M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

M&Aアドバイザーとは?料金体系やメリット・デメリット、M&Aアドバイザーランキングを解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

M&Aアドバイザーは、M&Aに関する相談、調査、具体的な交渉など、M&Aの一連の流れを手厚くサポートします。各専門分野における的確なアドバイスをしてくれるので、M&Aの当事者にとっては非常に心強い存在です。

目次
  1. M&Aアドバイザーとは?
  2. M&Aアドバイザーの業務内容
  3. M&Aアドバイザーに相談する際の料金体系
  4. M&Aアドバイザー活用の注意点
  5. M&Aアドバイザー活用のメリット・デメリット
  6. M&Aアドバイザーランキング
  7. まとめ

M&Aアドバイザーとは?

M&Aアドバイザリーとは、M&Aの一連の流れをサポートするM&Aの専門家です。
M&Aの相談や調査、交渉など、M&Aの一連の流れをサポートします。
専門知識が求められるM&Aにおいて、M&Aの実行に向けて専門的なサポートをしてくれるので、M&Aの当事者にとって非常に心強い存在です。
M&Aアドバイザーの業務内容は後ほど詳しくご紹介しますが、まずM&Aアドバイザーの特徴や、M&AアドバイザリーやM&Aコンサルタントとの関係について、ご紹介します。

M&Aアドバイザーの特徴

M&Aは、その実行にあたって様々な専門知識が必要です。 例えば、M&Aの対象企業の選定、企業価値の算定、対象企業の経営状況や事業内容などの詳細な調査、問題点の検証、対象企業との交渉など、各段階で専門知識が求められます。 そこで、それぞれの専門分野に精通しているM&Aアドバイザーに依頼することで、専門的なサポートを受け、M&Aを効率的に進めることができます。 M&Aアドバイザーなどの専門家に依頼せず、当事者企業だけでM&Aを行うことも、理論上は可能です。 ただし、M&Aの実行にあたり、法律や税務をはじめ様々な専門知識が必要となる以上、企業だけでM&Aを進めることは困難です。 当事者だけで進めると、調査や交渉などでトラブルに発展するおそれもあります。 トラブルを防ぎ、M&Aをスムーズに進めるためには、やはりM&Aアドバイザーなどの専門家のサポートを受ける必要があります。

M&Aアドバイザーのサポート形式

M&Aアドバイザーは、売り手または買い手のいずれかの立場でサポートを行う方式(アドバイザリー方式)のほか、M&Aの仲介業務を行う方式(仲介方式)も見られます。 アドバイザリー方式は、売り手と買い手のそれぞれにアドバイザーが着任する形になります。 一方、仲介方式の場合、同一のアドバイザーが売り手と買い手の間に立ち、仲介業務を行うという形式になります。

M&Aアドバイザーという名称について

M&Aアドバイザーは、M&Aコンサルタント、フィナンシャルアドバイザー(FA)などと呼ばれることもあります。 また、似た言葉に「M&Aアドバイザリー」という表現がありますが、M&AアドバイザリーとM&Aアドバイザーの違いについても整理しておきます。 M&Aアドバイザリーというのは、基本的にはサービスのことを指します。 M&Aの相談や調査、交渉など、M&Aの一連の流れをサポートするサービスのことを表します。 そして、このサービスを行う専門家がM&Aアドバイザー(M&Aコンサルタント)となります。 「アドバイザリー」という言葉は、アドバイスをするサービスを指し、簡単に言えば「アドバイス業務」を意味します。 一方で、アドバイザーやコンサルタントというのは、いずれも人を示す言葉であり、職業を示す言葉でもあります。 アドバイザリーというサービスを行う専門家が、アドバイザーまたはコンサルタントとなるわけです。 M&Aにおいても、M&Aアドバイザリー業務を行う専門家が、M&Aアドバイザー(M&Aコンサルタント)ということになります。 ただし、実際には、アドバイザー、コンサルタント、アドバイザリーの表記はあいまいな部分もあります。 例えば、M&Aアドバイザリーサービスを行う会社に相談する場合、「M&A仲介会社に相談する」「M&Aアドバイザリー会社に相談する」といった表現をします。 一方で、「M&Aアドバイザーに相談する」という表現を、「M&A仲介会社やM&Aアドバイザリー会社に相談する」という意味で使用する場合もあります。 「アドバイザーに相談する」というのは、そのアドバイザーが在籍するアドバイザリー会社や仲介会社に相談するという意味で考えることもできるからです。 確かにアドバイザーは個人を示す言葉ですが、時にはサービス名、さらには会社として表現することもある、という感覚を持っておくとイメージしやすいかと思います。 (この記事でも、後ほどM&Aアドバイザーの料金体系やM&Aアドバイザーのランキングについてご紹介しますが、いずれの場合もM&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社の話としてご紹介しています。)

