2020年4月24日公開会社・事業を売る

M&Aにおける占禁止法の規制とは?規制内容、リスク、対策を解説

大企業がM&Aを行う時、独占禁止法の規制が関係してくることがあります。本記事では、M&Aと独占禁止法の関係について、規制内容とリスク、対策法を解説します。加えて、クロスボーダーM&Aを行う時に注意しておきたい、海外の独占禁止法についても概要を解説します。

目次
  1. M&Aにおける独占禁止法の規制とは?
  2. M&Aにおける独占禁止法の規制内容
  3. M&Aにおける独占禁止法のリスク
  4. M&Aにおける独占禁止法の違反対策
  5. 海外M&Aにおける独占禁止法
  6. M&Aにおける独占禁止法の相談におすすめの仲介会社
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&Aにおける独占禁止法の規制とは?

M&Aにおける独占禁止法の規制とは?

独占禁止法は、健全な市場経済を維持するために、市場のメカニズムに悪影響を及ぼすような行為を規制する法律です。正式名称は「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」といいます。

市場では、企業がより良い製品やサービスを提供すべく互いに競うことで、質の高い製品・サービスが適正な価格で提供されます。

しかし、例えば企業同士が談合して価格をつり上げたり、特定の企業だけが大きなシェアを持って価格を決めてしまうと、消費者は不当に高い価格で製品・サービスを購入せざるを得なくなってしまいます。

そういった事態を起こさないために、独占禁止法により企業が守るべきルールが規定されています。

具体的には、以下のような行為が規制されています。

【独占禁止法で規制される行為】

  1. 私的独占
  2. カルテル
  3. 入札談合
  4. 共同の取引拒絶
  5. 再販売価格の拘束
  6. 優越的地位の汎用
  7. 競争制限的な企業結合

M&Aにおける独占禁止法

M&Aは他の企業を買収したり吸収したりする取引を含むので、買収・吸収した企業は業界でのシェアが拡大します。

そのため、買収規模が大きい場合は独占禁止法の規制対象となる可能性があり、適切な届出や対処を行う必要が出てきます

M&Aにおいて独占禁止法を考慮する必要があるのは大規模な買収の時で、中小企業の事業承継などの場合は特に気にする必要はありません。

【関連】M&Aの法律相談先ランキングTOP5!費用や手続き方法も解説【口コミ・評判あり】

M&Aにおける独占禁止法の規制内容

M&Aにおける独占禁止法の規制内容

M&Aを行う時に関係する独占禁止法の規制には、実体規制届出規制があります。この章では、実体規制・届出規制の内容と対象、判断基準について解説します。

【M&Aにおける独占禁止法の規制の種類】

  1. 実体規制
  2. 届出規制

実態規制の内容

実体規制とは、独占禁止法に抵触しているM&Aに対して、その取引自体を規制することです。

対象は?

公正取引委員会の「企業結合審査に関する独占禁止法の運用指針」によると、企業結合審査の対象となる取引は以下のとおりです。

企業結合審査の結果M&Aの内容に問題があると判断されると、独占禁止法の規定に従い、排除措置命令や課徴金の納付命令が出されます。

【企業結合審査の対象となる取引】

  1. 株式保有
  2. 役員の兼任
  3. 合併
  4. 分割
  5. 共同株式移転
  6. 事業譲受け等

判断基準は?

実体規制は、届出規制のように具体的な数字で基準が設けられているわけではありませんが、独占禁止法によると、以下の2つのケースに該当する取引を禁止すると定められています

【M&Aにおける独占禁止法の実態規制の判断基準】

  1. 一定の取引分野における競争を実質的に制限することとなる場合
  2. 不公正な取引方法による企業結合が行われる場合

届出規制の内容

独占禁止法に抵触しないM&Aであっても、規模が大きい場合は公正取引委員会に届出を行う必要があり、これを届出規制といいます。

届出規制の対象となるM&Aの規模は、使用するM&Aの手法によって変わってきます。自分が使用するM&A手法の規定を確認して、間違えないようにしておくことが重要です。

対象は?

独占禁止法の届出規制対象となる企業結合の種類は以下のとおりです。まずは自分がM&Aで使用するスキームが当てはまるかどうか確認しましょう。

【独占禁止法の届出規制の対象となるM&A手法】

  1. 株式譲渡
  2. 事業譲渡
  3. 合併
  4. 共同新設分割
  5. 吸収分割
  6. 共同株式移転

判断基準は?

届出規制の対象となるかどうかの判断基準については、各M&A手法によって取り決めがあるので、M&A仲介会社などの専門家に相談するか、公正取引委員会のHPを参照するなどしてご確認ください。

一例として株式取得では、株式を取得する会社とそのグループ企業全体(企業結合集団)の売上高がトータル200億円を超え、かつ株式を取得される側の会社とその子会社の売上高の合計が50億円を超える場合、届出規制の対象となると定められています。

他の手法においても、買い手側・売り手側それぞれに売上高の基準が設けられるのが一般的です。

独占禁止法における届出規制の判断は、グループ企業全体の売上高を基準にするので、M&Aを行う会社自体に売り上げがほとんどない、または全くない場合でも、独占禁止法の届出規制の対象となる場合があるのが注意点です。

