2021年4月30日更新事業承継

自営業の廃業手続きとは?廃業リスクと注意点

自営業を廃業する際は、廃業届の提出や確定申告といった手続きを実行する必要があります。自営業者の方は残念ながら失業保険を受け取れないため、小規模企業共済といった代わりとなる制度を活用しましょう。自営業における廃業手続き・提出書類、確定申告と税金を解説します。

目次
  1. 自営業の廃業
  2. 自営業における廃業手続き・提出書類
  3. 自営業の廃業における確定申告と税金
  4. 自営業廃業後の収入と失業保険の受け取り
  5. 廃業に適したタイミングについて
  6. 自営業の廃業リスクと廃業後の生活について
  7. 自営業廃業と再就職という選択
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

自営業の廃業

自営業の廃業

自営業の最も大きなリスクは廃業であり、景気低迷や人口減少が進行している昨今は廃業のリスクが高まっています。

自営業には様々なメリットがある一方、デメリットやリスクも多く存在し廃業せざる得ない状態になる可能性があります。この記事では、自営業における廃業を検討するケースで何をすべきか解説します。

自営業における廃業手続き・提出書類

自営業における廃業手続き・提出書類

初めに、自営業を廃業する為に必要な手続きをみていきます。自営業を廃業する為には、主に4種類の書類を所轄の機関に提出しなくてはいけません。

⑴個人事業の開業・廃業等届出書の提出

最も重要なのは、「個人事業の開業・廃業等届出書」の提出です。これは自営業の廃業届であり、所轄税務署都道府県税事務所計2カ所にそれぞれ提出する必要があります。

税務署に対しては、廃業後から1ヶ月以内に提出します。事業所得を得る者のみならず、不動産所得や山林所得を得る自営業者も廃業届提出の対象です。

各都道府県ごとに廃業届の正式名称や使用する様式、提出期限が異なる為、詳しくは事業所の所在する都道府県窓口に尋ねる必要があります。

⑵青色申告の取りやめ届出書の提出

青色申告を実施している自営業者の場合には、「青色申告の取りやめ届出書」を所轄税務署に提出します。当該届出書の提出期限は、自営業を廃業する年の翌年3月15日までとなります。

青色申告書を取りやめようとする理由を書く欄には、「廃業のため」と記載しましょう。

⑶事業廃止届出書の提出

2年前の課税売上高が1,000万円を超えている等の条件に合致する場合には、自営業者に消費税が課税されます。消費税の課税事業者が廃業する際には、「事業廃止届出書」を所轄税務署に提出する必要があります。

事業廃止届出書には明確な提出期限が設定されていないので、廃業届と一緒に1ヶ月以内に提出することがオススメです。

⑷給与支払事務所等の廃止届出書の提出

雇用している従業員に対して給与を支払っている自営業者は、廃業時に「給与支払事務所等の開設・移転・廃止届出書」を提出しなくてはいけません。

こちらも自営業を廃業してから1ヶ月以内が提出期限となっており、所轄税務署に提出します。

【関連】個人事業の事業承継

⑸所得税及び復興特別所得税の予定納税額の減額申請書を提出

予定納税をしている自営業者でありながら廃業が決まり、予定納税額が多すぎることが予想される場合は、予定納税額の減額を求めることができます。

この場合は「所得税及び復興特別所得税の予定納税額の減額申請書」を所轄の税務署に提出しなければなりません。

提出期間は以下の2種類です。

  1. 第1期分および第2期分の減額申請→その年の7月1日から7月15日までに提出
  2. 第2期分のみの減額申請→その年の11月1日から11月15日までに提出

自営業の廃業における確定申告と税金

自営業の廃業における確定申告と税金

次に、自営業を廃業する際の確定申告に関して解説します。以下の3つのポイントを押さえましょう。

  1. 自営業廃業の際に確定申告は必要か?
  2. 自営業廃業後の経費
  3. 個人事業税の取り扱い

⑴自営業廃業の際に確定申告は必要か?