M&Aアドバイザーを提供する主体

M&Aアドバイザリーのサービスを提供する会社は、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社のほか、証券会社、銀行(メガバンク、地方銀行)、信用金庫、会計事務所、税理士事務所などが挙げられます。
例えば証券会社や銀行などは、「M&Aアドバイザリー部門」を設けてM&Aアドバイザリーサービスを提供するといった形態が見られます。
一方で、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社の場合は、M&Aアドバイザリーに特化してサービスを提供しています。
まさに「M&Aの専門家の集団」という立ち位置で、サポートを行います。
このように、M&Aアドバイザリーのサービスを行う会社は多岐に渡ります。
そして、これらの会社に所属し、実際にM&Aアドバイザリーを提供する専門家がM&Aアドバイザー(M&Aコンサルタント)となるわけです。

M&Aアドバイザーの業務内容

M&Aアドバイザーの業務内容は、M&Aの始めから終わりまで、各段階で専門的なアドバイスをすると考えるとイメージしやすいでしょう。
先ほどご紹介したように、M&Aアドバイザリー業務を行う専門家がM&Aアドバイザーとなります。
そのため、M&Aアドバイザーの業務を知るには、M&Aアドバイザリー業務の流れを知っておく必要があります。
M&Aアドバイザーが行うアドバイザリー業務は、「企業とのM&A戦略策定→対象企業を見つける→交渉→契約→統合」という流れによって進みます。
以下、買収する側の会社にM&Aアドバイザーが着任したケースを例に、M&Aアドバイザーが行うアドバイザリー業務を整理しておきます。

M&A戦略の策定

最初に、買収を検討している企業と具体的なM&A戦略を策定します。
それぞれの企業がM&Aを行う目的は異なり、M&Aの手法も様々です。
そのため、どのような企業・事業を買収したいのか、そのためにどのような手法を用いるべきか、買収を検討する企業と一緒に具体的なM&A戦略を検討します。

対象企業を見つける

M&A戦略が決まったら、買収候補となる企業の選定を行います。 適切な対象企業を見つけるには、候補企業の財務状況など、専門的な調査・分析を行わなくてはなりません。 具体的には、買収候補のリストを作成するなどして、候補企業ごとに情報を整理し、選定を進めます。 特に買い手は売り手企業を取り込む立場になります。 売り手が持つリスクも抱えることになるので、買収候補を絞る際には、買収にあたっての リスクをあらかじめ検討しなくてはなりません。 M&Aアドバイザーが専門的なアドバイスを行い、あらゆるリスクを洗い出しておく必要があるのです。

交渉や調査

買収したい企業が決まったら、その企業と企業の株主に対してアプローチを行います。 相手企業が買収に応じた場合は、買収方法などの具体的な協議に進みます。 協議で合意に至ったら、基本合意書を締結します。 その後、買収対象となる企業の財務状況など、さらに詳細な調査が行われます。 これらの調査結果をもとに、具体的な買収金額などの交渉を進めます。 特に買収価格は、企業の資産価値を適正に評価して算出しなくてはなりません。 そのためには、企業の財務状況などを詳しく調査し、検証する必要があります。 また、財務状況のほかにも、法務・税務上の問題点の有無など、詳しい調査と問題点の検証が必要になります。 こうした詳細な調査・検証のことを、「デューデリジェンス」といいます。 それぞれの分野で専門知識を持ったM&Aアドバイザーも、デューデリジェンスで大きな力を発揮します。 さらに、交渉段階においてもM&Aアドバイザーが活躍します。 企業の経営者だけで専門的な交渉を行うことは難しいですが、専門分野に精通したM&Aアドバイザーが交渉を進めれば、より良い条件でのM&Aを実現できます。