公正取引委員会による詳細

どういった条件が独占禁止法の届出規制にあたるかは、公正取引委員会のHPで詳細を確認することができます。

前節の繰り返しになりますが、例えば株式取得の場合は、株式を取得しようとする企業結合集団の売上高の合計が200億円以上、株式を譲渡する会社(株式発行会社)とその子会社の売上高の合計が50億円以上です。

それに加えて、取得する議決権が新たに20%又は50%を超えるという条件もあります。

この詳細を見ると、グループ会社といっても「企業結合集団」「株式発行会社及びその子会社」など定義が違ったり、会社の規模以外に議決権の割合などの条件があったりと、初めて見る人にとって間違えやすい部分があります

M&Aを行う際は、やはり独占禁止法に詳しい専門家に相談する必要があるといえます。

M&Aにおける独占禁止法のリスク

M&Aにおける独占禁止法のリスク

M&Aでは独占禁止法に抵触しないように気をつけるのは当然ですが、たとえ十分気をつけていたとしても、思わぬリスクが発生してM&Aが失敗してしまう恐れもあるので注意が必要です。

例えば、公正取引委員会による審査が予想以上に長引いてしまい、M&Aのスケジュールが遅れて頓挫してしまうというケースは、主に大企業のM&Aで見られることがあります。

特に、企業結合審査が2次審査までもつれこんだ場合は、審査終了までの期間が予測しづらくなるので注意が必要です。

M&Aにおける独占禁止法の違反対策

M&Aにおける独占禁止法の違反対策

M&Aにおける独占禁止法の違反対策は、実体規制に抵触しないか十分に確認することと、届出規制の対象にあたる場合は必ず届出を行うことです。

企業結合審査では、役員の兼任といった一見M&Aと関係なさそうな行為も対象となるので、見落とさないようにしておくことが重要です。

届出審査に関しては、使用するM&A手法によってそれぞれルールが決められているので、専門家のサポートのもとしっかり確認しておくことが大切です。

【関連】M&Aに強い法律事務所とは?M&A法務の注意点やランキングをご紹介

海外M&Aにおける独占禁止法

海外M&Aにおける独占禁止法

日本に限らず海外の国々でも独占禁止法にあたる法律がありますが、その内容は国によって違いがあります。

海外展開している企業やクロスボーダーM&Aを検討している企業は、この点を注意しておかないと思わぬトラブルに巻き込まれる恐れもあります。

この章では、海外の独占禁止法の例としてアメリカ・EU・中国をとり上げ、各国の独占禁止法の概要を見ていきます。

アメリカの場合

アメリカで日本の独占禁止法にあたるのは「反トラスト法」という法律で、これは「シャーマン法」「クレイトン法」「連邦取引委員会法」という3つの法律の総称です。

シャーマン法はカルテルなどの禁止行為とその罰則の規定、クレイトン法は企業結合などに関する規定、連邦取引委員会法は不公正な競争などの規制を定めています。

EUの場合

EUではEU機能条約に基づき、企業結合や競争制限的な行為について規制が定められています。

EU機能条約では、違反行為に対して「総売上高の10%までの制裁金を課すことができる」と定められており、場合によってはかなりの高額となるので注意が必要です。

過去にはGoogleやマイクロソフト、インテルなどの大企業に、1,000億円以上の制裁金が課された事例があります。

中国の場合

中国では「中華人民共和国独占禁止法」によって、企業結合や独占的協定などに規制がかけられています。中国は他国に比べて、審査期間が長く期間の予想がしづらいといわれているので注意が必要です。

M&Aにおける独占禁止法の相談におすすめの仲介会社

おすすめの仲介会社

M&Aを検討中の経営者様は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。

M&Aの経験豊富な会計士とアドバイザー、そして独占禁止法を含む法律に精通した弁護士の3名体制で、クロージングまで親身になってフルサポートいたします。

M&Aでは最適な売買先を見つけることが重要ですが、M&A総合研究所では独自AIを使用したマッチングシステムを有しており、幅広い候補から売買先を見つけることができます。

無料相談を随時受け付けていますので、M&Aをお考えの方は電話かメールで気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

本記事では、M&Aにおける独占禁止法について解説しました。

ほとんどの中小企業のM&Aでは独占禁止法が絡んでくることはありませんが、大きなグループ企業の一つである場合は関係してくることもあるので、ルールをよく理解してトラブルが起こらないように注意しましょう。

【独占禁止法で規制される行為】

  1. 私的独占
  2. カルテル
  3. 入札談合
  4. 共同の取引拒絶
  5. 再販売価格の拘束
  6. 優越的地位の汎用
  7. 競争制限的な企業結合

【M&Aにおける独占禁止法の規制の種類】
  1. 実体規制
  2. 届出規制

【企業結合審査の対象となる取引】
  1. 株式保有
  2. 役員の兼任
  3. 合併
  4. 分割
  5. 共同株式移転
  6. 事業譲受け等

【M&Aにおける独占禁止法の実態規制の判断基準】
  1. 一定の取引分野における競争を実質的に制限することとなる場合
  2. 不公正な取引方法による企業結合が行われる場合

【独占禁止法の届出規制の対象となるM&A手法】
  1. 株式譲渡
  2. 事業譲渡
  3. 合併
  4. 共同新設分割
  5. 吸収分割
  6. 共同株式移転

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

内部統制・内部監査とは、会社が組織的に機能するために必要なルールや仕組みのことです。日常的な経営はもちろんのこと、M&Aの実行の際も組織としての地盤がとても重要になります。本記事では、M&A・事...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)