自営業を廃業する際は、自営業の廃業に関して特段の規定がある訳では無いため、税金が生じる場合には、通常通り確定申告が必要となります。

国民健康保険料の算定で不利にならないためにも、申告が必要です。なお、赤字であれば原則税金が生じない為、確定申告は必要ありません

⑵自営業廃業後の経費

自営業を廃業した日から確定申告日まで期間が空くケースでは、廃業後に経費が生じる場合があります

例えば事務所の光熱費や廃棄処理費用など、自営業廃業後に生じる経費は多いです。所得税法では、自営業を廃業した後に生じた費用を、その年度の確定申告で経費計上できます

税務署の判断次第では、全ての費用を経費として処理できない場合もあります。

⑶個人事業税の取り扱い

自営業者に対しては、所得税だけでなく個人事業税も発生します。通常、ある年度に生じた個人事業税は次年度に支払いますが、廃業するケースでは廃業日から1か月以内「個人事業税申告書」を提出・納税しなくてはいけません。

自営業の廃業時に事業税申告を忘れてしまった際には、概算した事業税を確定申告時の必要経費に算入可能です。事業税を経費に算入し忘れた際には、後々「更正の請求」と呼ばれる手続きを実施します。

手続きが面倒になる為、自営業を廃業する際には、事業税に関する手続きを忘れずに実施しましょう。

【関連】廃業手続きとは?廃業手続きの流れと費用

自営業廃業後の収入と失業保険の受け取り

自営業廃業後の収入と失業保険の受け取り

次に、自営業廃業と失業保険の関係をみていきます。大きく以下の2点を押さえおくことが大切です。

  1. 自営業者は失業保険を受け取れるか?
  2. 失業保険の代わりとなる小規模企業共済と所得保証保険

⑴自営業者は失業保険を受け取れるか?

サラリーマンが失業した際には、失業保険として一定額を受け取ることが可能です。自営業者が廃業した際には、失業保険を受け取ることができるのでしょうか?