契約

交渉がまとまったら、最終的な合意によって契約となります。
契約締結後、M&A業務における最終的な手続き(クロージング)によって取引が実行され、経営権が移転します。
例えば株式譲渡であれば、株券の引き渡しと対価の支払いがクロージングとなります。
これによって実際に経営権が移転し、買収対象企業は買収企業の傘下になります。

統合

クロージングによって、それぞれの会社は新体制のもとでスタートすることになります。
ここで、「統合」という段階があります。
統合は、買収企業と被買収企業の違いを素早く埋めるプロセスのことです。
異なる企業同士では、もちろん風土や雰囲気に違いがあります。
買収後に事業展開をスムーズに進めるには、こうした違いは早急に埋めなくてはなりません。
また、人事システムや情報システム、業務プロセスなどの統合ももちろん行われます。
M&Aアドバイザーは企業の風土・雰囲気、社内のシステムや業務プロセスなどをあらかじめ分析しておき、統合の際に適切なアドバイスを行います。
め、ここでもM&Aアドバイザーが適切なアドバイスを行います。

M&Aアドバイザーに相談する際の料金体系

次に、M&Aアドバイザーに相談する際の料金体系についてご紹介します。 M&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社によっては、最初の相談は無料で行われる場合もあります。 ただ、実際にサービスを利用する場合は、もちろん成功報酬などの報酬がかかります。 ここでは、M&Aアドバイザーのサポートを受ける際の料金体系として、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社の代表的な報酬体系について整理しておきましょう。

着手金

依頼を受けて作業に着手するために必要な費用を、着手金といいます。 結果の成功・不成功にかかわらず、着手金は依頼した段階で発生するという特徴があります。 もしM&Aが成功しなくても、着手金は戻らないことになります。 一方で、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社によっては着手金がかからない場合もあります。

企業価値の算定費用

M&Aでは、対象企業の財務状況や市場での評価など、様々な視点から企業価値を算出する必要があります。 こちらも専門分野になるので、企業価値の算定費用としてM&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社の料金体系に含まれます。 一方で、企業価値の算定費用が発生しない会社もあります。

中間報酬

M&Aにおける対象が決定し、当事者が基本合意に達した段階で発生する費用のことを、中間報酬(中間金)といいます。 基本的には中間報酬は成功報酬の一部となり、最終的な成功報酬額の10~20%程度になるといったケースがあります。 一方で、着手金などと同じく、中間報酬が発生しない会社もあります。

月額報酬

月額報酬はリテイナーフィーとも呼ばれ、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社に対して顧問料として支払う報酬です。 一方で、月額報酬が発生しない会社もあります。

成功報酬

M&Aが成立したら、成功報酬が発生します。 成功報酬は一般的にレーマン方式と呼ばれる報酬体系になります。 これは、取引金額に応じて一定の報酬料率を掛け、報酬額が決定するという仕組みです。 例えば、「取引金額が5億円までなら5%」、「5億円超10億円以下なら4%」など、取引金額に応じて報酬の割合が決められています。

M&Aアドバイザー活用の注意点

M&Aアドバイザーのサポートには様々なメリットがありますが、活用の際には注意点も知っておく必要があります。 まず、M&Aアドバイザーが所属しているM&A仲介会社などの専門会社は、それぞれで特化している分野が異なります。 例えば大型案件に特化した会社、小規模の案件にも強みのある会社、中小企業に強い会社など、得意分野は会社・サービスによって様々です。 そのため、それぞれのサービスの特徴を比較し、自社に合うものを選択しなくてはなりません。 もしサービス内容が自社に合わなければ、M&Aを効率的に進めることは難しくなります。 また、先ほどもご紹介したように、専門会社によって料金体系も異なります。 着手金の有無や、成功報酬の体系など、コスト面もあらかじめ比較しておく必要があります。 コストパフォーマンスを考え、M&Aによる利益と見合うかどうか、検討しなくてはなりません。

