませる要因になります。

    単純承認すると、法定相続分に則って負債を引き継がなければいけません。

    限定承認や相続放棄を選択すれば、負債の相続を放棄もしくは負担軽減できます。

    どちらの手段を選択するにせよ、メリットや注意点を理解する事が重要です。

    相続の際には、負債の引き継ぎをどうするか、慎重に検討しなくてはいけません。

    何も考えずに相続すると、想定外の負債を引き継ぐ恐れがあります。

    要点をまとめると下記になります。

    • 相続の概要

    →ある人物がお亡くなりになった際に、その方(被相続人)が保有していた資産等を、一定範囲内の親族が受け継ぐ行為

    • 金融機関からの負債の有無を確かめる方法

    →信用調査機関を調べる

    • 取引上の負債の有無を確かめる方法

    →取引状況を確認し、解約する旨を伝える

    • 相続放棄とは

    →資産や負債等、一切の相続権利を放棄する行為

    • 相続放棄の手続き

    →家庭裁判所に「相続放棄陳述書」を提出する

    • 相続放棄の注意点

    →相続放棄は撤回不可、他の相続人とのトラブルにつながり得る

    • 限定承認とは

    →引き継ぐ資産の金額の範囲内で、負債を引き継ぐ行為

    • 限定承認の手続き

    →財産換価や相続人全員の合意等、非常に手続きが面倒

    • 限定承認の注意点

    →相続人のみで実行するには負担が重すぎるので、弁護士の協力が不可欠

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    ご相談はこちら