失業保険を受け取る為には、雇用保険に加入していることが条件となります。自営業者は雇用保険に加入できないため、失業保険を受け取ることができません

⑵失業保険の代わりとなる小規模企業共済と所得補償保険

自営業者は廃業した際に失業保険を受け取れないので、収入が無くなった際の保険を個別にかけておく必要があります

自営業者が失業保険の代わりに活用できる制度には、主に下記の2つがあります。

①小規模企業共済

中小企業基盤整備機構の運営する「小規模企業共済」は、自営業者が廃業した際に退職金を受け取ることができる制度です。

毎月月額1,000円〜7万円の範囲で掛け金を積み立てれば、廃業時に共済資金を受けることができます

自営業の廃業時に退職金を受け取れるだけでなく、共済への掛け金は全額所得控除にできるため、多大な節税効果を期待できます。

自営業者の方には、失業保険の代替として小規模企業共済を強くオススメします。

②所得補償保険

民間の保険会社の運営する所得補償保険も、自営業の廃業時に活用できます

廃業等に保険金を受け取れる保険に加入すれば、自営業を畳むことになっても当分の暮らしは心配せずに済みます。

各保険会社によって保険の内容や特徴は様々ですので、自身にとって最適な保険に加入しましょう。

【関連】経費を利用した節税とは

廃業に適したタイミングについて

廃業に適したタイミングについて

ここまで廃業に関する手続きや保険について解説してきました。提出する書類によっては提出期限が決まっているものもあり、煩雑ですよね。

廃業に適したタイミングはいつなのでしょうか。一般的には12月31日に近づけると良いとされています。

なぜなら、自営業者が納める税金は1月1日から12月31日の1年間を基準として割り出されるためです。

各種税金の手続きと同時に廃業の手続きを行うことで、処理が漏れるリスクを減らすことができます。

自営業者本人が自由に廃業のタイミングを選べる場合は、可能な限り12月31日に近い廃業日を設定することをおすすめします。

自営業の廃業リスクと廃業後の生活について

自営業の廃業リスクと廃業後の生活について

自営業を廃業する方にとって、その後の生活がどうなるかは非常に心配です。この項では、自営業廃業のその後について解説します

自営業を廃業すると、その後「家族に扶養してもらう」もしくは「再就職」の二通りに分かれます。

家族に扶養してもらうケース

奥さんや子供といった家族がいる場合、自営業を廃業した後に家族に扶養してもらうことが可能です

ですが、健康保険・社会保険の扶養に入りながら働くためには以下の条件を満たす必要があります

  • 対象者の年収が130万円未満
  • 月収が108,333円以下
  • 被扶養者の年収が扶養者の半分未満

ただし、これは各健康組合によって異なります。個々人のケースに合わせて確認しましょう。

再就職するケース

家族のことを考えると、再就職するケースが一般的です。自営業を廃業した時点で歳をとっている場合、それだけで再雇用先が見つかる可能性は下がります。

現時点で自営業廃業を検討する場合は、その後の人生設計をしっかり考えなくてはなりません。

最近では個人事業主がM&Aを行うケースも増えています。M&Aが成功すれば売却益を得られるため、その後の生活資金や新しい事業の開業資金が確保しやすくなります。

もしM&Aを検討中であれば、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つアドバイザーがM&Aをフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)無料相談をお受けしておりますので、M&Aをご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】自営業の法人化

自営業廃業と再就職という選択

自営業廃業と再就職という選択

この項では自営業廃業後に再就職するコツをお伝えします。

コツは以下の2つです。

  1. 再就職は早い方が有利であることを意識する
  2. 自営業で得たスキル・強みを訴求する

⑴再就職は早い方が有利であることを意識する

自営業者かどうかに関係なく、若いうちに再就職する方が、雇用先が見つかる可能性は高いです

若い方が積極的に雇用される傾向があるので、それも踏まえて自営業の廃業を検討する必要があります。「引き際が大切」という言葉は、自営業の廃業にも当てはまります。

自営業への思い入れのみならず、家族やその後の人生設計も考えて判断しましょう

⑵自営業で得たスキル・強みを訴求する

再就職の面接時に、自営業で得た経験やスキルを訴求すれば、就職できる可能性が高くなります

例えば「事業立ち上げの経験」といった、サラリーマンではできなかった経験を伝えることで就職の可能性は高くなるでしょう。

自営業で得られた経験を前向きに訴求することが重要です

【関連】事業撤退とは?判断基準や撤退方法

まとめ

まとめ

今回は、自営業の廃業に関して解説しました。

自営業を廃業する際には、廃業届の提出や確定申告といった手続きを実行する必要があります。

自営業者の方は残念ながら失業保険を受け取れないので、小規模企業共済等代わりとなる制度を活用しましょう。

自営業は全てが自己責任となるので、覚悟を持って取り組みましょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継では代表権の引継ぎが重要なポイントになります。税制上の優遇措置を受ける際の要件に、法的な代表権の移転が定められていることが多いためです。本記事では、事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法...

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業の事業承継における資産の減価償却方法には2つのパターンがあります。起こりえるパターンを把握して適切な会計処理を行うことで、経費を漏らすことなく計上して経営状況の健全化を図れます。本記事で...

【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

事業承継税制は特例措置と一般措置が設けられています。特例措置は特に高い節税効果を期待できますが、いくつかのデメリットもあるため違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継税制の特例措置...

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

事業承継税制は、事業承継の際に発生する相続税や贈与税を猶予・免除できる便利な制度です。しかし、資産管理会社の場合は適用に条件があり、適用されないケースもあります。本記事では、資産管理会社の事業承...

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

後継者問題や事業承継の準備及びスケジュールなどの悩みを解決するためには、専門知識を持った相談相手が必要です。本記事では、事業承継の失敗事例などを紹介しながら、経営者の事業承継の悩みを解決するため...

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

引退を考える経営者としては、事業承継の基礎知識を押さえておくと役立ちます。知識不足で計画性が伴わないと、引継ぎの際にトラブルが発生して、業績悪化ということにもなりかねません。本記事では、事業承継...

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADRとは、経営危機に瀕した企業が法的整理手続きを使わず、当事者間の話し合いで解決を図る手続きです。債務免除を受けられるため、再生を図る手段として活用されています。本記事では、事業再生A...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)