M&Aアドバイザー活用のメリット・デメリット

メリット

M&Aアドバイザーを活用する最大のメリットは、やはりその専門性にあります。
専門分野に関するアドバイスを受けることは、M&Aを実行するうえで非常に心強いからです。
M&Aの手法はどうするのか、どう進めていくのかなど、それぞれの段階で専門的なアドバイスを受けることで、M&Aにおける様々な疑問が解決します。

また、M&Aアドバイザーは、M&Aをするかどうかで悩んでいる方にも心強いです。
M&Aをするべきかどうかわからない、あるいは、M&Aをしたくても不安要素が多い、といったように、経営者がM&Aに関して抱える悩みは多いです。
M&Aアドバイザーは、こうした不安要素についても的確なアドバイスをしてくれます。
さらに、これまでM&Aを選択肢に入れてこなかった経営者にとっても、M&Aアドバイザーの活用は大きなメリットがあります。
M&Aアドバイザーに相談することで、これまで漠然としていたM&Aのイメージがはっきりすれば、事業継続の方法としてM&Aを選択肢に加えることができます。
経営課題の解決につながる貴重なアドバイスを受けるという点でも、M&Aアドバイザーの活用は大きなメリットがあるのです。

デメリット

専門家に依頼する以上、成功報酬をはじめとしたコストは発生します。 コストパフォーマンスを考え、M&Aによって発生する利益と見合うかどうか、事前に検討しなくてはなりません。 M&Aでは、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社などの専門家のサポートを受けることは必須と言えます。 そのため、報酬がかかるという点は覚悟する必要があります。 そのうえで、各会社の報酬体系を比較し、自社に合ったサービスを選ぶことが大切です。 これにより、自社にとって最適なコストでM&Aを進めることができます。

M&Aアドバイザーランキング

株式会社M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。
通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。
それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

M&Aキャピタルパートナーズ

主に中堅・中小企業に特化し、中小企業が抱える経営課題の解決に強みを持っています。
専門のコンサルタントが一貫してサポートを行う専任担当制のもと、安心感のあるサービスを提供しています。
日本におけるM&A助言会社の老舗となるレコフと連携しており、それぞれの顧客基盤やネットワークを活かしたサービスに特徴があります。
また、成功報酬と中間報酬のみの報酬体系となり、着手金は無料です。

日本M&Aセンター

中堅・中小企業に向けたM&A支援サービスを行い、M&A支援27年目、成約実績累計4500件、年間成約支援数649件といった実績があります。 1案件ごとに法務担当者(弁護士・司法書士)と会計・税務担当者(公認会計士・税理士)の案件担当者がサポートするという体制のもと、専門性の高いサービスを提供しています。

まとめ

M&Aアドバイザーは、M&Aに関する相談、調査、具体的な交渉など、M&Aの一連の流れを手厚くサポートします。 各専門分野における的確なアドバイスをしてくれるので、M&Aの当事者にとっては非常に心強い存在です。 また、M&Aをするかどうかで悩んでいる方や、これまでM&Aを選択肢に入れていなかった方にとっても、M&Aアドバイザーとの相談はメリットがあります。 近年、様々な業界でM&A事例の増加が見られます。 M&Aの活性化により、それぞれのM&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社で、強みを持つ分野も幅広くなるでしょう。 経済効果の高いM&Aを進めるためにも、それぞれの専門会社が特化している分野・サービス内容を比較し、自社に合ったM&Aアドバイザーを活用することが重要です。 今後のM&A事例の増加に伴い、M&Aアドバイザーが活躍する場もさらに拡大するものと思われます。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら